Movie Movie

Return Page

「ちはやふる」続編製作決定!
「ちはやふる -下の句-」初日舞台挨拶

2016年04月29日

「ちはやふる -下の句-」初日舞台挨拶

<左から、森永悠希さん、上白石萌音さん、真剣佑さん、広瀬すずさん、
野村周平さん、松岡茉優さん、矢本悠馬さん、小泉徳宏監督>

競技かるたに青春を燃やす高校生たちの姿をみずみずしく描いた累計発行部数1600万部突破の人気漫画『ちはやふる』が実写化! 二部作の後編に当たる「ちはやふる -下の句-」が4月29日に封切られました。東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズでは初日舞台挨拶が行われ、主演の広瀬すずさんをはじめ、野村周平さん、真剣佑さん、上白石萌音さん、矢本悠馬さん、森永悠希さん、松岡茉優さん、小泉徳宏監督が登壇しました。

この日、原作者・末次由紀さんからの手紙を通じて、続編製作がサプライズ発表されると、広瀬さんをはじめ、キャスト陣&ファンは大興奮! 大盛り上がりの舞台挨拶の模様をレポートいたします。

広瀬すずさん(綾瀬千早役)

「ちはやふる -下の句-」の公開日を迎えるのが、自分の中では、後1~2カ月先という感覚だったので、こんなに早く来るとは思っていなくて、正直まだ実感がないです。でも、またこうしてたくさんの皆さんに「ちはやふる」を観てもらって「あっ、始まるんだな」とジワジワ実感しつつあります。少しでも楽しんで帰ってもらえれば嬉しいです。
野村周平さん(真島太一役)

「ちはやふる -下の句-」の公開日にこんなにたくさんのお客様に来てもらって、本当に僕は嬉しい限りでございます。今日は皆さん、(映画を)ご覧になった後ということで、ネタバレ等々関係なく、お話しできると思いますので、ぜひ楽しんで帰ってください。(客席の特製うちわを見て)いやあ、嬉しいですよ。僕はね、そういうのが大好きなんですよ。うちわとか作ってもらえると自分が芸能人だなって感じます。皆さん、ありがとうございます。
真剣佑さん(綿谷新役)

「ちはやふる -上の句-」が公開された時点では信じられなかったのに、続く「ちはやふる -下の句-」が公開されるということで、皆さんに観てもらえるということが不思議な感じがします。けれど皆さんが足を運んでくださったという、この事実がすごく幸せです。たくさんの人に楽しんでもらえる映画になっているので、皆さんの力でどんどん広めていってください。
上白石萌音さん(大江奏役)

初日っていつも嬉しい気持ちと寂しい気持ちがあるんです。でも「ちはやふる -上の句-」が公開されたときは、「ちはやふる -下の句-」があるので「まだ、みんなに会える」と思っていました。今日「ちはやふる -下の句-」が公開ということで、寂しいなと思っています。映画は今日から始まりなので、皆さんに届けてもらえればと思います。
矢本悠馬さん(西田優征役)

萌音が言ったように、「ちはやふる -下の句-」今日からなんですけれど、今日、このメンバーで最後の仕事なんだと思うとすごく寂しいんですよね。映画は本当に、自信作です。めっちゃ、面白かったですよね?
森永悠希さん(駒野勉役)

「ちはやふる -上の句-」を何度も劇場で観てくださった方がいると、僕自身いろんなところで耳にしました。ちなみに「ちはやふる -上の句-」を2回以上観たという人は? おー、いらっしゃいますね。ぜひとも「ちはやふる -下の句-」も熱い作品になっていたと思いますので、その感じで何度も観てもらって、いろんな人に広めてもらえればと思います。
松岡茉優さん(若宮詩暢役)

最大10日間という素敵なゴールデンウィークの初日を「ちはやふる -下の句-」で迎えてもらい、ありがとうございます。原作ファンの皆さんにとっても思い入れのある、若宮詩暢という最強クイーンを演じるということで、去年1番と言ってもいいくらい本気で演じました。髪の毛、衣装、お化粧、立ち方も原作の詩暢ちゃんからいろんなものを吸収して、演じたつもりです。私も若宮詩暢を演じたことに自信を持っています。これからも「ちはやふる」のことを、どんどん発信してもらって、大ヒットに結び付けばと思います。
小泉徳宏監督

今日は並み居るたくさんの映画の中から、「ちはやふる -下の句-」を選んでもらい、本当にありがとうございます。映画の公開日というのは、監督にとっては特別なものなんですが、それを2カ月弱の間に2回も経験できるなんて、フィーバー状態です。短い時間ですが、楽しんでもらえればと思います。


MC:広瀬さんは全国各地でキャンペーンを回りました。初主演の映画でもある、この「ちはやふる」は広瀬さんにとってどんな作品になったんでしょうか?

広瀬さん:
言葉で表すのは難しいんですけれど、台本をいただいて、自分でああしたい、こうしたいと監督に伝えながら演じるのはこの作品が初めてでした。綾瀬千早は原作ファンの皆さんの中でも、イメージが出来上がっている魅力的な女の子なので、こんなに演じるのが怖いなと思ったことはなかったです。でも、その中でそれを変に意識せずに現場にいられる雰囲気を作ってくださったみんなと、同じ体温で、同じものを吸収して、出し合う空間が不思議な感覚でした。お芝居をしているんですが、お芝居ではないような体温を、こんなにエネルギッシュに感じるのは最初で最後なのかなと思います。

MC:この映画を通して、得たものを教えてください。

野村さん:
やっぱり友じゃないですかね。このキャストでできたことは、本当に素晴らしいなと思います。監督を含めスタッフの皆さんもすごく明るく、この若手俳優たちを見守ってくださり、本当に楽しい作品だったなと思います。今日以降みんなに会えないと思うと、寂しい気持ちで胸がいっぱいですね。またどこかでみんなに会えたらなって、心の中で思いつつ、「監督、もう1度僕を呼んでくれたらな」と思ったり、僕自身は「あの人は今」みたいにならないようにしようとか、いろんなことを考えながら日々生きています。

真剣佑さん:
「ちはやふる」という作品に出会えて、仲間と出会えて、役者として大切なものをすごくたくさん得た気がします。言葉では表せないほど素晴らしいものを手に入れました。それが今後の俳優人生においても、財産だと思いますし、僕にとって「ちはやふる」は俳優としてのスタートラインだと思っているので、すごく大切な作品、そしてみんなとの出会いが宝物です。

上白石さん:
私は奏ちゃんという女の子から、和の心、日本人女性としてどう生きるべきか、どう考えるべきかという模範を教えてもらったなと思います。演じる上で心がどんどん浄化されていきました。すごく素敵な女の子に出会えて幸せです。もちろん、ここにいるみんなと出会って、一緒の時間を過ごして、一緒に呼吸して、畳の上で汗を流す時間が楽しくて、できることなら、また戻りたいという気持ちですね。すごく幸せでした。

矢本さん:
僕もやっぱり仲間ですね。東京に来て、この仕事を始めてから、友だちがいなかったので...(笑)。今年で26歳になるんですよね。僕、一番年上なんですけれど、こんな年上の僕を輪に入れてくれたこいつらは、本当に素敵です! 役者としても素晴らしいですけれど、人としても素晴らしいんです。本当に友だちができて良かったです。ありがとうございます。

森永さん:
感じていることはみんな一緒だと思うんですけれど、実際、こんなに仲良くなる現場はそう多くないので、やっぱり仲間とめぐり合えたことに対する感謝というか、みんなで過ごした大切な時間というのが、得た大きなものだと思いますね。

MC:広瀬さんの目にも、何か熱いものが...。

広瀬さん:
やめてください!

野村さん:
本当にがんばったもんね。

松岡さん:
すごく好きだよ。

野村さん:
みんな、すずのことが好きだよね。

松岡さん:
私は「ちはやふる -上の句-」はほとんど出演していないんですけれど、(「ちはやふる -上の句-」が)原作ファンの皆さんに加えて、映画関係者の皆さんからも正統派の青春映画としてすごく評価してもらっていると聞きました。今まで私が出演した青春映画は一癖ある作品が多かったので、私事ですがようやく正統派の青春映画に出ることができて、とても幸せです。

MC:実は、ここで皆さんにサプライズがございます。私、原作者の末次由紀先生からお手紙を預かっております。

末次由紀先生からのお手紙
「ちはやふる -下の句-」の初日に駆けつけてくださった皆さん、今日はありがとうございます。私もドキドキしながらこの日を迎えております。「ちはやふる -下の句-」をご覧になった皆さんは、松岡茉優さんのたたずまいに鷲掴みになっていると思います。何度も観たくなるような詩暢役で強烈な魅力をこの映画にもたらせてくださいました。机くんを演じてくださった森永さんには、どれだけの人が泣かされたか。「ちはやふる」に一番味方を増やした立役者は、森永さんなのではないかと思います。大好きな机くんです。肉まん役の矢本さんは最近、スリムになってきて寂しいのですが、映画の中の存在感は肉まんくんそのものです。頼もしくて面白くてムチャぶりを受けて立つ姿は、チームの要です。上白石萌音さんの奏ちゃん。その演技のすべてに「ちはやふる」に大事な和を思う心が表現されていました。舞台挨拶の場でも上白石さんがいると、和みます。新役の真剣佑さん。その溢れんばかりのポテンシャルが、まさか競技かるたで発揮されるとは思いませんでした。新の迷えるダイヤモンド感が出せたのは、真剣佑さんのおかげです。野村さん演じる太一は、原作そのままの多重的な苦悩を観せてくれました。この人のこれからを見ていたいと思える役者さんであり、真島太一そのものです。未来が楽しみでなりません。そして広瀬すずさん。広瀬さんの両目が、横長のスクリーンに映し出された瞬間、千早は広瀬さんにしか演じられないと強く思いました。それは全編を通して、伝え続けられて、観終わる頃には「ちはやふる」に輝く新しい千早が生まれていました。全国を回るキャンペーンも、どれだけ大変なことかとずっと見守っていました。どんな場面も頑張ってくださって、本当に本当にありがとうございます。

MC:ということでお手紙をくださっていますが、広瀬さん、いかがでしょうか?

広瀬さん:
(目に涙を浮かべながら、言葉が出ず)すみません...。うーん、ちょっと誰か代わりにしゃべって...!

野村さん:
それでは代弁いたしましょう。末次先生、本当にこんな素晴らしいお手紙をありがとうございます。みんなのことをこんなに見てくれているとは思っていませんでした。今日はサプライズのお手紙を書いてもらい、私は本当に嬉しく思っております! もう涙があふれて、しゃべれませんが、本当に「ちはやふる」という作品に出られて私は嬉しかったです。これからも末次先生の漫画を全部読んでいこうと思います。『ちはやふる』の連載も頑張ってください...。こんな感じで大丈夫でしょうか?

MC:これで合っていますか?

広瀬さん:
はい、だいたいは...。(野村さんに対し)本当にありがとう。私が代表としてキャンペーンにたくさん行かせてもらいました。本当に各地の皆さんの反応がすごくホットでした。自分は撮影期間に綾瀬千早として、千早の魅力を存分に伝えることしかできないので、それに必死に食らいついていたんですけれど、やっぱり映画を観返すと、本当にここにいるみんながいてくれたから千早を最後までやりきることができて、初日を迎えることができたんだと思います。本当にありがとうございます。末次先生から(の手紙)はずるいよね...。

MC:実は末次先生からのお手紙、まだ2行残っておりまして、最後の2行を拝読いたします。 「皆さんが演じる新しい『ちはやふる』がもう1度観られることを心の底から喜んでいます。次回作もよろしくお願いいたします。」 というわけで皆さん。スクリーンをご注目ください。

■スクリーンに「ちはやふる 続編製作決定」の文字!

 


MC:まだまだ終わりではございません。キャストの皆さんには完全サプライズです。すでに続編が決定しております。広瀬さんも腰が抜けております! 今のお気持ちを教えてください。

広瀬さん:
ごめんなさい。(状況が)よくわからない。ちょっと待ってください。

松岡さん:
えっ? どういうこと、どういうこと?

MC:確認ですけれど、小泉監督。続編は決まっているんですね?

小泉監督:
決まっております!

一同:
えー?! 

真剣佑さん:
ビックリしました。

野村さん:
でも、これ、太一だけ(演じる役者が)変わるとかないですよね? 太一だけ、今イケている俳優を使うとかはやめてくださいね。

矢本さん:
僕も(肉まん役なのに)痩せちゃったからな...。それにまた、高校生を演じるの?

松岡さん:
もう詩暢を演じることはできない! (広瀬さんに対して)でも、ちゃんと続編が決まった、今の気持ちを言っておいたほうがいいんじゃない?

広瀬さん:
えっ、わかんない、わかんない。

上白石さん:
私たちの、出番はありますかね?

MC:ちなみに小泉監督、タイトルなどは決まっているんですか?

小泉監督:
まだなんです。もっぱらの悩みはタイトルです。皆さんから募集中です!

MC:それでは最後に代表して、広瀬すずさんにご挨拶をいただきます。

広瀬さん:
(息を切らせながら)ごめんなさい...。今は正直全然状況がわからないんです。(一息ついて)今日はありがとうございました。最後じゃないんですね? それがすごく嬉しいです。監督のその笑顔、何ですか(笑)? でも今すごく思ったのは、「ちはやふる -上の句-」、「-下の句-」を超えるものをここにいるみんなと作りたいと思いました。まだまだ「ちはやふる」の世界は広くて深くて無限大です。二部作というだけでもすごいスケールですが、まだ「もったいない。もっともっと届けたい」という気持ちがあって、今日で終わるのが寂しいなと思っていました。なので嬉しいです! 最後じゃないんだね? でもまずは「下の句」が今日から公開されて、いろんな人に届いてほしいと思っています。でも、(続編も)頑張ります!

東宝website