Movie Movie

Return Page

菅田将暉ら、若手俳優陣が夢の顔合わせ!
学園祭と化した舞台で太鼓を打ち鳴らす!

2017年04月11日

「帝一の國」完成披露舞台挨拶

<左から、永野芽郁さん、間宮祥太朗さん、竹内涼真さん、菅田将暉さん、
野村周平さん、千葉雄大さん、志尊淳さん>

今をときめく豪華若手キャスト陣を迎え、漫画「帝一の國」がついに映画化! この完成を記念し、4月11日、試写会と舞台挨拶が東京国際フォーラムにて行われました。
本作は、日本一の名門校を舞台に繰り広げられる政治闘争バトルロワイアル。将来は総理大臣になって「自分の国を作る」という野心をもった主人公・赤場帝一には菅田将暉さん、超個性的な帝一のライバルには野村周平さん、竹内涼真さん、千葉雄大さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、そして帝一の恋人役には永野芽郁さんと、主役級の若手俳優陣が勢揃いしました。
「ジャッジ!」「世界から猫が消えたなら」など、話題作を手掛けてきた永井聡監督による、ド派手な絵づくりは、原作ファンならずとも必見! この日は、劇中にも登場する「フンドシ太鼓隊」が再び結成され、みごとな太鼓の生演奏を披露しました。なんと途中に、野村さんのバチが折れるというアクシデントもありましたが、「バチが折れても僕の心は折れていません!」と笑いをとる場面も。フォトセッションでは、観客も撮影OKの時間が設けられ、大歓声のなかファン待望の撮影会が行われました。そんな歓喜と熱気に埋め尽くされた大盛り上がりのイベントの様子をレポートします。


■「フンドシ太鼓隊」の皆さんによる、太鼓の演奏が始まる

■キャスト陣が登壇し、男性陣が「フンドシ太鼓隊」と入れ替わり、太鼓を演奏


菅田将暉さん(赤場帝一役)

今日という大切な一日がこんなにも楽しいお祭りになるとは思いませんでした。
野村周平さん(東郷菊馬役)

先程の演奏でバチが折れました(笑)。本番でも折れたことのないバチが折れましたが、僕の心は折れていません!
竹内涼真さん(大鷹弾役)

短い時間ですが、楽しんでください。
間宮祥太朗さん(氷室ローランド役)

皆さん、お祭りですよ! 今日もこうして太鼓をたたいて幸せです。
志尊淳さん(榊原光明役)

こんなにもたくさんの方にあたたかい声援をもらえるとは思っていませんでした。大好きなメンバーと一緒につくった作品を皆さんに観てもらえることがうれしいです。
千葉雄大さん(森園億人役)

皆さんに早く「帝一の國」を観てもらいたいです。楽しんでください。
永野芽郁さん(白鳥美美子役)

カッコいい男性陣をたくさん観てください。
永井聡監督

ちょうど一年前に、この映画の企画が始まりました。当時の僕はまさか一年後、こんなにもたくさんの方の前で舞台挨拶をしているとは思いませんでした。皆さん、すごく貴重な映画となっていますので楽しんでください。


MC:菅田さん、この原作の大ファンだとお聞きしましたが、赤場帝一は今までになかったような強烈なキャラクターだと思います。演じてみてどうでしたか?

菅田さん:
ものすごく楽しかったです! 

MC:作品に関して、手応えはどうでしたか?

菅田さん:
この映画を作っているとき、キャストのメンバーで「この作品は僕らの果たし状にしよう!」と話していたのですが、果たし状にできました!

MC:映画の中でも太鼓をたたいていますが、今日、太鼓をたたいてみてどうでしたか?

菅田さん:
(野村さんの)バチが折れました(笑)。

野村さん:
気合が入りすぎました(笑)。

MC:竹内さんと千葉さんは映画の中で太鼓をたたいていませんが、たくさんのお客さんの前で太鼓をたたいてみていかがでしたか?

千葉さん:
ものすごく緊張しました。

竹内さん:
何度も間違えました(笑)。

MC:永野さん、こんな太鼓男子の皆さんを見て、どうでしたか?

永野さん:
皆さん、カッコいいですね。迫力もすごいです。

MC:永井監督、日本を代表する美男美女が揃いました。演出をされてみていかがでしたか?

永井監督:
キャスト陣は全員、子供のようでしたね(笑)。撮影の時間になっても控室から出てこないほど、いつも楽しそうに話していました。

MC:キャスト陣のみなさん、何か撮影時のエピソードはありますか?

野村さん:
みんな仲が良いので撮影の合間にトランプをしたり写真を撮ったり、楽しかった思い出が多いです。

竹内さん:
キャスト陣が集まっているときは、休憩時間になるといつも一緒にいましたね。

志尊さん:
僕が演じる榊原光明という役はすごくかわいらしいので、現場でいろいろな人がかわいがってくれました。けれど芽郁ちゃんが現場に来たときに、みんなから「芽郁ちゃんはかわいいけれど、お前はやっぱりかわいくないな」と言われ、何もしていないのにひどい仕打ちを受けました...。

菅田さん:
それは仕方ない(笑)。

千葉さん:
僕は志尊くんにその「かわいい」ポジションをとられて悔しかったです(笑)。

永野さん:
私は学校のシーンで、男性陣の会話がすごく盛り上がっていて楽しそうだったことが印象深いです。

菅田さん:
実際の男子校のような盛り上がりでしたね。僕にとっては、フンドシになるシーンで、男性陣がそれぞれの身体の確かめ合いをして熱い友情が生まれたことがいい思い出です(笑)。

MC:最後に菅田さんよりご挨拶をお願いします。

菅田さん:
ついに映画「帝一の國」が完成しました。かなり熱量のある、政治闘争バトルロワイアルとなっています。絶対楽しんでもらえると思います。今日はありがとうございました!

東宝website