Movie Movie

Return Page

超豪華キャストで贈る仮面舞踏会ついに開幕!
原作者・東野圭吾から祝福のコメントも到着!
「マスカレード・ナイト」初日舞台挨拶

2021年09月17日

「マスカレード・ナイト」初日舞台挨拶

<左から、鈴木雅之監督、小日向文世さん、木村拓哉さん、長澤まさみさん、渡部篤郎さん>


東野圭吾の人気作品を映画化した「マスカレード・ホテル」から2年、待望の続編となる「マスカレード・ナイト」がついに公開! 9月17日に東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて初日舞台挨拶が開催され、木村拓哉さん、長澤まさみさん、小日向文世さん、渡部篤郎さん、鈴木雅之監督が登壇しました。原作者・東野圭吾からは祝福のメッセージが到着し、それに対する木村さんのコメントに場内は......! こちらの舞台挨拶の模様をレポートいたします。


木村拓哉さん(新田浩介役)

皆さん、本日はこのような状況下にもかかわらず、足をお運びいただきまして本当にありがとうございます。今日をもって「マスカレード・ナイト」は皆さんのものになります。受け取っていただけて、本当に嬉しく思っております。限られた時間ですが最後までよろしくお願いいたします。
長澤まさみさん(山岸尚美役)

本日は、数ある映画の中から本作を選んでいただきありがとうございます。映画を公開することができて、とても嬉しく思っております。たくさんの方々に観ていただきたいと思っていますが、皆さんそれぞれの体調と相談しながら映画館のほうに行っていただけたらと思います。
小日向文世さん(能勢役)

前作の舞台挨拶で「もし可能なら続編ができたらいいな」なんて話をしていたんですが、それにはたくさんの方に観ていただくことが絶対必要条件でした。それが叶って、二作目が完成して、こうして舞台挨拶することができて、今は嬉しい気持ちでいっぱいです。お友達に宣伝をしていただいて、三作目が可能なら...と思っておりますので、よろしくお願いします。
渡部篤郎さん(稲垣役)

初日ということで、張り切ってオシャレをしてまいりました。 (会場:拍手)ありがとうございます。先日、特別番組で(「突然ですがマスカレード・ナイト占ってみました」フジテレビ系列にて放送)占っていただきまして、私のラッキーカラーが白とブルーということで、家のクローゼットからこの服を出しました。微力ですが、この映画を少しでも多くの人に観ていただきたいと願って、このようないでたちで出てまいりました。私はなんて良い人なんでしょう(笑)。
鈴木雅之監督

本作をご覧になった皆さんの前に立つのは、なかなか緊張しますが、楽しんでいただけたでしょうかね...? (会場:拍手)ありがとうございます。観終わったので、分かっているかと思いますが、この映画、いろんなことを仕込んでいます。実は映画の冒頭に犯人が分かるカットが何カットか入っています。気づかなかった人は、もう一回観ていただけると嬉しいなと思います。今日は本当にありがとうございます。

MC:撮影から9カ月。初日を迎えてのお気持ちはいかがですか?

木村さん:
自分たちが本当に豪華なキャストの方と現場でセッションをして、お芝居をして、監督のOKをいただいて...。現場では「あんなことしたな」とか「あんなことあったな」とか「タンゴ習ったな」とか...。これまでは撮影した自分たち"鈴木組"のものだったんです。この状況下で公開できるかどうかも考えなくてはならなかったんですが、無事に公開できることになり、初日を迎えました。「これからは、皆さんのものになるんだ...」という気持ちもありますが、胸を張って皆さんにお届けできることがすごく嬉しいです。作ったものを皆さんに楽しんでいただける、受け取ってくださる方がいるという喜びが本当に大きいです。そういう方たちがいない限り、僕たちはものを作れないので、感謝の気持ちを初日に一番大きく感じます。

MC:前作「マスカレード・ホテル」の初日舞台挨拶も、この四人のキャストが登壇されたんですよね。

木村さん:
そうです。すごい偶然が重なるなぁと思います。今回は「マスカレード・ナイト」を作りましたが、東野先生の「マスカレード」シリーズがまだ終わっていないという事実もあるので、分からないですね。

MC:まだあるぞと?

木村さん:
それは分からないですね。小日向さん次第だと思います(笑)。

MC:長澤さんが演じた山岸は、コンシェルジュで、絶対に「無理」と言わないホテルマンですが、逆に今回、木村さんにどんな無理難題でも言えるとしたら、どんなことをお願いしたいですか?

長澤さん:
そうですね、何でも良いんですよね? やはり、どこか行きたいなって欲はありますよね。皆さんあると思うので、共感していただけると思いますが、宇宙旅行とか連れて行ってもらいたいですね。どうですか(笑)?

木村さん:
ちょっと突拍子もなくて、皆さん、拍手して良いのかどうか分からない感じに...。

長澤さん:
(木村さんだと)地球にあるものは何でもできちゃうイメージあるので 地球を出ないと...(笑)。

木村さん:
宇宙? 宇宙に行きたいんですか?

長澤さん:
無理難題を考えたんですよ。宇宙しかないかなって。

木村さん:
同行するってことですか?

長澤さん:
そこは連れて行ってもらわないと。

MC:費用を出してもらうということではなく、一緒に行くということですね?

長澤さん:
そうです。どうですか?

木村さん:
宇宙に行く時に、僕がまさみちゃんを「行くよ」と連れて行く? 「ほら、あれが月だよ」と? 考えておきます(笑)。

長澤さん:
優しい(笑)!

MC:小日向さんが演じた能勢は木村さん演じる新田の元バディであり、長澤さんとは別の詐欺師の映画(「コンフィデンスマンJP」)でバディですね。改めて木村さん、長澤さんの仮面の下の素顔を教えてください。

小日向さん:
いやホント、僕もあんまり知らないんですよ。個人的に木村くんと二人きりで飲みに行ったり食事に行ったりしたことがないんですよ。まさみちゃんともないですから、現場でおしゃべりする程度なので、僕も知らないんですよ。ただ、僕が見ている限りの木村くんは、とにかく完璧主義者ですね。本人はそう思っていない完璧主義者で、ものすごい凝り性。それはびっくりするくらいすごいです。その話をすると長くなっちゃうので、この辺で収めておきますが、とにかく、自分がやろうと思ったことはパーフェクトにやり尽くしますね。そういう感じです。
まさみちゃんは、とても健康に気を遣っている。特に食べることにものすごく執念を燃やす。前の「コンフィデンスマンJP」の時に...。


長澤さん:
ちょっと、ちょっと! あまりしゃべり過ぎないでね(笑)!

小日向さん:
とにかく食べることに執念を燃やしています。それは、女優としての自分を良い状態に保つためにです。ただおいしいものを食べたいってことじゃなく。
ついでにもう1個、良いですか? 渡部さんは、ものすごくオシャレです!


木村さん:
(笑)。それね、みんな分かっている!

小日向さん:
一目瞭然ですよね。渡部さんのスーツは、全部仕立てて(オーダースーツ)いるんです。吊るし(既製品)じゃないです! そういうこと!

木村さん:
小日向さんは、何でも思ったことを全て口に出します。

MC:今回、渡部さん演じる稲垣は、ホテル・コルテシア東京で事件が起きたと聞いた瞬間「あいつを呼べ!」と叫んで、新田に連絡をとりますが、渡部さんがプライベートで「この場面で木村さんを呼びたい」というのは、どういう場面ですか?

渡部さん:
ん? ちょっと待ってくださいね。呼び出す理由があるってこと?

MC:プライベートで、こういう時に木村拓哉さんに来てもらったら良いんじゃないかという場面をお聞かせいただければと思います。

渡部さん:
こういう時に? ...特に理由がなければおかしいもんね。でも、特に理由なく単純にうちに来てもらいたいです。(木村さんは)スーパースターですから、家族に会ってもらって。...記念になるじゃないですか。

MC:写真を撮ったり?

渡部さん:
もちろん、もちろん。

MC:いちファンみたいな要求ですね?

渡部さん:
ファンだよ。ずっと昔からファン。だから嬉しいんです。

木村さん:
もちろん、こういう状況が収まったら、速攻で行きます!
篤郎さんが着ている服とか、僕も好きなので「それ、どこのですか?」とか撮影中に聞いたんです。「じゃあ僕、行ってみます」って言ったら、「木村くんが急に行くとあれだから、僕から言っておくよ」って、店のスタッフの方に連絡をしてくださいました。僕が実際にお店に行ったら、篤郎さんもそのお店に来てくださっていました。二人でショッピングして、「この後、どうするんですか?」って聞いたら「歩いて帰る」って言って、歩いて帰られました。街の中に篤郎さんが消えていきました。


渡部さん:
良い人なんですよ、私は(笑)。

木村さん:
良い人なんです。

MC:続いて鈴木監督、木村拓哉さんとは「ロングバケーション」(1996年フジテレビ系列にて放送/主演:木村拓哉、山口智子)以来、付き合いは25年になりますね。

鈴木監督:
もう25年も付き合っていると、すっごく仲が良いと思われると思われますが、今回、初っ端に会った時に「ざけんなよっ!」って言われました。ダンスでナーバスになっていて、第一声が「ざけんなよ」でした(苦笑)。

木村さん:
だって、おかしいじゃないですか? 分かっていますよ、僕も。原作も拝読しているので、(タンゴを)やらなきゃいけないことは分かっていましたが...。あれは去年の夏の終わりくらいかな? その時は、小日向さんもご一緒していて、警察学校のお話(「教場」2020年、「教場II」2021年フジテレビ系列にて放送)を撮影しているところに監督が来たんですよ。「何してんすか?」って聞いたら「今日から中村アンちゃん、(タンゴの)レッスンを始めるって言っていたから、僕も行こうかなって。でも、木村は(ドラマの)撮影をしているっていうから、来たんだよ」って言うんですよ。「え?中村アンちゃんは、今日から始めるんですか?」って聞いたら「おうっ!」って...。その時の「ざけんなよ」です。分かりますよね? 「ざけんなよ」って気持ちが。

MC:中村さんの練習はもっと遅くに始まると思っていたんですか?

木村さん:
まだ、その時は教官役だったので、アルゼンチンタンゴの「ア」の字もない状況で...。分かりますよね? 「ざけんなよ」って気持ち。

MC:分かりますよ。でも、そうは言っても木村さんはダンスを完璧に習得して、この映画の見せ場になったわけですよね?

鈴木監督:
そうです!

木村さん:
習得できているのかどうか...。僕は撮影現場で監督がOKを出したカットを見返す作業をいつもしないので、映像がつながった「マスカレード・ナイト」が始まって、シルエットがパッと映った時は、"合格発表を見に来た受験生の気持ち"で、「受かってんのかな?」って思っていました。

MC:(会場に向かって)当然、合格でしたよね? 皆さん。

会場から大きな拍手。

木村さん:
誘導尋問はやめてください(苦笑)!

MC:もう一つ質問ですが、「もし皆さんが、プライベートでバディ組むなら誰を選ぶか?」を教えてください。「せーの」で指をさしていただきます!

木村さん:
この四人の中で?

MC:そうです。せーの、どうぞ!

木村さんは長澤さんを指し、長澤さんも木村さんを指す。

木村さん:
前作の撮影時に、申し訳ないくらいお食事とかに誘ってくれたんですよ。「何やってんすか?木村さん」って。でも、一度も返すことができず、バディを組むんだったらその罪滅ぼしも兼ねて確実にまさみちゃんですね。

長澤さん:
木村さんじゃないとダメなんじゃないかなと思います(笑)。

MC:小日向さんと渡部さんではだめだと?

長澤さん:
役柄的にそこは察してください(笑)。前作も今作も一緒にお仕事をして、信頼もありますから、その信頼がどんどん回を重ねると深まっていくので、もっと深めていきたいなという気持ちです。

小日向さんは長澤さんを指す。

小日向さん:
僕はまさみちゃんを指しました。最初は木村くんを指そうと思ったんですが、話しているうちに疲れちゃうかなって...。完璧主義だから気が休まる暇がないんじゃないかなって。本当にすごいんですよ。

MC:それで長澤さんに? 長澤さんとバディを組んで何をしたいですか?

小日向さん:
何をしたいって、事件ものでしょ?

MC:私の質問は「"プライベート"でバディを組むなら」ですが...。皆さん、勘違いされていました?

小日向さん:
刑事としてバディ組むんだったらってことだと思っていました。プライベートでバディを組むってどういうこと? 食事するってこと?

MC:食事に限らず、どこかに行ったり、スポーツをしたり...。

小日向さん:
あぁ、そうするとまた変わるかもしれない。

渡部さんは小日向さんを選択。

渡部さん:
僕は小日向さんを。ちゃんと(質問の意図を)把握していましたよ。プライベートってことを。僕も53歳になりましたし、まだまだこれからもやっていこうと思っています。小日向さんは第一線で活躍して、穏やかに仕事をされているので、良いご指導をいただけたらと、いろいろお話を聞かせてもらいたいなと思います。

MC:ここで、本シリーズの生みの親である、東野圭吾さんよりコメントが届いておりますので代読させていただきます。

【東野圭吾さんコメント】

このたびは、無事に公開を迎え、おめでとうございます。
木村拓哉さん、新田浩介を再び演じてくださりありがとうございました。前作もそうでしたが、今作も私が執筆中に頭で描いていた以上に新田は魅力的でした。なるほど、新田はこういう刑事だったんだなと、逆に教えられました。次回作の参考にいたします。
長澤まさみさん、小日向文世さん、渡部篤郎さんにも感謝いたします。皆さんのおかげで、登場人物たちは原作以上に輝いていました。
鈴木監督には「お見事でした」とお伝えしたいです。この原作を一晩のでき事で描くのは至難だと思っていました。恐れ入りました。
それにしましても、コロナ禍の中、これほど豪華絢爛なエンターテインメントを作り上げたことには驚きました。役者の方々やスタッフの方々の徹底した管理がなければ実現できなかったはずで、そのご努力に心から敬意を表します。
ところで木村さん、今回はアルゼンチンタンゴに挑戦していただきましたが、この次は何が良いでしょうか?

MC:原作の先生から最高の賛辞が贈られました。次回作の参考にとおっしゃっていました。

木村さん:
怖いですね。でも、また負けずに前を向いてやっていけば、またこういうメンバーで舞台挨拶ができる日が来るんじゃないかと思いますし、それができたら良いなと思います。それを可能にするには観ていただく皆さんもそうですし、現場で作る自分たちもそうですが、本当に一人一人が気をつけていかないといけないなと思います。でも、嬉しいですね。

MC:アルゼンチンタンゴの次は何にしましょうか? というお話もありました。

木村さん:
次は...何ですかね? いやぁ...普通に「みたらしだんご」で良いんじゃないですか? "タンゴ"じゃなくて"だんご"で。

MC:"タンゴ"じゃなく"だんご"?

木村さん:
やめましょう! 今、とっさに思い付いただけなので(苦笑)。

長澤さん:
新鮮です! すごい!

MC:明日のTVで(このコメントが)使われることになるかも...。

木村さん:
バッサリと切ってください。何が良いですかね?

長澤さん:
もう1回言ってください(笑)。

MC:木村さん、次は何が良いですか?

木村さん:
もうタンゴはちょっといいかなと思うので、みたらしだんごで(笑)。バッサリ行きますよ、これは(苦笑)。

会場から大きな拍手がわき起こる。

MC:それでは最後に木村さんからメッセージをお願いします。

木村さん:
今日、来てくださった皆さん、初日にこの映画を受け取ってくださって本当に感謝しております。ありがとうございました。そして、これから「マスカレード・ナイト」を観ようとしてくださっている方々、さっきまさみちゃんもおっしゃっていましたが、今は、皆さんの事情があると思いますので、事情が良くなった時に楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。

東宝website