Movie Movie

Return Page

天才たちの恋愛頭脳戦、ここに完結!!
平野紫耀、橋本環奈ら豪華キャスト陣が映画完成を祝い大集合!!
「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」
完成披露舞台挨拶

2021年07月21日

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」完成披露舞台挨拶

<左から、河合勇人監督、堀田真由さん、佐野勇斗さん、平野紫耀さん、橋本環奈さん、浅川梨奈さん、影山優佳さん>


2019年に公開され、大ヒットした「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」の待望の続編にして完結編となる「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」がついに完成! 7月21日東京・豊洲の豊洲PITにて完成披露舞台挨拶が開催され、平野紫耀さん(King & Prince)、橋本環奈さん、佐野勇斗さん、浅川梨奈さん、堀田真由さん、影山優佳さん(日向坂46)、河合勇人監督がそろって登壇しました。ファイナルにちなんだ「完結させたいこと、決着をつけたいことは?」という質問には、キャスト陣から珍回答が...? こちらの舞台挨拶の模様をレポートいたします!


平野紫耀さん(King & Prince/白銀御行役)

どうも皆さん、こんにちは。僕自身、皆さんの前に立つのは2年ぶりくらいです。今日はひたすら楽しんでいただきたいなと思っています。短い時間ですがよろしくお願いします。
橋本環奈さん(四宮かぐや役)

皆さん、こんにちは。本当にこのコロナ禍の中、こうして皆さんと対面してイベントができるって、私自身もすごく久しぶりなので嬉しいです。短い時間ですが、楽しんでいってください!
佐野勇斗さん(石上優役)

皆さん、気持ちは高ぶっていますかぁー? (会場からスティックバルーンを叩く音が響く)ナイス高ぶり! ということで本日も楽しい会にしていきたいと思います。
浅川梨奈さん(藤原千花役)

こうして無事「かぐや様は告らせたい ファイナル」完成披露の日を迎えることができて、本当に嬉しく思っています。
「かぐや様は告らせたい ファイナル」の制作が決まった日から、完成披露の日には藤原千花に合わせて、髪色をピンクにしようと決めていました。今日は良い感じのピンク(の髪)で来ました(笑)。
堀田真由さん(早坂愛役)

皆さん、こんにちは。またこうして同じ作品に、同じ役で戻ってくることができて本当に嬉しく思います。前作より、かなりパワーアップした本作をぜひ楽しんでいってください。
影山優佳さん(日向坂46/伊井野ミコ役)

今回から登場することになる伊井野ミコちゃんを演じることができて私もすごく光栄です。笑いあり、涙ありのたくさん幸せあふれる作品を今日はぜひ楽しんでいってください。
河合勇人監督

本日は暑い中、集まっていただき本当に感謝しております。最後まで楽しんでいってください。

MC:大ヒットした前作から2年、続編にしてファイナルとなる本作のお披露目を迎えましたが、手応えや、今のお気持ちについてお聞かせください。まずは平野さん、いかがですか?

平野さん:
そうですね、「本当に嬉しいな」という気持ちでいっぱいなのと、あとは本当に「早く観ていただきたいな」と思います。皆さんより一足先に、初号試写を観ましたが、ワクワクしました。ちょっと言うのが恥ずかしいんですが、キュンキュンしたり、シクシクしたり、(ストーリーの)展開も早くて本当に楽しい作品だと思いました。早く皆さんに、この作品が...目に届いてほしいなという...目に届いてほしい? お手元に? 

橋本さん:
「お手元に届く」?

平野さん:
「お手元に届く」の目バージョン? 早く届いてほしいなと。

MC:目と心に早く届いてほしいと?

平野さん:
それです! 目と心に早く届いてほしいなと思っています。

橋本さん:
前作からさらにパワーアップしていて、ファイナルにふさわしい作品だと初号試写を観て感じました。文化祭、体育祭という2大イベントで大いに盛り上がっていると思うのでそこに注目してほしいですね。個人的には、浅川とも話していたんですが、石上のシーンにすごく感動しました。(浅川さんに向かって)めっちゃ良かったよね?

浅川さん:
すごいよね。

橋本さん:
実際、初号試写でも(石上のシーンに)「めっちゃ泣いた」ってみんなが言っていたので、注目してほしいです。

佐野さん:
すごく皆さんが、(良いシーンだと)言ってくださるので、内容については具体的には言えないのですが、原作でも好きなシーンなので大事にやらせていただきました。

MC:前作から出演の皆さんは、撮影現場で久々に顔を合わせていかがでしたか? 変わっていましたか?

平野さん:
そんなに「変わったなぁ」っていう印象は受けなかったです。クランクインして、割とすぐに前作の和気あいあい度が戻りましたね。

橋本さん:
結構しっくりきたというか「そういえば2年も経っていたんだ」って思うくらいみんな、現場でも和気あいあいとしていました。今回、新しく入ったミコ役の影ちゃんもすんなり入ってきてくれて、良い雰囲気でスタートを切れたなと思います。

影山さん:
私も「かぐや様」チームはみんな仲が良いと聞いていたので、「その中に新入りがどう入っていけるのか?」 ってどちらかと言うと怖かったんです。でも、皆さん本当に優しくしてくださって、初日からゲームに混ぜてくださって...私は初めて知ったゲームだったので毎回負けしまったのですが、それでもすごく幸せでした。

平野さん:
いろいろやっていたよね? 結構、セットでの撮影が多くて待ち時間も長かったので、「ほうれん草」ゲームとか...。口頭で説明するのは難しいんだけれど...(客席に向かって)知っている方います? (知っていると言った方に)じゃあ、後ほど聞いてみてください(笑)。ほうれん草をただ渡していくというシュールなゲームです(笑)。

橋本さん:
2本のほうれん草をどんどん回していくんです。好きな人に自由にほうれん草を回していくだけのゲームなんですが、ほうれん草が2本あるから数がこんがらがっちゃったりするんです。私的には、何が面白かったかって、自由に回して良いはずなのに、一向にほうれん草が浅川に回っていかなかったところです(笑)。

浅川さん:
ほうれん草、全然もらえなかったですね(笑)。誰よりもニコニコしてスタンバっているのに、私だけ除外されて...(笑)。そういう類のゲームをもう1個やったのですが、これも一向に回ってこなくて(笑)。なんか「愛されてるなぁ...」って思いましたね!

平野さん:
浅川に渡らない割に、なぜかほうれん草がもう1本増えたりしたよね(笑)。僕が言うのもなんですが、意外とポンコツが集まっていて(笑)、勝手にほうれん草が増えるんですよ。

浅川さん:
増えてましたね(笑)。本読みで2年ぶりに全員がそろった段階で、つい昨日会ったみたいなテンションだったので、「安心できるな」って思いました。待ち時間も楽しく、信頼できるキャストだったので、良いチームワークでスムーズにいったのかなって思います。

堀田さん:
私は、生徒会室のシーンにはいなかったんですが、カードゲームとかしました。「ナンジャモンジャ」とか...(観客に向かって)知っている方いますか? (客性の反応を見て)あぁ、結構知っている! それをずっとやっていました。

橋本さん:
カードゲームをすごく持ち込んでいたんだよね?

堀田さん:
お菓子とかも環奈が持ってきてくれて、パーティみたいな(笑)。

河合監督:
(撮影現場は)すごくにぎやかなクラスに放り込まれた感じでした。

MC:クラスの担任みたいな感じですね?

河合監督:
そうですね、ものすごくにぎやかでした。

MC:そのクラスの問題児は?

河合監督:
誰だろう? 平野さんかな?

平野さん:
いやいや(苦笑)! 僕たち、疲れてきたら「アイス食べたくない?」ってアイスじゃんけんをしていたんです。一回、生徒サイドで(じゃんけんを)やってから、負けた人が最後に監督とやって、負けたほうがお支払いをするという形で...。監督は、かなり不利な状況に置かれていても、一番ノリノリで「負ける気がしない!」って腕をグルグル回していましたよ。結構、監督がお支払いする日が多くて...ごちそうさまでした(笑)!

MC:前作から、ここがパワーアップしたというポイントを教えてください。

平野さん:
今回は白銀と四宮の恋だけではなく、ほかのキャラクターたちの恋愛も混ざっています。そこが意外とキュンキュンしてしまうポイントで、そこもスケールアップしているんじゃないかと思います。

MC:橋本さんはいかがですか?

橋本さん:
CGですね。私、初号試写で観た時に純粋に感動して、「あぁ、こんな風になるんだ!」って思ったんです。観てもらったらきっと伝わると思います。文化祭の最後のシーンとか本当に感動的だと思います。

佐野さん:
全体的に、前作からのメンバーは、だいぶキャラが安定しているんです。そういう意味でも今回、お芝居の幅が広がったと思います。それに、今回はテンポ感とかもすごく良かったですし、前回よりもあっという間に感じました。

浅川さん:
個人的な話になりますが、藤原千花の動きが想像しなくても出るようになったのは個人的なパワーアップなのかなって思っています。私がアドリブで何をするか分からないから、監督がメチャクチャ早くカットを入れたがっていて、そこで、(監督と)バトルを繰り広げていました(笑)。それから、私がふざけたことをやっていると、環ちゃん、平野くんや佐野くんが笑いをこらえているシーンもあったので、個人的にそこも観て頂きたいです。

堀田さん:
もちろんCGも凄かったですが、コスプレの回数といいますか、着ている服の数がすごく多くて、私も、4~5着くらい着ています。原作に合わせてこだわってくださっていますので、そこもかなりパワーアップしていると思います!

MC:影山さんは今作からですが、こだわった部分などはありましたか?

影山さん:
そうですね、皆さんがおっしゃられた部分もその通りなんですが、今作には新キャストがたくさんいて、ミコちゃんや、つばめ先輩(福原遥さん)、風野さん(板橋駿谷さん)、荻野くん(高橋文哉さん)と、それぞれ個性をぶつけ合って、その相乗効果でパワーアップしているんじゃないかって、思っています。なので、そこにも注目してもらえたら嬉しいです。

河合監督:
スタッフ・キャストのチームワークが一番パワーアップしていると思います。今回、ミニエピソードも一緒に撮っていたので、それが如実に出ているんじゃないかと思います

MC:今作でファイナルとなりますが、それにちなんで皆さんが「決着をつけたいもの」「完結させたいもの」があればお願いします!

平野さん:
自分の家の話なんですが、すごく家具が迷走しているんです。テーマがぐちゃぐちゃになっちゃって。キラキラしたのも好きだし、落ち着いた西海岸風のも好きで、いろんな家具をかき集めた結果、すごく近未来みたいになってしまいました。落ち着かない状態なので、早くどっちかに決着つけたいです。近未来風なのか? 西海岸風のオシャレな感じにするか? 僕の中で、今重大なポイントです。

MC:決着はつきそうですか?

平野さん:
つかないかも...。

佐野さん:
つかないんかい(笑)!

平野さん:
僕、結構、優柔不断なんですよ。メンバーにも見てもらいながら決められたらと思います。

MC:橋本さんは何かないですか?

橋本さん:
私、基本的に潔く決めるほうなので、断ち切りたいことってあまりないです。衝動的に新しく買っちゃって困ったってこともあまりないんですよね。難しいな。あ、思い出しました! 私、同じ所に長く住めなくて引っ越し魔なんです。時間があると物件を見ちゃうんです。そうすると、引っ越ししたてでも、引っ越したくなっちゃうんです。

浅川さん:
そうだね。引っ越すのメチャクチャ早いです、彼女。

橋本さん:
2年で更新って多いじゃないですか? でも、更新までいかなくて、一人暮らしを始めてそんなに間もないのに4~5回は引っ越しています。それはいつか断ち切りたいなと思います。「長く住む」ことを目指したい。

MC:最後に、橋本さん、平野さんからキャストを代表してメッセージをお願いします。

橋本さん:
2年ぶりとなりましたが、ファイナルということで「かぐや様」が完結します! 前作よりもパワーアップしていますし、今日のこの雰囲気でも分かるように、和気あいあいと楽しく撮影をしていました。その雰囲気が、本作に出ているんじゃないかと思います。文化祭や体育祭など、感動するシーンもたくさんあるので、"最後の最後まで"楽しんでいってほしいなと思います!

平野さん:
2年ぶりにスタッフさん、前作からのキャストの方々、新しいキャストの方々も集まって「かぐや様は告らせたい ファイナル」完成しました。今日も男性の方がちらほら見えますが、僕も24歳の男性ですが、すごく楽しめましたし、お父さん、お母さん世代、おじいちゃん、おばあちゃん世代、お子さんでもワクワクドキドキ楽しめる作品になっているんじゃないかと思います。今日に限らず、公開したら何回も観ていただけたら嬉しいなと思います。皆さん、存分にドキドキして、キュンキュンしてワクワクしてください! 今日はありがとうございました。

東宝website