Movie Movie

Return Page

皆さんの清き一票のおかげで大ヒット!
感謝を込めて応援上映&大ヒット御礼舞台挨拶!

2017年05月17日

「帝一の國」大ヒット御礼舞台挨拶

<左から、志尊淳さん、竹内涼真さん、菅田将暉さん、野村周平さん、間宮祥太朗さん>

日本一の名門高校を舞台に繰り広げられる、生徒会長の座をめぐる熱きバトルをコミカルに描いた「帝一の國」が5月17日で観客動員数100万人を突破! 同日、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズでは、発声、拍手、ペンライトやコスプレ可能な"応援上映"が開催されました。上映後には菅田将暉さん、野村周平さん、竹内涼真さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さんが舞台挨拶を行い、それぞれが主演の菅田さんへの思いを告白! こちらの熱い舞台挨拶の模様をレポートいたします。


菅田将暉さん(赤場帝一役)

盛り上がっているかい? イェーイ!
野村周平さん(東郷菊馬役)

盛り上がっているかい? イェーイ! イェーイ!
竹内涼真さん(大鷹弾役)

六組ルーム長の大鷹弾だ! 盛り上がろうぜ!
間宮祥太朗さん(氷室ローランド役)

ローランドだよ~! 応援上映で皆さんがペンライトを振っている姿を裏で見ていました。いい表情をしていましたよ!
志尊淳さん(榊原光明役)

榊原光明だにゃん! 盛り上がっていきましょう。


MC:本作の観客動員数が本日、100万人を突破しました!

菅田さん:
やったぜ!

野村さん:
映画を観るためには、一人1800円として...。

間宮さん:
お金の計算はやめろ(笑)!

MC:5月15日に行われた応援上映は、菅田さんもご覧になられたそうですね?

菅田さん:
そうです! 周囲の方にはあまり気付かれませんでした。盛り上がっていましたね。人生で初めて自分が出ている映画を映画館で観ました。古屋兎丸先生も一緒でした!

MC:間宮さんは本日、皆さんの映画を観ている様子を裏でご覧になっていましたが、いかがでしたか?

間宮さん:
見ていました! 楽しみ方が人によって全然違っていました! 声を出すシーンで、皆さんも声を出してくれていましたね!

MC:竹内さんはいかがでしたか?

竹内さん:
見ていましたよ! 校歌を歌ってくれている方もいて驚きました! 

志尊さん:
後半のシリアスなシーンでは、皆さん静かに観ていましたね!

MC:菅田さん、またこのような機会があるときは参加したいですか?

菅田さん:
ぜひ参加したいです。

MC:では、皆さんがもしも応援上映に参加するとしたら、どのシーンでどのような応援をしてみたいのかを教えてください! 今日は皆さんもペンライトをお持ちだと聞きました。

野村さん:
僕は校歌が流れるシーンで、帝一と一緒に振付をします!

菅田さん:
僕は太鼓のシーンで、祥太朗たちがお尻を出すところで騒ぎたいです!

竹内さん:
僕は帝一がピアノを弾くところで、マリオネットをやりたいです!

竹内さんがマリオネットの動きを壇上で実演!

野村さん:
ペンライト関係ないし(笑)!

志尊さん:
僕が演じた光明は「にゃん」と言うので、皆さんが一緒に「榊原光明だにゃん」と言ってくれたら嬉しいですね。

野村さん:
自分自身が何をしたいかを聞いているんだよ(笑)!

間宮さん:
僕が演じたローランドは映画でマイムマイムを踊っていないので、友達五人くらいで席を立ってマイムマイムを踊りたいですね! 僕たちが原点となり映画館全体で踊ることが夢ですね。撮影では踊っていたのにカットされている人もいますが...(笑)。

菅田さん:
メイキングに入っているといいな!

間宮さん:
(野村さんを見ながら)踊りにキレがなかったからカットされたそうですね(笑)。

野村さん:
そのことについては、コメントは控えさせていただきます(笑)。

MC:このメンバーで集まったとき、裏でどのような話をしていたのですか?

野村さん:
ここではお伝えすることができないような話ばかりです...(笑)。

菅田さん:
千葉(雄大)くんがいつも一番楽しんでいるね。

間宮さん:
ジジイ(このメンバー内での千葉雄大さんのあだ名)、今日はいないけれど...。

MC:何かここで挙げられる裏話はありますか?

志尊さん:
今日、久しぶりにこのメンバーに会ったのですが、祥太朗くんが僕のお尻から手を離さなかったです...。

間宮さん:
ここで話すのはやめてよ...(笑)。

MC:今日は「帝一の國」最後のプロモーションです。"卒業"としまして、最後に皆さんでお互いにメッセージを伝え合ってもらいます。まず主演の菅田さんに向けて、皆さん一人ずつメッセージをお願いします! 竹内さんからお願いします。

竹内さん:
恥ずかしいですね。僕は菅田くんをよくTVで見ていて、いつか一緒にお芝居をしたいと思っていました。役者として93年、94年生まれの代でトップを走っている菅田くんと、この映画で共演できて嬉しかったです。現場で一緒にお芝居をして、素晴らしいと思うことや学ぶこともたくさんありました。次いつ共演できるのかは分からないけれど、日本映画界を一緒に盛り上げられるように僕も頑張ります。お疲れ様でした! 大好きです!

竹内さんと菅田さん、握手をして熱い抱擁!

志尊さん:
この映画では、少しでも菅田くんに近づけるように必死でした。菅田くんにくっついていくことで光明を作ることができました。菅田くんがこのメンバーの中心に立っていたから素敵な作品ができたと思います。生涯の宝物だと思える作品に携われたことを嬉しく思います。

志尊さんと菅田さん、熱い抱擁!

間宮さん:
菅田さんは演技がすごく上手で、僕の師匠です。今日はジジイ(千葉雄大さん)がいないけれど、みんなで集まることができて映画が大ヒットして素晴らしいことだと思います。僕らの世代の代表作になったと思います。

菅田さん:
そういえば、この映画を観終えたときに「泣きそう」と僕に連絡してくれましたね(笑)。

間宮さん:
「気持ち悪いよ」と返事が来た...。

間宮さんと菅田さん、熱い抱擁!

野村さん:
菅田くんとは、いろいろなドラマや映画で共演してきて、ライバルのような存在です。同世代で僕も面白い存在だと思うけれど、菅田くんのような人はいなかったですね。俳優でいながら歌も歌っていて面白い! 昔はお互いにピリピリしていることもあったけれど、出会って八年くらい経っているので腐れ縁ですね。菅田くんにはこれからも役者として頑張ってもらいたいけれど、僕も負けません。これからも一緒に走っていきたいですね。

野村さんが菅田さんに熱い口づけ!

MC:それでは菅田さんからこのメンバーの皆さんにメッセージをお願いします。

菅田さん:
前に祥太朗とは話しましたが、僕たちが学生のころに観た映画、「クローズZERO」や「バトル・ロワイアル」のような熱量を持った作品への"果たし状"にできればいいなという想いで、この映画に臨みました。何も言わずとも、その想いをみんなは分かってくれました。みんなと撮影していた毎日が幸せでした。いつかまたこのメンバーで集まり、何か面白いことを日本に叩き込めれば嬉しいです。心の底から感謝しています。ありがとうございました。

MC:それでは最後に観客の皆さんに、菅田さんからメッセージをお願いします。

菅田さん:
応援上映、楽しそうでよかったです! 皆さんがこの映画をしっかりと観てくれ、楽しもうとしてくれて幸せです! 感動して泣きそうです。僕らのイベントは今日で終わりですが、キャスト陣の僕らも含めて、これからも皆さん、楽しく生きていこう! 

東宝website