『Endless SHOCK』初日イベントレポート
2021年2月1日

ミュージカル「Endless SHOCK」がいよいよ全国の映画館での2週間限定上映の初日を迎え、主演の堂本光一、共演の上田竜也、梅田彩佳、越岡裕貴、松崎祐介、前田美波里が舞台挨拶に登壇。2000年から20年に渡りミュージカル「SHOCK」を上映してきた帝国劇場から舞台挨拶を行い、全国の映画館に向けてライブ配信を実施した。

2月4日から同劇場で上演される、「Endless SHOCK」のスピンオフ作品「Endless SHOCK-Eternal-」の稽古の真っ只中、今回、初めて映画館で「Endless SHOCK」が上映されるにあたり堂本は「今は映画館に足を運ぶのも皆様色々と対策を行った上でご覧になっていただかないといけないので、ご覧いただく方にはそこにまず感謝しないといけないと思っております。スクリーンの大画面に耐えられるかどうか、ちょっと心配なので手短に終わります」と早速笑いを誘い、堂本演じるコウイチのライバルタツヤを演じた上田は、全国で早い劇場では当日朝8時ごろから上映がスタートしていることに触れ「朝から上映しているということなので、みなさん寝ないように」と呼びかけると堂本は「今日8時ぐらいに寝ました」と衝撃の生活スタイルを明かし、これにはキャスト一同も驚きを見せた。ヒロイン・リカ役の梅田は「朝、最寄りの映画館(の上映情報)を検索したら指定席がびっしり埋まっていて、たくさんの方に見ていただいてるんだなと本当に嬉しく思いました」と話した。コウイチと同じカンパニーの仲間コシオカ役、ふぉ〜ゆ〜の越岡は、大画面のスクリーンでライブ配信中の状況に「今この時間僕が独り占めしようと思っております」と笑いを誘うと堂本から「はやくしろよ!」とツッコミが。同じくカンパニーの仲間マツザキ役、ふぉ〜ゆ〜の松崎は「全国82箇所の中になんと、僕の地元春日部まであるんです!」と喜びを表した。オーナー役の前田は「私が袖で見ている光一さんの魅力が十分に映像でご覧いただけます」と見所を語り、映画初日を迎えたそれぞれの思いを語った。

ジャニー喜多川作・構成・演出、堂本光一主演「MILLENNIUM SHOCK」として2000年に開幕したミュージカル『SHOCK』。今回初の映画館上映の構想を聞かされた時を振り返り、上田は「光一くんってジャニーさんの申し子みたいな、ジャニーさんのような発想力がすごくある」とその柔軟なアイディアに感激した様子。越岡は 「銀幕デビューできるとは思ってなかったです!」とまさかの形でのスクリーンデビューの喜びを表した。松崎は英語で一言で…。と前振りをし 「アンビリーバボー!」と一言。前田は 「なかなか舞台に足を運んでいただけない全国の方が82箇所の映画館で見ることが出来る、本当に素晴らしいことだと思います」と思いを明かした。

無観客の中、カメラ16台、ドローンを1機ばして行われた実際の映画の撮影について、今回編集も務めた堂本。
雑音を消す作業中、音の波形が振れ、その犯人を探し当てると、声の主は舞台袖にはけた松崎であったことが判明したというエピソードを明かした。「松崎、出てないのに袖であいつ喋ってるな。とか、まるで盗聴しているような気分だった」。上田も 「(舞台袖で)松崎が喋っているシーンは俺と光一さんが一騎討ちするシーンなんですよ」と暴露し、自身と堂本の見せ場のシーンで油断を見せた松崎をいじる場面も。梅田は「歌っているときにドローンがすごく近くを飛んでいたり、なかなかないことだなと思いました」と撮影中の思い出を語った。越岡は本編を観て「光一くん、このときこんな表情してるんだと。一つ一つの表情を見ることができた」と新たな発見の感動を明かすと、堂本は「頑張ってるでしょ?俺」とアピール。
堂本は「「Endless SHOCK」は2005年からストーリーを変えてスタートしましたが、今の時代にも通ずるメッセージがあると思うんです。 「SHOW MUST GO ON」というのは、直訳では「何があってもショーは続けなければならない」となりますが、決して、絶対に何があっても幕を開けろという意味ではなく、何かつまずいた時でも後ろを振り向いてみたり、そこから少しずつ歩き出していこうという勇気だったり、その方が大事なんじゃないかなというメッセージが込められているので、そんなメッセージも受け取ってもらえたらなと思います。」
と作品に込めた思いを語る。また、2月4日から始まる舞台「Endless SHOCK-Eternal-」についても「我ながらよくできたなと、たまにには自分を褒めてあげようと思います」と自信を見せた。
イベントの最後には全国の「Endless SHOCK」ファンに向けキャストからメッセージが送られ、松崎が 「4回、5回と何回も映画を見ていただき、そして帝国劇場でお待ちしています」、越岡は舞台「Endless SHOCK-Eternal-」と映画本編について 「どっちも楽しんで、是非どちらにも足を運んでいただきたい」とコメント。上田は 「舞台さながらの迫力をスクリーンでご覧ください」とアピールした。そして堂本は 「心の晴れない毎日が続きますが、このような中、劇場や映画館に足を運んでくださる皆さんには感謝しかありません。その分、我々からお届けできるものがあればなと、映像からエールを受け取って頂けると嬉しく思います。」と熱いメッセージを送り「とりあえず3回ほど見ていただければ・・・・・・」とユーモアを交え舞台挨拶を締めくくった。

上へ