Movie Movie

Return Page

豪華キャスト陣大集結で、決死の玉入れ合戦!
勝利を手にしたのは、どちらのチームか!?

2017年03月18日

「3月のライオン【前編】」初日舞台挨拶

<後列左から、板谷由夏さん、前田吟さん、佐々木蔵之介さん、中村倫也さん、大友啓史監督
前列左から、新津ちせさん、清原果耶さん、倉科カナさん、神木隆之介さん、有村架純さん、染谷将太さん、豊川悦司さん>

3月18日、ついに公開となった「3月のライオン【前編】」。その初日舞台挨拶がTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、主演の神木隆之介さん、染谷将太さん、倉科カナさん、清原果耶さん、新津ちせさんなど、総勢11名の豪華キャストと大友啓史監督が登壇しました。
舞台挨拶では、「撮影中に愛おしいと思った人」をそれぞれが発表。神木さんと染谷さんは、お互いのことを「愛おしい」と、相思相愛の仲の良さをみせました。
最後に、勝負をテーマにした映画らしく、2チームに分かれて「チーム対抗玉入れ合戦」を開催! 客席の方に飛んだ玉は、記念に持ち帰ってOKということで、キャスト陣が戦いよりもファンサービス優先で客席に向けて玉を飛ばす姿も!? その舞台挨拶の様子をレポートいたします。

神木隆之介さん(桐山零役)

今日は来てくださって、本当にありがとうございます。この日を迎えるのに、ドキドキと楽しみな気持ちと不安な気持ちがありました。でも、無事にこの日を迎えられて幸せだなと思っています。
有村架純さん(幸田香子役)

私も大好きなこの作品を、皆さんに観てもらえてすごく嬉しいです。最後まで楽しんでいってください。
倉科カナさん(川本あかり役)

私も楽しみな気持ちが半分と、自分が大好きな原作なだけに不安もありました。けれど、皆さん、きっと満足してくださるんじゃないかと期待しています。ぜひ皆さん、楽しんで帰ってください。
染谷将太さん(二海堂晴信役)

たくさんの素敵な気持ちがつまっている作品です。そんなたくさんの気持ちを思う存分、楽しんで持って帰ってもらえたらと思います。
清原果耶さん(川本ひなた役)

自分にとっても大好きな作品になったので、皆さんにも愛してもらえるような作品になっていったらいいなと思います。
佐々木蔵之介さん(島田開役)

本日はとても快晴で、こんなにたくさんの皆さんに来てもらえたことをすごく嬉しく思います。最後まで楽しんでいってください。
前田吟さん(川本相米二役)

本当にたくさんの方に来てもらって、ありがとうございます。映画っていうのは、初日がすごく大事なんです。初日にお客さんがいっぱい入ると、千秋楽までたくさんお客さんが入るんですよ。昔、寅さんシリーズっていうのがありましてね。私も出演していまして...。それが、26年間続いたんです。皆さんのお力を借りて、このシリーズも、5年、10年続けたいと思います(会場笑)。
中村倫也さん(三角龍雪役)

皆さん、映画をご覧になられたということですね。どうでしたか? (会場の拍手に)良かった! 胸をなでおろしました(笑)。最後まで楽しんでいってください。
新津ちせさん(川本モモ役)

今日は観にきてくださってありがとうございます。
板谷由夏さん(川本美咲役)

この年齢にも、胸に"ズキュン"とくる青春映画になっていると思いました。若い人たちには、「若い人たちの青春映画」になるだろうし、私たちの年代にとっては「昔を思い出す青春映画」になっていると思います。胸に迫るものがありました。気に入った方、口コミで広めていってもらえたらなと思います。
豊川悦司さん(幸田柾近役)

今、映画をご覧になられた皆さんの顔がとても晴れやかで、とても嬉しく思います。ぜひ後編の方も劇場に足を運んでください。
大友啓史監督

僕は、テレビの世界から映画の世界に移って8作目になります。映画のおもしろいところって、クランクインして、クランクアップして、スタッフ間での試写会があり、完成披露の試写会があり、初日を迎えるんですが、それぞれの機会に、皆さんが「おめでとうございます」って言ってくれるんです。それはテレビドラマではあまり聞かない言葉なので、この言葉を聞くと映画をやっていて良かったなと思います。後編まで観てもらえるとわかりますが、ここに上がっていないキャスト、スタッフ含めて、まさに「おめでとうございます」という言葉を皆さんと共有できるような、ラストに向かって祝福するような映画になっています。ぜひ応援してもらえたらと思います。


MC:親子、兄弟、姉妹など、愛を求めて魂がぶつかりあう物語になっています。その愛にちなんだ質問をさせてもらいます。皆さんが撮影中、宣伝活動中にこの人、愛おしいなと思った人はどなたでしたか?

神木さん:
僕は、二海堂を演じている染谷将太が愛おしいです。いつもは僕が「染ちゃん、染ちゃん」っていく方なんですけれど、映画の中では「桐山、桐山」って言ってくれて...。

染谷さん:
台本に書いてあるからね(笑)。

神木さん:
(劇中で)がっつりと肩を組んで、すごく嬉しかったです。観ていても接していても、こんなに明るくて、いい意味での暑苦しさがある、そして、人の気持ちに寄り添える、二海堂の人間性がすごく素敵だなと思いました。桐山のために泣いてくれたり、喜んでくれたり、悲しんでくれたり...。それを演じている染ちゃんが僕は愛おしいです。

染谷さん:
照れますよね(笑)。すごく噂を聞くんですよね。友達から連絡がきて、「神木くんが朝の番組で、染谷くんと共演したいって言っていたよ」とか...(笑)。

神木さん:
言いました!

MC:有村さんにとってはどなたでしょう?

有村さん:
モモちゃんです。私、モモちゃんから魔女って呼ばれているんです。たぶん香子を演じているからだと思うんですけれど...(笑)。さっき、「魔女~」って言って抱きついてくれて、そこで、気持ちが一気に柔らかくなりました。本当、天使です。

MC:どうして魔女って呼んでいるの?

新津さん:
(小さな声で)原作でそう呼んでいるから。

神木さん:
もっと自信もって言っていいんだよ(笑)!

倉科さん:
私は、零くんなのか、神木くんなのか、わからないんですけれど、神木くんがコタツでポカポカ寝ている姿は、愛らしいなと思いました。どこでも寝ているんです(笑)。

神木さん:
それは、神木くんです(笑)。

倉科さん:
ポカポカオーラをすごく出していて、可愛らしかったです。

神木さん:
寝ていて良かったです。

染谷さん:
僕はもちろん、神木くんです。相思相愛じゃないか。

神木さん:
いやー良かった!

染谷さん:
現場に行くと、いつも笑顔で迎えてくれて、リラックスするんです。心が落ち着くし。ねっ?

神木さん:
良かったよ! 相思相愛で。

有村さん:
(立ち位置を)変わる?

神木さん:
いやいや、変わらなくていいですよ(笑)。

清原さん:
映画のキャンペーンで雛祭りにあかりさんとモモちゃんとお寿司を作ったんです。その時のあかりさんの包容力、温かさがすごかったんです。こんな女性になれたらいいなって思いました。大好きです。

倉科さん:
ありがとう!

佐々木さん:
僕は、宗谷と島田が対局するシーンを一番最初に撮ったんです。撮影の待機場所が別邸みたいなところになっていて、そこで加瀬さんと私と神木くんで待っていたんです。その時に宗谷名人は結構無口なのに、(撮影現場で)加瀬さんは結構喋っていたんです。加瀬さんがハンドクリームを塗っていて、そしたら神木くんが「いい匂い。そのハンドクリームちょっといいですか? どこのですか?」って聞いたんです。「僕ももらったものだからわからないんだよね」「じゃあ、写真を撮っていいですか?」って、加瀬さんと神木くんの二人でハンドクリームを塗りながら、匂ったりしているのが愛おしいなと思いました。

前田さん:
僕はモモちゃんですね。僕の孫は大学生が三人、高校生が二人なんですが、昔を思い出しました。食事のシーンが多かったでしょ? その時に、1回の食事シーンを5~6回、撮るんです。本番の時はちゃんと食べないとダメなんだけれど、モモちゃんは、必ずテストの時からいっぱい食べちゃうんです。セーブをしなきゃいけないから、優しくそのことを言うと、「じーじは甘い」とか言われちゃってね...(笑)。毎日、心配で愛おしかったです。

MC:ちせちゃん、いっぱい食べましたか? 何が美味しかったですか?

新津さん:
いっぱい、食べました。カメさんハンバーグがおいしかったです。

中村さん:
僕も、神木隆之介の愛おしい話をします。僕と神木くん、松本役の尾上くんと3時間ぐらい空き時間になった時があったんです。その時、「漫画は何が好き?」っていう話になったんです。神木さんは漫画が大好きで、僕も好きで、尾上くんはあんまり漫画を読まなくて、蚊帳の外だったんです(笑)。そうしたら、急に神木くんが「じゃあ、漫画クイズやろうよ」って、キラキラした顔で言い出したんです。「漫画クイズって何?」って聞いたら、「何巻の、何ページの、キャラクターのセリフの後の、次のキャラクターのセリフを答えるやつ」って言うんです。その時、iPadにいっぱい漫画が入っていたんで、尾上くんに出題者になってもらって問題を出してもらいました。15分、20分くらいで「あー楽しかった」で終わるのかなと思っていたら、「次の問題、次の問題!」って神木くんが言って...。

神木さん:
言っていましたね(笑)。

中村さん:
遊園地に来た子どもが「次、あれ乗ろう、乗ろう!」っていうまなざしでした。とってもね、愛おしかったですね。

MC:神木さん、漫画好きですよね。

神木さん:
大好きです。常にバッグの中に入っています。

MC:続いて、新津さん。

新津さん:
ひなたお姉ちゃんです。私が撮影で6歳のお誕生日になった時に、監督から可愛いカメラをもらって、それでひなちゃんを写していたら、ひなちゃんがおもしろい顔をいっぱいしてくれました。ひなちゃんの楽しい写真がいっぱいアルバムに残っています。

清原さん:
動物のマネとかをしていたんだよね。

MC:ぜひ見たいです。今度見せてください。

新津さん:
はい!

板谷さん:
川本家は、和菓子屋だったんですね。撮影が終わった時に見たら、そこにあった和菓子をパクッとほおばった監督がいて(笑)。すごくストイックな監督が「和菓子、美味しい、美味しい」って食べているのを見た時に、可愛いなと思いました。

MC:監督、和菓子好きなんですか?

大友監督:
甘いものが好きなので...。僕は川本家の食事は全部食べています。味見をしています。変なものをキャストに食べさせられませんからね(笑)。

MC:豊川さんは?

豊川さん:
神木くんが小学生の頃、「妖怪大戦争」という映画で、僕は神木くんと戦ったことがあるんです。あの時、"天才子役"と言われていて、今は"子役"という字がとれて、"天才ペラペラ役者"になっています。素晴らしい座長感で、現場でも、スタッフ、キャストのみんなに笑顔を向けて、すごいなって思いましたね。撮影中に、神木くんが誕生日なのに、コンビニでチョコレートを買って食べたっていう話を聞いて、「あーこいつはすごい役者になるんだろうな」って思いました(笑)。

MC:素晴らしい座長感ということですが。

神木さん:
ありがたいお言葉ですね。

MC:誕生日は、一人でチョコレートを召しあがっていたんですか?

神木さん:
一応、誕生日だったので、何かしようと思って、「チョコレートを食べたいな」って思ったぐらいですかね。

MC:そこは零くんと一致する部分がありますね。一人で家にこもって...。

神木さん:
今、アニメでもやっていますが、零くんの冷蔵庫には何もなくて、「ない...買いに行かなきゃ」と言っている姿とか本当にその通りなんです。本当に共感するところばかりです。

大友監督:
僕は、一応、博愛主義者なんで皆さん可愛いんですけれど...(笑)。ストイックなシーンが多いので、抜きどころでうまく抜いている、三角、松本とかは愛おしかったです。カットをかけないでほっておくと、いつまででもやっていますからね。

中村さん:
それ、カットをかけないからですよね? 何かやらなきゃと思って...。

大友監督:
そうそう、楽しませてもらいましたね(会場笑)。

MC:この映画のテーマの一つは、戦いです。その戦いにちなんで、「戦うことでしか生きられないチーム対抗玉入れ合戦」を行いたいと思います。零くんと川本家のチーム、プロ棋士たち、幸田家、監督のチームの二つに分かれて対決をしてもらいます。玉はそれぞれ20個あります。ピンクの玉はピンクの籠に、白い玉は白い籠に、ちせちゃんはこの籠(低めの籠)でOKです。玉はお客さんに当たったら、お持ち帰りいただいて大丈夫です。それでは、時間は30秒です。どちらのチームが多く入れられるでしょうか。ヨーイ、スタート!

■キャスト陣は、籠よりも会場の方々にボールを投げていました!

 

MC:3、2、1、終了! では、2チーム同時に、カウントしたいと思います。1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ、ということで、勝利は川本家チームでした!

神木さん:
勝ちにいきました。学生時代以来です。

倉科さん:
はしゃいじゃった!

神木さん:
皆さん、楽しかったですか(会場拍手)?

有村さん:
楽しかったです!

MC:今日は、将棋の駒生産日本一の山形県天童市の将棋の駒職人の方が、映画の大ヒットを祈願した飾り駒を作ってくださいました。

■飾り駒を入れてフォトセッション!

MC:最後に神木さんより、ご挨拶をお願いします。

神木さん:
皆さんのおかげで無事に初日を迎えることができて、まずは一安心です。まだ後編があります。2部作なので、後編の方も楽しみにしてもらえたらと思います。前編は前編として、皆さんの中で素敵な作品だなと思ってもらえたら嬉しいです。どうか、後編まで楽しみにしていてください。

東宝website