Movie Movie

Return Page

国際映画祭で観客から絶賛の嵐!
「アイアムアヒーロー」完成報告会見

2016年03月21日

「アイアムアヒーロー」完成報告会見

<左から、佐藤信介監督、大泉洋さん、有村架純さん、花沢健吾さん>

世界三大ファンタスティック映画祭に数えられるシッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)とポルト国際映画祭(ポルトガル)で観客賞など2冠に輝き、アメリカのサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)でも観客賞を獲得したパニックホラー「アイアムアヒーロー」。世界に認められた衝撃作がついに日本解禁! その公開を前にした3月21日、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて完成報告会見が行われました。

会見には、主演を務めた大泉洋さん、有村架純さん、佐藤信介監督、原作者・花沢健吾さん、山内章弘エグゼクティブプロデューサーが登壇。特別に編集された映像の上映後、撮影中のエピソードや各国際映画祭で上映された際の話などを交え、作品の魅力が語られました。大泉さんのユーモア溢れる巧みな話術にリードされ、笑いが絶えなかった会見の模様をお伝えします。

大泉洋さん(鈴木英雄役)

今、素晴らしいVTRを観てもらって、これ以上話すことがあるのかというぐらいです。今日はどうぞよろしくお願いします。
有村架純さん(早狩比呂美役)

このようなジャンルの映画に出演するのは初めてだったので、すごくワクワクドキドキしながら撮影していました。公開が待ち遠しいです。
佐藤信介監督

このような映画はなかなか日本では製作されないということもありまして、とにかく徹底的にやろうと決めて取り組みました。来月公開になりますので、皆さんにぜひ楽しんでもらえればと思っています。
花沢健吾さん(原作)

原作者としてもこれだけ納得できる作品はなかなかないんじゃないかと思うぐらいすごい映画になっています。ぜひ観てください。
山内章弘エグゼクティブプロデューサー

今日は我々の本気っぷりが伝えられればと思っております。


MC:この作品が東宝で製作されたことに正直驚きました。チャレンジングだなと思ったのですが、なぜ東宝でこの作品をと思われたのですか?

山内さん:
パニック大作映画って、ハリウッドが本場みたいなところがあります。邦画のジャンルとしては、製作側からすれば苦手なゾーンだと思います。いつかそういう大作を清く正しい東宝映画でやってみたいなという野心が我々にもありました。その内容に最適な原作を幸いにも花沢先生からお預かりすることができまして、この作品を始動しようと思った次第です。

MC:そして、白羽の矢がたった佐藤信介監督。このお話を聞いて、いかがでしたか?

佐藤監督:
映画化のお話をもらう前に原作を読んだことがありました。まさかこういう作品を日本映画で真面目に取り組んでいくことがあるとは、そのときは想像もしていませんでした。映画化のお話をもらって、僕自身も嬉しかったし、「本当ですか?」と、顔は笑っていたんですけれど...、ただ、どういうふうにやっていくのかということを考えなければなりませんでした。それが今から数年前の話です。やるんだったら「ここは妥協したね」ということがないように徹底的に映像を追求して、日本映画でできる限りのことをして、みんなを驚かせたいなと思って取り組みました。

MC:映画化の話が来たときはどういうふうに感じられましたか? また、映画化の際に先生からリクエストしたことはありますか?

花沢さん:
まず、他のメディアで扱ってもらえるのは単純に嬉しいことです。でも、やるからには結果としておもしろくなってほしいなと思いました。なのでなるべく自由にやってほしいということを伝えました。

MC:主演と聞いたときは、どう思われたんでしょうか?

大泉さん:
映画のお話をもらってから原作を読んだのですが、正直この画をどうやって映像化するんだろうと思いました。でも、それを東宝が本気で作るというので期待はありましたね。日本で作るとこういう感じになっちゃうのかというガッカリ感のある作品にだけはなってほしくないなと思っていたのですが、完成した映画を観て誇らしかったです。「日本でこれだけ作れるんだ」って思いました。世界の3つの映画祭で賞をとりましたけれど、結果が出て改めて、私が観たときの最初の感想は正しかったんだなと確信しました。世界の人に観てほしいですし、どういう評価を受けるのかなと思いました。

MC:有村さんはいかがですか?

有村さん:
こういうジャンルの映画に出演するのは初めてだったので、原作を読んだときにすごく怖かったのと、単純な疑問としてこれをどうやって映画化するんだろうと思いました。でも、自分が演じる役柄も、今までとは全然違うというか、誰も答えのわからない役柄でした...(笑)。楽しみが膨らんできました。

MC:皆さん、お気づきでしょうか? こちら(バックパネル)をご覧ください。今までいろいろな映画の会見などやってきましたが、こんなにたくさんの企業ロゴが(バックバネルに)入った会見は初めてです。山内さんの気持ちに賛同して、これだけの数の企業が集まったんですね。大泉さんは、こんなにたくさんの看板を背負うことになります。プレッシャーなどありますか?

大泉さん:
(身を乗り出してバックパネルを見ながら)同じ企業名がいくつも書いてありますよね? 全部違うわけではないんですよね。繰り返しなわけですよね。

MC:でも、すごいですよ?

大泉さん:
すごいです。この協賛してもらった企業もそうですけれど、撮影をしていてもとんでもない予算がかかっているというのはわかりました。邦画としてはとんでもないスケールの映画です。撮影当初から私は若干、胃が痛い思いがしましたね。ですから、向こう(ロケ先)でもできるだけ食費は切り詰めて、あまり製作費を使わないようにした思いがあるようなないような...(笑)。いや、食べていましたかね。

MC:韓国でも撮影をしたんですよね? 海外でもロケをして、浜松では町を封鎖しての撮影、と聞きましたが、いかがでしたか?

大泉さん:
浜松の皆さんの協力体制がすごかったですね。撮影期間中は(封鎖していたエリアの)マンションに住んでいる人とか、全然帰れなかったんじゃないですかね? とにかく全部の道を塞いでいました。うわーっと逃げ惑って、すごかったんですよ。あと、映画を観て気づいたんですが、ZQNの中に(お笑いコンビの)メイプル超合金が出ていますね。

MC:え? そうなんですか?

大泉さん:
金髪の人(カズレーザーさん)がいるなと思っていたんです。でも、(撮影は)2年前だったので、全くわからなかったんです。この2年の間に立派になられて...(笑)。あ、メイプル超合金だったんだと思って、ちょっと嬉しかったです。

山内さん:
お二人とも出演されています。

大泉さん:
そうですよね。そんなこともありました。

MC:有村さんは、撮影はどうでしたか?

有村さん:
初めてのことだらけで、毎日が刺激的でした。海外にロケに行ったことも初めてだったし、すごく大規模な撮影だったんだなと、改めて映画を観て感じました。事故が起こるまでのタクシー車内でのシーンを韓国のスタジオで撮影したんですが、アトラクションに乗っているかのように激しく揺れました。(大泉さんと)二人で思わず笑ってしまうくらいでした。頭が取れちゃうんじゃないかっていうぐらいでした。すごかったですよね?

大泉さん:
笑っていたよね。絶対に笑ったらいけないシーンなのにね。

有村さん:
笑っちゃいけないんですけれど...(笑)。

大泉さん:
遊園地気分で笑っていました。

有村さん:
楽しくなってきちゃって...(笑)。韓国のスタッフさんたちもすごく協力的で、韓国のエキストラの方たちも撮影に協力的で嬉しかったです。大泉さんはよくご飯に連れていってくださいました。一緒に韓国のご飯を楽しみました。

大泉さん:
ご飯を野菜とかで巻いて食べたりするようなお店に行ったんですよ。そしたら、大きいワゴンみたいなのでガラガラガラーッと料理が運ばれてきたんです。「何十皿あるんだ!?」みたいな感じで...。架純ちゃんはちょっと引いていましたね。「こんなに食べられないよ」っていう顔をしていました。

有村さん:
でも、それが韓国のおもてなしの食文化ですもんね。

大泉さん:
ちょっと女優さんに食べさせる量ではなかったなって思いましたね。

有村さん:
おいしかったです。

MC:韓国での撮影では韓国のスタッフの方々と組んでアクションシーンを作ったと聞きましたが、いかがでしたか?

佐藤監督:
本当は、いろんなシーンが日本でも撮れればいいなと思ってロケハンをしたり、準備もしていたんですが、日本には「こちらがここまでやりたい」というのを叶えられるロケーションがなかなかありませんでした。いろいろ考えた結果、韓国でやろうと決めました。韓国のスタッフさんに、相談しながら、これだけのことをやりたいんだって映像を観せたり、コンテを見せたり、いろいろ打ち合わせをして、「ぜひやろう」ということになって、お互い高め合ってシーンを作ることができました。本当に有意義なシーン作りができたなと思いました。

MC:そして改めて、ポルト国際映画祭での受賞、おめでとうございます! 大泉さんも(映画祭に)行かれていましたけれども、反響はいかがでしたか?

大泉さん:
ポルト国際映画祭は、本当にすごかったです。こんなに盛り上がって観るんだなということに驚きました。この映画はこんなに笑えるんだなというのも改めて感じました。爆笑しながら観るんですよね。だから、こういう映画を観るのに、すごく慣れているなと思いました。スペイン、ポルトガル、アメリカと全会場、皆さん、ワーキャー言いながら観ていました。僕がZQNを倒したところとかでも、ウワーッと拍手が起きたり、まるでスポーツをパブリックビューイングするかのようでした。そういう観方って楽しいなと改めて思いました。日本の場合はわりと黙ってそれぞれに観るじゃないですか。でも、友達同士でこの映画に行って、ワーッと騒ぎながら観るっていうのが楽しいなと思いました。

MC:監督、花沢先生、山内さんも行かれて、観客に囲まれていましたが、いかがでしたか?

花沢さん:
熱狂的に迫ってくる勢いが、若干恐いくらいでした(笑)。本当に熱量を感じさせてもらって、作品に力があるんだなということを実感しました。

大泉さん:
とにかく「グレートだ」「グレートだ」ってやたら言ってくるんです。これでなんにも賞がとれなかったら嫌だなと思ったんですが、まあそうだねっていう感じでやっぱり観客賞を受賞することができました。あれだけ楽しんでもらえたら、そうだよねっていう感じでしたね(笑)。

MC:監督、どこが(観客に)刺さったんですかね?

佐藤監督:
シナリオを作ったり、演出をしていたり、シーンを撮っていたときも、ここでクスッと笑ってもらえるのがいいなとか、ドキッとするようなシーンでもちょっとユーモアがあったらいいなとか、いろいろ考えながら撮っていました。そういうシーンでちゃんとド正面で刺さっていたので、「これは楽しいな」と思いながら(観客の様子を)見ていました。いろんな映画の観方があっていいと思うんですが、(映画館では)なんとなく話をしちゃいけないみたいな空気がありますが、そうじゃなくて、本当にワーッて思ったら、「ワーッ」て言っていいし、拍手したければしてもいいしっていう環境で上映したときに、(観客が)すごく楽しんでいる様子がわかったので嬉しかったですね。

MC:そして昨日、素晴らしいお知らせが入りました。昨日までアメリカのテキサス州で開催されていた、サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)ミッドナイターズ部門で「アイアムアヒーロー」が見事、観客賞を受賞しました。おめでとうございます! 監督、行かれていたんですよね?

佐藤監督:
サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)って、アメリカで一番熱い映画祭だと、数年前から話題になっていました。「いつか観に行った方がいいぞ」ってアメリカの知人からよく言われていたので、いつか観に行きたいなと思っていたんです。今回は「アイアムアヒーロー」が3回上映されるということで、だったら今行ったほうがいいなと思って、一人で行ってきました。アメリカはゾンビ映画の本場ですので、(反応を)見ておこうと思って3回とも観客席で観ました。ポルト国際映画祭で感じたのとほぼ同じで、まだZQNもなんにも出ていない最初の日常のシーンからすごく入り込んでいて、クスクス笑っていたり、爆笑したりしていました。この映画はいろんなことが起こるんですけれど、それらが完全にドツボって感じでバカ受けでしたね。いいシーンでは拍手が起こるし、最後も拍手に包まれて、幸せに観てもらえたなと思いました。

MC:世界でも受け入れられているということですよね。世界三大ファンタスティック映画祭で、もうすでにシッチェス・カタロニア国際映画祭で2冠、ポルト国際映画祭でも2冠。こうなると、来月です。来月上旬に開催されるブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭でも賞をとりたいですよね、大泉さん。

大泉さん:
とりたいですね。まず、ファンタスティック系の三大映画祭で全部の審査にちゃんと通っていることだけでもすごいのに、その2つで観客賞っていうのが嬉しいです。ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭でも獲りたいなと思います。最終的にはアカデミー賞まで、なんとか行けたらと思います。でも、(アカデミー賞の発表は)終わったばっかりなんでね。

MC:まさかアメリカのアカデミー賞のことですか?

大泉さん:
アメリカのアカデミー賞ですよ。最終的にはそこまで行きたいなと思います。

MC:有村さん、大泉さんはそういうふうに言っていますが...。

有村さん:
目標は高く持っていたほうがいいと思います。

大泉さん:
バカにしているんですか(笑)?

有村さん:
していないですよ(笑)。頑張りましょう。

MC:監督、自信のほどは?

佐藤監督:
ないです(笑)。でも、(賞を獲得した国際映画祭は)どれくらいおもしろかったか点数をつける投票制なんですよね、観客賞というのは。本当に観客に観せたいと思うエンターテインメント作品になるので、行った先の国際映画祭で迎えられたというのが一番の勲章だと思っています。サウス・バイ・サウスウエストに行ったときもミッドナイターズ部門を全部観た人が「アイアムアヒーロー」が一番盛り上がっていたという話をしていて、それがすごく嬉しい言葉でした。

MC:大泉さん、観客は演技力を讃えていましたが、アメリカのアカデミー賞といいますと、「レヴェナント:蘇えりし者」でレオナルド・ディカプリオが銃を構えているショットが大泉さんがショットガンを構えているショットととても似ているとインターネットで話題になっていましたよね。

大泉さん:
そうらしいですね。さっき見せてもらったのですが本当に同じ画角で、「あー、やられたな」と思いましたね。僕らの方が(その画角で撮ったのは)早いんじゃないですか? 僕らは2年前に撮っていますからね。ポルト国際映画祭では、僕が「こんにちは。クリスティアーノ・ロナウドです」って挨拶したら、「ディカプリオ!」って言った観客の方がいたんです。あれはたぶん、見間違えたんですね。やっぱり似ているんだなと改めて思いました。...ディカプリオ、この会見絶対観ないよね? 大丈夫だよね? ジョーク。ジョークよ。

MC:でも、ディカプリオさん、来日しますよ?

大泉さん:
来るの!? これ、観ちゃダメよ? ...ディカプリオは観ないでしょ。ね?

MC:でも、とても似ているって...。

大泉さん:
画角が似ているんですよね。いやー、嬉しかったわ。だって、ディカプリオはアカデミー賞をとっていたでしょ。

MC:主演男優賞をとっていました。

大泉さん:
(これは自分のアカデミー賞受賞も)あるわー。同じ画角で撮っていたんだもん(笑)。

MC:私たちも受賞を願っております。

大泉さん:
はい!

MC:最後に有村さんと大泉さんに聞きます。劇中に出てくるZQNは生前の習慣をトレースします。もし二人がZQNになったら、何をトレースすると思いますか?

有村さん:
たぶん、自分の一番印象に残っていることでしょうね。なので、この映画に「出ていたんです」ってひたすらアピールしていると思います(笑)。

MC:大泉さんは何をトレースしますか?

大泉さん:
ZQNというのは、元会社員だったら吊り革につかまっていたりだとか、奥さんだったら買い物をしてたりとかっていう、ZQNになる前の行動が出ちゃうっていう設定なんです。とにかく私は、食べることにしか興味がないので、案外ラーメン屋に並んでいたり...(笑)。

MC:食べ続けているということですか?

大泉さん:
食べ続けているんじゃないんでしょうか。

【マスコミによる質疑応答】

Q:大泉さんにうかがいます。海外でこれだけ評価を受けていますが、これは大泉さんの演技も評価されているということだと思います。昨年から今年にかけて、国内での映画賞をいろいろ受賞されていますが、海外で評価されていることについてどう思いますか?

大泉さん:
この映画が高く評価されてすごく嬉しいです。最初に言った、日本でもこんな映画が作れるんだ、と痛快な気がします。それが評価されているということですから。監督もおっしゃった通りアメリカとかは本場な感じがするので、そこで観客賞をとれたのは嬉しいです。でも、マネージャーから「また(観客賞を)とりました」って聞く度に、「主演男優賞はどうした?」って毎回聞いているんです。いつになったら、もらえるんだろう...。今回はそこを狙っていくぞと思っていますね。

Q:大泉さんと有村さんにうかがいます。撮影を通して、お互いここが意外だったなと思うところや印象、すごいと思ったところがあれば教えてください。

有村さん:
私は大泉さんが、そこまでご飯を食べることが好きだと知らなかったので、本当にグルメな方だなって驚かされました。ご飯を食べに行ってもすごくたくさん食べるんですよ。こんなに気持ちよくご飯を食べる方ってすごく素敵だなって、素直に思いました。

大泉さん:
ありがとうございます。

有村さん:
私も一緒にすごくお腹いっぱいになりました。

大泉さん:
ちょっと食べさせすぎましたね。反省しています。漫画の英雄さんは、僕よりもちょっと太っているんですよね。

有村さん:
そうですね。

大泉さん:
それもあって、食べなきゃっていう思いもあったんです。有村さんは決して太っていい役じゃなかったんで、連れ回したのはちょっと悪かったなと思っています。

有村さん:
いえいえ。

大泉さん:
有村さんは集中力の高さというか、本番になったときにパッと変わる感じが素晴らしかったですね。予期せぬところで涙を流されてびっくりしたこととか、「泣くんだ、ここ」って驚かされることがありました。共演していてもついつい見入ってしまう、私の緊張感を引き出してもらえる女優さんです。すごいなと思いました。

MC:有村さんは大泉さんの演技を間近で見て、いかがでしたか?

有村さん:
ずっと英雄さんだと思って大泉さんのことを見ていて、だんだんとかっこよくなっていく姿がすごく良かったです。おんぶされるところがあるのですが、その背中がとても大きく見えて、英雄さんはすっごく格好良かったです。

大泉さん:
僕が演じています。かっこよく演じたんです。

有村さん:
監督にも意見して一緒に英雄というキャラクターを作っていたので、「かっこいい!」と思いました。

大泉さん:
ありがとうございます。いただきました。(テレビ局の)VTR、回っていましたか? 明日のニュース等で使ってください。

Q:今回の作品のアクションシーンで大変だったところや骨が折れたんじゃないかというようなエピソードがあれば、教えてください。

大泉さん:
とても安全に撮影したので、ケガはありませんでした。タクシーがグワッっと回るシーンで、あの中に私は乗っていたんです。あれは僕じゃないと乗れなかっただろうなと思います。無傷だったな、あれ。有村ちゃんには「止めておけ」って言って、止めたんですよ。未来がある子だから...。僕は監督に「乗せてほしい」って言って乗りました。...あんまり嘘はよくないですね(笑)。危ないこともありましたよ。浜松のロケで、バーッと走る中で警官のZQNが車に轢かれたり、上から人が落ちてきたり、僕の目の前に車が出てきて危なく轢かれるっていうシーンを撮影したんですけれど、監督がOKを出さないもんだから、何回もやらされました。それで最終的にちょっと轢かれたんですよ(笑)。僕の前で止まるはずが、タイミングがうまくいかなくて、「うわっ、ちょっと轢かれたー」「これはもうケガしたな」と思ったら、「もう1回!」と言われたんです。バカかと思いました。何回やるんだ、と思いましたが淡々と撮るんです。結果、ケガはなかったです。無敵の僕...(笑)。他の役者さんたちもケガは大丈夫だったんですか?

佐藤監督:
大丈夫でした。

大泉さん:
有村ちゃんも大丈夫だった?

有村さん:
大丈夫です。

大泉さん:
撮影スタッフの皆さんのおかげです。韓国のアクションチームの方、すごかったですよね。日本ではできないっていう撮影ばっかりでした。タクシーがひっくり返ってぶつかって、ぶつかったところで縦に回るシーンとかがあったんです。でも、もちろん私はその中には乗れないので、現場をただ見に行っただけなのですが、ショーを観ているかのように、「うわー」って言って見ていました。すごい撮影でしたね。

東宝website