Movie Movie

Return Page

山田裕貴、りんごちゃん、公開アフレコに初挑戦!
アツい俳優魂と七色のモノマネボイスにオラ大興奮だゾ!
「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」公開アフレコ

2020年03月18日

「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」公開アフレコ

<左から、しんのすけ、山田裕貴さん、りんごちゃん>


国民的人気アニメの28作目の劇場版となる「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」が4月24日に公開! 今年のゲスト声優を務める山田裕貴さんとりんごちゃんが3月18日、都内スタジオにて公開アフレコに臨みました。山田さんはしんちゃんと一緒に"おしりあい"を披露! りんごちゃんは得意のあのモノマネでアフレコを...。爆笑のアフレコの模様をレポートいたします!


しんのすけ:
どうもどうも、皆さん、今日はいろいろと大変な中、オラがクレヨンでラクガキして大活躍する「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」の公開アフレコに来てくれて、誠に誠にありがとござます~! オラとっても嬉しいゾ。ということで、早速だけど今回のゲストを紹介するゾ! ラクガキングダムの崩壊を止めるため、地上の人間に無理やりラクガキをさせる"ウキウキカキカキ作戦"を実行する防衛大臣を演じる山田裕貴お兄さん! そのウキウキカキカキ作戦の命令を受け、子どもたちに無理やりラクガキをさせるリンゴ、イチゴ、メロンの三役をりんごちゃんが演じるゾ! それでは皆さんに自己紹介をお願いしたいゾ! オラに似てイケメン! でもクールな見た目と裏腹に熱い魂を持つ山田裕貴お兄さん、よろしくどうぞ~!

山田裕貴さん(防衛大臣役)

子どもの頃から見ていた「クレヨンしんちゃん」の世界に自分が入れるのは、不思議な感覚です。でも、防衛大臣として生きているアフレコの瞬間は、本当に「あぁ、この世界で生きられているんだな」という実感がありました。僕も本作を観るのがとても楽しみです。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。

しんのすけ:
続いて、七色のモノマネボイスを持つりんごちゃん!

りんごちゃん(リンゴ、イチゴ、メロン役)

今回、リンゴ、イチゴ、メロンと一人で3役もやらせていただきました。山田さんも言っていたんですが、私も幼少期からずっと身近にいた「クレヨンしんちゃん」の世界の中に自分が入れることが、いまだに信じられないです。でも、精一杯頑張ったので、ぜひ皆さんに本作を観ていただきたいたいと思います。

しんのすけ:
「幼少期から」なんて、オラまだ五歳なのに嬉しいゾ! 裕貴お兄さんは、防衛大臣としてオラたちに無理やりラクガキをさせようとする...もしかして、悪者? を演じているけれど...。

山田さん:
(おどけて)うへへへへへ!

しんのすけ:
ものすごい意気込みだったって聞いたゾ。

山田さん:
(熱っぽく)すごい意気込みというのは、僕はアニメが大好きで、声優さんはリスペクトしているお仕事なんですよ。今回、映画にこうやって声優として参加させてもらったので、「あぁ、俳優の子が声優やっているんだね」じゃなくて、僕も声優として皆さんと肩を並べて、アニメ愛とか、声優さんへの愛をすごく届けたいと思っていたんです! 本当にキャラクターを完成させたかったし...(後ずさりをするしんのすけの様子を見て)引いている? 大丈夫? 熱過ぎました?

しんのすけ:
いいゾ!いいゾ!

山田さん:
だから防衛大臣を通して、プロの声優の皆さんに「あの子、なかなかやるじゃない」と思ってもらえるくらいまで持って行けたら良いな、という思いでやりました。だから、オファーを受けた時は、ただ「しんちゃん」の世界に入れるって嬉しさだけじゃなくて、自分の俳優という仕事の"防衛"を懸けた感じで...あ、シーンとなりました(笑)? 熱く参加しました!

しんのすけ:
いいですな~! 昔からオラへのリスペクト? っていうのがあって、マネをしてくれていたみたいだけれど...?

山田さん:
そうなんです! しんちゃんと同じように、よくお尻を出していたみたいです。母親に「『クレヨンしんちゃん』の映画の声の仕事をすることになったんだ」と電話をしたら「あんた、よくお尻を出していたもんね」と言われました。僕は、お尻をよく出していたそうです(笑)。

しんのすけ:
そんなに小さい頃からオラのことをリスペクトしていてくれたなんて、嬉しいけれど、(スタジオを歩き回りながら)でもオラ、もう心に決めた"ななこおねいさん"がいるから、裕貴の気持ちには応えられない! ゴメンね!

山田さん:
しんちゃんは、ちゃんと舞台を目いっぱい使うんだね。さすがだな(笑)。

しんのすけ:
続いて、りんごちゃんは、初めてのアニメ声優ってことだったけれど、いろいろなモノマネの声を持っているし、ホントのところ、自信があったの?

りんごちゃん:
えー? 私は、この声のおかげで、今ここに立っているので、声優も同じ声のお仕事ですから、最初は正直自信がありました。でも、スタジオに立った瞬間、緊張し過ぎて固まってしまいました。最初はなかなか上手くできなかったんですが、後半はだんだん楽しくなってきました。

しんのすけ:
りんごちゃんは、リンゴだけじゃなくイチゴとメロンを加えた三役をやったみたいだけど~、大変だった?

りんごちゃん:
やっぱり大変だった。今、しゃべっている声がりんごちゃんの声なんですが、モノマネの時の声だったり、いろんなトーンや質があるので、いったいどの声が正解なのか分からなくて...。監督さんともあれこれ話をしながら、役に合った声を選びました。

しんのすけ:
三役を演じ分けたりしたの?

りんごちゃん:
若干、あると思います。そこはお楽しみポイントです。

しんのすけ:
お楽しみと言えば、十八番のあのオジサンたちのモノマネは出てきたりするのかな?

りんごちゃん:
私は、あまり先輩たちを「オジサン」と言ったことがないのですが(笑)、そこもお楽しみにしてほしいところです!

しんのすけ:
じゃあ、オジサンたちのモノマネが出てくるのかはお楽しみに! では、早速アフレコをやってみましょう!

りんごちゃん:
山田さん、すごく緊張していますよね?

山田さん:
こんな中で(たくさんの報道陣にかこまれた中)アフレコしないですもんね...。

りんごちゃん:
そうですよね...(笑)。

山田さん:
ドキがムネムネです...(苦笑)。

しんのすけ:
がんばれ、裕貴!

山田さん:
頑張るよ、しんちゃん!(と、答えるが、しんのすけを見失ってキョロキョロしてしまう)

しんのすけ:
オラはここにいるゾ!

山田さん:
ごめん。今、"天"からしんちゃんの声がしたから...。

しんのすけ:
オラの声はここ(口を指して)から出ているゾ!

山田さん:
ゴメン! 今、ワールドを壊しそうに...(苦笑)。

しんのすけ:
ワールド? オラ、子どもだからよく分かんないゾ!

山田さんの一つ目のシーンのアフレコがスタートし、まずはテストから。
「ウキウキカキカキ作戦に賛成の者は挙手を...」というところで噛んでしまいました。


山田さん:
メチャクチャ緊張しました!

音響スタッフ:
続いて本番行きます!

山田さん:
噛んでも続けます(笑)!

本番では迫真の演技を見せる!

しんのすけ:
素晴らしいゾ! 本番に強いゾ!

山田さん:
初めてこういう現場に来ているから、キョロキョロしています(笑)。

山田さんの二つ目のシーンのアフレコ。テスト、本番とも素晴らしい演技を見せた。
「黙れ!」というシーンでは大迫力の演技で、終わるとスタジオ内は拍手に包まれました。


音響スタッフ:
素晴らしいです。良い「黙れ!」をいただきました。

山田さん:
あぁ、緊張した~!

りんごちゃん:
ホントに緊張していました? めちゃくちゃカッコ良かったです!

りんごちゃんのアフレコがスタート。
テストでは柔らかい口調で演技をしたが、スタッフから「最後のセリフ、別のアプローチで」という指示があり、マツコ・デラックスさんのモノマネを取り入れたセリフ回しを見せ、スタジオ内は大爆笑!


今度は得意の武田鉄矢さんのモノマネを取り入れた演技でスタジオは再び爆笑!

スタッフ:
まずはしんちゃんから、お二人のアフレコの感想をお願いします!

しんのすけ:
いやぁ、オラ感動したゾ! 素晴らしかったゾ!

山田さん:
ホント?

しんのすけ:
本番に強い男って良いよね~。

山田さん:
ありがとう!

しんのすけ:
りんごちゃんも素晴らしかったゾ! 感動したゾ。二人はアフレコしてみてどうだった?

山田さん:
こんな環境でアフレコをするなんて、すごく緊張しましたが、すごく楽しかったです。防衛大臣を演じた記憶がよみがえってきました。

りんごちゃん:
最初は緊張していて、だんだん気合が入るというか楽しくなってきました。出来上がったのを観て、よく「命を吹き込む」って言いますが、本当に観た時に感動しました。自分の声なんですが、「キャラクターに命を吹き込んだ」っていう実感が出てきて、楽しかったです!

しんのすけ:
「黙れ!」って良かったよね、良い声が出ていたゾ。

山田さん:
ありがとうございます、先輩!

しんのすけ:
オラ五歳なんだけど~。裕貴お兄さん、アニメ声優初挑戦で、今回、自分的には何点だった? 正直なところ、もう一回やりたい?

山田さん:
いや、アフレコの時に監督といろいろお話をさせてもらったり、やり直したいところは「もう一回やらせてください」ってお願いをして、何回もやらせてもらったので、今日を含めて僕は全てを出し切りました。

しんのすけ:
熱い気持ちが伝わってきたゾ! 裕貴お兄さんの熱苦しい魂、オラのお尻でしかと受け止めたぞ!

山田さん:
大丈夫か? 摩擦で火がついても知らないからな!

山田さんとしんちゃんが、お尻をぶつけあって熱い「おしりあい」!

しんのすけ:
熱い! 摩擦が熱いゾ!

山田さん:
熱い(笑)!

しんのすけ:
オラの大事なお尻が! ありがとござます~!

りんごちゃん:
二人のお尻からちょっと煙が出ていました(笑)!

しんのすけ:
りんごちゃんは十八番のモノマネを披露してくれたけど...。武田鉄矢さん、どうでしたか?

りんごちゃん:
(武田鉄矢さんのモノマネで)精一杯やりました。私は、最後には緊張もなくなって、とっても良い作品になりました! (手を顔にかざして振り払って)こうやってりんごちゃんに戻らないといけないんです。

山田さん:
そうやって戻るんだ!? へぇー! すごい!

しんのすけ:
素晴らしいゾ! この流れで、新作モノマネを良かったら披露してくれないかな? ムチャぶりしてごめんね?

りんごちゃん:
私は「降りてくる」スタイルなので...。(何かを上から降ろしてくるポーズをして)「オラしんのすけだゾ!」。どうですか?...反応悪(苦笑)!

しんのすけ:
オラ、心の準備ができてなかったので...。

りんごちゃん:
(再度しんのすけのモノマネで)野原しんのすけだゾ~!

しんのすけ:
うぅぅ...次行こうか?

りんごちゃん:
えー? ウソ? お気に召さなかった? もっと練習します(笑)。

しんのすけ:
素晴らしかったゾ。オラに何かあった時はよろしくね! 最後にお二人から映画の見どころを教えてほしいゾ!

山田さん:
この「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」はほぼ四人の勇者たちと仲間の熱い友情のお話でもあります。ネタバレになるかもしれないので、やんわり言うと、しんちゃんが追いつめられて大人たちに責められちゃうシーンがあるんですが、かばう仲間がいたりして、そういう熱さみたいなものが、子どもだけでなく大人にもグッと来たり、響くメッセージがたくさんあると思います。僕の声優初挑戦を観に来てくださるのも嬉しいですが、作品全体を楽しんで笑顔で帰っていただければと思います。

りんごちゃん:
もう何と言いますか、「笑いあり涙あり」っていうのが本当にぴったりな映画だと思います。山田さんがおっしゃる通り、老若男女、全ての人が絶対に楽しめる映画になっていると思います。(しんのすけのモノマネで)「ぜひ観てねー!」 あれ? もっと高いのかな? (しんのすけのモノマネで)「ぜひ見てね~!」 もっと練習します(笑)!

しんのすけ:
このままじゃ、(りんごちゃんに)乗っ取られる! 「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」は4月24日に公開! オラ、世界を救うためにたくさんラクガキをするから、マスコミのお兄さん、お姉さんもラクガキ...じゃなく、映画の宣伝の記事をたくさん書いてくれたら嬉しいゾ! よろちくび~~!

東宝website