Movie Movie

Return Page

織田裕二、4年ぶりの主演映画初日に感無量!
「ボクの妻と結婚してください。」初日舞台挨拶

2016年11月05日

「ボクの妻と結婚してください。」初日舞台挨拶

<左から、三宅喜重監督、原田泰造さん、織田裕二さん、込江海翔さん、吉田羊さん>

放送作家として数々の人気番組を手がける樋口卓治さんのベストセラー小説を映画化した「ボクの妻と結婚してください。」の公開初日舞台挨拶を11月5日、東京・有楽町 TOHOシネマズ 日劇2で行い、4年ぶりの映画主演を果たした織田裕二さんをはじめ、吉田羊さん、原田泰造さん、込江海翔さん、三宅喜重監督が登壇しました。
本作は、余命半年の宣告を受けた放送作家の修治(織田さん)が、愛する家族の未来のために、妻・彩子(吉田さん)の"最高の結婚相手"を探し出そうと奔走する感動のラブストーリー。舞台挨拶では、織田さんがファンからの"おかえり"コールに応える形で「本当にこの4年は長かったような、あっという間だったような」と感無量の表情を浮かべる場面も。妻を演じた吉田さん、息子役の込江さんが明かす織田さんの意外な一面とは? 当日の様子をレポートいたします。


織田裕二さん(三村修治役)

こんなに朝早くから劇場に足を運んでいただき、本当に感無量です。久しぶりの主演映画となったんですけれど、皆さんに観てもらいたいと思える作品に出会えて、感謝しています。今日、もしお時間が許せば、もう一度観てください(笑)。
吉田羊さん(三村彩子役)

朝早くから駆けつけていただき、ありがとうございます。こうして客席を見渡していると、ハンカチで目頭を押さえていたり、目が潤んでいる方をたくさんお見受けして、「ああ、私たちがこの作品で伝えたかったメッセージが、皆さんの心に届いたのかな。」と感じております。織田さんが言っていたように、パートナーを変えてもいいですし、一人でもいいですし、一度だけでなく二度三度とぜひ、何度でも観てもらって、心のデトックスをしていただければと思います。
原田泰造さん(伊東正蔵役)

朝早くから観ていただき、本当にうれしいです。今回、僕はいい役をいただいて(笑)、本当にニコニコしています。今日は本当にありがとうございます。
込江海翔さん(三村陽一郎役)

朝早くから来ていただき、ありがとうございます。皆さんが観終わった後にハンカチで目を押さえているのを見て、「あっ、すごくいい映画が作れたなあ」と思えて、うれしいです。
三宅喜重監督

今日はお越しくださり、ありがとうございます。本当に皆さんに早く観ていただきたかった映画です。映画は観客の皆さんに観ていただいて、初めて完成するものだと思うので、今日は「本当に映画が完成したんだな」と実感しています。近くで皆さんのリアクションを見ることができるのもうれしいことです。皆さんが何かを感じて、もしいい映画だと思っていただけたら、ぜひ周りの人たちにすすめてください。

MC:織田さん、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」以来となるスクリーン復帰を日本中のファンが待っていました! 織田さん、おかえりなさい!(客席から大きな拍手&「おかえり」の声)

織田さん:
ありがとうございます。本当にこの4年は長かったような、あっという間だったような。思い入れの強い作品が続いていましたし、そこから「もう一度初心に返ってエンジンをかけ直せるようなものは何だろう」と思っていた頃に、この作品の脚本に出合いました。最初は「『ボクの妻と結婚してください。』って何、このタイトル?」と思ったんですが、読んでみたらクスクス笑いながら、「余命半年なのにずいぶん軽いなあ」と読み進めて、いつの間にかツーッと涙腺が緩んだ瞬間があって、そこからはどんどん作品の世界に引き込まれていました。
最初は三村修治が考えていることが、突拍子もないことだと思えたんですけれど、何度も読み返すと、そうでもないなと思いました。彼は、自分の余命を知って周りの人に伝えていくわけですけれど、(職業が)放送作家ということもあって、その分自分の死を俯瞰して捉えることができなかったのかなと思いました。最初は夢の中にいるように感じて、そして実感が沸いてくる。(余命を知ると)だいたい自分のことで精いっぱいになるのが当たり前なのに、その時に自分のことではなく残された人に「どうしたらいいだろう」と発想できるところがすごいなと思ったんですね。それに延命措置も受けない。最後はチューブか何かにつながれて、髪の毛はどんどん抜けていって...みたいなお芝居をしないといけないのかと思っていたら、そうじゃないんです。残された命で、最後まで明るく生きようとした彼がすごく素敵で、この役は絶対に演じたいと思いました。長くなりましたが、この映画に惚れたきっかけにもなりました。


MC:吉田さん、(10月3日に行われた)完成披露の席で、織田裕二さんを前に緊張されたとお話していましたが、撮影中にイメージとは違う、織田さんの意外な一面はありましたか?

吉田さん:
今までは、熱いんだけれどどこかクールで硬派なイメージを持っていたんですが、現場でご一緒すると、小さい頃の陽一郎を演じるお子さんと遊ぶ織田さんの遊び方がすごく上手で、「ああ、子ども好きなんだな」と思いました。そういう一面を垣間見ることができたのは、ラッキーだなと思いました。

MC:込江さんは、織田さんと共演していかがでしたか?

込江さん:
演技に対してすごく真面目なイメージがあったんですけれど(会場笑)、現場では本番前や撮影が終わったときに話しかけてくれました。すごく穏やかで明るい人だったので、とても演技がしやすかったです。

MC:原田さんも織田さんとの共演シーン、たくさんありましたがいかがでしたか?

原田さん:
僕の織田さんのイメージは、演技に対して真面目な人...でも、シーンが終わるごとに話しかけてくれて(込江さんのコメントをなぞり、会場爆笑)。でも、本当に僕もそう思いました。織田裕二という存在感を忘れさせるくらい、三村さんになりきっていました。ある日、ロケをしていたら、自転車に乗った年配の方が来て「織田さん、日本をよろしくお願いします」って言って去っていたんですけれど(笑)、そのときに僕も「あっ、そうだ。この人、織田裕二だ」って思い出しました。そのくらい、忘れさせてくれる人でしたね。もう、役に没頭する人だから、ご一緒していて楽しかったです。いいチームでした。

MC:監督から見た、織田さんの意外な一面はありましたか?

三宅監督:
意外と言うか、本当にずっとお芝居のことを考えていて、ある日の朝も「監督、すごくいいこと思いついたんですよ」ってすごくうれしそうに言ってきてくれました。それこそ陽一郎よりも少年っぽくって、本当に純粋な人なんだなと思いました。

MC:吉田さんは、そんな織田さん、込江さんと三村家の一員として、彩子を演じましたけれど、改めて振り返っていかがですか?

吉田さん:
すごく楽しかったです。織田さんご自身も楽しいことが大好きなので、修治さんの中にある「世の中のものを面白いものに変換していく」という感覚は、織田さんの中に流れていると思いますね。現場でも冗談を言ったりして、盛り上げてくれますし、周りにも気を配って「ここはこうしたほうがいいよ」とアドバイスしてくれたりしました。24時間、ずっと修治でいてくださるので、私も彩子でいることができました。

MC:込江さんはいかがでしたか?

込江さん:
いま、羊さんが言ったように、(撮影中は)ずっと三村家でいられるような気持ちで演技をしていられたから、普段の会話からあまり変えずにそのままセリフにしてみたりしました。

吉田さん:
賢いねえ~。よくできた子です(笑)。

MC:お二人のお話を受けて、織田さんはいかがでしたか?

織田さん:
もう、三村家最高ですね。この妻が支えてくれているから、修治も仕事に没頭することができたんだろうし、だからこそ、忙しくて素直に愛情をぶつけられないこともあったんだと思います。そして、余命を知り、ようやく愛情の痛みを知ることもできた。何より出演している俳優さんが皆、素晴らしかったです。こんなに素敵な人たちばかりに囲まれた時間ってなかなかないので、(撮影をしたのは)もう寒い冬でしたけれど、心はポカポカしているような気持ちでした。「(修治のように)こんな最期が迎えられたら幸せだろうな」と思いながら演じていました。

MC:映画のプロモーションとして、皆さんが顔を揃えるのは本日が最後になるわけですが、もし織田さん、吉田さん、込江さんが丸一日休日を一緒に過ごすとしたら、どんな家族の思い出作りをしたいですか?

織田さん:
どこ行きたい?

吉田さん:
陽一郎の行きたいところ、行こうよ。

込江さん:
普通に家で三人で過ごしたいですね。一緒にいるのがすごく楽しいから。

吉田さん:
なんていい子なの。

織田さん:
羊さんは?

吉田さん:
私はキャンプとか行きたいですね。

織田さん:
いいですね。僕も同じことを考えていました。

MC:そんな三村家と縁が深くなる伊東を演じた原田さん。とてもクリーンな印象の役柄でしたけれど、演じる上で工夫されたことはありますか?

原田さん:
工夫と言うか、僕の中にいるクリーンな人たちを総動員して、演じた役だと思います。演じる中で、ところどころ迷う部分もありましたし、家に帰っても「これで良かったのかな」って悩むこともありました。

三宅監督:
(原田さんは)すごく器の大きな人という印象があるので、それが伊東正蔵の役そのままでいいなと思いましたね。

MC:監督は、なにか印象的なエピソードはありますか?

三宅監督:
映画のキーになるアイテムで万年筆があるんですけれど、撮影前に織田さんと初めて会って衣装合わせをした際、持ち道具の担当さんが最初に30種類くらい用意してくれたんです。その中から、織田さんと「あれでもない、これでもない」と相談したんですが、その時には決まりませんでした。そして、また新たに30種類くらい用意してもらったんですが、それでも決まらなくて、結局、織田さんと一緒に万年筆の専門店に行きました。

織田さん:
そう、じゃあ「店に行こう」って話になって。

三宅監督:
それで、織田さんが「これ」と見つけたのが、(映画に出てくる)あの万年筆なんですよ。

織田さん:
お店の隅っこのほうに置いてあって、もう色あせていましたね。

三宅監督:
もう10年くらい置きっぱなしだったみたいで、上の部分が酸化してくすんでいるんですが、その味わいがすごく良くって。

織田さん:
あれ、僕欲しかったんですけれど、どこいっちゃったんでしょうね?

三宅監督:
どこにあるかは、僕もちょっと分からないです...。ただ、後日談ですが、ちょうど撮影中に僕が誕生日を迎えまして、織田さんが同じ万年筆の新品をプレゼントしてくれたんです。ありがとうございました。

織田さん:
もう古いものだから、(在庫は)ないと言われたんですけれど、無理を言って全国を探してもらったら、一本だけ出てきたんです。

三宅監督:
貴重なものを...。一生の宝物です!

織田さん:
本当は僕が欲しかったんですけれど(笑)。

MC:最後に織田さんから一言、お願いいたします。

織田さん:
明るくて楽しくて、でもいつの間にか心が洗われていくような、余命ものではあるけれど、元気が出る作品になったんじゃないかなと思います。本当にいま思い返しても、一つ一つのシーンに「あんなことがあった、こんなこともあった」と思い出しちゃうんですけれど、そんな思いが観てくれた方に届いたらいいなと思います。今日はスタートです。ぜひ、皆さんのお力で、この作品を広げていただければと思います。本当に今日はありがとうございました。

東宝website