Movie Movie

Return Page

平野&橋本が「キュンキュンする!」と高校生のお悩みに真剣回答
「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」
高校生限定! かぐや様は語らせたい~オンライン生徒会~

2021年08月09日

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」
高校生限定! かぐや様は語らせたい~オンライン生徒会~

<左から、平野紫耀さん、橋本環奈さん>


2019年に公開され、大ヒットした「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」の待望の続編にして完結編となる「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」がいよいよ、8月20日より公開! 8月9日には東京・スペースFS汐留で「高校生限定! かぐや様は語らせたい~オンライン生徒会~」と題した公開直前イベントが開催され、平野紫耀さん(King & Prince)と橋本環奈さんが登壇しました。全国の高校生約100名とオンラインで繋がり、恋愛や勉強、将来のことなど次々と質問を浴びた二人 。高校生への熱いエールが炸裂した、こちらの舞台挨拶の模様をレポートいたします!


平野紫耀さん(King & Prince/白銀御行役)

本日は、お集まりいただきありがとうございます。短い時間ですが、精一杯楽しい時間にできたらなと思っています。よろしくお願いいたします!
橋本環奈さん(四宮かぐや役)

今日は高校生限定イベントということで、オンラインではありますが、悩み相談など楽しい企画が盛りだくさんなので、最後まで楽しんでほしいなと思います。よろしくお願いいたします!

MC:「オンライン生徒会」に参加してくださっている高校生の皆さんと、さっそくお話しをしてみましょう。高校生の皆さーん!

平野さん:
(画面に登場した高校生たちを見て)おおー! すごい! こんばんは。

橋本さん:
すごい! こんばんはー! みんな手を振ってくれている!

MC:今日はオンライン上で、夏休み中の高校生1年生から3年生。北は北海道から、南は鹿児島まで、約100名の方にご参加いただきました。制服の人たちも結構いますね。

平野さん:
ありがとうございます。皆さんの貴重なお時間をいただくので、精一杯お悩みを解決できたらと思いますが、「僕で大丈夫かな...」という不安も少しあります(苦笑)。「平野でも良かったら」という人がいたら、ぜひご相談ください。

橋本さん:
嬉しいですね。こういった高校生限定というイベントじゃないと、高校生とたくさん会うことはできないですよね。このように夏休みの時間を使って参加してくれて、嬉しいです。ありがとうございます。

MC:今日は平野さん、橋本さんへの質問、悩み相談を事前に受け付けております。スタッフがいくつか選ばせていただきました。

質問コーナー

MC:それでは、まずは一人目の方、お願いいたします。ニックネームをお聞かせください。

男子高校生A:
非常口です。

平野さん:
僕、非常口大好きですよ。今、ツアーをやっているんですが、イヤモニ(イン・イヤー・モニター)を新しくするということで、デザインをどうするかという時に、僕は「非常口」をモチーフにしたんです。「皆さんが困った時に頼れる男になりたいな」という意味で、頼ってくれる場所になれたら良いなと...。すみません、僕の話をしてしまいました(笑)。 質問にいきましょう!

男子高校生A:
「かぐや様は告らせたい」は今回でファイナルですが、終わってしまってさみしいなという思いはありますか?

平野さん:
本作でも、前作とスタッフさんもキャストの方も結構一緒で、せっかく絆を深めて作品を撮ることができたのに、「離れ離れになってしまう」というさみしさはあります。でも、違う現場だったとしても、どこかで(「かぐや様は告らせたい」の)スタッフの皆さんやキャストの方々とまたご一緒できたら嬉しいなと思いながら精進していきたいです。意気込みみたいになっちゃいました。

橋本さん:
「かぐや様は告らせたい」の共演者はみんな同世代で、仲が良かったので、撮影現場も和気あいあいとしていました。プライベートでみんなで集まったりもしていたので、「また同じメンバーで撮影をすることはなかなかないんだろうな」と思うと、さみしい気持ちになります。

MC:非常口さん、ありがとうございました! 続いて二人目の方お願いいたします。

男子高校生B:
お仕事で大切にしていることや、心がけていることはありますか?

平野さん:
すごくしっかりとした質問ですね。 「誰かが笑顔になったら良いな」と考えながらやっています。苦しんでいる人や、例えば高校生の皆さんが悩んでいる時に、僕を見て気が楽になったり、笑顔になってもらえるように頑張っています。

橋本さん:
見てくださっている方がいるからこそ、このお仕事ができていると思っています。映画もそうですし、ドラマも「観たよ」という言葉や、SNSの言葉も励みになります。皆さんに日々、元気を与えられたら良いなと思っています。

男子高校生B:
参考にさせていただきます。

平野さん:
力まずに頑張ってください。ありがとうございました。

MC:では、続きまして三番目の方お願いいたします。

女子高校生A:
私のお母さんが、平野紫耀くんのことを大好きで恋わずらいをしています。対処法を教えてほしいです。

平野さん:
どうすれば良いんですかね...。今どういう状態ですか? 寝込んでいるとか、そういう状態ではないすか?

女子高校生A:
そうじゃないです(笑)。(平野さんが出演している)テレビを一番良い席で、正座して観ていたります。

平野さん:
そんな体勢で観るようなものを僕は、やっていないですよ(笑)。...これは、どうしようもできないかもしれないです...。(橋本さんに尋ねるように)どうしたら良いですかね。

橋本さん:
私ですか!? 私が解決するの(笑)!? もっともっとわずらって良いと思います。

平野さん:
こういう状況が落ち着いたら、これからコンサートもいっぱいやりたいと思いますので、そういうタイミングでいずれお会いして、両思いになれると嬉しいなと思います。僕とお母さんが両思いになっても大丈夫ですか?

女子高校生A:
大丈夫だと思います。

平野さん:
その時はよろしくお願いします。ご挨拶に伺わせていただきます。

MC:"娘公認"が出ましたね!

平野さん:
ありがたいですね。そこさえゲットしておけば、あとは僕とお母さんの問題ですから(笑)!

お悩み相談コーナー

MC:高校生の皆さんに、これからの人生において糧になるような、有益なアドバイスをいただければと思っています。自信はありますか?

橋本さん:
私はわりと、友だちなどから悩み相談を受けるタイプなので、頑張って答えたいと思います。

平野さん:
僕もわりと相談される方ではあるんですが、とりあえず「ポジティブになりたいんだろうな」という人たちから、相談を受けます。そういう意味ではポジティブにしてあげることはできるかもしれませんが、具体的なアドバイスは、ちょっと無理かもしれないです...。でも頑張って答えたいと思います!

MC:友だち、恋愛、学校生活、勉強、将来と大きく分けて5つのカテゴリーのお悩みがありました。どれから行きましょうか?

平野さん:
どれも難しいね。どういう相談を受けることが多いですか?

橋本さん:
女子だと、やっぱり恋愛相談とか多いですけどね。

平野さん:
おおー! じゃあ、恋愛から行きましょうか!

MC:では一人目の方お願いします。

男子高校生C:
あと半年で学校を卒業するんですが、仲良くなりたい女の子がいます。まだ二人きりで話したことがないんですが、どうやって話しかけたら良いと思いますか?

平野さん:
おおー! 最高じゃん! 人の恋愛相談って何でこんなに楽しいんですかね。

橋本さん:
キュンキュンしますね。その子は、同級生なのかな?

男子高校生C:
はい。同級生です。3年間一緒なんですが、今年の文化祭の時に、初めてちょっとしゃべって...。その時はみんながいたので話せたんですが、二人だとどうやって話し始めたら良いのかなって...。

平野さん:
これはもう、好きですよね! 正直、仲良くなりたいとかではなく好きですよね! 良いじゃん! どうしよう、どうしよう。これは真剣に考えよう! Cくんの将来がかかっているもん。

橋本さん:
みんながいる時は話せていたんだもんね。共通の趣味とか、話す糸口があると良いなと思いますよね。

平野さん:
趣味とかありますか?

橋本さん:
好きな音楽とか映画とか...。例えば、「『かぐや様は告らせたい』を一緒に観に行こう」とか。

平野さん:
それは最高だね! 今の(アイデア)を使って良いですよね? 橋本さんから「映画を観に来て!」と言われたからって...。

橋本さん:
なるほどね! (出演者)本人から言われたからって。良い、良い!

平野さん:
それで誘っちゃえば良いんじゃないですか?

橋本さん:
でも、1回目で映画に誘うってハードル高いのかな?

平野さん:
どうなんだろうなぁ...僕はいけるけれど...。僕がいけるっていうことは、Cくんもいけますよ。

男子高校生C:
頑張ってみます。

平野さん:
いける、いける!

橋本さん:
(Cさんの)表情を見ていても、すごく好きなんだろうなというのが伝わってきて、こちらまでキュンキュンします。ぜひともCくんに、楽しい映画デートをして来てほしいです。頑張ってください。

男子高校生C:
ありがとうございます!

平野さん:
頑張れー!

MC:続いては、どれにしますか?

平野さん:
じゃあ、"将来"で!

MC:お二人は高校生の時は、もう将来の夢は決まっていましたか?

橋本さん:
そうですね。高校生の頃は、もうこのお仕事をしていましたね。

平野さん:
僕も高校1年生からジャニーズに入ったので、もうジャニーズでした(笑)。

MC:なるほど。では、お悩みに行きましょう。

女子高校生B:
将来、外交官になるのが夢です。その夢を叶えようと第一志望の大学に進学するために勉強を頑張っている最中なんですが、思うように成績が伸びません。「毎日勉強している意味があるのかな?」という考えが頭の片隅にあって、集中して勉強ができずに焦って不安になってしまいます。紫耀くんと環奈ちゃんが、目標に向かっている途中で挫折しそうな時に心がけていることがあれば教えてほしいです。

平野さん:
難しいねえ...。僕自身はあまり苦手なことに対しては、努力をしていなかったんです。僕の場合は「自分の好きなことが将来の仕事になったら良いな」と思いながらダンスを続けていて、それが今こうして実になっています。
きっと将来のことを考えたり、自分が理想の仕事をしている将来を想像しながら勉強すると良いのかなと思います。勉強をしている時にそれが遠回りに感じても、実は努力をすることは一番の近道だと思います。僕も週1くらいで英会話をやっているんですが、自分では実になっているとは思わないんです(笑)。先週やったことを忘れていますし(苦笑)。実になっていないとは思うんですが、King & Princeとして英語の曲を出したり、それをいろいろなアーティストさんに評価していただいたりなど、自分の意識していないところで実になっていることが、必ずあると思います。引き続き、ポジティブに考えて頑張っていただけたら良いなと思います。


橋本さん:
頑張っている人だからこその悩みだなとすごく思いました。諦めずに続けていれば叶うものか...といえば、そうではないのかもしれないけれど、でも諦めてしまったら、やっぱり夢は叶わない。今日約100名の方が集まってくれていますが、こういう場で「外交官になりたい」と言葉にできること自体がすごくステキだし、カッコいいなと純粋に思います。すごく大変だろうし、勉強もすぐには結果が出なかったり、自分に対して自信がつくこともなかなかないのかもしれないですが、きっと夢が叶った時に「今までの頑張りが報われた」と気付けるんじゃないかと思います。応援しています!

女子高校生B:
ありがとうございます!

平野さん:
無理しないで頑張ってね!

MC:ステキな相談、ステキな提案でした。では、友情のカテゴリーに行ってみましょう。

男子高校生D:
僕は人見知りで、友だちを作ることが苦手です。どのようにすれば友だちをうまく作ることができますか?

平野さん:
シンプルだけど、意外と難しいんだよね...。僕も実は人見知りで、初めて(本作の)顔合わせに行った時は、全然(共演者と)話せなかったんです。でも、無理しなくて良い気がします。仲良くなろうとすればするほど、上辺だけの付き合いになってしまう気もします。本当に気の合う友だち、趣味が同じ友だち、一緒にいて楽しい友だちが一番だと思います。そしDくんのことを考えて、ちゃんと友として受け入れてくれる人が一番良い友だちだと思います。

橋本さん:
"人見知りあるある"なのかな、今回のファイナルで(平野さんに)2年ぶりにお会いした時に、「あれ? 距離感が一旦遠くなったな」と思いました。

平野さん:
そうなんですよ! 2年も会わなかったら、ぼほ"初めまして"みたいなものです。僕も相当、人見知りです!

橋本さん:
しかも今回、はるぴょん(福原遥さん)と影ちゃん(影山優佳さん)という新キャストがいるのですが、本当に(平野さんは)人見知りなんだなと思った出来事がありました。(平野さんが)仲良くなろうとして二人に話しかけていたんですが、「ご趣味は?」と、聞いていて「お見合いか!」とツッコミたくなるくらい硬い話をしていて(笑)。佐野(勇斗)くんも人見知りなのか、私と浅川(梨奈)とはずっと話しているんですが、私たちがいない時にはまったく話が盛り上がっていなかった(笑)。

平野さん:
「あんな主演がいていいのか!」と自分でもツッコミたくなるくらいでした!

MC:かなり遠目の距離感から近づいて行ったんですね。

平野さん:
そうですね。僕は聞かれたことは、なんでも答えます。その中で、その人にどれか一つでもハマるものがあれば良いなと。そこで返してくれたら、その話題について話す...という感じです。初対面からウソをつかないことが大事ですね。

橋本さん:
私は人見知りではないので、誰とでも、どの年代の人でも仲良くなれるんです。でも社会人と学生とでも違いますよね。学生の皆さんは、同じ学校など限られた範囲で友だちを作ることになりますよね。社会人になると、いろいろな職種の人や、自分とは違う価値観を持っている人にも会うけれど、学生だと周囲に合わせないといけなかったり...。「浮いているよね」と思われることに対してドキドキしてしまうこともある。なので、むしろ学生の方が友だちを作ることが難しいのかなとも思っています。ただ、"人にされてイヤなことはしない"という一つのルールさえ作っていれば、それ以外はきっと大丈夫なのかなと思います。自分がされて嬉しいと思うことを、(相手が)してくれたらきっと嬉しいはず。人見知りだと、自分から話しかけられない人も多いと思うんですが、こちらから一歩踏み出して話してみると、意外とみんな受け入れてくれるなという印象があります。

男子高校生D:
ありがとうございます。一歩踏み出して、頑張ってみたいです!

平野さん:
いけるよ! 僕でもできているんだから! 頑張れ、大丈夫!

MC:お互いの悩み相談のアドバイスは、聞いていていかがでしたか?

平野さん:
カンカンのアドバイスはやっぱり的確ですね。すばらしいと思います。

橋本さん:
平野くんらしさが出ていました。

MC: イベントの最後にフォトセッションを行うのですが、高校生の皆さんと同じポーズで写りたいと思います。そこで、どのようなポーズで写るか、高校生の皆さんにアンケートを取りたいと思います。それでは、投票をお願いします。
ちなみに、佐藤さんは四宮家お抱えの医師役。高嶋さんは白銀の父親役を演じています。お二人との撮影のエピソードはありますか?


ポーズの候補。
A:佐藤二朗さんがしている、指でハートを作るポーズ。
B:高嶋政宏さんがしている手でハートを作るポーズ。


橋本さん:
二朗さんはいつも通り、たっぷりと尺を使っていました(笑)。白銀も一緒にいる見どころとなるシーンがありましたね。

平野さん:
あのシーンで、僕は(佐藤さんに)絡まれない予定だったのに、急遽絡まれることになって...。でも、二朗さんに絡んでいただけて嬉しかったです。

MC:では投票の結果を見てみましょう! 接戦ですが、Bの高嶋さんのハートポーズの勝利です! Bのポーズでフォトセッションとなります。
あっという間にお開きの時間となってしまいました。今日はいかがでしたか?


平野さん:
あと3年は、毎日同じことができますね。それくらい楽しかったです。なかなかお悩みを聞く機会もないですし、僕自身、恋愛相談をされるのがすごく好きだなと改めて思いました。もっとやりたかったなと思います。

橋本さん:
もっと答えたかったですね! すごく楽しかったです。恋愛もそうですけど、友情や将来のことなど皆さんが悩んでいることに少しでも力になれたら嬉しいです。今日をきっかけとして、何か変わってくれたら良いなとも思います。こうして高校の皆さんとお話する機会もないので、嬉しくなりました。

MC:平野さん、橋本さん、最後の挨拶をお願いいたします。

橋本さん:
今日お集まりの皆さんには「夢に向かって頑張ってほしいな」という応援の気持ちもありつつ、今回「かぐや様は告らせたい ファイナル」のイベントということで、皆さん夏休みに本作を観に行ってくれるのかな? (高校生の反応を見ながら)結構うなずいてくれている! ありがとうございます。友だち、彼氏、彼女、お母さんお父さんとでも良いです。何回も観て楽しんでくれたら良いなと思います。本当にありがとうございました!

平野さん:
今日は、すごく貴重な経験ができましたし、すごく楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました! 今は、修学旅行や給食の時間など、みんなで過ごせなかったりと辛いことがたくさんあると思うんですが、楽しいことを想像したり、そういったマインドを忘れずに過ごしていたら、必ず明るい未来は来ると思います。いろいろな方からの愛を忘れず、『かぐや様は告らせたい ファイナル』も観て楽しんで、愛をさらに深めていただけたらなと思います。今日はありがとうございました!

東宝website