Movie Movie

Return Page

平手友梨奈、原作者・柳本光晴先生のメッセージに感謝感激!
「響 -HIBIKI-」初日舞台挨拶

2018年09月14日

「響 -HIBIKI-」初日舞台挨拶

<左から、月川翔監督、板垣瑞生さん、アヤカ・ウィルソンさん、平手友梨奈さん、北川景子さん、
高嶋政伸さん、北村有起哉さん>


「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督が、「マンガ大賞2017」受賞作を実写化した「響 -HIBIKI-」は9月14日より公開。圧倒的な才能を持つ女子高生天才小説家・鮎喰響を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯します。
公開初日の9月14日には、TOHOシネマズ 日比谷にて、舞台挨拶を実施しました。映画初出演かつ初主演となる平手友梨奈さんをはじめ、北川景子さん、アヤカ・ウィルソンさん、高嶋政伸さん、北村有起哉さん、板垣瑞生さん、月川翔監督が登壇し、タイトルにちなんで「最近、心に"響"いたこと」を語りました。また、原作者・柳本光晴さんから直筆の手紙が寄せられました。初日ならではの感動的なやりとりも見られた、イベントの様子を詳しくレポートします。


平手友梨奈さん(鮎喰 響役)

こうして初日を迎えられてすごく嬉しいです! 今日はよろしくお願いします。
北川景子さん(花井ふみ役)

平手さんもアヤカさんも、本当に才能あふれる二人で、「この二人と一緒に撮った映画を皆さんに早くお観せしたい!」と思っていました。今日、初日を迎えられて本当に嬉しいです! 劇場に来てくださって、ありがとうございます。よろしくお願いします。
アヤカ・ウィルソンさん(祖父江凛夏役)

撮影が始まったのは五月だったので、かなりのスピードで、無事に公開初日を迎えられて本当に嬉しく思っています。皆さんいかがでしたか?(会場:拍手)ぜひこの後もお友達なりご家族なりを誘って、もう一回観に来てください!
高嶋政伸さん(神田正則役)

これだけ大勢の方を目の前にして「あぁ、ようやく初日が来たのだな」と感激しております。皆様が映画を楽しんでいただいたのであれば、本当に幸せを感じられます。ありがとうございました。
北村有起哉さん(鬼島 仁役)

今日は初日ということで、このような記念すべき日に皆さんとご一緒できて本当に光栄です。(劇中の展開に触れて、頬を押さえつつ)まだ若干頬の骨が痛みますけれども(笑)...今日はよろしくお願いいたします。
板垣瑞生さん(響の幼馴染・椿 涼太郎役)

皆さん、この髪の色を見て不審がられるかもしれませんが、涼太郎を演じました板垣瑞生です。初日を迎えられて本当に嬉しいです。この映画をたくさんの方に観ていただきたいです!
月川翔監督

撮影前は「クランクインできないかもしれない?!」というヒリヒリした時間を過ごしていたのですが、こうして無事に完成して公開初日を迎えられて、とても嬉しく思っています。

MC:先ほどから平手さんと北川さんは、ずっと楽しそうにしゃべっていますが、どのようなことをお話されているのでしょうか。

平手さん:
(北川さんに)何でしょう?...(北川さんとは)毎日連絡をとっています!

北川さん:
だから本当に特別な話をしているわけではないです(笑)。

高嶋さん:
近くにいると、本当に「響」と「ふみ」みたいですよ!

北川さん:
「今日は何を食べた」とか「何をした」とか、食べ物の話題が多いですね(笑)。

平手さん:
この前は、(その日の)お弁当の写真をお互いに送り合いました。

MC:月川監督、映画を観終わった後の観客を初めて前にして、お気持ちはいかがですか?

月川監督:
早速、皆さんの感想をネットで検索して拝見しています。熱烈に支持してくださっている方や、完全に拒絶してしまわれた方もいらして...。でも、きっとこういう風に反応が分かれるかなと思っていました。それでも、たくさんの方にご覧いただけて良かったなと思っています。

MC:平手さんは、いかがですか?

平手さん:
まだ実感がなくて...。

MC:ここまで来ても実感がないですか?

平手さん:
(うなづく)(会場:笑)

北川さん:
ずっとプロモーションで動いてきているから今日で終わりっていうのも...ちょっとね?

平手さん:
...変な感じです。

MC:映画のタイトルが「響 -HIBIKI-」ということにちなみまして、「最近皆さんに響いた言葉やエピソード」などを事前に伺いました。感動したこと、ショックだったこと、びっくりしたこと、心が動いたこと、様々な喜怒哀楽をフリップに書いていただきましたので一斉に見せていただきましょう!

【最近心に"響"いた言葉やエピソードは?】

私の(芝居の)引き出しに響いた

北村さん:
心は常に動いているので響いたり響かなかったりすると思うんですが、この撮影現場のことを思い出して、僕に「響いたこと」をお話します。僕が響に蹴られた後のバーのシーンですが、僕の中では響と対峙する当日まで役作りにおいてまだ迷っていました。「相手役の芝居によって柔軟にお芝居しよう」と考えていました。けれど、僕が今まで積み上げてきたキャリアとその中で作ってきた芝居の引き出しが、彼女のその存在感には全く通用しませんでした。何度かテストをして、監督からの指示を受けて、リハーサルを繰り返していくうちに、引き出しを開けて演技プランを探すことが、次第にばかばかしく思えてきました。「もう乗っかっちゃえ!」と(笑)、この引き出しの棚をバンッと倒して、その倒れた振動が響いたというか...。皆さん、響のお芝居はどうでしたか?(会場:拍手)「あれだけ堂々としていると、こちらは打つ手なし!」鬼島は結構いいことを言っているのに、響には「全く響かなかった」あの関係性が面白いと思いました。原点回帰させてもらいました。そういった意味で「私の引き出しに響いた」です。

高嶋さん:
ちゃんと作品に絡めていて、素晴らしいな。役作りの引き出しを蹴るとかね、核心を突いているよね。まあ、私の(フリップを)見てください!

ランドとシー

高嶋さん:
子供の一歳の誕生日に、僕は人生で初めてディズニーランドとディズニーシーに行ったんですよ! 最初は違いが分からなくて、「ディズニーリゾートに行く」と言うと、必ず「ランド? それともシー?」「泊まりはどこ?」とか聞かれました。それに、調べてみたらお父さんは園内を走り回らないといけないらしくて...。

MC:え、お父さんは「走り回る」のですか?

高嶋さん:
アトラクションにすぐに入れる券があるでしょ?

MC:「ファストパス」のことですね。

高嶋さん:
気温が30何度ある二日間でしたが、有酸素運動をする気持ちで行ったら、そうでもなかったです。今は携帯で「待ち時間」が確認できるので、待たずにちゃんと乗れました。その後の宿泊先のホテル・ミラコスタで飲んだビールがおいしかった! その日の夜は、ミラコスタの窓からショーを見ました。次の日の朝起きると、海賊のショーも見ることができて、最高でした! 僕の心にこんなに響いたことはここ数年なかったので、「ランド&シー」は素晴らしかったです。

良い思い出

北川さん:
これは、平手さんと一緒に取材を受けていた時に、私が「平手さんにとって初めての映画なので、(この作品での経験が)また"映画に戻ってきたい"と思うような経験になればいいなと思って撮影をしていました」と言ったら、ひーちゃん(平手さん)が「良い思い出だった」と言ってくれたのが「ぐっときて」、ちょっと泣きそうになるくらいすごく響きました。

平手さん:
良い思い出だったし、「本当に良い出会いをさせてもらったな」と思っています。ふみ役が北川さんで本当に良かったです!

北川さん:
泣けちゃう...。

マネージャー

平手さん:
私のマネージャーが「響 -HIBIKI-」のことが大好きすぎて、朝九時の初回上映を観に行ったという...今日は四回泣いていました(笑)。

MC:平手さんのことを置いて、映画を観に来ているのですか?

平手さん:
そうです! それがちょっと面白いなと思っています。(マネージャーは)「響は響だし、映っているのは平手だから」と、以前に言っていました。泣いたのは、今日で「響 -HIBIKI-」のプロモーションが最後だから寂しくて、感極まったようです。マネージャーの気持ちは嬉しいですが、突然泣くのでびっくりしちゃいます...(笑)。

Turn the corner

アヤカさん:
日本語では、「角を曲がる」という意味です。私はこの映画の最後エンドロールに流れる平手さんの歌(「角を曲がる」)の歌詞と歌声にゾクゾクして、鳥肌が立ったくらい本当に響きました。

高嶋さん:
僕はこの中で一番ベテランなのに、この答えで大丈夫でしょうか?(会場:大笑い)...書き変えますのでペンを貸していただけますか。

月川監督:
主題歌をつけるかどうか本当に悩んでいました。「サントラのまま最後までいってもいいかな」とも思っていたのです。でも、ちょっと上を目指したいなと思い、平手さんに「歌を入れたい」と相談を持ちかけました。平手さんは「良くなければ、遠慮なく"無し"にしてください」と選択肢を残した上で歌ってくれました。この主題歌を入れることで、作品が120点に届いたと判断したのでエンドロールに入れました。完全に僕の心に響きました!

平手さん:
すごく嬉しいです! ありがとうございます。

MC:それでは、高嶋さんの「響くお話」を伺いましょうか。

息子を平手さんが優しく見てくれた

高嶋さん:
家族の話ばかりですみません。僕の撮影の最終日に、妻が子供を連れて撮影所に来たんです。その時に平手さんが息子の身長に合わせて座って、優しく見てくれました(その様子を再現)。響は過激な面もありますが、その時は年相応の女の子でしたね。それが嬉しくて響きました!

なぎら健壱さんのギター 改め→ 「響 -HIBIKI-」の歌

板垣さん:
話の流れをぶった切ってすみません。僕は「なぎら健壱さんのギター」が響くなと思いました。...もう、(この話はしなくて)いいです。なぎら健壱さんも良いですが、今は「『響 -HIBIKI-』の歌が一番響きました!」にします。

高嶋さん:
まだ若いのに、なぎらさんとはどういう接点があるの?

板垣さん:
「健康な奴キライ!!」という曲がすごくいいなと思っていて...(事務所の先輩である北川さんの様子を伺って)本当にこの話をしていいのでしょうか?

北川さん:
(笑)...それでは、ちょっと次に。

MC:では、月川監督の響いたお話は何でしょうか。

小栗旬の言葉

月川監督:
先ほど、小栗旬さんが電話をくれて「初日おめでとうございます!」と、「宣伝に動けなくて申し訳なかった」と、「評判が良くてよかったです」という言葉をもらいました。 僕の会社の先輩に、青春映画をよく撮られている三木孝浩監督がいます。僕は"ポスト三木孝浩監督"と言われることがよくありますが、それは良い意味で受け止めています。でも、小栗さんが、「翔やんはオンリーワンだろ!」と言ってくれた言葉は僕に響きました。落ち込んでいるときに、奥さんにその言葉を"小栗旬のモノマネ"で言ってもらい、自分を鼓舞しています(笑)。そうやって作ったのが「響 -HIBIKI-」です。そして、三木監督から「初めて月川くんのカラーを感じた。今までの月川作品の中では一番好きな映画です」と連絡がありました。

MC:平手さん、月川監督は面白い方ですね。

平手さん:
そのモノマネを見てみたいです!

月川監督:
今、割と全力でモノマネしていたんですが...(苦笑い)。

MC:この映画の完成が心に響いたという方がもう一人いらっしゃいます。この映画の原作「響~小説家になる方法~」の柳本光晴先生です。皆様には内緒にしておりましたが、先生から直筆のお手紙を頂戴しておりますので、代読いたします。こちらの封筒にはたくさんイラストが書いてあります。

柳本光晴さんのお手紙

「響」原作者の柳本です。まずは映画「響 -HIBIKI-」の完成、公開を無事に迎えたこと大変嬉しく思います。
「響」という作品は、タイトル通り「響という女の子を見せたい!」と思って書き始めました。「圧倒的な才能を持ち、自分に正直にしか生きられない」そんな可愛い女の子を見てもらいたいという作品です。映画は原作とは違う部分も多々ありますが、根底にある「響を見せたい」というコンセプトは変わっていないと感じました。平手さんの演じる「響」は本当にただただカッコよく、可愛いかったです。無自覚な才能というものが、周りの人間にとってこんなにも辛辣な凶器になるのか。自分に正直に生きるということはこんなにもカッコいいことなのか。そして、何より響という女の子が本当に可愛いかったです。響の持つ才能という残酷さだけでなく、女の子としての可愛さまで理解してくれて、「平手さんの"響"は本当に"響"でした」。最高の映画だと思います! 平手さん、本当にありがとうございました。

MC:平手さん、いかがですか。

平手さん:
ありがとうございます。...まさかお手紙が届いていると思わなかったのですごく嬉しいです。(驚きのためか、言葉が続かず)...「本当なのかな」と思ってしまいます。でも、原作の方にそのように言ってもらえるとちょっと自信になりました。

北川さん:
私は映画の撮影が始まった時から(平手さんは)映画の撮影は初めてだけれど、すごく表現力がある方だし、すごくクリエイティブな気持ちや精神を持っている人だと思いました。だから、「映画はこうやって撮るんだよ」という型にはまり過ぎることなく、平手さんに自由にやってもらえたら、すごくいい「響」になる気がしていました。実際撮影の初日から、私にはすごく輝いてスパークしているように見えました。そこに「響がいる!」と私には思えました。ですから、原作の先生もそう思ってくださったと思います。私はずっと「皆さんに早くお観せしたい」と思っていたので、嬉しいです。(感極まり、涙ぐむ)...ごめんなさい! ちょっと感極まって泣いてしまいました。ずっと見守ってきたから、公開できて本当に彼女のためにも良かったと思います。(会場:拍手)

MC:それでは最後に、月川監督と平手さんからご挨拶をいただきます。

月川監督:
先ほどの北川さんと平手さんの関係を見て、この映画を作って良かったと心底思っています。本当にたくさんの方に届くことを願っています。

平手さん:
本当にすごく良い出会いをさせてもらえたと思っています。まず、(壇上で客席に背を向け、登壇者の顔を見ながら)皆さん、本当にありがとうございます。(頭を下げる)(会場:盛大な拍手!)(再び客席の方を向いて)「響 -HIBIKI-」のプロモーションで常に言っていますが、私はこの映画を観て、響の生き様が皆さんに届いたらいいなと思っていますので、よろしくお願いします。

東宝website