Movie Movie

Return Page

市村正親vs.小林幸子 白熱の三番勝負!「最強」の座はどちらの手に?
「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」ヒット御礼舞台挨拶

2019年07月27日

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」ヒット御礼舞台挨拶

<左から、ピカチュウ、小林幸子さん、市村正親さん、中川翔子さん>


ポケモン映画最新作「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」のヒット御礼舞台挨拶が7月27日、都内の劇場で行われ、ミュウツー役の市村正親さん、ボイジャー役&主題歌を担当した小林幸子さん、小林さんとともに主題歌「風といっしょに」を歌う中川翔子さんが出席しました。
この日は「最強とは何か―」という映画のキャッチコピーにちなんで、市村さん、小林さんが「あっち向いてホイ!」など三つの競技で対決。果たして、最強なのはどちら? ポケモンバトルに負けない白熱した当日の模様をレポートいたします。


この日は、中川さんが司会者を務め、舞台挨拶を進行してくださいました!

中川翔子さん(主題歌担当)

皆さん、ポケんち~。ポケモンは好きですか? 「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」面白かったですね! ありがとうございます。皆さん、感動して余韻に浸って、目から鼻からハイドロポンプ出まくりの中、割って入ってお邪魔いたします。本日は、なんとMCを務めます。よろしくお願いいたします。
さあ、夏休みに突入いたしまして、どんどんと盛り上がっている「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」。なんと、私はポケモン映画と長いお付き合いですが、こうやって進行台本を持って、MCをするのは初めてでございます。局アナウンサーさんのような気持ちで、上品に進めていければと思っております。さあ、今からですね、レジェンドのお二人をお呼びしたいと思います。さあ、それでは心のご準備はいかがでしょうか? いよいよ、レジェンドのゲストお二人をお呼びしたいと思います。皆さん、盛大な拍手でお迎えください。市村正親さん、小林幸子さん、ピカチュウでーす!
市村さんと小林さんと一緒にピカチュウも登場。

中川さん: ピカチュウ、今日は一緒に司会、頑張ろうね! やる気満々だね。それでは、お二人からご挨拶をいただきます。

市村正親さん(ミュウツー役)

こんにちは! いよいよ梅雨が明けて、本当のミュウツーの季節となりました。夏が過ぎても、ミュウツー。秋になっても、ミュウツー。ミュウツーで頑張っていこう!

中川さん: 「ミュウツーの季節が始まる」というパワーワードを早速いただきました!

小林幸子さん(ボイジャー役)

はーい、こんにちは。「海を知りたきゃ、波止場のカモメに聞いてみな」(劇中のセリフを披露)ボイジャーでーす! 市村さんもおっしゃっていますが、ポケモン、ずっとこれからもよろしくー!

中川さん: お二人とも元気いっぱい、大サービス! 生ボイジャーさん、いただいちゃいましたね。
さあ、この「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」ですが、7月12日に公開されました。そして、なんと、昨日(7月26日)公開15日目で動員120万人を超える大ヒットとなりました! すごいことになっております。ポケモンの夏! さらになんと本日(7月27日)130万人を突破いたしました! ポケモン、大ヒット! ミュウツーの季節が来ていますね! すばらしいですね。この映画が公開されて、世の中のいろんな世代の皆さんに届いていると思いますが、お二人にもその実感は、届いていますか?


市村さん:
届いております! 私は、いつも疲れるとですね、スポーツトレーナーさんにマッサージしてもらうんです。ずっと僕を担当してくれている人がこの前、映画を観てくれたんですよ。で、「前々からウワサでは聞いていたんですが、本当に市村さんが(ミュウツーを)演じていたんですね」って言われました(笑)。

中川さん: 信じていなかったんですね?

市村さん:
この前、会ったら、ビックリした目をしていました。だから、僕も「私は誰だ。ここはどこだ」(劇中のセリフ)っとやってしまいました。

中川さん: 生ミュウツーをお見せしたんですね!

市村さん:
そしたら、震えちゃって(笑)。

中川さん: これまで散々、体をもんでいたのに?

市村さん:
今までもんでいたにもかかわらず、ますます感動しちゃって、もみ方が激しくなっちゃって...。

中川さん: 「ガクブル! ミュウツー様だったんだ」と、やっと信じたんですね。良かったです。じゃあ、大人の方にも届いているということですね。

市村さん:
そうですね!

中川さん: そして、公開記念舞台挨拶(7月13日開催)の時には、(市村さんの)お子さんが、いらっしゃっていましたね。

市村さん:
そう、僕のコピーがね(笑)。特にお兄ちゃんが「泣いちゃった」って言っていました。で、下の7歳の息子に感想を聞いたら「ピカチュウ!」って言っていました。

中川さん: ちびっ子も感動して泣いちゃうという、すばらしいですね! 小林さんも、いかがですか? 公開されて。

小林さん:
コンサートをやっていますと、「ポケモン、観たよ」と言ってくださる方が多いです。そして、「お子さんとね、一緒に観たよ」という方が多いですね! そして、21年前に「風といっしょに」を歌ったんですが、今回の「風といっしょに」も買ってくれたちびっ子たちもたくさんいました。

中川さん: すごいですね。21年前から、今まで変わらず活躍されていることにも感動しております。

小林さん:
「ポケモンありき」ですね。そういう意味で。

中川さん: ラスボス伝説が始まったのも...。

小林さん:
えぇ、ポケモンのおかげでございます。いつの間にか、"ラスボス"と呼ばれるようになってしまいました。ありがたいことだと思っております。

中川さん: 私は映画の公開が始まってから、試写会も含めて、初日も観に行って、その週に三回も観に行って、この2週間ですでに合計五回も観ているんです。「ちょっと大丈夫ですか?」って思われちゃうくらいですね。でも、映画館でポケモンを観るという体験や、いつだれと観に行ったかという思い出は、一生の体験になりますよね。なので、今日皆さんが観に来たこと、そして舞台挨拶を一緒に体感していることも大切な思い出になってくれれば嬉しいなと思います。その主題歌「風といっしょに」もありがたいことに、なんと、スマッシュヒットをしておりますね!

小林さん:
ありがとうございます!

中川さん: 小林幸子さまと一緒に「ポケだちツアー」(「風といっしょに」CD発売記念イベントツアー)、全国を回らせていただいておりますけど、なんとオリコンウィークリーチャート、第5位に入りました。なんと、デイリーチャートは第3位です!

小林さん:
嬉しいです。本当に皆さんのおかげです。ありがとうございます。

中川さん: 当時からすばらしい思いが詰まった楽曲ですが、あの頃子どもだった私も一緒に歌わせていただき、ちびっこたち(ポケモンキッズ2019)の声も一緒に入っていますよね。平成に生まれたポケモンが、時を超えて、令和にも歌い継がれている。本当に名曲ですね! この夢、ぜひ紅白(歌合戦)にも届いてほしいですね! さあ、盛り上がっております「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」なんですけれども、今日は、すばらしいレジェンドのお二人が集ってくださいましたので、お二人にご参加いただきたいコーナーがございます。心のご準備、よろしいでしょうか。さあ、最強の俳優である市村正親さん、そして"ラスボス"小林幸子さま! 今年の映画のキャッチコピー「最強とは何か―」にちなみまして...。

市村さん:
あっ、西京焼き?

小林さん:
それは、違う(笑)。

市村さん:
あっ、レスリング? 相撲?

中川さん: ギャグバトルになってきましたが、お二人どちらが最強か「三番勝負」のゲームで決めたいと思います!

小林さん:
ゲーム?

中川さん: 今日は「ミュウツー対ラスボス」という奇跡のコラボですから、そのバトルを見られたら、宇宙の歴史の1ページになるんじゃないかなと思います。

小林さん:
何をやるんですか?

中川さん: はい、寝ずに企画を考えてまいりました。最初の勝負は「あっち向いてホイ!対決」です。こちら、ルールの説明は不要かと思いますので、ぜひ、バトルをしていただければと思います。大丈夫ですか?

市村さん:
よく子どもとやっております。

中川さん: 現役なんですね。幸子さまはいかがですか?

小林さん:
あっち向いてホイでしょ? 私は子どもの頃に、あっち向いてホイ大会でチャンピオンになりました。

中川さん: そんな大会があるんですか?

小林さん:
バッチリですから! 任せてください。

市村さん:
でも、あっち向いてホイのチャンピオンが今日は結構来ているみたいですよ(笑)。あっち向いてホイチャンピオンの人、手を挙げて!(会場から何人かの手が挙がる) ほら、各地方にそれぞれいるんですよ。

中川さん: この勝負は盛り上がりそうですね。こちら、「最初はグー」で始めていただいて、「ジャンケンポン、あっち向いてホイ」の流れで三回勝負をしていただきます。最強の名に恥じないバトルをお願いしたいと思います。心の準備はいかがでしょうか?

市村さん&小林さん:
任せてください!

中川さん: それでは、お願いします。

市村正親VS小林幸子 どっちが"最強"だ!? レジェンド選手権三番勝負
「あっち向いてホイ!対決」


中川さん: 二本先取ということで市村さんの勝利! すごい早いペースで決まっちゃいましたが(笑)、まだ三本勝負ですので、わかりません。

小林さん:
まだ、やるんですか?

中川さん: まだ、やるんです。続いてはこちら、「しりとり対決」です。続いても、シンプルにいきたいと思います。ルールの説明は、不要ですよね。観客の皆さんにも、リズム取りをお願いしたいと思います。皆さんの手拍子の後に。

小林さん:
私、しりとりなんて、どれだけやっていないだろう。しりとりをやることになるなんて...(笑)。

市村さん:
(掃除をするポーズで)僕はやっていますよ!

小林さん:
それは、「ちりとり!」

中川さん: 惜しげもなくギャグが! 市村さん、意外とこういう感じの方なんですね。

市村さん:
「私は誰だ!」

中川さん: (笑)。では、この勝負はポケモンのワードに限らずなので、よろしくお願いします。先攻は市村さんから。それでは、行きましょう。しりとり対決、せーの!

市村正親VS小林幸子 どっちが"最強"だ!? レジェンド選手権三番勝負
「しりとり対決」


市村さん:
ピカチュウ!

小林さん:
ウサギ!

市村さん:
ギンギラギン(笑)!

小林さん:
ン? ン?

中川さん: 市村さん! え~、自信満々だったのに!

市村さん:
"ギ"のあと、何も思い浮かばなくて(笑)。ギンギラギンって(笑)。

中川さん: "ン"がついたら、市村さんの負けです!

市村さん:
でも"ギ"は難しいね。

中川さん: こんなこと、あります? さっきは圧勝だったのに! ということで、「しりとり対決」は小林さんの勝利! 意外と波乱の展開になってきました。

市村さん:
これで1勝1敗か!

中川さん: さぁ、いよいよ、クライマックスのバトルに参りたいと思います。最後はこちら、「美声どれだけ長続きできる?対決」です。もう、声のお仕事のレジェンドですから、お二人でどれだけ声が長続きするかの勝負をしていただきます。自信のほどは、いかがですか?

小林さん:
でも、ミュージカルって、ロングトーンでずっと声を出しますもんね。

市村さん:
「オペラ座の怪人」とかね、長い声を出さないといけないですけれど、最近やっていないからね。

中川さん: でも、ミュージカルといえば、体力勝負ですし、ロングトーンいっぱいありますよね?

市村さん:
演歌もそうでしょ?

小林さん:
演歌はね、そうでもなくて(笑)。

中川さん: こぶしの勝負とは違いますからね。

小林さん:
違いますねえ。私、こぶしが回っちゃったら、どうしよう?

中川さん: でも、55年歌い続けてきた喉は、経験値がすごいことになっていると思いますから。それでは、あの有名なミュウツーのセリフ「ここはどこだ」「私は誰だ」の語尾を伸ばしていただければと思います。お好きな方をお選びください。どちらにしても"だ"ですが、時間の計測は、語尾の"だ"から始めさせていただきます。さあ、ご準備はいかがですか? まずは先攻、小林幸子さまからお願いします!

小林さん:
それでは...。私は誰だ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

市村正親VS小林幸子 どっちが"最強"だ!? レジェンド選手権三番勝負
「美声どれだけ長続きできる?対決」小林さんの結果は22秒。


中川さん: 結果は22秒! すごーい! 宇宙がヒーリング! 不思議な体験をした気がします。

小林さん:
私も初めてやりました。

中川さん: 途中でこぶしが炸裂しましたね。すごいものを見てしまった。ありがとうございました。22秒って、すごいことですよね。ピカチュウ、すごかったね。

ピカチュウ:
ピカチュウ!

中川さん: さあ、このすごい記録に対して、ミュウツーさまはどう出るか?

市村さん:
じゃあ、僕は「ここはどこだ。」で行きましょう。

中川さん: さあ、この22秒という記録を超えられるのか? これで最強の座が決まってしまいます。運命の瞬間でございます。それでは、ご準備整い次第、市村さん、お願いします!

市村さん:
私は誰だ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

市村正親VS小林幸子 どっちが"最強"だ!? レジェンド選手権三番勝負
「美声どれだけ長続きできる?対決」市村さんの結果は30秒。


中川さん: うわぁ! 大台30秒! すごーい! すご過ぎる! まさかの記録ですよ!

小林さん:
大丈夫? (近くで見ていると)お顔がぶわーと赤くなるのが、分かるの。

市村さん:
このまま倒れるんじゃないかと思った(笑)。

中川さん: 鍛え上げられた体と喉をフルに使ってくださって! 見事30秒の大記録! 市村正親さんの勝利です! 本当にすごい、酸素吸ってください!

中川さん: すばらしい勝負でした!「市村正親VS小林幸子 どっちが"最強"だ!? レジェンド選手権三番勝負」勝利は市村正親さんでした! 市村さんが、これで本当にミュウツーさまと同じく、最強の座を勝ち取りました。

市村さん:
もうね、意地で勝ち取りました。本当に勝ちたかったので(笑)。

中川さん: 全力で挑んでいただき、ありがとうございました。そして、残念ながら、敗れてしまいましたが、小林さん、すばらしい美声を聞かせていただいました。いかがでしたか?

小林さん:
とんでもございません!

中川さん: この対決に、真剣に臨んでくださるレジェンドたち、なんて気さくなんでしょう。ありがとうございます。ということで、まだまだ、この夏。夏休みも始まったばかりです。そして、これからお盆に向けて、もっともっと「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」盛り上がっていきたいですね。最後にお二人から、締めのお言葉をいただきたいと思います。

市村さん:
僕は、今日もそうですが、全力でいつも生きております。ミュウツーも全力で演じました。全力で仕事をすれば、何もかも全てうまくいくと思っております。「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」、現在大ヒット中ですが、まだまだヒットさせるように、皆さんの応援よろしくお願いします!

小林さん:
今、市村さんがおっしゃったこと、本当にその通りだと思います。この映画を観終わって、何を感じるか。私は「本当の優しさとはどういうものなのか?」ということを教えていただきました。多分、皆さんもそう思っていただけたと思います。この夏も猛暑になると言われています。どうか、体に気をつけて、そしてポケモンを応援してください! どうぞ、よろしくお願いします!

中川さん: あの頃(21年前)子どもだった皆さんが、こんなすてきな大人になって、そして親子になって、親子二代三代と楽しめる「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」。そして新しくて、懐かしい"風"になるんですね。胸がいっぱいです。私もこの夏、たくさんのポケだちと映画を観に行きたいなと思っています。どうか、この映画がもっと広がりますように。いろんな大切な意味が詰まっているこの映画が、届きますように。本日はお越しいただき、ありがとうございまーす。まだまだ快進撃は続きます。

東宝website