サステナビリティ

サステナビリティ

サステナビリティの基本方針

  • 東宝グループは、エンタテインメントの提供を通じて、
    誰もが幸福で心豊かになれる社会の実現に向けて
    "朗らかに、清く正しく美しく"貢献します


    東宝グループが取り組む4つの重要課題
     朗らかに   誰もが健康でいきいきと活躍できる職場環境をつくります
     清く     地球環境に優しいクリーンな事業活動を推進します
     正しく    人権を尊重し、健全で公正な企業文化を形成します
     美しく    豊かな映画・演劇文化を創造し、次世代への継承に努めます
健康経営

東宝株式会社 健康経営宣言

  •  私たちは2022年4月、「TOHO VISION 2032 東宝グループ 経営戦略」を発表しました。この中では、創立100周年に向けた長期ビジョンと成長戦略を掲げるとともに、新たな価値を創造できる「人材」が成長の大きな原動力となるとの認識のもと、「人材」の確保・育成に注力していく方針を宣言しました。
     また、サステナビリティの方針の重要課題として「誰もが健康でいきいきと活躍できる職場環境をつくります」を掲げ、従業員が心身共に健康で、持てる能力を最大限に発揮できる職場環境を実現することが、企業と従業員を共に成長させることに繋がると考えています。
     私たちは「Entertainment for YOU 世界中のお客様に 感動を」をコーポレート・スローガンとして、従業員の健康維持・増進活動への支援や職場環境の整備を積極的に推し進め、活力のある組織づくりに取り組んでまいります。

    2022年5月
    東宝株式会社
    代表取締役社長 松岡 宏泰


 2022年の健康経営推進体制・推進計画については、以下の通りです。

「東宝株式会社 朗らか健康経営2022」(PDF)

教育活動

文部科学省が推進する、地域・学校・企業が連携して未来を担う子供たちの成長を支えることを目的とした「地域学校協働活動」。本活動に東宝も賛同し、企業訪問の受け入れや希望する学校へ出張(出前)授業を行っております。ご用意しているプログラムは以下です。


  • 「映画ができるまで」
    映画・演劇・不動産という東宝の事業の柱を紹介しながら、「健全な娯楽を広く大衆に提供する」という東宝の企業使命をもとに映画が作られる工程を説明するプログラム。

プログラム詳細は以下もご覧ください。

「学校と地域でつくる学びの未来」(文部科学省)


本件に関するお問合せは以下へお願いいたします。

東宝株式会社総務部広報・IR室
電話 03-3591-1303(お電話受付時間/土日祝日を除く、平日10時00分~18時00分)