Movie Movie

Return Page

菅田将暉、Fukaseら超豪華メンバーが集結!
「キャラクター」完成報告会

2021年04月27日

「キャラクター」完成報告会

<左から、長崎尚志さん、中村獅童さん、高畑充希さん、菅田将暉さん、Fukaseさん、小栗旬さん、永井聡監督>


菅田将暉さんと本作が俳優デビューとなるSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseさんが共演する、映画「キャラクター」の完成会見を4月27日にグランドハイアット東京にて開催しました。
浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画がついに実写映画化した「キャラクター」は、6月11日より公開します。「もしも、売れない漫画家がスケッチに向かった先で、一家殺人現場に遭遇し、犯人を目撃し、その顔をキャラクター化して漫画を描いて売れてしまったとしたら?」 そんなアイデアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメントです。
イベントには、菅田将暉さん、Fukaseさん(SEKAI NO OWARI)、高畑充希さん、中村獅童さん、小栗旬さん、永井聡監督、原案・脚本の長崎尚志さんが出席しました。笑いの絶えないトークが展開された、こちらのイベントの様子を詳しくレポートします。


菅田将暉さん(山城圭吾役)

(会場を見渡して)今日はたくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございます。試写会は中止となり、これは配信となっているんですよね。皆さん、お元気でしょうか? 僕は何とか元気でやっています。映画「キャラクター」をどうぞ、よろしくお願いします。
Fukaseさん(SEKAI NO OWARI/両角役)

役者という仕事を初めてしました。今もそうですが、すごく緊張しました。撮影が始まったら、キャストやスタッフの皆さん、そしていろいろな方々が、"僕がやりやすいように"と、気を遣って優しくしてくださり、完成に至りました。この場をかりてお礼を申し上げたいと思います。(お辞儀をして)ありがとうございました。
高畑充希さん(川瀬夏美役)

皆さん、こんにちは。このような挑戦的な面白い作品に、少しでも参加できて、とても光栄に思っています。
中村獅童さん(真壁孝太役)

今日はありがとうございます。
小栗 旬さん(清田俊介役)

どうも! 皆さん、こんにちは~! 本日は、ここに来られて嬉しいです!
長崎尚志さん(原案・脚本)

どうも初めまして。僕だけ一般人なので場違いな感じがあります。この作品の企画当初から携わっておりますので、本日はそのお話をするために参りました。
永井 聡監督

皆さん、足を運んでいただきありがとうございました。

MC:まずは、長崎さんと永井監督にお話を伺います。構想十年の作品が、実際にかたちになってみて今どのようなお気持ちでしょうか。

長崎さん:
すみません、少し話が長くなります。
"構想十年"といっても、ずっとしていた訳ではありません。最初の三年半は脚本とプロットを練っていて、その後には空白の三年があります。その後の三年半で再び、この映画に向かって仕事を始めました。この脚本とプロットには三人のアイデアが入っています。それは、企画の川村元気さん、フジテレビの村瀬健プロデューサー、それから永井監督です。
この三人はとにかくアイデアが豊富でして...という言い方をしていますが、"ワガママな人たち"なんです(笑)。どんどんアイデアを出すので、プロットがどんどん増えていきました。「これをどうしよう?」と僕が考えていると、突然「主役を女刑事にしてくれ」と、ちょっと分からないオーダーが来るんです。「女刑事」をとオーダーしておきながら、(書き終えると)「やっぱりちょっと違いますね」と、それをボツにするんです。その次には「前半は菅田さん演じる漫画家の山城視点、後半は小栗さん演じる刑事の清田視点で」と言われました。「二つの視点もありかな?」と思って書き直してみると、そのオーダーをした本人が「これでは複雑で分かりにくいからやめましょう」と言いました。そんな感じで、前半は14稿までいって、中断しました。後半になると永井監督が加わりました。優しそうな顔をしていますが、結構な方でした。最初「刑事モノに書き直して」と言うんです。僕は「それだと漫画家と殺人者の微妙な関係が消えてしまいますけど?」と言うと、「いえ、僕には見えているんです」とおっしゃるので、書き直しました。すると、永井監督が「やっぱり違いましたね」と...。そういうかたちで、20稿までいきました。
そんなお三方の共通点は、"褒め上手"だということです。自分のプロットがけなされていることに気がつきませんでした。よく考えると、三人の手のひらで踊らされてきた感じです。でも、十年目で本当に良いシナリオができました。映画を観てもらうと分かると思いますが、多くの方に観てもらいたい作品になりましたので、今は大変満足しております。


永井監督:
十年かけたことで、「巧妙な脚本が書けた」こともありますし、このタイミングだからこそ、「このキャストが揃えられた」ことが一番大きいと思います。これが五年前だと、スケジュールの都合で、できなかった人たちもいると思います。いろいろな考えがあるので、まさに良いタイミングで仕上がったと思います。

MC:今回の、映画界と漫画界のコラボで、発見されたことは何かありましたか。

永井監督:
僕がやりたいアイデアを告げると、長崎さんから「こうしたら良いんじゃない?」と、編集者のように、うまく導いてくれました。脚本の書き方が普段とは違うので、それが新鮮で良かったです。

長崎さん:
僕は、「映画の人の考え方はこういうものだ」と、分かって面白かったです。漫画だと、漫画家と編集者とか、漫画家と原作者とか、多くて三人ぐらいで、編集長一人をだませれば(作品が)世に出るんです。でも、映画は監督はじめスタッフの方々、それに役者の方々が100%の力を発揮して、できるモノだと分かりました。生まれて初めて「団体競技に参加した感じ」でとても新鮮でした。

MC:菅田さんは初めての漫画家役、そしてFukaseさんは初めてのお芝居にして殺人鬼役でしたが、それぞれ演じられた感想をお話いただけますか。

菅田さん:
Fukaseさんと接していると、逆に"映画のいい加減な部分"が浮き彫りになる感じがしました。「(Fukaseさんは)一つ一つ丁寧に考えているんだな」と...新鮮でした。
役作りで、Fukaseさんは今回は殺人鬼の役というのもあって、プライベートで包丁売り場に行き、売り場でセリフの練習をしていたというんですよ。


Fukaseさん:
(笑)。そうですね、そういう練習もしました。もし、これが警備員とかに見つかって、捕まったら、「映画のセリフの練習をしていました」と言い訳しないといけないから、「すごく変なかたちのプロモーションになっちゃうな」と思いました。なので、鮮魚売り場に行ったり、包丁売り場に行ったりを繰り返していました。

MC:十分怪しいと思います...。

Fukaseさん:
そうですよね。なので、なるべく早くスーパーから出ました。

菅田さん:
ちょっと「ハッ」としましたね。何周も回って忘れていたことだなと思いました...。

MC:初めての役作りでのご苦労は?

Fukaseさん:
殺人鬼役なので、殺人衝動を表現するところにはすごく苦労しました。どうしても言葉にできなかったので、「絵を描いて自分の中で理解していこう」と思い、油絵を描いていました。それを、「こんな感じで役作りをしています」と、軽い気持ちで監督とプロデューサーに絵の写真を送ったところ、「それを本編で使いたいので、2m×2mのサイズで描き直してくれ!」と言われました。「えっ...やだ!」って思いました(笑)。

菅田さん:
そうですよね。ひどい監督ですよね...。

Fukaseさん:
(笑)。2m×2mって、とんでもない大きさなので、「そんなに大きくする必要ある?」と思っていましたが、本編を観たら「ああ、ある!(必要なサイズだった)」と思いました。

永井監督:
その絵は、「美しいけれど、恐い」みたいな感じでした。その、「まさに両角の絵」と、Fukaseさんが普段描いている絵にはかなり共通点があったので、これはぜひ使いたいと思いました。

Fukaseさん:
何だろう、褒められているのか分からないですね(笑)。

MC:菅田さんは、漫画家役を演じられてみていかがでしたか?

菅田さん:
僕は漫画が大好きなんです。憧れの漫画家さん(という職業)に少しでも触れることができて楽しかったです。

MC:菅田さんが20代の頃の浦沢直樹さんに似ていたというお話を伺いましたが...。

長崎さん:
就職するか漫画家になるか悩んでいる頃の浦沢さんに似ていました。

菅田さん:
僕は、浦沢さんがMCをされている番組「浦沢直樹の漫勉」(2015年よりNHK Eテレにて放送。現在は「浦沢直樹の漫勉 neo」というタイトルで同局より放送。)をずっと見ていました。今回の撮影前にはシーズン2が始まったところだったので、それを見て現場に行っていました。なので、昨日その話を伺って驚きました。

MC:菅田さんとFukaseさんは共演されてみていかがでしたか。

Fukaseさん:
最初はめちゃくちゃ緊張しました。僕には初めての経験である"本読み"の時に、初めて監督や共演者の方々を前にセリフを読むんですが、初めてセリフを言うので、身体が震えてしまいました。それを隠すために「なんか、この部屋寒くないですか?」と言いました。

菅田さん:
部屋のせいに(笑)?

Fukaseさん:
でも、誰も聞いていなくて、暖かくもしてくれないまま、震えて本読みをしていました。

菅田さん:
配慮が足らなかった...。でも、そんなに緊張しているようには見えなかったです。その挙動みたいなものも役作りの一環だと思っていました。両角という役の不気味さをプレイ(お芝居)でやっていると思っていました。

Fukaseさん:
え、そんなに不気味でした?! それは単に震えていただけだと思います...。

菅田さん:
(笑)! 不気味でしたよ。

Fukaseさん:
僕は映画の現場が初めてだったので、とにかく不安でした。
その中でも一番の不安だったのは、カメラの回っていないところで「菅田くんに話しかけて良いのか?」が、分からなかったことでしたね。例えば、「昨日何を食べました?」みたいなどうでもいいことを話しかけたとして、「僕たちはそういう間柄の役ではないですよね?」と言い返されたら、僕は立ち直れないですし、映画に参加できないと思いました。(登壇者の皆さん:笑) だから、まずはスタッフさんに確認してもらって、「Fukaseさんのやりやすいようにしてください」というお返事をもらったので、話しかけました。それは、今回の撮影での僕の重大なミッションでした!


菅田さん:
僕は最初から拒否していた訳でもないですし...(Fukaseさんを見て)まぁ確かにそういう現場もありますからね!

Fukaseさん:
そういうことを役者さんが話されているインタビューを見たことがあったので...。そういうこともあるかもしれないから、「(菅田さんに)真面目に突き放されたら、どういう顔をしてどう接して良いか分からないな」と思っていたので、(そうならなくて)良かったです。

菅田さん:
いやいや...。

MC:Fukaseさんは普段は音楽の世界ですけれども、今回の演技の経験で音楽につながったことは何かありましたか?

Fukaseさん:
菅田くんといろいろなシーンを撮っていくうちに、「カメラが回る時に菅田くんの呼吸がちょっと変わること」に気がつきました。他愛もない話をした後に変わるので、変化に気がつけたんだと思います。「カメラが回ってシーンが始まるまでの間に呼吸で感情を作っているのかな?」と思ったので、それ以降僕が歌番組で歌う時に、その歌の主人公の感情になるために、5~6秒前から呼吸を変えるようにしたら、すごく評判が良くなったので、「すごく良いものを間近で盗むことができたな」と思っています。

菅田さん:
いえいえ、ちょっと...無理やりでは?

Fukaseさん:
無理やりじゃないですよ! 自覚ないんですか?

菅田さん:
それね、前にもそう言ってくれましたが...。うーん...Fukaseさん感受性が豊かすぎるので、そうやって褒めてくれるんだなと思っています。良かったです!

Fukaseさん:
こちらこそ、ありがとうございます。

MC:事件の真相を追う刑事を演じられた小栗さんと獅童さんのコンビネーションが絶妙でした。久しぶりの共演(映画「隣人13号」2005年公開/監督:井上靖雄)ということですけれどもいかがでしたか。

獅童さん:
刑事役はあまりやったことがなかったので、小栗くんが隣にいてくれて本当に心強かったです。この役をやる上で、小栗旬くんが出演するということは大きかったです。最初に共演したのは、17年ぐらい前で、その間にもちょくちょく会うことはありましたが、お芝居は17年ぶりでしたからとても楽しかったです。この先も一緒になることが多いと思います。
あ、僕らは高校が一緒なんです!


小栗さん:
そうなんです。まあ、年齢的に同じ時期には通ってはいないですが、先輩後輩です(笑)。前回は二人で一役でしたし、共演はすごく久しぶりで、ものすごく楽しかったです。今回僕の演じた清田は、獅童さん演じる真壁班長に対して、「学生時代のノリのままで話をする感じ」の役なので、そういうところも獅童さんご自身と役のキャラクターが温かくつつんでくれました。途中から勝手にお兄ちゃんみたいに付き合わせてもらったので、「久しぶりにご一緒できて嬉しいな」と感じながら現場で過ごしていました。

MC:永井監督から「清田役はカッコ良くて渋いのがほしい」と言われていたそうですが、演じるにあたり気をつけたポイントはありましたか。

小栗さん:
Fukaseくんがさきほど話したように、四人(菅田さん、Fukaseさん、獅童さん、小栗さん)での読み合わせがありました。一度目を終えた後に、監督から「もう少しカッコ良い小栗さんがいいですね」と...。

Fukaseさん:
言われていましたね(笑)。

小栗さん:
そして「獅童さんはもう少しやわらかい感じがほしいな」とおっしゃっていました。「監督から言われたからにはカッコつけないと!」と思いました(笑)。

菅田さん:
あまり言われない演出ですよね。

小栗さん:
なかなか言われないですね。これは「全力でカッコつけていいんだ!」と思って、清田役は全力でカッコつけてやりました。そしたら、カッコ良いんです(笑)!

登壇者の皆さん:
(爆笑)!

永井監督:
小栗さんの役は当て書きだったので、お芝居をちょっと見た時に、「あれ?自分の想像よりちょっとカッコ悪いな」と思って...。

登壇者の皆さん:
(笑)。

永井監督:
「僕の小栗旬はもっとカッコ良いはず!」と思って、本当は役の気持ちから話さないといけないんですが、その時は言い方が見つからなくて、「もっとカッコ良い小栗旬を撮りたい」と言いました。はい...すみません。

MC:その結果、カッコ良い小栗旬さんが生まれたんですものね。

小栗さん:
そうなんですよね~(笑)。

獅童さん:
本当にカッコ良すぎて...勉強になりました。「カッコつけてくれ」と言われて、あんなにすぐにカッコ良い感じになる小栗旬はやっぱりすごいと思いました。クランクインの時に、小栗くんがカメラから外れていく去り際のシーンで「クールに笑ってほしい」という監督のリクエストがありました。小栗くんがクールに笑ったら、現場の女性スタッフから「カッコ良い!」っていう声が聞こえたんです。うらやましかったです。僕も見習わないといけないですね。僕もなかなか...どうですかね?

小栗さん:
真壁班長は"激シブ"でしたよ!

獅童さん:
本当ですか? ありがとうございます。

MC:菅田さん、お二人はいかがでしたか。

菅田さん:
大先輩のお二人なので...今日もすごい並びじゃないですか。(後ろの席の小栗さんと獅童さんを見ながら)僕からしたら、後ろを向くのが怖いです。金剛力士像のようにお二人が鎮座されていて...。

小栗さん:
(爆笑)。

菅田さん:
でも、後輩としては本当にたくさん甘えました。お芝居もそうですが、現場でお仕事のことなどいろいろなお話をできたことが一番幸せなことだと思います。
獅童さんとは今回初めてご一緒させてもらいまして、歌舞伎にもお誘いいただいて拝見しました。今まで僕が知らなかった世界をたくさん教えてもらいました。


MC:高畑さんは今回の現場で紅一点でした。現場の雰囲気はどうでしたか。

高畑さん:
途中からの参加だったので、ドキドキしていました。でも、皆さん温かく迎えてくださって、ホッとしました。皆さん仲が良いので、いつも雑談をしていらして、「楽しい現場だな」と思いました。
ただ、後半は菅田さんとFukaseさんの血まみれのシーンが多くて、体験したことがないくらいの量の血糊に興奮しました。でも、みんな血だらけなのにしりとりをしていました。


菅田さん:
高畑さんは、嬉しそうに「血だらけ~」ってフィルムのカメラを取り出して写真撮っていましたよね?

高畑さん:
(笑)。撮っていました。

MC:血まみれでのしりとりというのはどういう状況なのでしょうか。

高畑さん:
血まみれの姿での待ち時間がたくさんあったので...。

菅田さん:
血まみれなので、余計なところに血がついてしまうから、あまり動き回ることができないんです。養生もしてもらいましたが、とりあえず僕らはじっと待つしかないんです。それで「何をしますか?」となって、しりとりになりました。

Fukaseさん:
先に二人(菅田さんと高畑さん)がしりとりを始めたんです。その時は、僕だけ少し遠くの場所にいたので、二人が「どうする?あの人も誘う?」的な動きが...。

菅田さん:
(爆笑)!

Fukaseさん:
あの顔がすごく気を遣わせたなって...。"六文字以上しりとり"という制約があるしりとりをしていたんです。大したことを言っていないのに、僕を持ち上げようとしてくれるんです!

菅田さん:
いやいやいや。

高畑さん:
絶対にセンスがありました!

菅田さん:
だって、しりとりをしていて「ブレーメンの音楽隊」って出ます?

Fukaseさん:
だって、六文字以上だったから、長い言葉を言わないといけないから「ブレーメンの音楽隊」って言ったら、「うわー、さすがミュージシャンだわ」って。「イジられているのかな、これは」ってなりました。

菅田さん:
(笑)。

高畑さん:
やはり私たちとは一つ違うステージにいらっしゃる。

Fukaseさん:
こういう感じのすごーくやりにくいしりとりでした(笑)!

菅田さん:
いやー、めっちゃ面白かったですね。しりとりってこんなに楽しいんだと思いました。

高畑さん:
楽しかったです。

Fukaseさん:
いやいや、イジられていましたね(笑)。

MC:高畑さんは菅田さんとの共演回数(「問題のあるレストラン」2015年フジテレビ系列にて放送/主演:真木よう子。など、他作品でも共演)も多いですよね。今回は夫婦役です。

高畑さん:
そうですね、一時すごく多かったですね。でも今回はちょっと時間が空いてからの共演でした。昔は、顔が似ていると言われていました。

菅田さん:
ああ! ありましたね。

高畑さん:
顔がカブるから、(菅田さんの)相手役には呼んでもらえないと思っていました(笑)。

菅田さん:
(爆笑)。そんなこともありましたね。

高畑さん:
今回は呼んでもらえて、良かったです。どんどん巻き込まれていってしまうんですが、すごく良い人の役でした。あまり良い奥さんの役は演じたことがなかったので、「こんな奥さんがいたら良いな」と思ってもらえるように演じました。

MC:それでは最後に代表して菅田さんからメッセージをいただきます。

菅田さん:
映画「キャラクター」もうすぐ公開します。"キャラクター"という個性であったり、生き様や人生みたいなものが作品のテーマにあるのかなと思っています。そんな中でいろいろな人と出会ったり、守るものだったり、人生の選択をしていく話です。永井監督による、サプライズがあって、豪華な演出もたくさんあって、きっと最後まで飽きることがない作品だと思います。どうか映画館でご覧いただければと思っております。今日はありがとうございました。

東宝website