Movie Movie

Return Page

天海祐希、声と頭脳でコナンを圧倒!?
「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」公開アフレコ

2016年03月16日

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」公開アフレコ

<左から、天海祐希さん、コナンくん>

TVシリーズ&劇場版が20周年を迎える「名探偵コナン」の劇場版最新作「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」で、宝塚退団後の女優人生20周年を迎える天海祐希さんがゲスト声優として、コナンの宿敵『黒ずくめの組織』に属す、謎の女を演じます。3月16日、都内スタジオにて報道陣にアフレコの模様が公開されました。記憶をなくした女性の役柄にちなんで、天海さんは脳診断テストにも挑戦! 果たしてその結果は...? イベントの模様をレポートいたします。

■司会を務める「NON STYLE」の石田明さんが純白のスーツ姿で登場

石田明さん

違和感ありますよね? 『黒ずくめの組織』の話ですが白ずくめのヤツが来ました...。今回の映画は「純黒の悪夢」ですけれど、僕は普段NON STYLEとして「純白と変なヘア」で活動していますからね。
それでは一人目のゲストを紹介します。主人公の江戸川コナンくんです。
江戸川コナンくん

皆さん、こんにちは! 僕の映画は今年で20周年。そんなアニバーサリーイヤーにふさわしい超大作になっています。楽しみにしていてくださいね。それはそうと石田さん! 今回は『黒ずくめの組織』がテーマって言ったでしょ! あ、もしかして黒い服持っていなかった?


石田さん:
いや、持っているんですけれど...。

コナンくん:
まあいいか。今日の主役は石田さんじゃないもんね。

石田さん:
そうですもんね(苦笑)。主役は僕じゃないですからね。今日のイベントの主役の方を呼んでもらっていいですか?

コナンくん:
それでは本日の素敵なゲストをお呼びします。『黒ずくめの組織』の謎の女性を演じています、天海祐希さんです、どうぞ!

天海祐希さん(謎の女性役)

こんにちは、今日はよろしくお願いいたします。


石田さん:
いやぁ、ずば抜けたスタイルですね。

天海さん:
何を言っているんですか~。

石田さん:
普段、僕の横はちんちくりんしかいないんでね。こんなにも違うのかと思います。今回、声優に挑戦されたということで、ご挨拶をお願いします。

天海さん:
『黒ずくめの組織』の一員をゲスト声優が務めるのは初めてのことだそうで、いろいろ伺っていると、緊張してきます...。だって、すごい作品ですよ!

石田さん:
20周年ですよ。僕らが15歳くらいのときに始まって...。

天海さん:
年の話はやめようよ。

石田さん:
結構長いことやっているということです(笑)。

天海さん:
そして私は、宝塚を退団して20年になるということで同級生です!

石田さん:
同級生ということですが、20年を迎える「コナン」に参加されていかがでしたか?

天海さん:
やはり緊張しました。これだけ錚々たる声優の皆さんと同じシーンに出るわけですから。

石田さん:
名前を見るだけで「おぉっ!!」ってなりますよね。

天海さん:
そうなんです。「これってまさか? これってまさか?」って思いました。

石田さん:
記憶喪失になってしまった『黒ずくめの組織』の謎の女性を演じられましたが、苦労したことはありましたか?

天海さん:
やっぱり記憶をなくす前となくした後と変化がありますので、そこにはスタッフの皆さんが録る順番などを考慮してくださいました。あとは...「あ!」、「えっ」、「うっ」といった音が多かったんすが、映像では初めてではないかというくらい、ものすごくNGを出しました。(スタッフが)「もう1回行きましょう」とあきらめずにやらせてもらったのでありがたかったんですけれど...。

石田さん:
普段のお芝居では外さない言葉を(間違えた)ってことですか?

天海さん:
普段は表情と体と声で表現していますが、アニメは画ができているので、そこに声をあてるとなると、自分で思っている以上に色を付けないと画と並ばないんですね。それはすごく難しかったです。でも楽しかったですよ。

石田さん:
今日は公開アフレコイベントですから!

天海さん:
まずいよ! 公開イジメ...ですか?

石田さん:
違います(苦笑)。やめてください。コナンくんも見ていますよ!

天海さん:
頑張る!

石田さん:
そしてカメラも来ています。

天海さん:
なんだそのプレッシャー(笑)?

石田さん:
いやいや、それだけ(アフレコに)苦手意識が...。

天海さん:
ありますよ。

石田さん:
本日は2シーン演じてもらいます。

■ここで、コナンくんが見守る中、天海さんが公開アフレコに挑戦いたしました!


石田さん:
すごかった! カッコいい! あんなに雰囲気変わるんですね。

天海さん:
ありがとうございました。(石田さんに)ここに立ってみなよ。

石田さん:
いや何もなければ大丈夫ですけれど、マイクがあったら緊張しますわ! 公開アフレコありがとうございました。いかがでしたか?

天海さん:
緊張しましたよ。やっぱり顔見られるのと見られずに声だけでやるのと違いますね。だって、見られていなかったら結構なアホ面でも大丈夫じゃないですか。

石田さん:
口を開けっ放しでもね。

天海さん:
そうなんです。緊張しますね。

石田さん:
今回、アフレコをやるにあたって何に集中したんですか?

天海さん:
これが(テレビなどで)流れるんだから緊張しましたよ、ちゃんとしなきゃって思いました。

石田さん:
見られるからということですか?

天海さん:
そうです。

石田さん:
女優として長く活躍されていますが、舞台や映画とアニメ声優では声の出し方は全然違うんですか?

天海さん:
どうなんですかね? やはり周りの声優さんはすごくプロフェッショナルな方たちなんで、私は全然並べないです。でも、舞台に出演した経験は、もしかしたらプラスになっていたかもしれません。

石田さん:
ほかの声優さんと明らかにここが違うポイントってあるんですか?

天海さん:
いっぱいありますよ。(声優さんは)1日や2日では習得できないすごい技術を持っていらっしゃいますし、すごいなって思います。

石田さん:
記憶がテーマですが、天海さんは記憶力に自信はありますか?

天海さん:
あまり自信はないです。お仕事長く続けるために、もうちょっと長く記憶力を保っていきたいなって思いますね。セリフを覚えられなくなったらダメですからね。

石田さん:
昔の方が記憶力があったという、"老い"はまだ感じていないですよね?

天海さん:
ありますよ!

石田さん:
ちょっと勘弁してくださいよ!

天海さん:
でもそういうのを覆うくらいの技術もあるかな(笑)? あとは追い詰められた方がいいのかなと思います。ドラマの撮影で、夜遅くに帰って、次の日の朝が早く、またセリフもものすごい量があったりすると「これだけしか時間がないのに...!」ってお尻に火が付くんです。自分でも信じられないくらいのポテンシャルでセリフが頭に入ってきます。

石田さん:
それ中学生のテストの前日ですよ。

天海さん:
そうなの。追い詰められた方がいいというか...後がないって思うと覚えられますね。

石田さん:
さて続いては記憶をテーマに天海さんの脳を探っていきたいと思います。医学博士で作家、神経内科医でもある米山公啓先生に来てもらっています。これから3つのセクションに分けて天海さんの脳について探っていきます。一つ目はこちらです! これは質問に「Yes」か「No」で答えてもらいます。

■1問目:週に3回以上運動している?

天海さん:
これはストレッチとかでも大丈夫ですか?

米山公啓先生:
何でもいいです。

天海さん:
じゃあYes! お風呂に入る前と入った後は必ずストレッチをしています。

米山先生:
ウォーキングなどはしていないですか?

天海さん:
してないですね。あとはジムに行きます。

■2問目:人に会うのが好き?

天海さん:
「人に会うのが好き?」...。これって時と場合によりますよね?

石田さん:
そりゃそうですよ。

米山先生:
全体的に生き方として人に会うのが好きかどうかです。

天海さん:
それは好きなので、Yesです! でも常には嫌だよね?

石田さん:
僕は嫌ですね。

天海さん:
(お笑い芸人は)お仕事で人と会うからね。お休みは静かに過ごしたいですよね。

■3問目:3日前の昼食を覚えている?

天海さん:
覚えています! お出かけして牡蠣丼を食べました。すっごくおいしかったです。

米山先生:
普通は覚えていないですね。

天海さん:
そうですか? 印象深かったからですかね。

石田さん:
僕は全く覚えていないです。

■4問目:725円は千円札で払う?

天海さん:
重くなるのが嫌なので小銭があるなら小銭で払います。なるべく細かいお金から払いたいです。

米山先生:
いいと思います。

■5問目:悩み事が多い?

天海さん:
No! 全くないです。悩まないです。ネガティブにもならないです。時間がもったいないじゃないですか。悩んでどうにかなることなら、とことん悩むかもしれないけれど、多くの悩み事ってどうにかなることじゃないと思います。現実的に行動すればクリアになることの方が多いと思います。

米山先生:
前向きですか?

天海さん:
そうですね! 

米山先生:
わかりました! 診断出ました。

石田さん:
これで何がわかるんですか?

米山先生:
「脳年齢」です。天海さんの脳は23歳です!


石田さん:
嘘だ!

天海さん:
なんで嘘なの?

石田さん:
先生、(天海さんに)こびているでしょ?

天海さん:
こびじゃない! 先生、どこがポイント高かったんですか?

米山先生:
運動をしていることや人に会うことですかね。お金の出し方、あとはポジティブシンキングは脳が若返ります!

天海さん:
(石田さんに)ポジティブに行こうよ!

石田さん:
いや、相方がポジティブで、僕もポジティブってなったらわけがわからなくなりますから...。

天海さん:
そうだよね。

石田さん:
僕もポジティブになったら...ただのアホですよ!

米山先生:
女優業はこういう思考じゃないとできないんではないですかね? セリフもまだまだ覚えられますよ。

天海さん:
あとで脳科学的に(セリフを覚える)コツを教えてください!

石田さん:
2つ目のセクションはこちら!

■1問目:地図を読むのが得意?

天海さん:
得意かどうかはわからないですけれど、地図を回しては読みませんね。

米山先生:
東西南北を意識できるってことですよね? それは得意ってことです。

天海さん:
そうですか。女性は不得意ですよね。(地図を)回しちゃうじゃないですか? あれはしないですね。

■2問目:生き物の絵より風景の絵が好き?

天海さん:
風景の方が好きですね、Yesです!

米山先生:
だいぶ固まってきました。もう大体わかります。

■3問目:レストランで注文と違うものが来てもそのまま食べる?

天海さん:
一応は「違いますよ」と言います。でも食材が無駄になるので、たぶん食べますね。「違いますけれど」と言って向こうから「すみませんでした」と言われたら「今日はこれをいただきます」となりますね。

米山先生:
ばっちりわかりました! 間違いないです。これは男脳・女脳の診断です。

天海さん:
これ、まずい結果にならない...(苦笑)?

米山先生:
なるかもしれません(笑)。脳には「男っぽい脳」と「女っぽい脳」があって、働きから見られるんですが、今の行動からすると天海さんの脳は男です!

天海さん:
あー!

石田さん:
でも絶対そうですね。

天海さん:
何がですか?

米山先生:
(地図を読むのは)男性の方が得意というかなりの特徴ですからね。それから男は右脳が好きなので、風景画が好きなんです。女性は対称的な絵、生き物とかに興味持ちます。左右対称が好きなんです。レストランの話は、男は大雑把なので来たものを食べますよね。

石田さん:
男は大雑把!?

天海さん:
当たっています! 大雑把です...。これ大丈夫ですか? やっていくうちに私のイメージが崩れたりしませんか?

石田さん:
そんなことないですよ。

米山先生:
宝塚のお仕事は男脳の天海さんには合っていたんじゃないでしょうか?

石田さん:
ブレていないですね。

天海さん:
皆さんのイメージからもブレていないですよね。

石田さん:
みんなも「あぁ、そうだね」って言いますよ(笑)。

天海さん:
「知っていたよ」くらいの感じかな(笑)?

石田さん:
最後の3つ目のセクションです。

■ABCの中から、当てはまることが多いものを選ぶ。
A:オープンカーが好き/人を論破するのが好き/なんでも一番がいい
B:歩くのが好き/人の失敗は気にならない/いつもの馴染みの店が好き
C:ジェットコースターが好き/人を誘うのが好き/朝からテンションが高い


天海さん:
私は「B」ですね。人の失敗に対しては一言いますけれど、後腐れないんですよ。あとはいつものお店が好きで、だいたいお店はローテーションで決まっています。全然飽きないです。

石田さん:
曜日で決まっているくらい?

天海さん:
人を誘うのも好きで「○○に集合! いつものところ」って感じです。

石田さん:
じゃあ「C」の可能性もありましたか?

天海さん:
そうですね。でも朝からテンション高いっていうのはちょっと...、時と場合によりますね。あと、ジェットコースターは好きじゃないので「B」にしました。

米山先生:
「A」は全く違うんですね?

天海さん:
そうですね。

米山先生:
これは「脳内ホルモン動物診断」です。脳内物質のどれが一番多いか? どういう特徴があるか? 「B」はゾウ型ですね。安定を求めています。脳内物質でセロトニンが多いと、こういうタイプですね。嫌なことがあっても顔に出さず、心豊かにいたいというタイプです。


天海さん:
全然(顔に)出ますよ(笑)!

石田さん:
ほかの2つは?

天海さん:
「A」は攻撃的ですね?

米山先生:
そう、「A」はテストステロンが非常に多いトラ型ですね。相手をやっつけるのが快感です。「C」はノルアドレナリンですね。行動的です。脳の中が常に元気なリスです。

天海さん:
面白い!

石田さん:
この3つからわかるんですね。

米山先生:
その人の個性は脳内物質からかなりわかりますね。もともと持った脳の仕組みの一つですね。

天海さん:
人によって分泌する量も違うんですか?

米山先生:
そうです。セロトニンが少ないと鬱病になっちゃいます。多い方が、困難になっても乗り越えていくタイプです。

石田さん:
さて、ここまでの3つの診断からどうなったでしょうか?

米山先生:
こちら診断書です。あなたの脳は23歳の雄のゾウ型であると診断をいたします。


石田さん:
これだけ聞いても意味がわからない!

天海さん:
この結果、良いことなんですか?

米山先生:
基本的に良いですね。脳が若いし安定性もあるし、仕事では雄の脳を活かしているんじゃないですか?

石田さん:
さっきまで「男脳」だったのにゾウにつられて「雄」になっていますけれど...(苦笑)。

天海さん:
もしかしたら世間のイメージと合っていますかね?

石田さん:
合っていますよね?

天海さん:
合っている? コナンくん?(コナンくん、うなずく。)

米山先生:
脳の特徴を知るということは大事です。生き方や仕事に活かすことができます。

天海さん:
「こういうことはする、こういうことはしない」って、なんとなく自分でわかっている感じがします。

石田さん:
ありがとうございました! 最後に映画の公開を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします!

天海さん:
言葉では表せないくらいの面白さです。楽しみに待っていてください。今回、『黒ずくめの組織』の一人として参加できたことを嬉しく思っています。そして、コナンくんと共演できて幸せです!

東宝website