Movie Movie

Return Page

観客動員数150万人を突破!
広瀬アリス、高橋茂雄が「エモい」エピソードを披露
「映画ドラえもん のび太の月面探査記」大ヒット御礼舞台挨拶

2019年03月17日

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」大ヒット御礼舞台挨拶

<前列左から、しずか、広瀬アリスさん、ドラえもん、高橋茂雄さん、のび太、
後列左から、ジャイアン、スネ夫>


ドラえもん好きを公言する直木賞作家の辻村深月さんが脚本を担当した「映画ドラえもん」シリーズ39作目の最新作「映画ドラえもん のび太の月面探査記(げつめんたんさき)」が、3月1日に公開となりました。本作は、のび太たちが謎の転校生のルカとまだ見ぬ月の世界を舞台にしたSF冒険ファンタジーです。
公開から16日間で観客動員数150万人を突破し、3月17日にはゲスト声優の広瀬アリスさん、サバンナ・高橋茂雄さんが大ヒット御礼舞台挨拶をTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行いました。本作のムーンビジュアルが"エモい"とSNSで話題になっていることから、「最近エモかったこと」や、劇中の親に内緒で冒険に出かけるシーンにちなみ「昔、親に内緒でしたこと」をお話いただきました。笑いの絶えない大盛り上がりのイベントの模様を詳しくレポートいたします。


会場の子どもたちのかけ声で、ドラえもんたちが登場!

ドラえもんたち:
はーい! みんな行くよ! 

ドラえもん:
こんにちは! 僕、ドラえもんです。今日は朝早くから僕たちの映画を観てくれて本当にありがとう。こうして、またみんなに会うことができてとーっても嬉しいです。

のび太:
野比のび太で~す! みんな、僕たちの大冒険は面白かった?

ドラえもんの質問に子供たちから「面白かった!」の声。

しずか:
源静香です。

ジャイアン:
オレ様はジャイアンこと剛田武だ!

スネ夫:
骨川スネ夫でーす! 大きいお友だちもいっぱいだ。「大人のフリが上手な人が、大人なだけだよ。」

しずか:
ここで言うの?

ジャイアン:
月に行く前にはあんなに怖がっていたのに、よく言うぜ、スネ夫。

スネ夫:
それは、前髪が決まらなくて!

しずか:
でも、かぐや星ではそんなスネ夫さんもみんなも勇気を出して立ち向かって本当にかっこよかったわ。

のび太:
ありがとう! しずかちゃん。みんなで力をあわせて、本当に良かったよ。

MC:無事に冒険を終えることができて本当に良かったよね。

ドラえもんたち:
良かった!

MC:ドラえもん、実は本日はさらに素敵なゲストが来てくれているんだよね。

ドラえもん:
そうなんです!

ゲストの皆さんが登場!

広瀬アリスさん(ルナ役)

客席から「アリスちゃん!」のかけ声

ありがとうございます! 皆さん、こんにちは! 本日はお越しいただきありがとうございます。短い時間ですが楽しんでいってください。
サバンナ・高橋茂雄さん(クラブ役)

客席から「しげおさーん」のかけ声

呼ぶならもっと大きな声でお願いできますか。抑えめでボリュームしぼり過ぎです(笑)。僕もめちゃくちゃ大好きなドラえもんの、大好きな作品に関わらせていただきありがとうございます。皆さんも、観て本当に満足していただけたと思います。

MC:3月1日から映画が公開されて大ヒットとなりましたが、周りの方からの反響はいかがですか?

広瀬さん:
すごく反響がありました。「『ドラえもん』に出るのは本当にすごいことだ」といろいろな方から言われました。嬉しいの一言ですね。

高橋さん:
僕は、三年連続で(映画「ドラえもん」に)出させてもらいました。毎年反響がありますけれど、一年目は「どれ?どれが高橋だったか分からへん」と(笑)。去年も「分からんかったわ。エンドロールで分かったわ」と言われました。でも今年は「今年は分かった!」と言ってもらえました。(客席の)皆さん、分かってもらえましたか?

客席から拍手が!

高橋さん:
ありがとうございます。それに、周りの大人の皆さんから感動して「泣いた」「こんなに泣けるんだ」という反応がたくさんありました。

MC:高橋さんからお話がありましたように、お子さんだけではなく大人の方から「感動した」という声が多く寄せられています。今回は、プロモーションで制作された劇中の印象的なシーンを描いた「ムーンビジュアル」が"エモいと"SNSで話題です。6種類ありまして、ドラえもんたちがルカを助けるために再び月に向かう一シーンです。キャッチコピーも素敵だと評判でした。広瀬さん、高橋さん、ご覧になっていかがですか?

「ムーンビジュアル」がスクリーンに投影され、壇上にも並びました。

広瀬さん:
私がすごく好きなのは、スネ夫さんビジュアルのキャッチコピー「大人のフリが上手な人が、大人......」

スネ夫:
「...なだけだよ。」(とドヤ顔)

高橋さん:
スネ夫が(キャッチコピーを)考えたわけではないからドヤ顔しなくても...。

広瀬さん:
うふふ。自分のことを言われているような感覚になりました。昔と中身は全然変わらないのに、年齢は24歳で大人のくくりにされているので、自分の中でしっくりきました。

スネ夫:
そうだよ、アリスちゃんのことだよ。

MC:また、スネ夫くんの後ろ姿はただよわせるものがありますよね。

スネ夫、後ろ姿を披露!

ジャイアン:
今は(披露しなくて)いいんだよ!(会場:笑)

高橋さん:
みんなの感情がこの一枚で全部描かれているのはすごい! それに、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫の性格が表れている。スネ夫は最後までここで迷っていたよね。

スネ夫:
違うよ、僕は(月に行くのを)怖がってたんじゃなくて、(待ち合わせに)ちょっと遅れていった方が"おいしい"かなって。

MC:このビジュアルは英語のエモーショナルを由来として感動したとか心が動いたことを言い表す「エモい」というキーワードでSNS上で語られることが多いです。そこで、劇中のエモいシーンをあげていただけますでしょうか。

広瀬さん:
ルカが自分を犠牲にしてのび太たちを助けるシーンです。台本をいただいたときに映像を見て泣きました。その後に、完成版を観ても同じシーンで泣きました。すごくエモかったです!

スネ夫:
そばにいたら、その涙拭いてあげたのに!

アリスちゃん:
ドキッとした!

高橋さん:
(スネ夫に)キザだな、いらんわ! アリスちゃんのことをドキッとさせないでください!

MC:高橋さんはいかがでしょうか?

高橋さん:
僕がエモかったのは、月に行ってアルとジャイアンが一緒に歌を歌うところです。自分のコンプレックスを、ジャイアンだけが理解してくれるという表現が良かったですね。

ジャイアン:
あそこは良かったよなー。アルとは相性が良くて、これからもいろいろなところで歌いたいなぁ。

全員:
やめて~!! (と止める)

MC:それでは、みんなからの質問はありますか?

スネ夫:
司会の方が今「エモい」と言っていましたけれど、ゲストのお二人が個人的に「最近エモいと感じたこと」を教えてください!

ドラえもん:
スネ夫くん、誰から聞きますか?

スネ夫:
アリスちゃんから聞きたいです!

広瀬さん:
私は本作の主題歌「THE GIFT」を歌われている平井 大さんに(本作の初日舞台挨拶で)お会いできたことがとてもエモかったです。普段メイクをしているときにも聴いている楽曲なので、(初日舞台挨拶の時は)ドキドキしていました。心の中はフィーバーでした!

スネ夫:
ガーン! 残酷! 僕のほうがそばにいるのに...忖度がまったくないね。僕と会ってどうですか?

アリスちゃん:
嬉しいです!

スネ夫:
デレ~ん。

高橋さん:
言わせてるやないか!

MC:高橋さんのエモいエピソードは?

高橋さん:
大阪出身の(芸人の)後輩と二人で、近所のお風呂に行きました。大学生の二人組がいて、大阪からヒッチハイクで(東京に)来て、最後のお金で銭湯に入ることにしたそうです。彼らは(芸人の)後輩と同じ中学の出身らしく、僕らに会えたことをめちゃくちゃ喜んでくれました。それで僕は旅の軍資金として(大学生の)二人に二千円ずつ「好きに使っていいで」と差し上げました。そしたら後日、SNSでメッセージが届きまして、「高橋さんにいただいたお金は一生神棚に飾ることにしました」と書いてありました。ね、エモいでしょう?

全員:
素敵なお話!! 

しずか:
お風呂で会うのはいいわよね。

高橋さん:
そうでしょう! お風呂は最高なのよ。

MC:しずかちゃんはお風呂大好きだもんね。それでは他に質問がある人いますか?

のび太:
はいはいはい! 今回僕らは親に内緒で月への大冒険に出かけました。お二人は子どもの頃に親に内緒でしたことありますか?

高橋さん:
アリスちゃんはないでしょう!

広瀬さん:
山ほどありますよ!

ドラえもんたち:
なになに? 聞きたい!

広瀬さん:
小学生の時に、お友だちと出かける際、母親の持っているショルダーバッグやお財布のしまってある場所を知っていたので、こっそり使っていました。それで、母親が洗濯物を干しているときなどに元の場所に戻していました(笑)。

スネ夫:
僕が買ってあげたのに!

高橋さん:
コラ!! お金で釣らない!

のび太:
高橋さんはどうですか?

高橋さん:
実家が歯医者さんなんです。学校から虫歯の健診に行くように言われて、実家で診てもらおうとしたところ、順番を待つように言われました。それが、むちゃくちゃ腹が立って「息子である意味がどこにあるんじゃ」と、近所の別の歯医者に行きました。そしたら、その歯医者で診察台で口を開けたまさにそのときに「君もしかして高橋さんとこの息子さんやろ!」と気づかれて、そのまま実家に電話されて、母親が(歯科に)迎えにきました。主治医を変えてやろうとする、プチ反抗ならずでした(笑)。

フォトセッションの準備を行う間、ドラえもんたちはMCと楽しいトークを繰り広げました。

スネ夫:
MCさんのエモかったことはなんですか?

MC:「映画ドラえもん のび太の月面探査記」を観て、最後に平井大さんの曲が流れたときに、大人だけど号泣しました。

スネ夫:
本当? でも、僕らを前にして主題歌の話だけってどうなの? 僕らの活躍があってからの、あの歌が流れて感動したんでしょう?

MC:その通り。言葉って大事ですね。今回は月のセットに女の子二人に座ってもらいます。

しずか:
うふふ。座れるかしら?(と腰掛ける)

ドラえもんたち:
可愛い!

しずか:
広瀬さん、こっちよ。

ゲストのお二人が再び登場。

MC:最後に、ドラえもんからご挨拶をいただきます。

ドラえもん:
本当に楽しい舞台挨拶で僕、笑いすぎてお腹が減っちゃったから、このあとすぐどら焼きをいっぱい食べに行かなくちゃ。本当に楽しかったよね。高橋さんも広瀬さんも、会場の皆さんもありがとうございました。僕たちの大冒険はまだまだ続きます。ありがとうございました!

東宝website