Movie Movie

Return Page

週末観客動員数・実写映画No.1の大ヒット!
綾瀬&西島の最強夫婦サプライズバースデー!
「奥様は、取り扱い注意」大ヒット御礼舞台挨拶

2021年03月30日

「奥様は、取り扱い注意」大ヒット御礼舞台挨拶

<左から、西島秀俊さん、綾瀬はるかさん>


幅広い年齢層から支持を得た大人気ドラマを映画化した劇場版「奥様は、取り扱い注意」が3月19日に公開になりました。公開から11日間で動員数52万人を突破し、公開週の興行ランキングでは実写部門第1位を獲得するなど、大ヒットスタートとなっています。
そのヒットを受け、3月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、綾瀬はるかさん、西島秀俊さん、佐藤東弥監督が登壇しました。イベント前日に西島さんが誕生日を迎えたことを受け、名物番組ディレクター・小松原正勝さんも駆けつけ、サプライズバースデーを決行! 会場のお客様と共に、最強夫婦二人のイラスト入り特製ケーキと花束で盛大にお祝いをしました。綾瀬さん、西島さんの仲の良さが溢れた、こちらの舞台挨拶の模様をレポートいたします。


綾瀬はるかさん(桜井久実/伊佐山菜美役)

皆さん、お越しいただきありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いいたします。
西島秀俊さん(桜井裕司/伊佐山勇輝役)

大ヒット御礼ということで、皆さんの応援のおかげでこうやってまた舞台挨拶をすることができました。ありがとうございます。
佐藤東弥監督

大変広い年齢層の方に見ていただいていると聞いています。こうして今日も、いろんな方に来ていただけて嬉しいです。

MC:今作は、全国津々浦々でのヒットということですが、綾瀬さんや西島さんの周りでの実際の反響はいかがでしょうか?

綾瀬さん:
「アクション、カッコよかったよ」って言われました。

MC: すごいアクションでしたからね。

西島さん:
「スカッとして楽しい」と言われました。いろんな世代の方に観ていただけているのを感じます。僕の知り合いの奥様たちも観てくださって、「チケットをくれ」と結構言われました(笑)。

MC:今回の作品は、20代、30代、40代、50代全ての世代に観ていただいているということです。
お二人は、非常に仲が良いというイメージがありますが、バディは今回いったん解散ということになります。その点についてはいかがですか?


綾瀬さん:
さみしいですね。でも、また会っても、「おう!」っていう距離感で話します。

西島さん:
僕もさみしいですよ。ずっとコンビのように宣伝してきましたし。

MC:監督はお二人の様子を見てきていかがでしたか?

佐藤監督:
仲が良いだけじゃなくて、仕事の面でもお互いに支え合っていました。「素敵な関係だな」って思っていました。

MC:今作の説明に「信じるか?疑うか?」という一文があるのですが、それぞれお互いに、信じている部分、疑っている部分はありますか?

綾瀬さん:
お芝居でもアクションでも、"全面的に(西島さんを)信頼しています"。

MC:疑っている部分はございませんか?

綾瀬さん:
疑っている部分は、"笑い出すと止まらない"ところです。

西島さん:
気をつけようと思っています。

綾瀬さん:
「ここにハマると危ないぞ」ということですね。

MC:"心の底から笑っていない"のではなく、"(笑いの)ツボに入ると大変だ"ということでしょうか?

綾瀬さん:
そうです。疑っている部分にはならないか(笑)。

西島さん:
良いんですよ、言っても。

綾瀬さん:
疑っている部分は、こっそり抜けがけをして、甘いものをよく食べに行っているところですね。

西島さん:
それは全然こっそりとはしていないです。堂々と行っています(笑)。

MC:やはり、甘いものがお好きなんですね。

西島さん:
そうですね!

MC:実際、撮影中にお二人でいらっしゃる時も、その抜けがけはあったんですか?

綾瀬さん:
(西島さんは)常にお菓子の前にいらっしゃるんですよ。

MC:西島さんの信じている部分、疑っている部分はいかがでしょうか?

西島さん:
(綾瀬さんは)本当に嘘をつかないんですよ。良いことも悪いことも、ものすごく正直に言うんですよ。そういう意味では本当に信頼しています。

MC:疑っている部分は?

西島さん:
(疑っている部分は)ないんですが...。広島弁を急に使う時があるんです。そういう時は「何かをごまかそうとしているのかな?」と、思うことがありますね。(綾瀬さんに向かって)急に使うよね? 「~~じゃろ」って。

綾瀬さん:
ごまかすというより、不意に出ちゃうやつですね。

MC:実際どのような広島弁が出るんですか?

綾瀬さん:
「~じゃろ?」みたいな。

西島さん:
これ、意外に煙に巻かれて「なんかかわいいな」と思ってOKしちゃうんですよね(笑)。

【ティーチイン】

MC:今日は、皆さん作品をご覧になったということで、皆さんからの質問を受け付けたいと思います。

Q1:(作品が)楽しかったです。「奥様は、取り扱い注意」の続きはありますか?

綾瀬さん:
今のところない...と思います。

西島さん:
菜美には、まだいろんなことが起きつつある感じがしたので...僕が出るかは分からないですけれど...。

綾瀬さん:
「続き」観たいですよね。あの終わり方ですし。

西島さん:
僕は観たいし、やりたいです!

綾瀬さん:
私もやりたいです、アクション!

MC:監督、この点についてはいかがでしょうか?

佐藤監督:
「続き」があるかどうかは分からないですが、菜美と勇輝の物語の続きは僕も、ものすごく観たいです。

Q2:すごく大事なシーンやアクションシーンの前に緊張した時の、緊張のほぐし方というか、どういう風に一番のパフォーマンスができるようにしていますか?

西島さん:
難しい質問ですね。どうやっているんですかね。あまり緊張しないんですよね。

綾瀬さん:
緊張しないの?!

MC:あんなに緊迫感のあるシーンの連続でしたけれど、緊張しないんですか?

西島さん:
アクションシーンは、いっぱい練習すると体が覚えてくれているので、あまり考えなくて済むんですよ。頭が空っぽでも体が動くんです。それを信じてやるんですよね。質問の答えは「いっぱい練習する」ということですかね。ありきたりな答えですが...。

MC:練習が大切、ということですよね。

西島さん:
そうですね、準備が足りていない時は、ちょっと緊張したりするかもしれないですね。

MC:質問者は受験生ということですが...。

綾瀬さん:
自分を信じる、ということですかね。私は「できないかも」と思うと、だいたい失敗するんですよね。なので、「自分を信じて疑わない」。自信を持てるまで訓練、練習や勉強などをがんばって、本番には「自信を持ってやる」ということですね!

MC:監督、二人の準備を見ていかがでしたか?

佐藤監督:
約4カ月くらい準備をしていたのですが、肉体を使う訓練なので、1日にできる時間が限られているんですよね。始めと終わりに30分ずつ準備体操と整体をやって、1日2時間半くらいしか集中して訓練できる時間がないんですよ。長時間ではないですが、4カ月間積み上げて、「練習ではここまでできたんだ」という確信があって現場に来ていたんじゃないかなと思います。なので、自信を持ってやれていたんじゃないかと思います。

MC:お互いから見ても準備はすごかったんですか?

綾瀬さん:
(西島さんに向かって)練習やっていた(笑)?

西島さん:
やっていたよ(笑)!

綾瀬さん:
そんなに練習する姿を見なかったのに、「本番ではすごくきめてきていたな」と思っていました(笑)。「やるね」と...。

西島さん:
(練習は)ものすごくやっていましたよ! じゃなきゃ、あんな動きはできないですよ。直前までずっとやっていましたよ。

Q3:二人のすごく仲が良い感じが伝わってきました。もし次回ご共演される場合に、やりたい役柄があれば教えてください。

綾瀬さん:
私はまたアクションのバディがやりたいです。スポ根ドラマで、私がコーチで、教えられる側が...。

西島さん:
何で、僕が教えられる側にならなきゃいけないのかという...(笑)。

綾瀬さん:
大人になってから、何かを目指すという(設定)...。

西島さん:
それは良いことですけれどね。僕は、スポ根ドラマで「僕がコーチで(綾瀬さんを)教えるというのをやりたい」と言ったんです。そうしたら、(綾瀬さんが)「いや、私が絶対教える!」って言うんです!

綾瀬さん:
(笛を吹く仕草をして)「走れ!」って(笑)。

西島さん:
絶対に嫌だ(笑)!

MC:"このスポーツ"というものは、お互いイメージされていたんですか?

西島さん:
何でも良いんでしょ。何か(僕に)言いたいんでしょ、「走れ!」とか...。

綾瀬さん:
水泳とか、バレーボールとか...。

西島さん:
水泳は、撮影がめちゃくちゃ大変だと思いますよ。一日撮ったらぐったりですよ。

MC:西島さんの水泳シーンは見てみたい気がしますが。

西島さん:
ずっと水着でしょ(笑)。

MC:基本的に衣服は身にまとっていないですね。

綾瀬さん:
「今日は100本ノックだ!」、(笛を吹く仕草をして)ピーって(笑)!

西島さん:
楽じゃないか、自分(綾瀬さん)は。

MC:西島さんは、綾瀬さんを教えるとなったら、このスポーツでこんな風に教える、というイメージはあったんですか?

西島さん:
やっぱり、テニスですね。今、思いつきで言いましたが。

MC:テニスで、結構な鬼コーチということですか? パワーバランスはいかがですか?

西島さん:
そうですね、仁(漫画・TVアニメ「エースをねらえ!」のコーチ・宗方仁)みたいな...。

MC:監督、実現しそうな可能性はありますか?

佐藤監督:
やっぱり、綾瀬さんがコーチのほうが面白いんじゃないでしょうか(笑)。

西島さん:
絶対やらないですよ、僕。嫌です!

綾瀬さん:
短パンに白い靴下を履いて...。

西島さん:
短パン似合わないんですよ、僕(笑)。

MC:そして、本日は映画にも出演しているこの人が、大ヒットのお祝いに駆けつけてくれました!

作品の大ヒットの祝いに、「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(日本テレビ系列にて放送)番組ディレクター・小松原正勝さんがサプライズで登場。

小松原正勝さん(「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」番組ディレクター)

大ヒットおめでとうございます! 「笑ってコラえて!」の小松原です。

綾瀬さん&西島さん:
コマツバーラさんだ(笑)!

綾瀬さん:
小松原さんが(本作の)最後のポルトガルのシーンに出演されていたの、皆さんお気づきですか? 頭だけ映っていましたよね。

ポルトガルのシーンがスクリーンに映し出される。

MC:この男らしい頭が小松原さんですね。綾瀬さんと小松原さんは、いろんな場面で勝負したり、共演をされたりしているんですよね。改めてスクリーンデビューし、綾瀬さんと共演されていかがでしたか?

小松原さん:
綾瀬さんがポルトガルで撮影されるという話を聞いて、「笑ってコラえて!」の撮影もポルトガルで行ったんです。そしたら、そこにいた作品のプロデューサーに、僕の雰囲気がポルトガルに合っているので「出ちゃいなよ」と言われて出ちゃいました!

綾瀬さん:
そういうことだったんですね!

MC:お二人、小松原さんが来たということで、率直な感想はいかがですか?

綾瀬さん:
びっくりしました。嬉しいです。ありがとうございます!

西島さん:
共演者の方が来られたのかと思っていたのですが、「誰だろう?すごく白い格好で来ているな」と思いました。目が悪いので(よく見えず)...びっくりしました。

小松原さん:
さらに、西島さんの誕生日が昨日ということで、今回の大ヒットと合わせて...。

綾瀬さん:
(小松原さんの様子を見て)大丈夫、小松原さん? 緊張しているんですね。

小松原さん:
テレビとは違うので、だいぶ緊張しております...。今回の大ヒットと合わせて、西島さんの誕生日のお祝いにかけつけずにはいられませんでした!

作品のイラスト入り特製ケーキが舞台に登場。

MC:西島秀俊さん、お誕生日おめでとうございます!

綾瀬さんがバズーカー砲を持つと客席に向かって撃ちました。

西島さん:
ありがとうございます! 僕、(綾瀬さんの持つバズーカー砲を指して)これで撃たれるのかと思いました(笑)。怖かったです。

MC:本当にヒヤヒヤしましたね。

西島さん:
本当にありがとうございます。すみません、この場でお祝いしていただいて...。

MC:改めてどんな一年にしていきたいですか?

西島さん:
50歳になったということで、気持ちを新たに、また一からのつもりでいろいろ新しいことに挑戦していきたいと思います。

小松原さん:
ハッピーバースデー!

最後に、綾瀬さん、西島さんからメッセージが送られました。

西島さん:
本日はありがとうございます。この作品はドラマを観ていなかった方も楽しめる作品となっております。もし、本日観て「楽しかったな」と思っていただけたら、周りの、ドラマを観ていなくて全く興味を持っていなかったり、(映画化の)情報が入っていない方にも、「面白かったよ」と伝えていただけたらとても嬉しいです。応援いただきありがとうございます。

綾瀬さん:
もっと皆さんからの質問を聞きたかったな、という心残りもありますが...また遊びに来てください。そして、ドラマを観ていない方でも楽しめる作品になっているので、お友達など誘ってまた観に来てください。ありがとうございました。

東宝website