Movie Movie

Return Page

関根勤&ももいろクローバーZ、今「ヤミツキ」なものを爆盛トーク!
「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」
公開記念舞台挨拶

2018年04月14日

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」公開記念舞台挨拶

<上段左から、ひろし、ひまわり、みさえ、矢島晶子さん、ならはしみきさん、森川智之さん、髙橋渉監督
下段左から、ももいろクローバーZ(佐々木彩夏さん、百田夏菜子さん)、しんのすけ、関根勤さん、
ももいろクローバーZ(玉井詩織さん、高城れにさん)>

「映画クレヨンしんちゃん」シリーズの26作目となる最新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」。今度の敵は、みんな大好き「パンダ」と「ラーメン」!?  全篇ノースタントで贈る、おバカンフーアクション超大作!
4月13日に公開したことを記念してTOHOシネマズ 日比谷で実施した舞台挨拶にはゲスト声優として、二度目の出演で本作では伝説のカンフー"ぷにぷに拳"を教える師匠役を演じた関根勤さん、シリーズ初の三役、主題歌・劇中歌・さらにアイドルグループ「くろぐろクローバーZ」メンバー役として登場する「ももいろクローバーZ」の皆さん、レギュラー声優の矢島晶子さん(しんのすけ役)、ならはしみきさん(みさえ役)、森川智之さん(ひろし役)、そして髙橋渉監督が出席しました。
劇中で、一度食べるとヤミツキになるブラックパンダラーメンに絡めて、ゲスト声優の皆さんに「今ヤミツキなこと」をイラストで描き、それぞれに語ってもらいました。映画同様に爆盛トークで盛り上がったイベントの様子をレポートします。


【舞台挨拶】

しんのすけ:
ほほーい! 今朝は早起きをして(埼玉県の)春日部からやってきました。オラの映画の公開記念舞台挨拶にこんなにたくさんのお友だちが来てくれて、オラとっても嬉しいゾー!
えっと、今回の映画は、観ると絶対にラーメンが食べたくなる映画だゾ。オラ、きれいなお姉さんと一緒にラーメンが食べたいなぁ。あ!そこのきれいなお姉さん! 「これからオラと一緒にラーメンを食べに行きませんか?」(と真剣に誘う!)


みさえ:
コラ! しんのすけ、何をやってるの! 今日は皆さんにご挨拶に来たのよ。

ひろし:
そうだぞ!
お姉さん、うちの息子がすみません。五歳の子供では役不足でしょうから、私が代わりに(食事の)お供を...


みさえ:
(いさめるように)あなた!

ひろし:
(しどろもどろに言い訳)いや、あ、みさえ! 俺は別に!

しんのすけ:
父ちゃん、「ぬか漬け」はズルいゾ!

みさえ:
それを言うなら「抜けがけ」でしょう。まったく、もう! うちの男どもがすみません。では、気を取り直して。今回の映画は、私たち家族が遠い遠い中国まで行って、たくさんのかわいいパンダと会うのです。楽しみにしていてくださいね!

ひろし:
(咳払い)おっほん! カンフー、そしてラーメン。こんなにも男心をくすぐる映画があって良いのでしょうか。私も昔はブルース・リーに憧れて「アチョー!」と叫んでいたものです。この度はついに念願が叶いましてカンフーアクション超大作で、主演をはることができ、この喜びはいかんとも言い難く......。

しんのすけ:
父ちゃんは主役じゃないから!

みさえ:
そうそう。嘘をついちゃダメよ!

ひろし:
これは失礼しました。つい、その気になっちゃいましてー(笑)。でも、本当にこの映画には男のロマンが詰まっています。男子諸君! 映画館で熱く盛り上がりましょう(とガッツポーズ!)。決まったぜ!

MC: 本日はスペシャルゲストの皆さんにもお越しいただいております。

関根勤さん(ぷにぷに拳の師匠役)

"ぷにぷに拳"という中国秘伝の拳法を教える師匠役を頑張りました。すごいアクションが満載ですので、ぜひ楽しんでください!
百田夏菜子さん(ももいろクローバーZ/アイドルグループ「くろぐろクローバーZ」メンバー役)

私たちが歌う本作の主題歌「笑一笑~シャオイーシャオ!~」が、おととい(4月11日に)発売になりました! 私は、この映画が公開される日を本当に楽しみにしていました。ですので、こんなにたくさんの皆さんと、そして野原一家、関根さん、髙橋監督とご一緒に迎えられて、本当に嬉しいです!
玉井詩織さん(ももいろクローバーZ/アイドルグループ「くろぐろクローバーZ」メンバー役)

私にとって「クレヨンしんちゃん」は物心ついたときから身近な作品でした。「クレヨンしんちゃん」を見て成長してきたといっても過言ではないと思います。しかも、今回は主題歌まで担当できたことがすごく嬉しかったですし、こうして野原家の皆さんと同じステージに立てて感激しています。
佐々木彩夏さん(ももいろクローバーZ/アイドルグループ「くろぐろクローバーZ」メンバー役)

私たちもみんなで、いち早く映画を観たんですけが、私は頬がゆるみっぱなしで、ずっとニヤニヤしながら観ていました。映画の中で、しんちゃんがすごく頑張っていたので、応援をしながら、まるで自分が映画の世界に入ったような気分にもなりました。皆さん、ぜひ楽しんで観てください!
高城れにさん(ももいろクローバーZ/アイドルグループ「くろぐろクローバーZ」メンバー役)

この映画は「友情濃いめ」で「家族の絆」も描かれていて、観るとほっこりする作品です。今回も、しんちゃんから学ぶことがありました。しんちゃん、どうもありがとう! だから、私はこの映画を「爆盛」で盛り上げたいと思います!
髙橋渉監督

こういう場に立つのは慣れていないものですから緊張しております。 今回の映画は、自分が最初に企画していた時よりも、何倍も面白くなっています。出来上がりを観て自分でも驚きました。これは多くのスタッフやキャストの方々のおかげだと思っております。自分も楽しみながら作りましたので、観客の皆さんにも楽しんでもらいたいです。

MC: それではここから皆さんに質問をしていきたいと思います。

しんのすけ:
(自分に言わせてほしいと手を挙げて)はい!  あのね、オラ質問を考えてきたんですが、先に聞いてもいいですか? みんなのこと大好きだけれど...かわいい人にを質問します! れにちゃんのお母さんが、「オラの母ちゃんにそっくり」だっていう怖い噂を聞いたのですが、どこら辺が似ていますか?

高城さん:
みさえさんとうちの母は骨格が似ていて、それに声質や話すときのトーンもそっくりなんです。

しんのすけ:
まさか、叱るときも、あんな感じなの?

高城さん:
うん、怒る時もそっくり!

しんのすけ:
......なんて不幸な家に生まれたんだ!(会場:笑)

高城さん:
しんちゃん、(みさえ)ママが聞いているから!

しんのすけ:
ほーい! じゃ、せっかくだからオラの母ちゃんと今、お話をするのはどうですか?

ひろし:
れにちゃんは、しんのすけのモノマネが上手らしいから、ぜひモノマネをしながらお話をしてほしいな。


高城さん:
(しんのすけの声で)ほほーい! オラ、野原しんのすけだゾ。(会場:笑)

しんのすけ:
えっ!そっくり! オラがしんのすけだゾ!!

高城さん:
(しんのすけの声で)きれいなお姉さんに会えて嬉しいなぁ~! みさえ、チョコビは?(会場:笑)

しんのすけ:
きれいなお姉さんに会えて嬉しいなぁ~! みさえ、チョコビは?

みさえ:
いやーん! れにちゃんが「れにのすけ」になっちゃった! もっと可愛いモノマネかと思っていたら、本物!という感じなのね。

百田さん:
れにちゃん、元に戻って(笑)!

しんのすけ:
現実に引き戻されたね!

玉井さん:
本当に高城家を見ているようでした。

百田さん:
しんちゃんは五歳だけれど、うちのれにちゃんは今年25歳なので!

佐々木さん:
いまだに「れにちゃん!」と注意されています。

高城さん:
しんちゃんもきっと25歳になってもこんな感じでいると思うよ(笑)!

しんのすけ:
うんうん、オラこんな感じだと思うゾ(笑)。

MC: 高城家の疑似親子を見ているようでした。クオリティーの高いモノマネをありがとうございます! 関根さん、いかがでしたか?

関根さん:
すごくいいですねー(笑)。関根家でも、娘の(関根)麻里が小さい時は「(リズムにのせて関根さんのお尻を娘さんが叩く)ケツケツダンス」をやって、本当にしんちゃんのように伸び伸びと育てました。だから、しんちゃんのように育てると子育ては成功します!
(麻里さんのお子さんの)孫にも、これから「ケツケツダンス」をさせようとしていて、今はお尻を叩かせています。


しんのすけ:
素晴らしい!

MC: やはりこの映画は世代を超えるわけですね? そういうご家族がたくさんいらっしゃると思います。

関根さん:
そうですね。ですので、今度は孫を加えて三世代で、この映画を映画館で観たいと思います!

MC: 今回の映画に登場する「ブラックパンダラーメン」には中毒性があり、一度食べると「ヤミツキ」になってしまう様子が描かれています。そこで、ゲスト声優の皆さんが今「ヤミツキ」になっていることをフリップに描いてもらいました。それではフリップを一斉にオープン!


野原家の皆さん:
(わかりにくい絵もあり)おやっ? なんだろう? (会場もざわつく)

ゲスト声優の皆さんはフリップを手にして、一人ずつご自身の描いたイラストの内容を説明。


関根さん:
僕は「シュークリーム」です! 最近のシュークリームは美味しくてね。僕はどちらかというと皮がパリパリしたものよりも柔らかい方が好きです。中身も生クリームとカスタードクリームが入っているダブルクリームが好きで、(二つのクリームを)交互に食べています。 平均すると週に三回ぐらいは食べていますが、毎日食べちゃうこともあります! でも、カロリーの摂り過ぎにならないように、シュークリームを食べる時はご飯を控えめにしています。


高城さん:
私は「リップ(クリーム)」集めにハマっています! 普段から10本ぐらい持ち歩いていて、今日も赤いリップをしっかり塗って"爆盛"しています(笑)!


佐々木さん:
私も七年ぐらい前にシュークリームにハマっていました。でも、ちょっと食べ過ぎてしまったみたいで、最近は「韓国海苔」にはまっています。 仕事現場にはいつも一人一箱の韓国海苔が置かれているのですが、私はパクパクっと一瞬で食べてしまいます。今では海苔を食べるプロ! いかに早く食べられるかを研究して、二本の指で挟んで半分に折って食べるといいですよ!

関根さん:
韓国海苔ね! 海苔は腸内環境を良くするそうですよ!

佐々木さん:
そうなのですか? これからもいっぱい食べます(笑)。


玉井さん:
この絵は「バク転」です! 私は最近アクロバットの練習をしているのですが、一度練習を始めるとなかなか止められないのです。体が筋肉痛の時でも練習するぐらいハマっています。出来るようになったら、ライブでバク転を(披露)したいなと思っています。 それで、映画のしんちゃんに負けないぐらいのアクションを頑張るので、髙橋監督、アクション映画の主演をお願いします!

しんのすけ:
バク転! ......オラはまだ五歳だから頭が重いんだよね!(会場:笑)

MC: それでは最後は百田"画伯"、お願いします。


百田さん:
今日はわかりやすい絵を描きました。しんちゃん、(この絵が何か)わかるかな?

しんのすけ:
えっと...ゴマ? (会場:笑)

百田さん:
違うよー! これはイヤリングです! お買物でもイヤリングばかり買っています(笑)。

全員:
おー!(会場:驚きの声)

みさえ:
それは「耳」だったのね。(会場:笑)

佐々木さん:
そういうときは、顔全体を描くんじゃないかな?

百田さん:
(指摘を受けて恥ずかしそうにうつむいて)この絵が今日、世の中に出ると思うと...。


しんのすけ:
...大丈夫! だって髙橋監督の絵もこんな感じだから! 同じレベル!

関根さん:
髙橋監督、しんちゃんがこんなことを言っていますが?

髙橋監督:
いえ、僕の描く絵より断然お上手です!

MC:皆さんの中で、百田さんの絵を見て「イヤリング」だと分かったという方はどれくらいいらっしゃいますか? (会場の半数弱ぐらいが拍手!)

玉井さん:
この絵は百田画伯にしては、分かりやすい方です!

関根さん:
イヤリングが耳たぶにぶら下がっているからギリギリわかるよね? もし、耳たぶの中に入っていたら「ほくろ」に見えたかもしれない!


しんのすけ:
ほんとに? オラのほくろも見て。(シャツをめくり、百田さんに見せようとする)。

みさえ:
しんのすけ!(百田さんから)離れなさい!(会場:笑)

MC: 本日はさらに、キャラクターに命を吹き込む、野原一家の声優の皆さんにもお越しいただいております。

矢島晶子さん(野原しんのすけ役)

会場のちびっこが「誰?」と戸惑っているようですが、(しんのすけの声で)「モノマネおばさん」だよ!
(地声で)今日は本当に皆さん朝早くからお越しくださりありがとうございます。(会場:声のギャップに驚いて笑う)
おかげさまで映画シリーズ26作目、テレビシリーズは27年間と、随分長いこと五歳児の役をやっております。これだけ続いたのも、応援してくださる皆さまのおかげだと思っております。
本作では、大人の方が懐かしいと思うシーンがあります。そして、お子さんには、あるキャラクターの新たな一面を知ることができると思います。とにかく楽しめる映画になっています。
ならはしみきさん(野原みさえ役)

「(みさえのように感情を込めて)コラっ、しんのすけ!」と言い続けて、27年です。毎年お話しているんですが、私はこのみさえ役を地声で演じていまして、先ほどの矢島さんのように違う声を出すといったギャップやサプライズは一切ございません。 一番長く続いている作品を地声で演じられることを大変ありがたく思っております。29歳を27年やっています。
とにかく楽しい映画です! 私が小学生の時に、男子がよくやっていたギャグが劇中にあります。それから皆さんは帰りに「ラーメンが食べたくなる」と思います。
森川智之さん(野原ひろし役)

皆さん、どうも! ひろしです。(先のお二人と比べて)まだ新人なんですけれども。 この映画は、観た後に身も心もほんわかとあったかくなるような、とても素晴らしく楽しい作品になりました。その中でも拳法シーンのアクションは、自分の体が思わず動いてしまうぐらいすごいです。ですので、観た後はお腹が空くと思いますし、特にラーメンが食べたくなると思います。ぜひ楽しんでいただければと思います。

MC: 最後に矢島さんからメッセージをお願いします。

矢島さん:
本日はお越しくださってありがとうございます。これから映画を楽しんで観てください。そしていい気分で帰ってもらえると嬉しいです。もしも、お腹が空いたらラーメンを食べてほっこりしてもらえればと思います。それから、もし良かったら、なるべくたくさんの方に「面白かったよ!」「良かったよ!」などの感想を伝えてください。それで一人でも多くのお友だちに観てもらえるように、よろしくお願いします。

それから、私事になりますが、熊本で暮らす知人がおります。それに野原みさえの故郷は熊本(という設定)です。(登場のご挨拶の時から、矢島さんはくまモン柄のハンカチを手にされており)4月14日は熊本地震からちょうど二年の日です。熊本の名産である「からし蓮根」はお土産としてもおいしいのですが、現地で出来立てを食べると、もっと美味しいので、機会があれば熊本で「からし蓮根」を召し上がってみてください。最後に、最近は地震も多いので、皆さまお気をつけください。楽しく映画を観て、安全におうちまで帰ってくださいね。



東宝website