Movie Movie

Return Page

中島健人、平祐奈がコドモ時代のクリスマス写真を披露!
「未成年だけどコドモじゃない」初日舞台挨拶

2017年12月23日

「未成年だけどコドモじゃない」初日舞台挨拶

<平祐奈さん>

「今日、恋をはじめます」など数々の大ヒット少女漫画を生み出してきた水波風南の大ヒットコミックを、人気キャスト陣で映画化した「未成年だけどコドモじゃない」。
この度、12月23日に全国公開を迎え、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて初日舞台挨拶を行いました。イベントには主演の中島健人さんをはじめ、ヒロイン役の平祐奈さん、そして英勉監督が登壇。クリスマス直前ということで、子ども時代のクリスマスの思い出をテーマに、トークに花を咲かせました。さらにクリスマスということで、中島さんと平さんでシャンパンタワーにイチゴサイダーを注ぎ入れ、会場を華やかな雰囲気に包み込みました。
大盛り上がりとなった本イベントの様子を詳しくリポートします。


中島健人さん(Sexy Zone/鶴木尚役)
このクリスマスシーズン、数ある映画がある中で、この「みせコド」を選んでいただき、僕はすごく幸せです。今日はステキな時間を皆さんと共有していきたいと思っています。最高の初日にしましょう!
平祐奈さん(折山香琳役)

皆さん、「みせコド」いかがでしたでしょうか? (会場からの拍手を受け)ありがとうございます。今日は「みせコド」日和ですね。劇場に足を運んでいただき、ありがとうございます。昨日からドキドキしていて、何を言っていいのか分からないのですが、今日はどうぞよろしくお願いします。
英勉監督

え~、海老名五十鈴役の...。

中島さん:
(監督にツッコみながら)違いますよね。全体的に違います(笑)。確かにハンサムな部分はありますが、ねんちー(知念侑李)はもうちょっとコンパクトでかわいいです。(英監督は)あまりにもワイルドですから(笑)。

英監督:
ああ、そうですか。失礼しました(笑)。

中島さん:
いきなりボケないでくださいよ!

英監督:
本当に、数ある選択肢の中から、この映画を選んでいただきありがとうございます。いっぱい、僕の名前が書かれたうちわがある...。

平さん:
(ツッコみながら)違う違う!

中島さん:
(監督の名前は)英語の「英」に、勉学の「勉」ですよね?

英監督:
(客席を見渡しながら)「健」やかに「人」と書いて、「はなぶさ」と読むんですよね。

中島さん:
違います。言葉の概念を捉え間違えていますよね。一度、視力検査に行かれた方が...(笑)。

英監督:
そうですね(笑)。ここからは変なことは言いません。皆さん今日はよろしくお願いします。


MC:皆さん、初日を迎えた気持ちはいかがですか?

中島さん:
この作品を作っている期間から、キャスト、そしてスタッフさんと、この日まで走ってきたので、とても幸せです。この愛のバトンが皆さまに渡ったということがとても幸せです。今日は本当にありがとうございます!

平さん:
今年の九月まで撮影をしていた作品です。「いよいよ公開の日が来たんだな」という嬉しい気持ちと同時に、すごく緊張しています。昨日は電車を乗り間違えちゃうし、シャンプーを二回しちゃうし、歯磨き粉で顔を洗おうとしちゃったし、もうずっとあたふたしていて大変でした(笑)。

中島さん:
(劇中の)香琳みたいだね(笑)。

平さん:
そうなんですよね...。今日も緊張しています。

英監督:
僕も幸せです。尚(中島さん)がいると緊張しないですね。なんとなく安心感があるというか、ボケてもツッコんでくれるので。

中島さん:
現場からずっとそうでしたもんね。

英監督:
そうですね。でもどちらかというと、(ボケとツッコミの関係は)この二人の方ですよね。

中島さん:
そうですね。(平さんとの関係は)だいたい尚と香琳のような感じです。

英監督:
(平さんに向かって)ずっとボケてましたもんね。

平さん:
(首をかしげながら)そうですか? 

MC:普段から香琳ちゃんが出てきちゃうんですね(笑)。ところで今日は初日なのですが、皆さんのところに反響は届いていますか?

中島さん:
たくさんの関係者の方がこの映画を観てくださったんですが、「とにかく思いっきり笑えて、思いっきり泣けて、(自分が出演している)今までの作品の中でも一番じゃないか」と言ってくださる方が多いんです。それに感銘を受けていますね。

平さん:
試写会で作品をご覧になったお客さまから、ツイッターやインスタグラムでコメントをいただいています。あと自分の兄や友だちも、「祐奈が出ている作品で一番好きや」と言ってくれました。普段の祐奈と変わらないと言ってくれてます。

中島さん:
(笑いながら)ナチュラル香琳なんだね。

MC:監督、「ナチュラル香琳ちゃんだな」って、撮影中気付いていました? 

英監督:
交じってきたという感じですかね。香琳ちゃんと祐奈ちゃんが交じってきて、「何を言ってもいいんだ」という安心感が、撮影中感じられました。

平さん:
そうなんです、バレていましたか(笑)。

英監督:
はい、バレていました(笑)

MC:お二人は、初日までにたくさんのプロモーションでいろいろな場所に行かれたと思いますが、一番思い出に残っている宣伝活動は何ですか?

中島さん:
これが一番だと断定はできないですが...。でも、個人的には先日放送された(バラエティー番組)「ホンマでっか!? TV」ですね。(明石家)さんまさんとマツコ(・デラックス)さんに、中島(の姓を)を名乗っていただくという一幕があって、ちょっとビックリしました。本当にありがたくて幸せでした。「みせコド」チームとしては、(バラエティー番組)「VS嵐」の対決コーナーで、嵐さんに勝利したことが嬉しかったですね。

平さん:
先週、知念さんと中島さんとで大阪に行ってきたのですが、お二人の関西弁対決があったんです。関西の女性の方々は「キャー! キャー!」となっていました。東京の皆さんはおしとやかですね(笑)。

中島さん:
違う違う。みんな「みせコド」を観た後だからね。ちょっと見とれちゃっているんだよ。

平さん:
尚先輩に?

中島さん:
(照れくさそうに)みんなにね。(会場に向かって)本当は声を出したいんだよね?

平さん:
(会場に向かって)朝だから声を出そう!

中島さん:
すごいね(笑)。太陽ですね。

MC:(平さんがいると)明るくなりますよね。ところで監督、撮影中二人と接していて、どのような印象を持たれましたか?

英監督:
(二人が)好きです。むしろ愛しているくらいです(笑)。

中島さん:
ラブが濃いですよね(笑)。

英監督:
健人くんは、本当にいいヤツで、すごく気持ちのいい男です。スタッフもキャストも、好きでしたよ。それと自分の撮影が終わっても帰らないんです。

中島さん:
帰らないですね。現場が好きなんです。撮影が休みの時にも現場に行きました。

英監督:
撮影が休みでも来るんですよ。ちょっとしたスイーツを持って(笑)。

平さん:
おいしかった!

英監督:
(中島さんは)早めに撮影が終わると、ずっと撮影を見ていてくれるんですよね。それから香琳ちゃんは本当にいい子です。ただ長く一緒にいると、ツッコみ疲れしてしまいますが(笑)。でも二人がずっと一緒にいてくれて、本当に良かったです。

中島さん:
ずっとツッコんでいましたね。そしてツッコミ力が鍛えられるという、まさかの展開でした(笑)。でも監督も面白い方なので、「みせコド」というラブコメディーが生まれたんだよね。

平さん:
本当にそう思います!

MC:ところでいよいよ年末シーズンということで、つい先ほど、中島さんが出演されます紅白歌合戦の曲順が発表されました。映画に、歌手活動にと、この年末は大活躍ですね!

中島さん:
いろいろなハッピーな出来事がてんこ盛りです。確か紅白歌合戦の曲順は、ねんちー(知念さん)が所属しているHey! Say! JUMPの出番がトップバッターだと聞きました。(観客:拍手)
この「未成年だけどコドモじゃない」もトップを取りたいと思っておりますので、よろしくお願いします。僕はねんちーと白組として頑張ります!


MC:ところで今日はクリスマスイブイブです。今年は会場にいらっしゃる皆さんとすてきな時間を過ごしていますが、中島さんと平さんはどんな子ども時代を、どんなクリスマスを過ごしていたのか、皆さん気になりませんか? (観客:拍手)
気になりますよね。今日は、お二人の子どもの時のクリスマスの写真を、特別に用意しました。最初に平さんの子どもの時のお写真です。


スクリーンに平さんの子ども時代の写真が映し出される。

中島さん:
華やか! この時代から顔立ちがハッキリしているね。

平さん:
これは五歳くらいの時の写真です。私、実はフラメンコを習っていたんです。クリスマスに、フラメンコの先生の発表会を観に行った時の写真です。クリスマスっぽい感じですよね。

中島さん:
かわいいね。ツリーを背景にステキです!

平さん:
恥ずかしいですね。早く中島さんの写真にいきましょう。皆さん、中島さんの写真を見たいんですから(笑)!

MC:それでは中島さんの写真です。

スクリーンに中島さんの写真が映し出され、会場からは歓声が!

平さん:
すごい! さすがだね。そのままだ。足が長い!

MC:完成されていますね!

スクリーンの写真、顔がアップに。

中島さん:
アップにしなくていいんだよ(笑)!

平さん:
もうゴッドだ(笑)。

中島さん:
ゴッドじゃないよ(笑)。

MC:これはおいくつの時の写真ですか?

中島さん:
これは小学校低学年の写真だと思います。

MC:信じられないくらい完成していますね。皆さん、足の組み方とか見ました? (観客:拍手)

中島さん:
(照れくさそうに)拍手じゃないんだよ! もういいよ(笑)。

英監督:
(写真に写った、中島さんの隣の雪だるまを指さして)これはお父さん?

中島さん:
お父さんじゃないですよ。溶けちゃいます。溶けるお父さんってどんだけ儚いんですか(笑)。

平さん:
パパ~!

中島さん:
「パパ~」じゃないよ(笑)!

MC:ちなみにお二人は、この頃サンタさんに何を頼んでいたんですか?

平さん:
お家のポストに入るチラシに、すごくかわいいブーツが載っていたんですよ。それがすごく欲しくて、チラシにマルをしてサンタさんに「これをください」ってお願いしました。でも、もらったのが毛糸のパンツだったんですよ。それがすごく衝撃的で、「サンタさんって願っても来ないんだ」と思いました。五歳の時だったので、ショックでしたね。

MC:中島さんは何を頼んでいました?

中島さん:
僕は、「修二と彰」さん(亀梨和也、山下智久によるユニット)の「青春アミーゴ」のCDを頼んでいました。ちょうどジャニーズを志していた時だったので、「修二と彰の『青春アミーゴ』をください」と手紙に書きました。そうしたら、25日にもらえたんですよ。なんせ24日の夜10時くらいに書いたので、ちょっと家庭内はしどろもどろになっていました(笑)。サンタさんも焦ったんでしょうね。それもいい思い出です。

MC:立つべくして、この場所に立っているということなんですね。

中島さん:
本当にありがたいですね。夢がかなったという...。(先ほどの中島さんの子ども時代の写真の顔が、スクリーンにアップで大写しとなり会場は大爆笑)
イジるな! 寄らなくていいですよ。(あらためてスクリーンの写真を見て)ぎこちない笑い方だな。


平さん:
そこがかわいいですよ!

中島さん:
そう? あの雪だるまはまだありますからね。物にも一途なんでね。(会場からはキャーと歓声)
MC:貴重な写真を見せていただき、ありがとうございます。いいプレゼントになりました。ではせっかくのクリスマスなので「みせコド」らしく楽しんでいきましょう!

ここで壇上にシャンパンタワーが到着!

MC:ドキドキですね。「みせコド」といえば、セレブで華やか、世界観も魅力ということで、それをシャンパンタワーで表しました。皆さんのクリスマス気分も、これでさらに盛り上げていただきたいなと思います。ただ高校生同士の話なので、お酒はNGです。なので、今回は「未成年だからお酒じゃない。イチゴのサイダー」です! ちゃんとラベルも「みせコド」になっているんですよ。では、一番上に二人でサイダーを注いでいただいて完成させてください。お二人はシャンパンタワー、初めてですよね。

中島さん:
初めてです!

平さん:
すごく緊張します!

MC:よろしいでしょうか? ではシャンパンタワーにドリンクを注いでください。

中島さんと平さん、ドリンクを注ぐ。会場は大きな拍手!

MC:華やかでキレイですね! シャンパンタワーの形というのが、「天に感謝する祈り」を意味しており、注いだことで「幸せが満ちあふれるように」という意味が込められております。中島さん、シャンパンタワーはどうですか?

中島さん:
本当にステキです! 「みせコド」の世界観を見事に表現してくれたスタッフの皆さんにも感謝ですし、今日ここにいる皆さんにお見せできたことが幸せです。

MC:それでは最後に皆さんからメッセージをいただこうと思います。その前に、「みせコド」といえば忘れてはいけないあの方から特別にメッセージをいただいています。

スクリーンに知念侑李さんの映像が映し出される。

知念さん:
本日お越しの皆さん、こんにちは、知念侑李です。初日ということなんですが、僕もいろいろありまして、そちらに遊びに行けなくてとても残念です。(中島さん「忙しいからね」と合いの手)。
でも、何もナシで終わるわけにはいかないということで、VTRという形で許してください。(中島さん「うれしいよ」)。
そちらはシャンパンタワーをやったんですよね?(中島さん「そうだよ。ねんちー、知ってたの?」)。
とても楽しそうです。思い出だけでいいので、僕に写真を送ってくれたらうれしいです。(中島さん「後で送るよ!」)。
明日は名古屋で舞台挨拶があるということなので、僕は一足先に、名古屋にいます。みんなのことを名古屋でお待ちしています!


平さん:
待っていて~。バイバイ。すごく嬉しいね!

中島さん:
(VTRのことは)全然聞いていなかったので、スーパーサプライズですね。ねんちーサプライズ、感激です! 僕、(本作主題歌でもある)Hey! Say! JUMPの「White Love」のCDを買ったんですよ。通常版を買ったら、Hey! Say! JUMPのノートがついていたんです。それが超うれしくて...。最後のページを見たら、メンバーのプロフィールも載っていて、「ああ、山田くん、東京出身なんだな~」と知ることも多く、改めてねんちーに感謝しました(笑)。Hey! Say! JUMPの「White Love」に出会えて幸せです!

MC:中島さんも、買いに行かれるんですね。

中島さん:
とても欲しかったんです。あの曲は素晴らしかったです。

MC:平さん、知念さんよりメッセージがありましたね。

平さん:
名古屋にいるみたいですね。(スクリーンに向かって)ありがとう~!

中島さん:
(笑いながら)名古屋に届くね。うれしい。

MC:それでは最後に皆さんにメッセージをいただきたいと思います。

英監督:
(おもむろに「White Love」の冒頭を歌い始める)

中島さん:
Mステは昨日で終わったんです(笑)

平さん:
でもちょっと(監督の歌を)聞いてみたいな。 (観客:拍手)

英監督:
(あわてて)やらない! やらない! (息を整えて)本当に楽しんでいただけたら幸せでございます。何回観ても減るものではないですし、何人と観ても減るものではないので、皆さんに作品をおあずけします。楽しんでいただけたら幸せです!

平さん:
今日はありがとうございます。「みせコド」は、最高のキャスト、スタッフの皆さんで、心を一つにし、心をこめて出来上がった作品です。そして今日、「みせコド」は皆さんの元に羽ばたいていきました。今日からこのバトンを受け取っていただき、一人でも多くの方に広めていただけたら嬉しいです。そして、一度だけでなく、二度、三度と劇場で観ていただけたら、とても嬉しいです!

中島さん:
クリスマスイブのイブというステキな日に、皆さんに本作を観ていただくことができて、本当に幸せです。この作品は夏から、スタッフさん、キャストの皆さんで力を、愛をこめてしっかりと作った作品です。その作品を皆さんにお届けすることができて、非常に幸せですし、たった一つ願いがかなうのならば、「みせコド」愛をもっと広めていただけたらと思います。「みせコド」がたくさんの人に届きますように祈っています!

東宝website