Movie Movie

Return Page

浴衣の男女100名参加! 完成披露史上初、試写コンは大盛況!
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
完成披露試写会&狂わせサマーパーティー

2017年08月14日

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
完成披露試写会&狂わせサマーパーティー

<左から、大根仁監督、妻夫木聡さん、水原希子さん、新井浩文さん>

漫画家でコラムニストの渋谷直角著のレジェンドコミックをベースに、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督が実写化したラブコメディ映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」。その完成披露試写会&狂わせサマーパーティーを8月14日にイイノホール内カンファレンスルームにて開催し、主演の妻夫木聡さん、水原希子さん、新井浩文さん、大根仁監督が浴衣を着て出席しました。
男女の出会いを描く本作に合わせて「狂わせサマーパーティー」と題して史上初の街コンスタイルの試写会(試写コン)を行い、浴衣姿の男女100名が「ラブラブ射的」「狂わせ恋みくじ」等のゲームに興じ大いに盛り上がりました。その後のキャストと監督によるトークイベントでは、映画の見どころや各自の史上初の告白、恋愛の狂わせテクニックに関するアドバイスと実践もあり、恋愛温度を上げる本作にふさわしいイベントとなりました。その様子をレポートいたします。


妻夫木聡さん(コーロキ・ユウジ役)

こんなにチャラチャラした企画だと思っていなかったので驚きましたが、最後まで映画を楽しんでもらえたら嬉しいです。たくさんの方と出会ってください!
水原希子さん(天海あかり役)

きれいな浴衣姿の方がたくさん集まる、今日のような楽しい会にはあまり参加したことがないので、私も楽しみです。短い時間ですが楽しんでください。
新井浩文さん(コーロキの先輩・吉住役)

今日の出会いをきっかけにして付き合った方は僕たちにSNSで連絡してください! 拡散しますので是非お願いします! 映画も楽しんでください!
大根仁監督

このステージに立つのではなく、僕も試写コンに参加したいです(笑)。


MC:本作は、"出会い"がテーマの作品です。この出会える試写コンで出会った方と結婚される方がいるかもしれません。いかがでしょうか?

妻夫木さん:
そうなると責任重大ですね。人の出会いはどこで生まれるか分からないので、今日が出会いの日になれば嬉しいです。映画の公開初日である9月16日に「映画行こうよ!」と言えば、デートの約束ができるので誘いやすいですね!

MC:今日は同性二人組での参加なので、男女四人(二組のカップル)で映画デートに行きやすいと思います。先ほどラブラブジェスチャーゲームをしたのですが、それがすごく盛り上がりました!

大根監督:
そうなんですか! 僕はエロい空気には敏感なんです(笑)。この空間にはオスとメスの求め合うムードがあります!

水原さん:
この会場に入って、皆さんの表情がとても明るくて楽しんでいることが分かりました!

新井さん:
ジェスチャーゲームはどのようなお題がありましたか?

MC(カラテカ・入江さん):例えばお題が「海」だと動きで表現しやすいと思いますが、「お盆」というお題は難しいはずなのに正解したカップルがいました。ハイタッチをして喜んでいましたね! 今日はたくさんの女性が集まっているので、中には"狂わせガール"がいると思います。

大根監督:
僕は三人見つけましたよ(笑)!

新井さん:
ダメですよ、大根さん! 後で口説こうと思っているでしょ(笑)!

大根監督:
口説きません!

MC(カラテカ・入江さん):僕はSNSのアイコンで分かりますよ! "狂わせガール"は海に向かってジャンプしている写真を使っています(笑)。そこで男性陣に伺います。劇中では水原さんが演じたあかりの"狂わせガール"ぶりがすごいです。これまでの人生で、あかりのような「狂わせガールだな」という人に出会ったことはありますか?

大根監督:
僕はいつも狂わされています! 男はいくつ歳をとっても女性に翻弄されたい欲求があると思います。でも最近は監督として撮影中に狂わされていますね。今回の希子ちゃんにも狂わされましたよ!

新井さん:
僕は"狂わせガール"に出会ったことがありません!

水原さん:
あるでしょ(笑)!

新井さん:
ないよ! いつも素敵な女性と付き合っています。狂ってしまうのはこちら(男性)の問題ですから。

大根監督:
新井くんは、出会う女性を狂わせるボーイだね!

新井さん:
記事の見出しに使われるので、そんなこと言わないでください(笑)。

MC:妻夫木さん、本作のあかりのような女の子はどうでしょうか?

妻夫木さん:
この映画自体は、男の妄想が広がったお話なのですが、僕にもどこか狂わされたい願望があると思います。できれば狂いたくはないですが...。

水原さん:
あかりとしては狂わせるつもりはなくて、周りの人が勝手に狂ってしまっているだけです。本人は普通だと思います!

大根監督:
この狂わせぶりを楽しみにしてください!

MC:本日初めて発表するニュースをここで二つお伝えします。まずは劇中で主人公のコーロキが編集している架空のライフスタイルマガジン「MALET.」(マガジンハウス)がスピンオフマガジンとして8月31日に発売になります。そしてヒロインの天海あかりのムック本、sweet特別編集「天海あかり style book」(宝島社)が8月28日に発売になります。

妻夫木さん:
このスピンオフマガジンの「MALET.」では、実際に僕は編集者として編集作業をしていますし、表紙の猫の写真は僕が撮りました! 猫が動き回るので大変でしたが、楽しい撮影でした。(大根監督、水原さん、新井さんへの)鼎談インタビューも担当しました。まだ編集作業中です。

大根監督:
表紙が「猫」というのも映画のストーリーに絡んでいます。

水原さん:
「天海あかり style book」では、私が裸で猫を抱っこしています!

大根監督:
こっちにはプロのカメラマンが入っているね(笑)。

妻夫木さん:
(ムック本の制作費について)僕のマガジンより、お金かかっている!

水原さん:
役のあかりとしてInstagramもやっています! 映画のシーン毎に違うお洋服を着ているので、ムック本にはそれを全て載せています。すごく可愛いです!

MC(カラテカ・入江さん):Instagramではあかりちゃんとしてコメントしていて、すごく細かく再現しています!

妻夫木さん:
Instagramをやっておけば良かったな...(笑)。

MC:本日は史上初の試写コンを行いましたので、皆さんには「史上初の告白」をしていただきたいと思います。

大根監督:
映画に絡めて答えますと、この映画のヒロインであるあかりちゃんは邦画史上初と言っていいほどエロいです!

新井さん:
僕も映画に絡めて答えますと、撮影終わりから追加シーンの撮影をするまでの間に腰を痛めまして、追加シーンの撮影は治りかけのギックリ腰状態で撮りました。ギックリ腰での撮影は史上初です!

水原さん:
私は一つの作品で、こんなにもたくさんキスをするのは史上初です! こんなにキスしたことも、こんなに脱いだこともないです(笑)。

新井さん:
「キス」と言ったときに、(会場にいる)男性陣のニヤニヤがすごかったよ(笑)!

大根監督:
邦画史を塗り替える新しいヒロイン像を作り上げようと思いながら撮りました。

MC:あかりちゃんのモテ服も水原さんでなければ難しかったと思います。

水原さん:
モテ服選びは、監督と一緒にこだわりました。2016年のトレンドを意識しています!

MC:妻夫木さんは、"奥田民生になりたいボーイ"を演じたわけですが、ご自身も奥田さんのファンということで、妻夫木さんにとって奥田さんはどのような存在ですか?

妻夫木さん:
嘘がない感じで、肩肘張らず、カッコ付けず、本音で生きていることが民生さんらしさです。その全てが好きだと言えるくらい大好きです。僕はTVなどメディアに出るときはメイクをしますし髪の毛もセットして、どうしてもカッコつけてしまいます。「寝ぐせがついていてもいいか」というユルっとした感覚が僕には素敵に思えました。

MC:確かにカッコいいですね。それに劇中で流れる奥田民生さんの楽曲もいいですよね。

妻夫木さん:
そうですね! 心に負った傷をピシッと治してくれます。ぜひ音楽にも注目してください!

大根監督:
そもそも「この映画をやりたい!」と言い出したのは妻夫木くんなんですよ!

妻夫木さん:
原作者の渋谷直角さんからコミックを送ってもらって、「ボーイ役をやりたい!」と言うと、大根さんが監督に名乗りを上げていて、いろいろなことがトントン拍子に決まりました。ありがたいことですし嬉しいです!

大根監督:
そこで問題は"狂わせガール"の配役です。第一に、「出会う男をすべて狂わせるガールの役です」というオファーを出して、引き受けてもらえるのかという心配がありました。しかし僕は「水原希子ちゃんしかあり得ない!」と思っていました。

水原さん:
ありがとうございます。撮影は毎日すごく楽しかったです!

MC:水原さん、あかりを演じる上で、何か準備されたことはありますか? お尻をポイントにしたカットもありましたね。

水原さん:
モテ要素を表現するためには、見た目が大事です。まずは職業がプレスルームの女性ということなので、髪型をすごく研究してトレンド感を求めました。髪の色を茶系色に染めたら気持ちが軽やかになりました。あとは、おっぱいが大きくなるというクリームとお尻がプリッとするクリームを毎日塗りました。大根さんは、私のお尻が好きなんです(笑)。

大根監督:
水原希子ちゃんの魅力はお尻にあると思っています。すごくスレンダーな体型のモデルさんなのに、お尻にはボリュームがあるので、それには四年前から注目していました(笑)!

水原さん:
大根さんがそれをSNSでツイートしたのを私が見て、「ありがとうございます」と返したのが、大根さんとの初のコミュニケーションです。

大根監督:
余計な情報かもしれませんが、作中で妻夫木くんも脱いでいます! 新井くんも脱いでいます!

妻夫木さん:
会場が微妙な空気になりました...(笑)。 

新井さん:
やりたい放題ですね(笑)。

MC:試写コンの中で用意した「狂わせ恋みくじ」を引いていただきます!

 狂わせテクニック「あかりのように、相手の目を見てオーバーに褒めるべし/相手の好きなところをストレートに伝えよう!」を実践。

 

水原さん:
えー、恥ずかしい!

大根監督の掛け声で、水原さんは新井さんに好きなところを伝える。

大根監督:
はい、では行きます。本番、よーい、スタート!!

水原さん:
「新井さんの...怖い目が大好きです!」

新井さん:
(嬉しそうに笑いながら)すごくかわいい!

大根監督の掛け声で、水原さんは妻夫木さんに好きなところを伝える。

大根監督:
次はささやくように言ってね。

妻夫木さん:
演出いれないでください(笑)!

大根監督:
はい、よーい、スタート!!

水原さん:
「(ささやき声で)大好き!」

(当初の設定になかったが急遽)妻夫木さんの掛け声で、水原さんは大根監督に好きなところを伝える。

妻夫木さん:
いきますよ、よーい、スタート!!

水原さん:
「もう、エッチ!」

大根監督:
その通りでございます(笑)。嬉しいです!

妻夫木さん:
一番リアルですね(笑)。

水原さん:
私は誰からも褒められていません...(笑)。

MC:最後に妻夫木さんから皆さんに一言ご挨拶をお願いします。

妻夫木さん:
今日皆さんに出会いが生まれて、公開後に出会った方ともう一度この映画を観てくれると嬉しいです。まずは今日の映画を楽しんでください! 僕は久しぶりにストレートのラブコメディに参加できました。本作を観終わったときに「やっぱり映画は娯楽だよね」と笑って帰ることができて心地よかったです。ぜひ今日だけではなく、9月16日の公開後にも劇場でご覧ください!

東宝website