Movie Movie

Return Page

斎藤工、間宮祥太朗との濃密な時間
女性たちの"妄想"を完全再現し、会場は大興奮!
「高台家の人々」公開後イベント

2016年06月10日

「高台家の人々」公開後イベント

<左から、斎藤工さん、間宮祥太朗さん>

全国3000店の書店員が選ぶ「NEXT ブレイク漫画RANKING BEST50」で第1位に輝いた人気コミックを実写映画化した「高台家の人々」。その公開を記念した舞台挨拶がTOHOシネマズ スカラ座にて行われ、名家「高台家」出身のエリートサラリーマン・高台光正を演じた斎藤工さんと、その弟・和正を演じた間宮祥太朗さんが登壇いたしました。
なんとこの日は、劇中のシーンや観客の妄想を叶えてくれるというファン待望のキュンキュン企画が実現! 濡れた髪をハンカチでポンポンするシーンやプロポーズのシーンが再現されるたびに、会場からは大歓声と拍手が!
そんな"妄想"にあふれた舞台挨拶の様子をレポートいたします。

斎藤工さん(高台光正役)

公開から1週間が経ちましたが、この映画がもっともっと日本中に広がっていくことを願っています。
間宮祥太朗さん(高台和正役)

本当に僕の周りでも映画の評判が良くて、この映画に関われたことを改めて嬉しく思います。ちなみに、「もう観たよ」という方はいますか? ありがとうございます!


MC:2人だけで舞台挨拶をするのは初めてですね?

間宮さん:
リラックスできます。

斎藤さん:
はい。スパリゾート感がありますね。

MC:この映画でキュンとくるシーンはどこでしょうか?

斎藤さん:
僕は、祥太朗と夏帆さんとのエピソードです。綾瀬さんと私のエピソードだけではなくて、お父さんとおじいちゃん、おばあちゃんを加えたら、5つの恋の物語が描かれています。本音の向き合い方っていうのは、僕もおじさんだけれどキュンキュンします(笑)。

MC:じれったい感がいいんですかね?

斎藤さん:
そうそう! 人間って裏腹な生き物じゃないですか、逆のことを言ってしまうというか...。素直じゃないからこそ「訪れる彼の心はどこにいくのか」というのに、おじさんながらにキュンキュンしましたね。

間宮さん:
僕は最初に観た時に、もちろんキュンキュンするんですけれど、後半はキュンキュンを通り越して、木絵と光正の恋の行く末に涙ぐむぐらいグッときてしまいました。そこを楽しみにしておいてください。あとは、おじいさんとおばあさん、シャーロットさん演じるアンのかわいさですね。もうグイグイいくので、それも楽しんでもらえると思いますね。

MC:皆さん、映画を観ると「あんなことされたい」などと思うと思います。そんな妄想する方々のために今日は素晴らしいキュンキュン企画をご用意しました。会場の皆さんの妄想を斎藤さんと間宮さんに実際に再現してもらいます。

斎藤さん:
(会場の反応を見て)失笑の嵐だよね。男性のお客様とかは、どうしたものかと...。

MC:皆さん、妄想を現実にしたいですよね?

観客:
したい!

斎藤さん:
日本人って優しいですよね。企画に賛同してくださるという...、ありがたいな。

MC:こちらの写真をご覧ください。頭をポンポンのあのシーンでございます。やってもらいたい人、いますか?

斎藤さん:
男性の方も手を挙げてくれ! マスコミが望んでいない画を...(笑)。

MC:お名前と工さんの好きなところを教えてください。

観客1:
マオです。もう、すべて好きです。

斎藤さん:
34歳のおじさんですよ? ものすごく脇が臭かったら...大丈夫ですか(笑)?

MC:では、お願いいたします。

■斉藤さんが頭をポンポン。

 


斎藤さん:
申し訳ない。泣かないでください。

観客1:
最高です。

MC:今日は頭を洗わないかもしれませんね。

斎藤さん:
シャンプー、リンス、ちゃんとしてくださいね。ありがとうございました。

間宮さん:
すごくナチュラルですね。

MC:間宮さんにやってもらうのはこちらです。ヨシマサ(猫)がどんな風に間宮さんに撫でられているか。今日は、これをやってくださるということです。

間宮さん:
全力を尽くします。

MC:名前と間宮さんの好きなところを教えてください。

観客2:
ユウサです。好きなところは...(泣きそうになる)。

斎藤さん:
全部好きです。強いまなざし、包容力、青が似合うところ。

MC:では、よーいスタート!

■間宮さん、観客2の頭をなで、喉を触る。

 


観客2:
震えています。

間宮さん:
ヨシマサも、よく震えていたんです(笑)。

MC:続いてはこちら。疑似プロポーズのシーンです。斎藤さんにプロポーズしてもらおうと思います。ちなみに劇中では、「僕と結婚してほしい」と言うんですよね。

斎藤さん:
シンプルです。じゃあ今日はアラビア語でやらせてもらいます(笑)。

MC:やってもらいたい人? おめでとうございます。お名前は?

観客3:
ミクです。

MC:では、お願いいたします。

間宮さん:
公開プロポーズですね。

斎藤さん:
ミク、僕と結婚してください(会場拍手)。遠のかれましたね(笑)。

 


MC:今、腰がくだけたんですよね。

斎藤さん:
まだ、ご結婚されていないですよね? 本当に恋をした時にとっておいてください。本当の気持ちはね。

MC:今、プロポーズの返事がなかったんですが、お返事は?

観客3:
ぜひ、お願いします。嬉しいです。

MC:今度は、皆さんの自由な妄想を叶えてもらいましょう。

斎藤さん:
できないものはできないといいますし、僕らにできることがあったら、やらせてもらいます。

MC:妄想を叶えてもらいたい人? はい! おめでとうございます。お名前は?

観客4:
ミノリです。(ヨシマサの手を持っている。)

MC:どんな妄想がいいですか?

観客4:
二人からハグをしてもらいたいです。

斎藤さん:
サンドイッチ。

MC:会場の皆さん羨ましいですか(会場拍手)?

斎藤さん:
僕と祥太朗がハグする間にミノリさんがいるってことだよね?

間宮さん:
そういうことですか(笑)? 間に挟めばいいんですね。

斎藤さん:
では失礼します。

■斎藤さんと間宮さんがハグする。


MC:どうでした?

観客4:
もう心臓が飛び出るかと思いました。

斎藤さん:
飛び出ていないから大丈夫(笑)。ありがとうございます。

MC:お二人はいかがでしたか?

斎藤さん:
結果、ヨシマサのあのグッズ(ヨシマサの手)が売れるんじゃないかと思いました(笑)。

間宮さん:
あれを持っていたらなにかしてもらえるっていう(笑)。

斎藤さん:
楽しいですよね。こういうのあるとね。

間宮さん:
プロポーズされた方とか、この後、映画観るのに大丈夫かなっていう心配はありますね。ずっと「自分?」って思っている(笑)。それでいいと思います。

MC:最後に、お二人よりメッセージをお願いします。

間宮さん:
「高台家の人々」、とても幸せになれる、そして自分の周りの人々を今よりももっと大切にできる映画だと思っています。ありがとうございました。

斎藤さん:
劇場で幸せになれる映画、そしてそれが日本中に伝染していくようなシンプルでハッピーな映画だと思います。ぜひ劇場で「高台家の人々」をご覧ください。ありがとうございました。

東宝website