Movie Movie

Return Page

山下智久ら豪華キャストが観客100人とMX4D上映を体験!
ドクターヘリの迫力に場内大興奮!?
「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」MX4D舞台挨拶

2018年08月17日

「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」MX4D舞台挨拶

<左から、新木優子さん、馬場ふみかさん>

「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」が8月17日、公開22日目にして観客動員数500万人を突破! この日、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された本作のMX4D版の上映を山下智久さん、有岡大貴さん、新木優子さん、馬場ふみかさんの四人が100名の観客と共に体験しました! 上映後には舞台挨拶を行いました。ヘリコプターや事故現場、病院シーンの臨場感に登壇陣も驚愕!? こちらの舞台挨拶の模様をレポートいたします。


山下智久さん(藍沢耕作役)
僕自身、MX4D版は初めてだったのですが、こうして皆さんと一緒に、ちょっとドキドキしながら観て、非常に楽しい時間を過ごせました。短い時間ですがよろしくお願いします。
有岡大貴さん(名取颯馬役)
皆さん、MX4D上映、楽しめましたか? よかったです。僕も皆さんとMX4D上映を体験できて嬉しく思っています。皆さん、最後まで楽しんでいってください。
新木優子さん(横峯あかり役)

本当にたくさんの方が応募してくださった中から、今日は来てくださったとお聞きしました。私たちも一緒に観ることができて貴重な経験となりました。今日はありがとうございます。
馬場ふみかさん(雪村双葉役)

こうやって皆さんと映画を観るという機会はなかなかないので、すごく楽しく過ごせました。本日は最後までよろしくお願いいたします。


MC:今回の劇場版、公開22日目となる本日で観客動員数500万人突破で、今年公開された邦画実写映画でNo.1の成績となっています。周りの方からの反響などはいかがですか?

山下さん:
やっぱり僕としても10年間「コード・ブルー」と共に歩んできて、それがたくさんの方に観ていただけて嬉しいです。皆さんからのメッセージでも「背中を押してもらえた」などポジティブなメッセージをいただいています。頑張ってきてよかったなと、感謝の気持ち、幸せな気持ちでいっぱいです。

MC:500万人という数字は... 。

山下さん:
すごいですね。ちょっと想像がつかないですが、本当に皆さんに感謝ですね。

有岡さん:
幅広い年齢層の人たちに楽しんでいただけていると聞いています。一番びっくりしたのが、子どもたちが公園で"「コード・ブルー」ごっこ"をして遊ぶとか...。藍沢先生役とか決めるんでしょうか? 取り合いになると思いますが...(笑)。ヘリコプターに向かって「藍沢先生!」って叫んだりとかしているみたいで、本当に幅広い皆さんに楽しんでいただき嬉しく思っています。

新木さん:
公開されてから、今までたくさんの方が「観たよ」とおっしゃってくれるのですが、一度観に行った方の中には「また今日も観に行ったよ」とリピートしてくださる方がたくさんいるんです...。私も何度見ても感動してしまうのですが、皆さんにも何回観ても感動や得るものがあるんだなと思い、すごく愛されている作品なんだと改めて感じることが最近よくあります。

馬場さん:
公開されてからSNSなどで、「私もフライトナース目指して頑張ります!」とか「看護師になりたいと思っています」といったメッセージをたくさんいただいています。すごく幸せだな、と思っています。

MC:会場の皆さんとMX4D版の上映を体験されていかがでしたか??

山下さん:
僕も「劇場版コード・ブルー」、何度も観いるのですが、このMX4Dで観るのは初めてでした。毎回、観て注目するシーンも、僕自身の感じ方も違うのですが、MX4Dでよりアトラクション要素も加わって夏休みにぴったりの作品になったと思います。また不思議なのは、楽しめるところは楽しめるのですが、ちゃんと感情移入するところはMX4Dもスッと空気を読んで静かになったり、バランスがよくて非常に楽しめました。また違う感覚で楽しむことができました。

MC:座席がかなり揺れたそうですね??

山下さん:
かなり揺れました。ヘリコプターが飛んでいくところが、より臨場感も増して楽しかったです。

有岡さん:
成田空港や海ほたるで起こる大きなミッションに立ち向かう緊迫感と没入感がより強くなっていたなと感じました。四方八方から鼻をすする音がして、それも相まって皆さんとの一体感を感じ、「一緒に楽しんでいるな」と映画を味わえた気がします。

MC:そんな中で、有岡さんは上映中にお腹が鳴ったとか?

有岡さん:
生まれて初めてあんなに長いお腹の音を鳴らしてしまいまして...(苦笑)。MX4D上映の効果として誤魔化せないかなと思いましたがダメでした。

馬場さん:
(お腹の音は)聞こえました。結構はっきりと(笑)。

有岡さん:
よりによって静かなシーンだったので...。

新木さん:
隣の隣の席だったんですけれど、「あれ?」と思ったら、(有岡さんがお腹を)押さえていました(笑)。

有岡さん:
恥ずかしいです! 

新木さん:
私、今回の上映で一番びっくりしたのが病院シーンでも座席が動くことでした。ヘリコプターの離着陸や突入の時は想像していたけれど、病院に入るようなシーンでも、まるで歩いているように動きや振動を感じて感動しました。クリッピングの時に、お尻がポンポンっとなり「この動きは何だ!?」と感動しました! 全ての動きにいろんな振動がありました。

山下さん:
(作品に)入り込むことができますよね。事故現場で煙が出ているところも、いい意味で自分と現場の距離がわからなくなる感じがしました。

有岡さん:
水もすごかったです。ちょうど山下くんがポップコーンを食べようとして口を開けた瞬間に水がビシャって(笑)!

山下さん:
アトラクションでしたね。

MC:新木さんは、戻って来た時お化粧を直されていましたが...。

新木さん:
そうなんです。何回観ても泣いてしまうし、新郎新婦や親子の感動するシーンが多すぎて...。でも、いいタイミングで風が吹いて乾かしてくれてありがたかったです(笑)!

馬場さん:
私もMX4D上映が初めてでしたが、皆さんと一緒に観て、ヘリに乗っている時の座席の振動がすごくリアルで、一緒にヘリに乗っている気持ちになりましたね。

MC:八月もすでに半ばを過ぎましたが、この夏の思い出や、夏らしいこと、これからやってみようと思っていることなどはありますか?

山下さん:
僕は昨日、浅利陽介くんと流しそうめんをしました。一緒に流してすくって食べました。今日は戸田恵梨香さんの誕生日で、浅利くんも八月なので、お祝いでもできたらいいなと思っています。

MC:流しそうめんですか!

山下さん:
意外と盛り上がるんですよね、流しそうめん。一本残らず、そうめんを取りきった時は気持ちよくて...(笑)。夏を楽しませてもらいました。

有岡さん:
僕は、今のところ夏らしいことはできていないですが...。映画のラストでMr.Childrenさんの「HANABI」が流れますよね。あれを聴くと「今年、花火まだやっていないな...」と思うので、ぜひ「コード・ブルー」のメンバーで花火が出来たらと思います!

新木さん:
私、最近グランピングに行ってきました。用意されたキャンプで、身ひとつで行けば体験できるのですが、プールもあったりバーベキューもしたり楽しい時間を過ごして、わりと夏を楽しんでいるなと思います。車の運転も好きなので、ちょっと遠くに行って、またグランピングできたらと思います。

馬場さん:
私は音楽フェスに友達と行きました。ちょうど台風だったのですが、雨をザーザー浴びながら楽しみました! 行って、泊まって、また泊まって朝帰ってきました! 

MC:トイレは行けるんですか?

馬場さん:
行けますよ。トイレはたくさん用意されていますので行けます。

MC:最後に山下さんからメッセージをお願いします。

山下さん:
本当に今日皆さんと一緒にMX4Dを体験できて楽しかったです。そして僕自身も何度も観て、人の温かみを感じたり、優しい気持ちになれる映画だなと思いました。観るたびに違った感覚にさせてくれる、そういう映画に携われて幸せだなと思います。何より皆さんが育んでくれた作品だと思うので、何度も観ると違う感覚を味わえますし、またお時間があれば皆さんの手で育んでいただければと思います。今日はお忙しい中、集まっていただいてありがとうございました!



東宝website