Movie Movie

Return Page

山﨑賢人ら豪華キャスト陣が大ヒットへ向け夢を語る!
「キングダム」初日舞台挨拶

2019年04月19日

「キングダム」初日舞台挨拶

<左から、佐藤信介監督、大沢たかおさん、長澤まさみさん、山﨑賢人さん、吉沢亮さん、橋本環奈さん、本郷奏多さん>


原泰久氏による大人気漫画を、日本映画界を代表するキャストにより、中国、日本全国でのロケを敢行して製作した「キングダム」が遂に公開。 4月19日に東京・日比谷のTOHOシネマズ 日比谷にて舞台挨拶を行い、山﨑賢人さん、吉沢亮さん、長澤まさみさん、橋本環奈さん、本郷奏多さん、大沢たかおさん、佐藤信介監督が登壇しました。それぞれが熱い「夢」を語った、こちらの舞台挨拶の模様をレポートいたします。


客席からキャストが登場し、会場は大きな歓声に包まれる。

山﨑賢人さん(信役)

今日は「キングダム」を観に足をお運びいただき本当にありがとうございます。本当に今、(客席の通路を)通ってくる時に皆さんが「良かった」など言っていただけて、そして、皆さんの顔を見ていると「良かったな」とすごく嬉しく思います。安心しました。今日は短い時間ですが、楽しんでいってください。
吉沢亮さん(嬴政/漂役)

ついに初日を迎えたということで、「どれだけたくさんの方に観ていただけるのかな」と思っています。これまでのことは、僕らが頑張ってきたつもりです。ですから、あとは観てくださる皆さんに「キングダム」という作品がどう映るかで、初めてこの映画が完成するのかなと思っています。これからも、さらに多くの皆さんに広まるように、ぜひ協力していただけたら嬉しいなと思います。
長澤まさみさん(楊端和役)

初日を迎えて、「キングダム」が始まったということを感じております。たくさんの人に届いて、「愛される映画になればいいな」と思っております。
橋本環奈さん(河了貂役)

「キングダム」の撮影をしたのが去年の四月くらいからなので、こうしてようやく公開を迎えて、皆さんの元に届けられることを嬉しく思っています。この作品は「命がけで」という言葉がふさわしいと思っています。その言葉通りに、命がけで撮った作品ですので、たくさんの方に観に来てほしいと思います。
本郷奏多さん(成蟜役)

映画は、いかがだったでしょうか?(会場:拍手) ありがとうございます。観ていただいた皆さんには、わかると思うんですが、我々一同自信をもってお勧めできる「日本最大級の超エンターテインメント大作」だと思います。これからどんどんどんどん「キングダム」を宣伝していただいて、たくさんの人に観ていただきたいと思います。
大沢たかおさん(王騎役)

今日、「キングダム」をようやく皆さんの元に届けることができました。これまでは、僕らが一生懸命育てて、橋本さんが言ったように命がけで、全員でやって来ました。でも、今日からは、一人でも多くの皆さんの中で育てていただいて、一人でも多くの方に観ていただければ嬉しく思います。
佐藤信介監督

ちょうど一年前の今頃、ホコリまみれになりながら中国で撮影していた作品です。一年後には、こんなにきれいな劇場で公開できることは、もちろん念頭にはおいていましたが、実際にその日が来てみると感無量です。今までは僕らだけで観て、一般のお客さまにお金を払って観ていただくのは今日が初めてです。いろんな感想があると思いますが、これからは皆さんのものなので、自由に何度も観ていただくも良し、人と語り合うも良し、自由に楽しんでいただけたらと思います。

MC:中国、日本での撮影を経てついに公開を迎えましたが、初日を迎えての心境はいかがですか?

山﨑さん:
そうですね、初日...やっぱり映画ってお客さまに観てもらって初めて生きていくんだなってことを感じます。昨日まではちょっとフワッとしていたんですが、今日、初日を迎えて、込めるべきものは撮影の時に込めたし、やれることはやったので、あとは「皆さんにそれが伝わればいいな」という感覚ですね。ここまでは早かったなと思います。

MC:クランクアップの際には込み上げてくるものがあったそうですが...。

山﨑さん:
込み上げてきました(笑)。それくらい一生懸命になれたし、「キングダム」という作品に出会えて、信という役に出会えて良かったと思います。クランクアップの挨拶をする時に、僕は信として挨拶をしてしまっていました。それくらい信が大好きで、信になっていたんだと自分でも思います。...いやぁ、(映画が)どんどん広まっていけば嬉しいなと思いますね。

MC:山﨑さんと四度目の共演(ドラマ「水球ヤンキース」2014年フジテレビ系/映画「オオカミ少女と黒王子」2016年公開 監督:廣木隆一/映画「斉木楠雄のΨ難」2017年公開 監督:福田雄一)となった吉沢さんですが、吉沢さんにとって「キングダム」はどんな作品になりましたか?

吉沢さん:
僕にとって、本当に山﨑賢人という同世代のトップを走り続けている役者の本気を...今まで四回一緒にやって、今までも全部本気だったとは思いますが、今回は本当にやっぱり「山﨑賢人はすごいな」っていうのを間近で見せつけられた作品でした。僕にとっても、クランクインする二年くらい前からいろいろ考えながら頑張ってきた作品なので、役者人生の中の一つのターニングポイントというか、それくらい自分の中でかなり大きな作品になったと思います。

MC:楊端和に対する賞賛が上がっておりますが、長澤さんは演じられる上でどんなことを意識されましたか?

長澤さん:
そうですね、やはり「絶対的な王」であるというところが、この役にとって重要なところだったので、「強くあることをどのように届けられるか?」そこは自分なりに考えて演じていました。

MC:アクションもすごかったですが、現場の様子は?

長澤さん:
いつもケガと隣り合わせだったので、アクションの撮影時はいつも緊迫した空気が流れていました。その中で、「本番では練習してきたことを出し尽くさないといけない」という不安や恐怖も芽生えたりして、戦いの大変さや、難しさというものを自分自身も感じながら、役を演じていたのかなと感じています。

MC:原作「キングダム」のファンの中には映画化を不安視する声もありました。原作の大ファンだという橋本さんは、完成した映画をご覧になっていかがでしたか?

橋本さん:
私も最初に「キングダム」を実写化すると聞いて、「できるんだ?」と思いました。できないだろうと思っていたのですが、すでに、撮影の段階で、たくさんのスタッフさんが「キングダム」の世界観を作り上げている状況を目にして、ちょっと安心しました。脚本もそうですが、中国でのセットや、原作者の原先生が撮影現場に来てくださったりしていて、「実写化反対」「実写をやってほしくない人」もいると思いますが、私自身は、撮影をする中で「大丈夫だな」と、一ファンとして思いました。できあがった作品を観て、皆さんも観てくださったので共感していただけると思いますが、壮大なスケールは原作の良さを残せていると思います。そこは胸を張って原作ファンにも観ていただきたい作品になっていると思います。

MC:本郷さんの役柄に関しては、試写を観た人々からも「ハマり役」という声が上がっていますね。

本郷さん:
じゃあ、アンケートをとってみましょう。映画を観ていただいたということなので、「成蟜のことキライな人?」 

本郷さんの質問に、会場からはたくさんの手が上がる。

本郷さん:
おぉー! これは嬉しいことですね。そういう嫌われるようなお芝居をしたので、こうやってたくさん手が上がるっていうことは嬉しいですね。でも、本当はいい人ですよ、僕(笑)。でも、普段の生活でああいう言動をすると、友達がいなくなるけれど、ああいう振り切った嫌な奴、憎たらしい奴は、映画の中でしかできないことなので、すごく楽しんでやりました。こんなに素晴らしい方々が、力を合わせて僕ごときを倒しに来てくれるんですよ。すごく幸せでした。楽しんで演じました。

MC:普段の本郷さんとは違うと?

本郷さん:
すっごくいい子、好青年です。

MC:原作者の原先生が王騎を見て「そのオーラが半端なく説得力があった」とおっしゃっていました。

大沢さん:
本当に嬉しく思います。

MC:「オーラ」ってどう出しているんでしょう?

大沢さん:
オーラって、なかなか役作りで出せるものではないと思うんですよね(苦笑)。原作の王騎という人間が持っているオーラみたいなものだったり、現場の空気は、現場で監督や他の役者さんが作り出してくれるものなので、「僕自身はただそこにいるだけ」でした。

長澤さん:
すごかったですよね、身体が大きくて。

山﨑さん:
すごかったです。

長澤さん:
でも私、王騎が「ムフっ」て笑うところが「あぁ、これこれ! これが王騎だ」って思いました。

山﨑さん:
信は、王騎にあこがれている奴隷の少年なので、中国での撮影が始まって、大沢さんの王騎を目の前にして「あぁ、僕はこの人にあこがれているんだ」って興奮しました。(オーラには)圧倒されましたし、めちゃめちゃすごかったです。

MC:今回、素晴らしいキャスト、そして中国と日本の最高峰のスタッフが集結し、世界に挑める作品ができあがったのではないでしょうか?

佐藤監督:
中国の過去の話を描くということで、普通に歴史ものをやってしまうと、中国にもたくさんの歴史、時代映画があるので、まずは「そういうものに似せない」「我々でしかできないものを作りたい」というのがテーマにありました。だから、いろんなものを参考にしたということもないし、僕らが見て育ってきた「キングダム」から得られたものを渾然一体となって作りたいなと思いました。中国でも作れない、もしかしたら日本でも、たぶんアメリカでも作れない雰囲気の作品にできないかと、ずっと思いながら作っていました。今日から公開ですが、海外の方でも「観たい」と熱烈なメッセージをくださる方もいます。原作をすごく好きな人にも向けて作ってもいますし、そういう人に驚いてほしいです。原作を全く知らない人が観ても「こんな面白い映画があるんだ。原作があるんだ」ってつながっていってほしいなと思います。

新元号「令和」の発表風に、今作のテーマである「夢」を登壇者が発表する。

山﨑さんの夢は「天下の大将軍」

山﨑さん:
行きます! 僕の夢は「天下の大将軍」です。というのも、信をやれて本当に幸せだったので、このまま「信として生き続けたいな」というのが夢です。この映画をやれたこと自体が夢だったんですが、このまま「天下の大将軍になるまでやりたい」と、素直に思います。これは「俳優としても高みに行きたい」という思いも込めてこれにさせていただきました。

吉沢さんの夢は「中華の唯一王」

吉沢さん:
ちょっとびっくりですが「中華の唯一王」です。理由は賢人と全く一緒です。「中華の唯一王になるまでこの作品をやり続けたい」ということなので、全く一緒で言うことがありません。

長澤さんの夢は「絶大なる信頼」

長澤さん:
「絶大なる信頼」です。楊端和を演じて、すごく愛されているキャラクターだなというのを感じました。「待ってました!」感をすごく持っていて、どんな時でも助けに来てくれるんじゃないかという強さを持っているところが、楊端和の魅力だと思うので、そういう「信頼を持てる人になれたらいいな」という思いです。

橋本さんの夢は「続編」

本郷さんの夢は「続編」

大沢さんの夢は「続編」

山﨑さん:
すげぇ!

吉沢さん:
感動するな。

橋本さん:
これは、「みんなで答えを合わせましょう」ゲームみたいな?

本郷さん:
「令和」的に漢字二文字にしたかったんですよね。「キングダム」でそうなると、「続編」しかないっすよね。なんか成蟜くんって実はすごくいいヤツなんですよ。原作では今後活躍するんですよ。そんなところまで続いたら、ちょっとは成蟜くんの好感度が得られるかなと...私からは以上です。

大沢さん:
なんていうか、年齢的に製作サイドの思惑にだんだん気持ちが行くんですが...(笑)。最初にこのお仕事をいただいた時に「続きはあるんですか?」と聞いたら「分からない」と言われました。僕はその言葉を聞いてやることを決めたんです。「公開してお客さんに評価してもらって、『キングダム2』『キングダム3』が観たいと思うなら作りたい」と聞いて、素晴らしいことだなと思いました。映画を観てくださった方々に、続編をやるかどうかをジャッジしていただきたいと思いますので、ぜひできるように製作サイドに代わってお願いします。

橋本さん:
単行本の最新刊は本日発売です。まだまだストーリーは続いています。本当にいい話があるので、映画でやりたいところはいっぱいあるんです。河了貂は軍師になっていったりするので、そこもやっていきたいなと思います。

佐藤監督の夢は「蛇甘平原(だかんへいげん)」(秦国軍に所属して信の初出兵となる戦が蛇甘平原の戦い)

登壇者一同:
おぉー!

佐藤監督:
「蛇甘平原の戦い」というサブタイトルはもう決まっているんですがね(笑)。これがね、ものすごい戦いが繰り広げられるんです。信が「僕は戦いに出て行く」と言いますが、その戦いですね、とんでもない空前絶後の戦いなんです。今作で描かれていないことばかりで、「どうやって撮るんだ?」と今、ブルブルしています。でも、ここまでを作れたパワーを考えると、「できる」って感じがしています。 「キングダム」の連載が始まってから「映画化したい」みたいなうわさを聞いていました。九年くらい前ですがその時は「無理だな」って直感で思ったんです。それから、二年くらい前に今回の話を聞いて、僕もいろんなことを経験して、「今ならできる」と思ったんですね。そして今、何となく直感で「蛇甘平原の戦いも、今ならできるな」と思っているので、ぜひ!  近々の夢ですね。

MC:最後に山﨑さんからメッセージをお願いします。

山﨑さん:
今日は初日に「キングダム」を観に来てくださってありがとうございます。本当に素敵なキャスト、スタッフと最高の作品を作れたなと思っています。撮影当時は信として生きることだけに集中して、ただただ全力でやっていたんですが、クランクアップした時には寂しさや「やったな」という気持ちもありました。その後もいろいろ公開まで宣伝活動などをやってきましたが、映画が初日を迎えて、「作品の面白さや熱がどう伝わっていくか」は、観てくださったお客さま次第だと思います。本当に素直に良いと思っていただけたら、信たちのように熱い心を持って、一緒に生きていってもらいたいなと思います。言えることは以上です。本当に込めるものは作品に全て込めたので、これからは皆さんが広めてっていってください。よろしくお願いします。

東宝website