Movie Movie

Return Page

波瑠と成田凌、理想のデートを語る
「弥生、三月 -君を愛した30年-」大ヒット祈願イベント

2020年03月03日

「弥生、三月 -君を愛した30年-」大ヒット祈願イベント

<左から、成田凌さん、波瑠さん>


「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」、そして昨年NTV系列で放送し注目を集めた「同期のサクラ」など多くのヒットドラマを生み出してきた、稀代の天才脚本家・遊川和彦による第二回監督作品「弥生、三月 -君を愛した30年-」は3月20日より全国公開となります。高校時代に運命的に出会った結城弥生と山田太郎の三十年間に渡る恋模様を、桜咲く三月の出来事だけで紡ぐオリジナルのラブストーリーです。
3月3日、大ヒット祈願イベントを東京大神宮にて実施し、主演の波瑠さん、成田凌さんが出席しました。拝殿でのご祈祷ののちに、波瑠さん、成田さんのお二人からお話を伺いました。こちらのイベントの様子を詳しくレポートします。


拝殿でのご祈祷の様子。

波瑠さん(結城弥生役)

今日は本当にお天気が良すぎるぐらい良くて、「昨日のように寒い雨の日ではなくて良かったな」と思っています。今日は、本当は違うイベントの予定だったのですが、ちょっと残念なことに、こういうかたちになってしまいました。作品のことをじっくりお話できればと思います。
成田 凌さん(サンタこと山田太郎役)

ヒット祈願をしてまいりました。天気が良くて、良かったです。

MC:公開を直前に控えた今のお気持ちをお話ください。

波瑠さん:
撮影がちょうど一年前なので、編集と試写などを経て、「いよいよだな」という気持ちになってきました。取材などで(本作のことを)お話しをする中で、思い出すことも増えてきました。とても素敵な作品に携われたと、すごく噛みしめるように思っています。こういう状況なので、なかなか大きい声で「映画館に観に来てください」とは言えないのが残念です。また、いろいろな形で宣伝できればと思っています。

成田さん:
映画館やネットで予告(映像)が公開されたら、めずらしく母親から「予告の時点で、めちゃくちゃ(映画を)観たい」という連絡をもらいました。それが嬉しく、またいろいろな人から「楽しみにしている」と言っていただいているので、公開が楽しみです。でも、波瑠さんがおっしゃったように「映画館に観に来てください」とは言えない状況ではありますが、観てくれた方に直接感謝を伝えられる機会ができたら良いなと思っています。それに、僕自身、ご覧になった方の反応が楽しみです。本当にいろいろな世代の方に観てもらえる作品だと思うので、いろいろな感想を聞けるのが楽しみです。

MC:波瑠さんが「一年前に撮影した」とおっしゃいましたが、2019年3月からゴールデンウイークにかけて撮影が行われました。その頃のことを思い出しましたか。

波瑠さん:
本作の撮影は、東北で行っていたので、全然春らしくなくて、すごく雪が降る仙台で撮影をしたりとか、なかなか過酷なロケが多かったですね(笑)。

成田さん:
思い出しますね。今日ぐらい暖かければどれだけ幸せだったか...。

波瑠さん:
(笑)。

成田さん:
でも、実際に東北に行けて(直接土地の)空気を感じられたことはとても良かったです。これは言って良いのか分からないですが、撮影の時に実際、桜はそんなに咲いていなかったです...(苦笑)。 本当に素敵な場所にたくさん行かせてもらいました。そのことをたくさん取材していただく中で、思い出すことも多かったです。...やっぱり今日ぐらい(気候が)暖かければと思います(笑)。

MC:今日は暖かいですね。

成田さん:
暖かい! コートは着なければ良かった(笑)! (会場:笑)

MC:映画のタイトルに「三月」が含まれていますが、お二人は三月にどのような印象や思い出がありますか。

波瑠さん:
私は、十何年か前ですが、事務所に入るきっかけになったオーディションが三月にありました。あと、たぶん朝ドラ(連続テレビ小説第93シリーズ「あさが来た」2015年NHK総合にて放送)のオーディションも三月でした。普通新学期は四月から始まると思いますが、私の場合は三月から生活や環境が変わることが多かったです。ですので、三月は、いろいろな思い出があり、物事が大きく変化してきた月です。

成田さん:
「弥生、三月 -君を愛した30年-」の劇中にも卒業式のシーンがありますが、今はちょうど卒業式の時期ですよね。僕は、高校の卒業式のあと、友達と三人だけで、もう一回卒業式をやりました。本番はしんみりとしていたので、二時間ぐらいかけて、もう一回全部ふざけてやり直しました(笑)。体育館を走り回って本人役と、校長先生役も含めて全役をやりました。今でも思い出すぐらい相当思い出深いです(笑)。

MC:先ほどご祈祷されましたが、改めてどのようなことをお願いされたのか伺います。

波瑠さん:
新型コロナウイルスの影響で、学校がお休みになったり、テーマパークが閉まったりという状況なので、早く収束してほしいし、皆さんが何の心配もなく、映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」を観に行ってもらえるように、というお願いをしました。

成田さん:
僕も同じことを思いました。もうちょっとで本作が公開なので、たくさんの人に(「弥生、三月 -君を愛した30年-」を)観てもらえるようにとお願いしました。

MC:こちら東京大神宮は縁結びのご利益がある恋のパワースポットですけれども、お二人の理想のデートはどのようなデートでしょうか。

成田さん:
理想のデート...(笑)。

波瑠さん:
(笑)。私は定番ですが、映画を観に行くのがとても好きなので、もう少ししたら「弥生、三月 -君を愛した30年-」を観る映画デートが良いですね。

MC:波瑠さんが「弥生、三月 -君を愛した30年-」をご覧になるんですね。

波瑠さん:
(笑)。端っこでこっそり観ようと思います。

成田さん:
(波瑠さんに向かって)映画館に、行くんですか?

波瑠さん:
自分の作品を観に行ったことはないです。

MC:では、成田さんはいかがでしょうか。

成田さん:
この仕事をしているとなかなかデートはできないですが、お互いの好きなことを順番にやるのが良いなと思います。例えば、相手の趣味がスポーツであれば、ジャージを買いに行くところからスタートしたり、僕であれば写真を撮るのが好きなのでカメラ屋に行くとか...。お互いのわがままを一回ずつきく"わがままデート"もしてみたいです! もし、好きなことが一緒であれば楽しいだろうなとも思います。

MC:最後に一言ずつご挨拶をお願いします。

成田さん:
すごく良い作品ができたので、いろいろな人に届いてほしいです。たくさんの年代の方に観てもらいたい映画です。たくさんの感想を聞きたいので、(新型コロナウイルス感染症の件が)落ち着かれたら、ぜひ映画館に足を運んでください。

波瑠さん:
性別年齢問わず、運命の分かれ道にいる世代の方、たくさんの方に響くような、胸の熱くなる作品になっています。私たちが演じた弥生と太郎の姿がきっと観てくださった方の背中を押せるような作品になっていると思いますので、ぜひたくさんの人に観ていただけたらと思っています。

東宝website