Movie Movie

Return Page

豪華キャスト大集合! みんなでウキウキお祝いだゾ!
「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」
公開記念舞台挨拶

2020年09月12日

「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」公開記念舞台挨拶

<左から、しんのすけ、神谷浩史さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、小林由美子さん、
山田裕貴さん、京極尚彦監督、りんごちゃん>


国民的人気アニメの28作目の劇場版となる「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」が9月11日に公開となりました。
その公開を記念し、生中継の舞台挨拶イベントを9月12日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催し、ゲスト声優を務める山田裕貴さんとりんごちゃん、ラクガキ応援大使を務めるきゃりーぱみゅぱみゅさん、レギュラー声優の小林由美子さん、神谷浩史さん、そして京極尚彦監督が登壇しました。本作に登場する、「描いたものが動き出すミラクルクレヨンで何を描くか?」をお題に、ゲスト声優の皆さんのラクガキを披露する一幕も。こちらのイベントの様子を詳しくレポートします。


しんのすけ:
オラ、野原しんのすけ! オケツ輝く魅惑の五歳児! 幼稚園はどうしたかって? それは子どもが行くところだゾ。今日は、はるばる春日部からGo Toしてきました! オラ、スクリーン越しだけど、みんなにおひさしぶりぶり~に会えて、とーってもうれしいゾ! 映画を観てくれたと思うけど、みんな、オラの活躍どうだった? 惚れちゃった人、手を振って教えてほしいゾ。(中継先の反応を見て)オラって、モテモテ~! 特別におパンツ見せちゃうゾー!

MC:しんちゃん、ご挨拶、ありがとう。大サービスもありがとう。映画の公開を記念して、スペシャルゲストがいらしているので、お呼びしましょう!

山田裕貴さん(防衛大臣役)

皆さん、雨の中、劇場に来てくださってありがとうございます。コロナの状況下で、僕はこういった舞台挨拶をするのは初めてです。無事に本作が公開でき、こうしてご挨拶ができることにすごくワクワクします。それに、「やっと観てもらえるんだ」という嬉しさでいっぱいです。皆さんに観てもらえて良かったと心から思います。
りんごちゃん(指導官リンゴ・イチゴ・メロン役)

皆さん、本当にお待たせさせ過ぎたぐらいお待たせしました。ようやく公開することができました。しんちゃん的に言うと「おマタ~」かな(笑)。

しんのすけ:
おマタ~。(会場:笑)

りんごちゃん:
皆さんに観ていただけることが本当に嬉しくて、(胸元をしめして)今日は演じた三役のリンゴとイチゴとメロンのチャームをつけてきました! 思う存分笑って、泣いて、楽しんでください。

きゃりーぱみゅぱみゅさん(姫役/ラクガキ応援大使)

まずは、無事に映画が公開できて、とても嬉しく思います。本格的な声優は初めてなので、劇中で泣き叫ぶシーンでは、叫びながら涙目になるぐらい私自身グッとくるものがありました。今日は(映画を)楽しんでくれてありがとうございました。
京極尚彦監督

今日は、お越しいただきまして誠にありがとうございます。この作品のお話を最初にいただいたのは、2018年の一月ぐらいだったと思います。そこからプロデューサーの方々、脚本の方といろいろお話を作っていきました。そして、今一緒に立っている方々と一緒にアフレコもし、こうしてお客様に届けられたことを本当に嬉しく思っております。

MC:それでは皆さんにお話を伺ってまいりましょう!

しんのすけ:
はいはいはいはいは~い!(と手を挙げて猛アピール) オラ、聞きたいことがいっぱいあるんだけど、いい?

MC:しんちゃんが聞いてくれるの? それではお願いします!

しんのすけ:
おまかせあれ~!
じゃあ、まずはオラと一緒で超絶イケメンな裕貴おにいさん! 裕貴おにいさんは、オラのことを含めてアニメが大好きで、すごくおアツ~いお気持ちで、今回の防衛大臣役を演じてくれたみたいだけど、初めてアニメ声優をやってみてどうだった?


山田さん:
あのね、しんちゃん。声のお仕事を初めてやるってことで本当にドキがムネムネ(胸がドキドキの意味)だったわけよ。

しんのすけ:
おお~! ドキがムネムネ~!

山田さん:
(力を込めて)「本当に!アニメが大好き」で、「本当に!声優さんたちが大好き」なので、そういう方々とご一緒させてもらえるってことが、すごく光栄でした。でも、声の演技は難しい。本当に難しい。もちろん、声優さんたちに追いつけないのは分かるんだけれど、どうにか僕の熱い気持ちで良い役にできたら良いなと、本当に思っていたよ。

しんのすけ:
あ~、熱い! お熱いゾ! とても熱い気持ちが伝わったゾ! 

山田さん:
(笑顔で)ありがとう!

しんのすけ:
じゃあさ、尚(たか)ちゃんは、そんな覚悟の裕貴おにいさんの演技どうだった?

京極監督:
(戸惑いながら)"尚ちゃん"って、僕のこと言っているんですよね?(会場:笑)

しんのすけ:
えっ、尚ちゃんでしょう? 「しんちゃん、たかちゃんの仲」じゃない!

京極監督:
そうですね...。"そうですね"って言っちゃった(笑)。 山田さんには防衛大臣役をお願いしましたが、防衛大臣は悪役ではあるんですが、すごく葛藤していて、いろいろな想いを背負って頑張る役どころでした。俳優としての山田さんのまっすぐな演技が、作品に説得力を与えてくれました。ですので、防衛大臣は山田さんなくしては成り立たないと今では思っています。

しんのすけ:
お~! 尚ちゃんのお墨付き! 

山田さん:
ありがとうございます。

しんのすけ:
じゃあ、オラからもお墨付きをあげちゃおうかな~。えっとぉ。おろしたてのおパンツ、みるぅ?

山田さん:
(やや小声で)じゃあ、ちょっと見せてもらおうかな(会場:笑)

しんのすけ:
今日、おろしたてなの!(ズボンの腰のあたりを広げて山田さんにパンツを見せる)

山田さん:
今日、(下着の色)赤いの? さすが公開だから勝負パンツ!(会場:笑)

しんのすけ:
そうだゾ! オラも気合い入ってるんだゾ!(会場:笑)
それじゃ、続いてりんごちゃん! 劇中では、三役だけでなく、お歌のシーンでは九役も演じてくれたみたいだけど、せっかくだから「オラはにんきもの」を歌ってくれな~い? 無茶ぶり~ぶりぶり~!


りんごちゃん:
(出川哲朗さんのモノマネで)いやいや、これはガチでリアルにあのぅ、突然こうやってふられると、困るんですけど。
(モノマネをしながら歌う)「パニックパニック、みんながあわててるぅる、オラはすごいぞ、天才的だぞ、オオオオ」...リアルに。


しんのすけ:
(拍手して)すごいゾ! ありがとございますぅ~。

りんごちゃん:
(モノマネだけで)終わりですか? 山田さんみたいに、三役をやらせてもらえたことについて何か語れるのかと思っていたんですけど...。

しんのすけ:
(そっけなく)じゃあ、語れば? (会場:笑)

山田さん:
この会場には、お客さんがいなくて反応がないから...。

りんごちゃん:
そうですね。でも、今日はカメラさんにいっぱい撮っていただいていますから!

しんのすけ:
三役アンド九役に、オラ、ドキがムネムネ~しちゃったよ!

りんごちゃん:
ありがとうございますー!

しんのすけ:
それでは次は、オラとは縁の深~い、もはや野原家の家族、きゃりーちゃん!
今までは(シリーズの主題)歌を歌ってくれたり、テレビでは本人役で出て(出演して)くれたり、今回は本格声優にも挑戦してくれたけど、今度オラとご一緒するなら何がしてみたい?


きゃりーぱみゅぱみゅさん:
そうだな~、しんちゃんとはいろいろなことをやってきたけれど、私は普段は歌を歌っていて、ライブもよくやっています。だから、私がしんちゃんの衣装をプロデュースして、一緒のステージに立ちたい!

しんのすけ:
えー!!! オラの衣装をプロデュースしてくれるの? やったー! スリットは多めにしてね!

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
(笑)。一緒に考えよう。

しんのすけ:
本当? うれしいゾ~!

MC:しんちゃん、皆さんにたくさん質問してくれてありがとう!

しんのすけ:
いやぁ~、それほどでも~。

MC:さて、今回の映画ではしんのすけが「ミラクルクレヨン」でラクガキをすると、それが飛び出して動き出すのですが、「もしも皆さんがミラクルクレヨンを持っていたら何を書くのか」を事前に書いていただきました。

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
私は絵が下手っぴなのですが、こちらです!

きゃりーぱみゅぱみゅさんの答え【電動アシスト自転車】

山田さん:
うまいですよ!

しんのすけ:
これは、自転車?

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
自転車でしかも電動自転車です! 私は最近よく自転車に乗っているんですが、坂道が多くて、立ち漕ぎとかしてヨタヨタするので危ないなあと思っているんです。なので、坂道も楽々上がれる電動自転車が今すぐほしいなと思って描きました。

しんのすけ:
ラクガキクレヨンで描かなくても...。オラ、買ってこようか?

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
えっ、しんちゃんが!? すごいお金持ちだね、しんちゃん!

しんのすけ:
いやー、お金はあの、ちょっと、いただければと...。(登壇者も会場も大笑い)

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
"(代わりに)買ってきてくれる"のね。ありがとう!

山田さん:
しんちゃんって、そういうこと言うんだね(笑)。

MC:続いてはりんごちゃん、お願いします。

りんごちゃんの答え【家族】

りんごちゃん:
家族、(英語の発音で)Familyです!

山田さん:
なぜ、そこだけ発音が(笑)?

りんごちゃん:
(笑)。私の実家は青森なんですが、今、このご時世で家族に会うことができないので、家族を描いて目の前に現れたら嬉しいなと思いました。いつでも一緒にいられるなと思って、(英語の発音で)Familyにしました。

しんのすけ:
いや~、それは買ってこられなくて...。ごめんね、りんごちゃん!

りんごちゃん:
買わなくて大丈夫だから(笑)!

しんのすけ:
家族は一緒が良いよね。

りんごちゃん:
うん。(家族が)大好きです! この映画も家族で観てもらいたいです。

MC:それでは最後に山田さんお願いします。

山田さん:
この力があれば、いろいろなことを乗り越えられるんじゃないかなって...。

山田さんの答え【愛】

しんのすけ:
(山田さんの答えを見て)「絵を描いて」って言ったんだけど?

山田さん:
いや、愛のパワーが欲しいなと思って(笑)。「クレヨンしんちゃん」は長く続く作品で、愛される作品ですよね。今回も家族愛だったり、仲間の愛があると思います。...すみません、僕、個人的に「愛の不時着」(2019年大韓民国tvNにて放送。日本では、Netflixで2020年2月から配信開始/主演:ヒョンビン、ソン・イェジン)にすごくハマっていまして、ロスがすごいんです。(会場:笑) それで今日は、どうしてもこれしか出てきませんでした。でも、「愛の不時着」はちょっと置いといて(笑)。自分が生きていく上で、自分のお仕事を愛したり、現場を愛したり、作品を愛したり、今回「クレヨンしんちゃん」に参加させてもらって、もっと「クレヨンしんちゃん」を愛せるようになるんだろうなと思って、それらを含めて「愛」です。

りんごちゃん:
山田さんがすごく良いお話をされているんですが、しんちゃん座っちゃっています!

山田さん:
しんちゃん、違うんだ!

しんのすけ:
(すねた感じで)あー。

山田さん:
しんちゃんのことも愛しているんだ!

しんのすけ:
お話終わった? オラのことあんなに好きだって言ったのに。

山田さん:
もちろんしんちゃんへの愛はあります!

MC:しんちゃん、大丈夫だって!

しんのすけ:
あ~、良かったゾ~。

山田さん:
「大丈夫」って言わないでもらって良いですか(笑)?

MC:監督、映画の中には皆さんが描いた絵が出てくるんですよね。

京極監督:
そうなんです。事前に、「好きなモノを描いてください」とお願いして、それが映画の中に出てきます。一度ご覧になられていると思いますが、もしも見つけられなかったらもう一度観ていただければと思います。結構見つけやすいところにあったと思います。

MC:作品の中に皆さんのイラストが散りばめられているんですか?

京極監督:
そうですね。それから、春日部の子どもたちにも何千枚と絵を描いてもらいました。できるだけその絵を出せたら良いなと思って、映画の中にたくさん登場させています。面白い絵もいっぱいあるのでそこにも注目して観てもらいたいです。

MC:幼稚園や小学生の方々の描かれた絵ですよね。

京極監督:
はい。お願いする時に「この枠からはみ出さないように描いてね」と言ったんですが、結構みんな、はみ出して描いていましたね(笑)。その絵を丁寧に切り取って使わせてもらいました。その絵のおかげで説得力のあるものに仕上がったと思います。

MC:それではここで、キャラクターに命を吹き込んでくださった声優のお二人にも登場していただきましょう。

小林由美子さん(野原しんのすけ役)

本当にこの日を迎えられて、これほどの思いで舞台挨拶を迎えたことはないぐらい感無量です。映画は皆さんに観ていただいて、初めて完成します。こうして完成するまでに、ご尽力をいただいたたくさんのスタッフの皆さんに心から感謝しております。そして、映画の公開を待ってくれた皆さんのおかげで、作品が完成いたしました。お待たせしましたが、楽しんでもらえたら嬉しいです。それから、今回の作品はゲストの皆さんが花を添えてくれました。(りんごちゃんに向かって)りんごちゃんのその声帯が欲しいです! くるくる変わる声帯を私にくれませんか? っていう感じです。素晴らしい三役でした。

りんごちゃん:
恐れ多いです!

小林さん:
(きゃりーぱみゅぱみゅさんに向かって)きゃりーさんは、超可愛いお姫さまでした。キュンキュンして助けてあげたくなっちゃうような、でも意志の強さもあって、素晴らしいお姫さまを演じてくださったことが嬉しいです。

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
ありがとうございます。

小林さん:
(山田さんに向かって)裕貴おにいさんの防衛大臣が素晴らしくて...。

山田さん:
とんでもないです。

小林さん:
鳥肌モノですよね! 観てくださった方はお分かりですよね?

山田さん:
(取材記者に対して)「鳥肌モノ」って、ネットニュースに書いてください!

小林さん:
そういうこと言って...? 

山田さん:
(慌てた様子で、小林さんを静止するように)ウソですウソです。

小林さん:
(笑)。クライマックスに向けての防衛大臣の思いがすごくて...言葉が出ないです! そして、(神谷さんに向かって拳を上げながら)「ぶりぶりざえもん、やっと会えたぜ~」って感じです。

神谷さん:
(一緒に拳を上げながら)いえ~い! って、何だこれは(笑)。

山田さん:
(爆笑)。

小林さん:
ぶりぶりざえもんと、ずっと共演したいと思っていました。こうしてスクリーンで共演させてもらえたことが本当に嬉しかったです。ぶりぶりざえもん、最高!って感じです。ありがとうございました。

神谷浩史さん(ぶりぶりざえもん役)

(ぶりぶりざえもんの声で)みんな、待たせたな。救いのヒーロー、ぶりぶりざえもん参上! 

しんのすけ:
おお~!

神谷さん:
(きゃりーぱみゅぱみゅさんに向かって)姫、可愛かった! 本当に可愛かったです。ぜんぜん(きゃりーぱみゅぱみゅさんの)顔が浮かばなかった。きゃりーさんの顔って特徴的だし、すごく好きなんですが、(声から)まったく顔が浮かばなかった。誰がやっているのだろうと最初から最後まで観ました。素晴らしかったです。

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
嬉しいです。ありがとうございます。

神谷さん:
(りんごちゃんに向かって)りんごちゃん、愉快なシーンでした。一人三役大変でしたね。

りんごちゃん:
ありがとうございます。

神谷さん:
(山田さんに向かって)山田さん、防衛大臣はめちゃくちゃカッコ良かった。先ほどお話しをさせてもらいましたけど、最高にカッコ良かったと延々言っていました。

山田さん:
(恐縮しっぱなしの様子)。

神谷さん:
(監督に向かって)そして、監督! マジ、面白かった! 本当に面白かったです!

京極監督:
ありがとうございます!

小林さん:
そうそうそう!

神谷さん:
(小林さんに詰め寄るように)ちゃんと言ってあげて! 監督のことも。

小林さん:
(監督へのコメントは)最後までとっておこうと思っていました。

京極監督:
ありがとうございます。本当に嬉しいです。

神谷さん:
この作品に参加できて本当に嬉しいです。

MC:声優のお二人からのお言葉を受けて、山田さんいかがですか。

山田さん:
いやー、もう本当に嬉しいです。僕はアニメーションと声優さんが大好きで、(声優さんの声で)命が吹き込まれて作品が華やかになったり、感動できたり、心が動く「声の力」というのをすごく感じます。そこに追いつけるように必死でした。でも、ハートはみんなが同じく持っているものだから、そこだけは負けないようにと思いました。参加させてもらえて良かったです。それに俳優としても勉強になるところがあったので、(今回の声優体験を)いかせたら良いなと思います。

りんごちゃん:
今回がアフレコが初めてで、最初は自信満々でアフレコのスタジオに向かったんですが、絵に命を吹き込むことの大変さを実感しました。途中からは楽しくなって、アニメの動きと同じように動きながら声を出したら、命を吹き込むことができました。子どもから大人まで楽しめる作品なので、ぜひ皆さん観てください。

きゃりーぱみゅぱみゅさん:
私は「クレヨンしんちゃん」が大好きで、映画もすべて観ています。こうして声優をやらせていただいて、先ほどりんごちゃんが言っていたように走るシーンはすごく難しくて、(声だけで)「ハッハッ」ってやっているだけではダメだなと思って、私も足踏みをして演じていました。そういうのも新しい挑戦でしたし、完成した作品を観て、しんちゃんやぶりぶりざえもんと会話をしていることが不思議に思えました。人生の宝物になりました。

MC:それでは最後に、小林さんと神谷さんからご挨拶をいただきます。

神谷さん:
ラクガキは想像力の産物だと思っています。想像力はとても大切なので、想像力を育むラクガキはすごく楽しいと思います。ラクガキを見ていると、「なぜ笑っているのだろう」「どんな子が描いたのだろう」「そもそも何を描いているのだろう」と、見ているだけで楽しくなります。想像力でできあがっているものだからこそ、楽しいのだと思います。「クレヨンしんちゃん」映画史上、最高傑作だと僕は思っています。「(ぶりぶりざえもんの声で)なぜなら、このワタシが主役だからだ!」 以上でございます。

小林さん:
(自分を指さして)主役!

神谷さん:
(笑)。

小林さん:
お足元が悪い中、映画を観てくださって、ありがとうございました。これから観てくださる方には、こういう状況なので皆さんにいろいろお願いすることは多いかと思いますが、絵と音とすべてのシーンに映画館でしか味わえない臨場感があると思います。本当に監督の才能に惚れる一作だと思います。皆さん、ぜひよろしくお願いします。

東宝website