Movie Movie

Return Page

一番裏切りそうなのは誰だ?
「何者」俳優たちの本性が暴かれる!ギリギリトーク舞台挨拶

2016年10月15日

「何者」初日舞台挨拶

<左から、三浦大輔監督、岡田将生さん、二階堂ふみさん、
佐藤健さん、有村架純さん、菅田将暉さん、山田孝之さん>

5人の大学生の、就職活動を通して自分が何者であるのかを模索する姿を描いた作品「何者」。ついに初日を迎えた10月15日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて初回上映後の舞台挨拶が開催され、佐藤健さんをはじめ豪華キャスト6名と三浦大輔監督が登壇しました。
原作は朝井リョウの直木賞を受賞した同名作品。就職活動を通して見える恋愛と友情、そして内定という裏切り。ひょんなことから集まった5人の大学生は、それぞれの就職活動の裏で、自分を繕ったSNSや面接での発言に翻弄され、徐々に5人の関係性が変化するうちに、人間の本質や妬みの感情に気付いていくことになります。そんな若者のリアルと今の就活事情を、三浦監督の下、豪華俳優陣が演じ切りました。
初回上映後の舞台挨拶では、撮影中に感じたお互いの印象を披露。初回上映を鑑賞したばかりの皆さんの前で、笑いあり、バトルありの、賑やかなトークが繰り広げられました。
また、大学生たちの恋愛・友情ストーリーに見せかけた人間の本性をさらけ出すという本作にちなんで、「一番◯◯なのは誰だ??」ゲームを実施。「一番裏切りそうなのは?」「モテそうなのは?」などとお互いに鋭く切り込み、ドキドキハラハラの初日舞台挨拶となりました。


佐藤健さん(二宮拓人役)

皆様のおかげで、無事に初日を迎えることができました。本当に嬉しく思います。この作品を通して、芝居というものに真摯に向き合うことができたなと思います。改めて自分の中で、今まで演じてきた作品を思い返すと、その役の人生を生きている実感はあるんですけれど、誰かと芝居をしている時間があまりない、孤独な役が多かったです。今回は三浦監督の下この最高のメンバーと「芝居をした」と、すごく実感しています。俳優としてはとても実のある時間でした。この作品に出演できたことを誇りに思います。
有村架純さん(田名部瑞月役)

ついに公開ということで、この日をすごく楽しみにしていました。みんなで一つのシーンにすごく時間をかけて撮影しました。自分でも役を演じていて「これで合っているのかな」って思いながら演じていました。そういう風に考えながらみんなで作品を作っていく作業がとても楽しくて、私も充実した時間を過ごせたなと思っています。
二階堂ふみさん(小早川理香役)

今日は劇場まで足を運んでいただき、ありがとうございます。お天気も良くて、すごく素敵な初日を迎えられて嬉しいです。
菅田将暉さん(神谷光太郎役)

今日は来ていただき、ありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いします。
岡田将生さん(宮本隆良役)

今日はよろしくお願いします。
山田孝之さん(サワ先輩役)

達観先輩系男子、山田です。よろしくお願いします。
三浦大輔監督

原作の朝井リョウさんの小説があって、それに出会ってこの企画が始まりました。僕も監督として、朝井さんが小説で描こうとしたものを、いかに映像として表現できるかということにまい進してきました。企画から三年くらい経ったんですが、これだけの豪華なキャスティングができて、更にすばらしいスタッフが集まって、やっとこの日を迎えることができ、感無量です。(映画を観て)どういう感想を持ったのか、すごく気になりますけれども、もし気に入ったら周りの人に勧めてくれたら嬉しいです。

MC:監督は実際に観た人の感想を聞いていますが、いかがでしたか?

三浦監督:
観終わって「面白かった」っていう人は、あまりいなかったんですよね。それは良い意味だったんですけれど、皆さん「すごく考えさせられた」という意見が多くて、「もう一度観たい」「リピートしたい」という意見がすごく多かったです。それは映画にとっても良いことかなと思いました。それぞれの価値観で感じることは違うと思いますし、(全ての人に)わかりやすいエンターテインメントではないと思うので、「そういう映画になったな」という実感は持ちました。

MC:「指差し印象ゲーム」を行います。いくつかお題を出しますので、「せーの」で思い当たる人を指差してください。

Q:もし全員で就活をしたら、一番早く内定を取りそうなのは、誰?

菅田さん:
健くんです。

佐藤さん:
僕ですか?

菅田さん:
健くんは、本気を出したら何でもできる人なんですよね。クレバーな部分もありますし、世渡りの上手さも含めこのフェイス。絶対イケるでしょう(会場拍手)。

MC:山田さんが指していたのは?

山田さん:
菅田さん。愛きょうがあるので(会場拍手)。

MC:さっき、二階堂さんを指していた方は誰ですか?

佐藤さん:
僕です。クランクインの前に役作りの一環で就活体験をしたんですが、その時に、グループディスカッションで二階堂さんと同じグループだったんですよ。その時に、(二階堂さんが)グループの空気を支配していたので、「こういう子が受かるんだな」と思いました。

有村さん:
知識がすごく豊富だし、中身を知りたくなる。そういうのがすごく魅力的だなって、私は思います。

MC:二階堂さんはどなただと思いますか?

二階堂さん:
健さん。私が採る側だったら欲しい方だなって。

岡田さん:
僕も健さんです。

佐藤さん:
今日人気だな。ちょっと就活してみようかな(笑)。

MC:もし、一緒にルームシェアをするとしたら誰がいいですか?

三浦監督:
岡田さん。なんか、良い感じですよね。

MC:佐藤さんなぜ菅田さんですか?

佐藤さん:
消去法ですね。山田孝之さんとは無理じゃないですか。

山田さん:
楽しいと思うよ。僕、お前を指したよ(会場笑)。

菅田さん:
ふられた(笑)。

佐藤さん:
「無理でしょ、絶対。」ってやっていったら、菅田さんがいいかなって思いましたね。

MC:山田さんはなぜ、佐藤さんと?

山田さん:
全く干渉せずにいられるかなと思って。

佐藤さん:
こっちは結構気を使いますよ。

MC:この中で一人あげるとしたら、裏切りそうなのは誰?

佐藤さん:
監督を指した人は、僕と、有村さん。
単純に、僕がまだ監督がどういう人かわからないということです。皆さんのことは共演してわかったけれど、監督のプライベートは謎なので、そういう可能性があるのかなってことです。


三浦監督:
(笑)。

有村さん:
良い意味で裏切りそう。

佐藤さん:
欲望忠実系男子だからね。

有村さん:
しゃべっていると柔らかい感じなんですけれど、突き詰めるとものすごくストイックというか。

三浦監督:
嬉しいですね。

MC:二階堂さんはどなたが裏切りそうだなと思いましたか?

二階堂さん:
岡田さんです。一回、番組でカードゲームのババ抜きをした時に、相手のカードを見ていたんですよ。ズルしていたんです。

岡田さん:
僕は「見えていますよ」ってちゃんと言いましたよ。裏切っていない。大丈夫ですよ。

MC:その岡田さんは誰を指しましたか?

岡田さん:
健さんです。頭が良いので、すぐ騙されるんですよね。話をするのがうまいので、こっちが裏切られているのも気付いていないくらい裏切っているんじゃないかな、と。

MC:山田さんはどなたを指していましたか?

山田さん:
岡田さん。「裏切るぞ」って顔に出ていますよね。

岡田さん:
おかしいって(笑)。

(会場笑)

MC:失恋で、一番引きずりそうなのは誰? ほぼほぼ全員で岡田さんになっていますね(一同・会場 笑)。

佐藤さん:
僕は岡田将生さんですけれど。

岡田さん:
待って、これ。

佐藤さん:
でも、これは良い意味じゃないですか? 優しい人っていう。

MC:二階堂さんは監督、監督は二階堂さんを指していますね。

三浦監督:
一つのことへの執着心がすごそうかなって。信念を曲げなさそう。心変わりもあんまりないのかなっていう印象ですね。

二階堂さん:
私は全部好きなので、あまり(心変わりは)ないかもしれないです。

MC:この中で一番モテそうなのは誰?

二階堂さん:
佐藤さんです。いろんな話を持っていますし、男性にも女性にもモテるだろうなと思います。

佐藤さん:
すみません。ありがとうございます!

岡田さん:
(佐藤さんを指差して)一緒にいて楽しかったんですよね。一緒に遊んでくれるっていうか、どの人に対してもレベルを下げてくれるから、「なんて優しい人なんだ」って思いました。結構、現場で惚れていたっていう(笑)。

MC:佐藤さんはなぜ有村さんがモテると思いましたか?

佐藤さん:
なぜ。それは愚問じゃないですか。そのまま、じゃないですか。モテるでしょ、実際に。僕、結構現実主義者なんで、現実的にモテる人を考えていったら、やっぱり有村さんかなと思いました。僕とか現実的に全くモテないので、本当に。

菅田さん:
僕は久々に有村さんにお会いしたら、「ドラマ大丈夫? 大変?」って言われて、好きになりました(会場笑)。

MC:最後のお題です。もし一日、誰かになれるとしたら誰になりたいですか?

三浦監督:
岡田くん。やっぱり、この見かけになりたいじゃないですか。どういう風に見られるのかなっていうのを味わってみたいです。

岡田さん:
僕は有村さんですね。「私が有村です」って言いたい。

有村さん:
私はふみちゃんです。自分とは全然違うタイプの方だし、毎日楽しそうに過ごしている印象があるので、おふみになっていろんなことを勉強して、遊んでみたいなって思います。

二階堂さん:
私は岡田さん。歯並びがすごく良いので。

岡田さん:
やめなさい、もう(笑)。

山田さん:
僕は有村さんです。男という男をたぶらかしたいです。

菅田さん:
僕は、岡田さんです。この美しさですごく汚いことをしたいなって思いました。

佐藤さん:
僕は、二階堂さんです。全然タイプが違うと思ったし、一番謎めいていると思いました。現場ではすごく明るいんですけれど、一人で家にいる時とかどんな感じなのかを知りたい。二階堂さんの心が知りたいなっていう意味です。

MC:ありがとうございました。最後に佐藤さんからメッセージをお願いします。

佐藤さん:
舞台挨拶させてもらって改めて思ったんですけれど、監督、このクセ者達をよくまとめてくれたなと思いました。このメンバーと知り合えることができて、本当に幸せに思います。たくさんの方に観てほしいと思っているので、もしよろしければ協力してくれたらと思います。学生の方にはもちろん、誰かに共感してもらえると思いますし、その上の世代、例えばお父さんやお母さん世代にも、今の若者たちの間では、こんなことが繰り広げられているんだということを知ってもらえる、良いきっかけになるんじゃないかと思います。SNSをやっている方にも、ぜひ知ってほしいですね。自分はもしかしたらこんな風に見られているかもしれないというような、危機感。一度味わっておいても損はないんじゃないかなと思います。この作品を周りの人たちに広めてくれたら嬉しいです。

東宝website