Movie Movie

Return Page

雨上がり決死隊、衝撃のコンビ格差が判明!?
さらに! 志田未来、公開告白にドキがムネムネだゾ!!

2017年03月22日

「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」公開アフレコイベント

<左から、志田未来さん、しんのすけ、宮迫博之さん、蛍原徹さん>

今年で25周年を迎える「映画クレヨンしんちゃん」シリーズの最新作「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」。本作で、物語の鍵を握る宇宙人シリリの父・チチシリ役を演じる雨上がり決死隊の宮迫博之さん、謎のエージェント・モルダダを演じる蛍原徹さん、そして小さい頃から「クレヨンしんちゃん」の大ファンで、今回、なんと本人役で出演している志田未来さんが、3月22日に都内スタジオで行われた公開アフレコイベントに登場しました! しんちゃんは志田さんに夢中で、報道陣の前で堂々とデートの申し込みをして、なんと壁ドンまで...? 爆笑の公開アフレコの模様をレポートいたします!


しんのすけ

オラの映画も今年でついに25作目! 今回の映画は、ある日突然、オラのウチにシリリという宇宙人が乗った宇宙船がやってきて、シリリが出したビームで父ちゃんと母ちゃんが子どもになっちゃうんです。元の姿に戻すには、シリリのお父さんじゃないと無理! ということで、シリリをオラのお尻に隠して日本縦断の旅に出ることにしました。オラ、人生初のお尻封印! そんな中シリリのお父さんは重大な陰謀を企んでいて、とにかく大変なことになっちゃいます! 笑いがたくさん詰まった超大作だゾ! シリリのお父さん役に雨上がり決死隊の宮迫博之さんと謎の男・モルダダ役に雨上がり決死隊の蛍原徹さん! そしてそして、オラが一番好きな女優さん、志田未来ちゃん! 志田未来ちゃんが本人役で映画に登場しちゃうんだゾ!

宮迫博之さん(シリリの父役)

はい、宇宙人シリリのお父さん・チチシリ役を演じました宮迫です!
僕、声だけの仕事は悪の親玉ばかりなので、今回もいつも通りやらせてもらいました!
蛍原徹さん(モルダダ役)

謎の男・モルダダをやりました蛍原です。
志田未来さん(本人役)

志田未来本人役を演じることになった志田未来です(笑)。私は「クレヨンしんちゃん」に出演することが昔からの夢だったので、叶ったことが夢のようです!

しんのすけ:
オラも夢のようです。こうして二人っきりで会えて...(笑)。

宮迫さん:
いや、違うし! 僕らもおるし、人いっぱいいるよ!

しんのすけ:
男の人...目に入んなかった! 雨上がり決死隊とはお久しブリブリなんですよね? 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」という作品からですから...15年ぶり?

宮迫さん:
お久しブリブリですよ。

しんのすけ:
「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」ではセリフは多いですか?

宮迫さん:
たくさんセリフがありました!

しんのすけ:
カッコいい役だったね。

蛍原さん:
僕は、15年前のときは「わー」「行けー」とかばっかりでした。

宮迫さん:
家族で観に行ったら「ほとちゃん出てた?」と嫁が言っていましたよ(笑)。

蛍原さん:
しんちゃん、「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」ではセリフがあるよ!

宮迫さん:
僕も前の作品よりもセリフが増えていました。やはり悪の親玉ですから。けれど台本を見たら蛍原さんのセリフはやはりちょっとでしたよ...(笑)。

蛍原さん:
十分よ!

宮迫さん:
未来ちゃんは本人役って夢のようですよね?

志田さん:
夢のようです。

宮迫さん:
僕はチチシリに似てる?

しんのすけ:
似ているよ! 顔立ちが(笑)。

宮迫さん:
こんな顔ちゃうわ!

しんのすけ:
ほとちゃんは髪型そっくりだしね。映画では10倍くらいカッコよくなっているけれど。

蛍原さん:
それ似てないわ(笑)!

しんのすけ:
宮迫さんとほとちゃんのお芝居は定評があるので、楽しみにしています! そして志田未来ちゃん! 今日もカワイイ。会いたかった! うれしい!

志田さん:
私もうれしいよ!

しんちゃん:
この後オラとデートに行きませんか? あぁ、いやいや、未来ちゃんには大事なお仕事があったんだね。じゃあ、お仕事終わった後、おデートしたいと思いますので、オラ、見守っているから頑張ってください! よろしくお願いします。

■しんちゃん、志田さんに壁ドン!

志田さん:
頑張るね!

しんのすけ:
じゃあ準備はいいですか? アフレコはじめますよ! 出発おしんこ、きゅうりのぬか漬け~!

■アフレコスタート! 宮迫さん→蛍原さん→志田さんの順に2回ずつアフレコを公開!

  

【囲み取材】

Q1:まずは、しんちゃんから見て、みなさんのアフレコはどうでしたか? 感想をお願いします!

しんのすけ:
みなさん...さすがでしたよ! それぞれすごくよかった。宮迫さんは相変わらず渋くて、落ち着いた演技でカッコよかった! ほとちゃんは一回目を終えたとき、どうなるかと思ったけれど、監督の指示を受けたらコロッと変わってすごくよかった。

蛍原さん:
そうなの?

しんのすけ:
いい男だったよ! そして未来ちゃんは女優さんだから何やっても素敵!! というのがオラの感想だけど、アフレコしてみて、みなさんの感想はどうなんでしょう?

宮迫さん:
公開のアフレコはちょっと緊張する。みなさんに見られるのは、ドキドキしました。

しんのすけ:
そうなんだ...宮迫さんでも?

宮迫さん:
ドキドキしますよ! 僕、緊張しやすいので。

しんのすけ:
そうなんですね! 意外な一面が...。ほとちゃんはどうでした?

蛍原さん:
あまり緊張はしなかったのですが実力がないので、ついていけない感じです。

しんのすけ:
いやいや、そんなことなかったですよ! 2回目はカッコつけていてよかったですよ! 未来ちゃん! 未来ちゃんはアフレコ、どうでした?

志田さん:
すごく緊張しました。「殺してやる!」などの過激なセリフが多いのですが、普段あまり使わない言葉なので、大きな声で「殺してやる!」と言えてスッキリしました(笑)。

宮迫さん:
なかなかのストレスをため込んでいますね(笑)。

しんのすけ:
宮迫さん、この作品では15年前と違い、シリリの父役という、厳しいお父さんの役だよね。実生活でもお父さんだし、普段から厳しいお父さんですか?

宮迫さん:
厳しいですね。高校生の息子に「どないした? おまえ、勉強せえ」って。「お前、ガリガリで力弱いな。お父さんはこれでもまだ(出している)力は2割やぞ!」と言いつつ、実は9割の力で押さえつけています(笑)。

しんのすけ:
いい親子関係だ! ほとちゃんは相変わらずセリフはちょっと短めだったと思うけれど「もっとセリフほしい!」っていう欲はないの?

蛍原さん:
欲はあるけれど、しんちゃんの映画でそんなこと言えないよ!

しんのすけ:
未来ちゃんは珍しく「ハードなお姉さん」みたいな雰囲気でしたね。なので普段の未来ちゃんとのギャップがたまらん~! アフレコを聞いていてドキドキしました! さすがオラの未来ちゃん!

宮迫さん:
僕らに興味ないでしょ...?

しんのすけ:
重要な役ですし興味ありますよ! けれどプライベートのオラの気持ちは、どうしても未来ちゃん! でも未来ちゃんの理想のタイプはオラの父ちゃんって。マジなの? あの足の臭い、ヒゲがすぐ伸びるおじさんが...。

志田さん:
大人の色気があるからね! しんちゃんには...まだないかな? 

宮迫さん:
ひろしに大人の色気ある...(笑)?

志田さん:
ありますよ! 家族を大切にしています!

宮迫さん:
家族を守るときね。それはわかる。しんちゃん、残念やったな(笑)?

しんのすけ:
オラだって、未来ちゃんと家庭を持ったら家族思いになりますよ。オラは、25年も5歳でいるのに結局、父ちゃんに負けた...。残念だな。早く大人になりたい!

Q2:それぞれの役を演じるにあたって工夫したことはありますか?

宮迫さん:
僕はシリリの父役で、傲慢で地球征服を狙っている悪玉なのですが、シリリのことも思いつつ、自分の意思を押し付けすぎてしまうんです。アフレコしながら「こんな父親はダメだな」と勉強にもなった部分もありますね。自分の息子に対するところとか、いろいろなことを鑑みながら演じました。

蛍原さん:
私はモルダダという謎のエージェント役なのですが、この役は謎だらけなので、まだ何も言えません。是非「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」を観てください!

しんのすけ:
映画の内容ばれちゃうからね。

蛍原さん:
そうなのです!

志田さん:
私は本人役ですが、しんちゃんが毎回楽しみにしているドラマの主人公を演じている志田未来の役です。銃を撃つシーンもあるので、カッコいい女性を意識して演じました。

Q3:志田さんは本人役ですが、普段隠している内面が出ているのでしょうか?

志田さん:
「殺してやる」とまではいかないけれど、ストレスがたまっているときはメラメラしているときもあります(笑)。 

宮迫さん:
「殺してやる!」とまで思うことはあるの? 

志田さん:
そこまではいかないけれど...近いところはあるかな?

蛍原さん:
お風呂に潜って「ワーッ」と大声で言うとストレス発散になるよ。潜って言えば迷惑にならないし。

宮迫さん:
僕は、奥さんと喧嘩したときは、風呂場の天井に水をバシャッ! とかけますね(笑)。

しんのすけ:
いろいろな発散の仕方がありますね...。

Q4:セリフの量が宮迫さんと蛍原さんの間で大きな差がありますけれど...コンビ格差を感じますか?

蛍原さん:
そうですね。ちょっと差がありますね。量が...。

宮迫さん:
僕、セリフたくさんあったよ(笑)。

蛍原さん:
僕はさっきのアフレコと同じくらい...プラス2~3行かな?

しんのすけ:
セリフがたくさんある役は大変だけれど、セリフが少ない役も難しい。

蛍原さん:
わかっていらっしゃる!

Q5:蛍原さん、セリフは少なくてもお子さんに自慢できそう?

蛍原さん:
しんちゃんの映画に出演することだけで自慢ですから!

宮迫さん:
気づいてくれるかな(笑)?

蛍原さん:
それは分かりませんが、5歳の子に「しんちゃんに出る」と言ったら「ピコ太郎も出るの?」と言われました。「うーん、ピコ太郎は出ないかな...?」と答えましたけれど。喜んでいました!

しんのすけ:
心配なことは、5歳にとって上映時間の90分は長いから眠くなっちゃうのね。だから眠らせといて、ほとちゃんが出てきたら起こすのもありかな?

蛍原さん:
ありですね(笑)

しんのすけ:
みなさん、今日はお忙しいところイベントに来てくださって、誠にありがとござました! オラの映画「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」は4月15日公開です! たくさんのお友達に来てもらえるように、どうか宣伝、ヨロチクビ~!!

東宝website