Movie Movie

Return Page

小栗旬×星野源 映画初共演!有観客の初日に"感激の声"
「罪の声」初日イベント

2020年10月30日

「罪の声」初日イベント

<左から、土井裕泰監督、松重豊さん、小栗旬さん、星野源さん、市川実日子さん>


土井裕泰監督が、小栗旬さんと星野源さんの映画初共演で、塩田武士さん著のベストセラー小説を基に描く、映画「罪の声」は10月30日より公開となりました。
公開初日の10月30日、全国111館に生中継をした、初日舞台挨拶をTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて実施し、小栗旬さん、星野源さん、松重豊さん、市川実日子さん、土井裕泰監督が登壇。作品に込められたメッセージについてなどを語った、こちらのイベントの様子を詳しくレポートします。


小栗 旬さん(阿久津英士役)

本日はありがとうございます。全国で観てくれている方々、こんばんは!(中継先に向かって手を振る。会場から拍手)。無事に初日を迎えられてホッとしております。やっと「罪の声」が多くの方に届くことを嬉しく思っています。本日は短い時間ですが、どうぞよろしくお願いします。
星野 源さん(曽根俊也役)

今日は皆さん、観てくださってありがとうございます。そして、全国の皆さんも、こんばんは! よろしくお願いします(中継先に向かって手を振る)。皆さん、劇場に来てくださってありがとうございます。本当に嬉しいです。
松重 豊さん(水島洋介役)

社会がコロナ禍で、エンターテインメントについては、いろいろなことを考えさせられますが、本作は素晴らしい作品です。多くの皆さんに、どうか楽しんでいただきたいと思います。
市川実日子さん(曽根亜美役)

(会場の観客に)こんばんは! (中継先の)全国の皆さんもこんばんは!(手を振ると、客席の方々が手を振り返す)。
本日は映画館までお越しくださってありがとうございます。こうして皆さんと一緒に、ご挨拶できることがとても嬉しいです。「あぁ、『罪の声』を観て良かったな」という帰り道になりますように。
土井裕泰監督

本日は、公開初日に劇場まで足をお運びいただき、本当にありがとうございます。この映画は、ちょうど二年ぐらい前に撮影の準備を始めましたけれど、今日こうやってやっと皆さんに観てもらえる日が来て、「これで本当にやっと完成したな」と思えました。今年は本当に大変で、お客様に観てもらえるように全国の劇場のスタッフの方々も、とても大変な思いをされながら日々営業されております。どうも、ありがとうございます。今日は、皆さんぜひ楽しんで帰ってください。

MC:映画の公開、おめでとうございます! (会場:拍手)

小栗さん&星野さん:
ありがとうございます。

MC:映画館でお客様の顔を見ての舞台挨拶をされて、今どんなお気持ちですか?

小栗さん:
いや~、(星野さんに向かって)嬉しいね。

星野さん:
前回(10月23日)のイベントはホールでしたから、こうして映画館で皆さんとお会いするのは本当に久しぶりですね。

小栗さん:
とても嬉しいですし、僕たちはこれまでは映画ができ上がると舞台挨拶を当たり前にさせてもらっていました。でも、これは当たり前じゃないんだということを感じながら、ここにこうしてたどり着けて良かったなと思っています。

MC:本日は、全国の劇場と中継がつながっておりまして、なんと原作者の塩田先生が京都の映画館にいらして、今ご覧になっているそうです!

小栗さん&星野さん:
塩田さ~ん!(と手を振る)

星野さん:
どうやら、一人で来ているという噂を聞きました。

小栗さん:
(京都の映画館の様子は)どういう感じでしょうね。

星野さん:
「どこだ?」「どれが塩田さん?」となっているのでは(笑)?...身を潜めているかもしれませんね(笑)。

MC:きっと今、微笑んでいらっしゃると思います。

星野さん:
そうですね。

小栗さん:
「私が塩田です!」とか...(笑)。

星野さん:
やりかねないですからね。

土井監督:
そうね。立ち上がってこう、お辞儀してもらうとかね。

小栗さん:
できれば京都で、塩田さんが面白話を語ってくれたら良いですね(笑)。

MC:こちらからは(京都の塩田さんの)お姿が見られないのが残念です。本作は原作が素晴らしく、さらに脚本を人気脚本家の野木亜紀子さんが担当されていますが、皆さんは脚本を読まれてどのように思われたかをお話いただけますか。

小栗さん:
原作がものすごく分厚い作品で、そのテーマやメッセージが抜け落ちずに、2時間20分に納めたことが、野木さんのすごい手腕だと思いました。

MC:本作に出演するにあたって、覚悟とかあったのでしょうか。

小栗さん:
僕以上に覚悟を持っていらっしゃる方々が作り手側にいたので、「この皆さんと仕事をするなら大丈夫そうだな」と感じました。

MC:星野さんはいかがでしょうか。

星野さん:
野木さんの脚本に、僕は今年でいうと、三本出演しました。まず、「MIU404」(2020年TBS系列にて放送/主演:綾野剛、星野源)、そして「罪の声」、今は「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年TBS系列にて放送/主演:新垣結衣、星野源)のスペシャルドラマを撮影しています。...ずっとお世話になっているんですよね。塩田さんの書かれた原作がとてもシリアスですし、実際にあった事件を基にしているので、どのようにまとめて「野木ワールド」になるのか、すごく楽しみでした。いろいろな要素が原作にはありますが、その中からメッセージとか、何を伝えるのかという部分で「ここをチョイスしてくるんだ」というのが、脚本を読んで初めに思ったことですね。それで、改めて「野木さんすごいな」と思いました。

MC:松重さんはいかがでしたか。

松重さん:
本作のモチーフになった事件は、(土井監督とご自身の)僕らはリアルタイムで見ています。ネットがない時代に、日本中がこの事件一色になった記憶はまざまざと残っていました。未解決の事件が、どこに着地するのかというのは、結局僕らの中でもモヤモヤしていました。それが今、映画化されて、若い人たちがこう感じて、こういう風に向かって、こういう映画になったんだという感じです。ちょっと鳥肌が立ちました。本当にどう観ていただくか、若い方はどのように思われるのか、僕ら世代はあの事件とどう向き合うか。そうやって本当に年齢層を問わず、広く訴えられると思います。本当に若い人たちがどう考えるかという着地点になっていると思いますね。

MC:事件に巻き込まれてしまった家族の姿が描かれていますよね。市川さんは、どのように感じられましたか。

市川さん:
私は、(出演の)お話をいただいた時に原作を読んでいなかったので、スタッフの方に「原作は読んだほうが良いのか」を確認しました。そうしたら、映画での私の役は原作とは設定が異なるとのことで、「(原作を)読むと混乱するかもしれません」と言われたので、私は原作を読みませんでした。それで、脚本を読んで...(星野さんの方に向いて)星野さんちょっとすみません...。

星野さん:
何? 僕に話すと落ち着く? 良いよ。

市川さん:
(脚本が)すごく面白くて!

星野さん:
うんうん。

市川さん:
で...(照れて大笑い)。

星野さん:
照れるんじゃないよ! 自分から話し始めておいて(笑)。

市川さん:
私も野木さんの脚本の作品は「アンナチュラル」(2018年TBS系列にて放送/主演:石原さとみ)「コタキ兄弟と四苦八苦」(2020年テレビ東京系列にて放送/主演:古舘寛治、滝藤賢一)...ご存じですか?

星野さん:
...最高でした!

市川さん:
知っている!?

星野さん:
みんな見ている!

市川さん:
それで「罪の声」でした。でき上がった作品を見たら、野木さんは...「声にならない声」「声にできない人の声」をテーマに書かれる方、力強く...ごめんなさい。(唐突に「MIU404」での星野の役名で)「志~摩!」(会場:笑)

星野さん:
(爆笑)。...志摩です。...久しぶりに志摩って呼ばれた。

市川さん:
...と、思いました(笑)!

星野さん:
脚本を読んで野木さんは「声にならない声を書く人なんだな」と思ったのね。

市川さん:
そう!...本作はその集大成と言ったら変ですけれど...。

星野さん:
ああ、確かにそうですね。ほかのドラマでも...。

市川さん:
...そう。ほかのドラマでも感じていたんです。(星野さんのフォローに対して)本当にありがとうございます。この作品はそういう作品だと思いました。

MC:今の様子を見ていて、現場でも仲が良かったのかなと思いました。そこで共演時の撮影中のエピソードを伺いたいと思います。松重さんは小栗さんとのシーンがありましたが?

松重さん:
僕は小栗くんと古館さんとのシーンばっかりで、男ばっかりでね。ぜんぜん楽しくなかったよね。ただ、小栗くんが、カフェスペースを用意してくれまして、そこで女性の方が毎日僕らのためにコーヒーを淹れてくれました。ちょっとしたお菓子も作ってくれてね。それだけが憩いのひと時でした。それぐらい本当に男くさかった。

小栗さん:
本当に男くさい感じでした(笑)。

松重さん:
しかも、セリフが関西弁なんだよね。

小栗さん:
そうですね。

松重さん:
関西人ってアドリブを飛ばすイメージがあるじゃないですか。でも、僕らはセリフ以外の言葉が出てこないので...。

小栗さん:
そうなんですよね。

松重さん:
とても苦労しましたね。

小栗さん:
そうでしたね。松重さんとは、本当に定期的にお仕事をさせていただいていて...。別の作品の時には、刑事の上司役(「ミュージアム」2016年公開/主演:小栗旬)とか別の作品では父親役(「二つの祖国」2019年テレビ東京系列にて放送/主演:小栗旬)という時間を過ごしているので、やはり安心してお仕事させてもらっている先輩だなと思っています。

MC:星野さんと市川さんは共演されてどのような印象をお持ちですか。

星野さん:
僕は昔から市川さんの出演作品を観ていたので...(なぜかファイティングポーズをする市川さん)...何で僕は戦いを挑まれているんですか。

市川さん:
何を言われるんだろうって...(笑)。

星野さん:
(共演を)すごく楽しみにしていました。...こんな感じで楽しかったですよ。(二人の共演)シーン自体はそれほど多くなくて、動物園に行くシーンは楽しかったです。...あの、正直あんまり覚えていなくて...(市川さんに向かって)何か覚えている?

市川さん:
動物園で一緒に歌を歌いましたよね? 

星野さん:
え、全然覚えてない!

市川さん:
土井さん、覚えていますか?

土井監督:
覚えています。

市川さん:
覚えていますよねえ。

土井監督:
何か変なモードに入っていた時があって...。

市川さん:
一緒に三人で歌ったんですよ...荒井由実さんの歌を歌いながら、歩いたんですよ。

星野さん:
あぁ~なんとなく...。

市川さん:
頑張って!脳みそ!!

星野さん:
僕は、「MIU404」の監督の塚原(あゆ子)さんがスタジオに遊びに来た時に、市川さんが塚原さんに走り寄ってジャンプして抱きついていたことしか覚えてないです。元気な人なんだなと。

市川さん:
嬉しかったんでしょうね(笑)。

星野さん:
だから、好きな人にはジャンプして飛びつくんだなって、すごく印象に残っています。

MC:アドリブで歌っているシーンは撮影で残さなかったんですか?

土井監督:
アドリブではなくて、待ち時間での出来事ですね。セッティングしている間のことでした。というか、僕も参加して歌っていましたからね(笑)。

MC:土井監督、こちらの原作を映画化するにあたり、意識した点はどちらでしょうか。

土井監督:
原作の持つテーマは一つではなくて、世代により受取り方が異なると思っています。一番大きなことは原作者の塩田さんが、この本をお書きになった動機で、「子どもが犯罪に巻き込まれると社会から希望が失われる」というメッセージで、「どのようなかたちであれ、犯罪に子どもを巻き込んではいけない」という、それだけはきっちり伝わる作品にしようと思いました。

MC:本作は未解決事件がベースとなっていますが、そこで「皆さんの中で、未解決なこと、解決したいこと」があれば、教えてください。星野さんから良いですか?

星野さん:
「これは(答えが)難しいです!」と言おうとしたところです。誰だっけ? 決まっているの?(登壇者を見渡して)土井さん決まっていますよね?

土井監督:
え! じゃあ(お先に)...この映画の中で、途中から宇野祥平さんがとても大事な役で出ています。その役を演じるために宇野さんは、「宇野さんですか?」と尋ねたくなるほど体重を落として、すごい役作りをされました。出演が何シーンかあるんですが、撮影のスケジュールが飛び飛びだったので、その体型をキープしないといけないことを申し訳なく思っていました。僕は彼の姿を見るたびに、「何かうまいものを食べさせてあげたい」と思っていました。でも、撮影が終わってもなかなかその機会がなくて、一昨日、宇野さんに連絡を取りました。僕の中で、未解決だった「一緒にご飯を食べに行くこと」が、映画の初日前に解決したので、ちょっとすっきりしました。(会場:拍手)

星野さん:
素晴らしい!

MC:ある意味、罪の意識をお持ちだったのですね。他に日常のことでもダイエットとかでも何かございますか。

星野さん:
未解決で言うと、僕は今撮影をしている作品(「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」)があるんですが、とあるダンスを踊らないといけなくて...。それが全然覚えられていなくて、数日後に撮影があるので、かなり大変です。

土井監督:
前のと違うダンス(「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングで主題歌に合わせて踊っていたダンス)なんですか?

星野さん:
いえ、前と同じなんですけど、ちょっとだけ増えているんです。なので、ちょっとこれはちゃんと練習しないとなという感じがありまして...まだ、撮影が続いているので、その時間がとれなくて...。家の中で、ビデオを見ながら寝ずに練習しようと思います。

MC:続いて、どなたかいらっしゃいますか。

松重さん:
ちょうどこの事件(本作のモデルになった事件)が起きた時は大学三年生ぐらいだったんです。日本中が犯人探しに躍起になっている時に、僕の家に泥棒が入ったんですよ。

一同:
え?!

松重さん:
下宿所だったので、盗られたのは、ラジカセと洋服だけでした。それで警察が来て、僕の指紋を全部きれいに採っていったんです。それと冷蔵庫の指紋をちゃっちゃっと採って、結局犯人は捕まっていないんですよ! 僕の指紋は当局にあるので、犯罪は犯せないんですよ。未だにラジカセと洋服を盗んだ犯人は捕まっていないんです。何とかしてください。

星野さん:
マジな未解決事件ですね。

MC:市川さんと小栗さん、どちらからお話されますか。

小栗さん:
市川さん、「ある」って言っていましたよね?

市川さん:
言ったけれど...。

星野さん:
ここで言わないと、トリになりますよ。

小栗さん:
トリにしてもらったほうが良いですわ! 僕ないんですもん。今本当に解決したいのは...。

市川さん:
あ、言っちゃうんだ、先に!

星野さん:
ずるい(笑)!

小栗さん:
今、本当に解決したいのは、「何でこんなに厚い上着を着てきちゃったのか」ってことです。さっきからものすごく暑くて、倒れそうです!

市川さん:
これからご覧になる方に悪いかな...? 私、取材で話をしてしまったのでちょっと聞いて事実関係を確認したいです。(星野さんに)私たち家族の初日の日、娘役の湖子(ココ)ちゃん、覚えていますか。

星野さん:
覚えています!

市川さん:
湖子ちゃんが私のところに来た時に、「お父さん(=星野さんのこと)としゃべった?」と聞いたら、「まだ」と言っていたので、「お父さんのところに行っておいで」って言ったんですが、湖子ちゃんは男の人に人見知りする子だったんです。

星野さん:
ああ。

市川さん:
湖子ちゃん、勇気を出して星野さんのところに挨拶をしに行ったんですが、そしたら星野さんが湖子ちゃんに人見知りしていたって...。(会場:笑)

星野さん:
そう? 

市川さん:
していない?

星野さん:
そういえば、何かの取材で「市川さんが言っていました」って聞きました。

市川さん:
事実かどうか知りたいです。

星野さん:
僕は人見知りをした記憶が...。

市川さん:
本当?

星野さん:
でも、いつも思うのは子役の子とか、子どもを目の前にした時に、普通に仕事をしに来ているのに「わー、○○ちゃん!」とか、仕事相手なのに、「何でそんな感じでいけるのだろう?」と思っていました。

市川さん:
あ、接し方?

星野さん:
「普通に大人と同じように接すればいいのに!」って思っていたました。なので、湖子ちゃんにも「どうも」ぐらいのイメージだったんです。

市川さん:
はい、解決しました!

星野さん:
それは良かったです!

小栗さん:
でも、湖子ちゃん、すごく僕には懐いてくれましたよ!

市川さん:
そうなんです!

小栗さん:
可愛いらしい。本当にとっても可愛い子でした。

星野さん:
でも旬くんを見た途端に、(湖子ちゃんの)目がハートになっていましたからね。

土井監督:
曽根家で、二日ぐらい源ちゃんと一緒にいたのに...。小栗くんが来た時点でなんか違うモードに(笑)。

小栗さん:
ありがたいですね。

MC:最後に全国の皆さんに向けて、小栗さんと星野さんからメッセージをいただきます。

星野さん:
全国に中継されていることをすっかり忘れていました。

小栗さん:
だから、合間に手を振ってみたりしたの!

星野さん:
さすがですね! ぬかりがない!

星野さん:
全国の皆さん。ありがとうございます。これから本作を観るんですよね?
一年半ぐらい前に撮影をしまして公開ができるのかという危機もありましたが、初日を迎えられて本当に嬉しいです。さっそく、僕の友だちから「観たよ」という連絡が来て、みんなすごく感動してくれていました。本当に嬉しいです。昔の事件を扱った話ではありますが、今回は塩田さんが物語として生み出したフィクションで、そのフィクションのアイディアに何てすごいんだと思いました。そういうフィクションの力によって、実際にあった事件に思いを馳せることもあります。今僕たちが生きている社会の中で、フィクションを見て、「自分たちはどうなのか」とか「自分の近くの人にこういう日が訪れたらどうなのか」とか、いろいろなことを考えてもらえる作品だと思います。ぜひ、じっくり観てもらって、感想を言っていただいたり、公式SNSにハッシュタグ(#罪の声を聴かせて/公式Twitterでは感想投稿キャンペーン開催中)があるのでつぶやいていただきたいです。完成した作品を観て、曽根俊也役は自分の中で大事な役になったと感じましたので、ぜひ観ていただければと思います。よろしくお願いします。


小栗さん:
これから観るということですが、これは取材時に源ちゃんが話していたことで、自分も感想を読んだら「ちょっと怖い映画」だと思われている方がいらっしゃるようですが...。

星野さん:
予告編がね!

小栗さん:
これから観てもらえる方々には怖い映画ではないと分かってもらえると思いますが、怖い映画ではないことをまず多くの人に伝えて宣伝してもらえたらと思います。時間を感じさせない2時間20分になっていますので、ぜひゆっくり楽しんでもらえればと思います。本日はありがとうございました。

MC:全国の中継の皆さんに手を振ってお別れです。

主題歌「振り子」(Uru)の流れる中、登壇者の皆さんが手を振る。

星野さん:
塩田さんありがとう!......(手を振りながら)こんな感じ?

小栗さん:
「サライ」みたいになっているね。

東宝website