Movie Movie

Return Page

生田斗真&濱田岳、「予告犯」大ヒット御礼に登場!
3人の個性派占い師が金運・恋愛運・仕事運を予告!?

2015年06月16日

「予告犯」大ヒット御礼舞台挨拶

<左から、愛の伝道師・JUNO(ゆの)さん、パフォーマンス占い師・登仙(とうせん)さん、
濱田岳さん、西洋タロット占い師・占い師さくらさん>

同名マンガを映画化した「予告犯」の大ヒット御礼舞台挨拶が6月16日、東京・日比谷のTOHOシネマズ スカラ座で行われ、主演の生田斗真さんと共演する濱田岳さんが登壇いたしました。本作はネット動画上に突然現れた"シンブンシ"を率いるゲイツ(生田さん)と、その仲間たち(濱田さん、鈴木亮平さん、荒川良々さん)が、警察や法律では罰せられない人間たちへの制裁を"予告"し、実行する姿を描いた新感覚サスペンス。

そんな内容にちなんで、この日は生田さんと濱田さんの未来を占うべく、3人の個性派占い師がスペシャル登壇! タロットや手相、はたまたナゾめいた水晶が導き出した"予告"とは? 脱線あり、暴走ありの占い師軍団に生田さん&濱田さんはタジタジでした。普段の舞台挨拶とは一味違う、まさに"予告"不可能な当日の様子をレポートいたします。

生田斗真さん(ゲイツ/奥田宏明役)
本日はわざわざお越しくださって、ありがとうございます。"名司会者"の生田斗真です。おかげさまで「予告犯」、たくさんの方に観てもらっております。心にズシンと届いているようで、本当に頑張って映画を作った甲斐があるなと思います。まだまだ、この映画を盛り上げていきたいと思っています。もう少しだけ力を貸してください。
濱田岳さん(ノビタ/木村浩一役)

みなさんのおかげで、こうして(ヒット御礼の)舞台挨拶に立つことができました。とっても嬉しいです。ありがとうございます。


MC:さて6月6日から全国公開された「予告犯」なんですが、おかげさまで、公開11日間で観客動員数45万人、興行収入6億円を突破いたしました。そしてなんと、映画公開日に全国の劇場で行ったアンケート調査で94%を超える驚異の作品満足度を記録しております。さらにSNS上では「泣いた」「心温まるサスペンス」「まさかのドンデン返し」などなどのコメントを多数いただいております。生田さん、周りの反響はいかがですか?

生田さん:
僕の周りの友人たちも観てくれています。この前、鶴瓶さん(笑福亭鶴瓶さん)から電話がかかってきて、(鶴瓶さんのモノマネで)「映画、めっちゃおもろかったでぇ。めっちゃ泣いたわ」と連絡をもらいました。

濱田さん:
鶴瓶さん、この映画が大好きみたいですよね。

生田さん:
そうですね、若者だけじゃなくて、鶴瓶さんくらいのオジサマ世代にも、響いているのがいいなと思いますね。

MC:濱田さんの周りの反響はいかがでしょう?

濱田さん:
そうですね。現場で同業の方々の「『予告犯』観たよ」「面白かったよ」という声を聞くことが多いです。自分自身にはあまりそういう経験がないので、とっても嬉しいですね。

MC:そして「ラストで号泣した」という声も多く、今日もご覧になった後で、涙ぐんでいる方もいらっしゃいます。生田さんは初めて映画をご覧になったとき、どんな感想を抱きましたか?

生田さん:
自分が出た映画って、なかなか客観的に観られないのですが、この映画は「ホント、いい映画ができちゃったな」とビックリしました。絶対に観てもらわないといけない作品だなと感じました。

MC:濱田さんはいかがだったでしょうか?

濱田さん:
もうただのお客さんになってしまうというか、本当にいい映画だったなと思います。僕らは警察チームの撮影は知らないので、(映画を観て)ビックリすることも多かったです。何より僕は良々さん(メタボこと寺原慎一役の荒川良々さん)の演技で泣かされるとは思わなくて...。

生田さん:
あれ、いいよねえ。

MC:そして、引き続き好調ヒットが期待される映画「予告犯」ですが、実は国内のみならず、海を渡りまして海外での公開が決定しました。なんとこの秋より、台湾で上映されることになりました(会場拍手)! そして先日開催された第18回上海国際映画祭では、公式推薦部門として現地で上映されまして、喝さいを浴びたということです。なんと12分間で1200席が即完売だったそうです。

生田さん:
ちょっと大きなことを言うと、「日本映画のために自分の力をちょっとでも貸したいな」とか、「大きな船を動かすための、歯車でいたいな」ということは常に思っています。自分が自信を持って、送り届けられる作品が海外に渡り、高く評価されるというのはとても嬉しいことだなと思います。

MC:濱田さんは海外進出について、どうお感じですか?

濱田さん:
いやあ、今みたいなカッコいいこと言えないですね。でも、(海外に)舞台挨拶には行きたいですね。

生田さん:
行きたいね!

MC:映画「予告犯」の大ヒットを受けまして、今後の海外展開も気になるところですけれど、本日はここにいるお二人の将来、未来を"予告"させてもらおうと思います。

濱田さん:
余計なお世話だなあ...(会場笑)。やめてくれよ。

■ここで映画タイトルが書かれた特製ボードが登場。「予告犯」の"犯"をめくると、"運"という文字が現れました。

MC:というわけで、今日は「予告運」イベントを開催させてもらいます! 今日はお二人の今後について、プロの占い師さんに占ってもらおうと思います。ちなみに、占ってもらった経験はありますか?

生田さん:
ないですね。そもそも、機会がないですし...。

濱田さん:
僕も1回もないです。

MC:それでは準備が整ったようなので、お呼びしましょう。西洋タロット占い師・占い師さくらさん、愛の伝道師JUNO(ゆの)さん、パフォーマンス占い師の登仙(とうせん)さんです。どうぞ!



■まずは、占い師さくらさんがタロットカードを使って、濱田さんの金運を占いました。

占い師さくらさん:
まず"世界"のカードが出ましたね。これは「すべてが変わる」という意味で、お仕事のジャンルも働く場所も変わることを暗示しています。この2~3年の努力が実り、今年花が開いて、来年以降は収穫期に入ります。北西から仕事のオファーもありそうですね。例えばヨーロッパやアジア圏ですね。大きなお金も入ってきそうです。

濱田さん:
これはいいってことですか?

占い師さくらさん:
はい、とてもいいです。

濱田さん:
いいって、マネージャー!

占い師さくらさん:
少しオーバーワークになるかもしれませんが、周りの方のフォローもしっかりありますし、お金を貯め込むのではなく、少し流しながら使っていくのがいいと思います。

濱田さん:
やったぜ!

■続いてJUNOさんが、生田さんの手相で、恋愛運を占いました。

MC:JUNOさんには事前に生田さんが"自撮り"した手相の写真を鑑定してもらっております。

JUNOさん:
責任感の強さや、周りからの強い信頼が手相に出ていますね。それにきれいな恋愛線、結婚線があるので、理想の女性と結婚できると思います。(生田さんは)とても誠実なので、女性を幸せにできますね。今の時代には奇跡的な手相ですね。

生田さん:
奇跡の男!

JUNOさん:
でも、結婚線がかなり上にあるので、晩婚なんですよ。それと誰かの紹介だったり、お見合い派なんですよ。

生田さん:
へえ、お見合い!?

JUNOさん:
女性からアプローチされても、生田さんは冷静なので選ぶんですよ。手相から好きなタイプもわかります。見た目は地味で真面目なお母さんみたいな感じの人が好きなはずなんです。でも実際の運命の女性は、美人でカッコ良くて、仕事も家事も両立できるタイプの人です。

生田さん:
えっ、パーフェクトガールじゃないですか!

JUNOさん:
生田さんは結婚すると、相手への信頼が生まれて、人間の器が一回り大きくなると思いますね。

生田さん:
じゃあ、今は器が小さいということですね?

JUNOさん:
でも、ちゃんと大きくなります。それと年齢を重ねるごとに、セクシーになります(会場どよめき)。きっと世界中の女性をくぎ付けにしちゃう。

生田さん:
マジですか?

JUNOさん:
とにかくとても誠実な男性。見た目からは、わからないかもしれないけれど...(会場爆笑)。

生田さん:
えっ、チャラチャラしている風に見えますか?

JUNOさん:
あくまで役のイメージです。

生田さん:
実際、結婚まではどのくらいかかりそうですか?

JUNOさん:
5年以上はかかりますね。今はしばらく仕事に没頭していたほうがいいと思います。

濱田さん:
めっちゃ褒められたね。もっと別のことも教えてほしかったですけれど、性癖とか...(笑)。

生田さん:
やめなさいっ(笑)。

■最後に、登仙さんが巨大な水晶玉を使って、生田さん&濱田さんの仕事運を占いました。

登仙さん:
(水晶に向かって)濱田岳よ~、濱田岳の仕事運よ~。降霊~、降霊~。はい、見えました。

濱田さん:
えっ?

登仙さん:
これから非常に運気が上がっていきます。ちょっと右脳と左脳のバランスが微妙に崩れていて、右脳がちょっと弱っているから、今から矯正してあげるよ。(濱田さんの頭を抱えながら)レフト、ライト、レフト、ライト......いやあ~~~、どーん!! よし、すごく元気になったぞ! バランスが取れたから、いい仕事ができるぞ。今後ますますいいですから、頑張ってください。

MC:それでは次は生田さんの仕事運をお願いします。

登仙さん:
生田斗真の仕事運よ~。降霊~、降霊~。いやっ、いやっ、いや~~~、降霊~、降霊~。はい、出ましたね。仕事は順調ですね。事務所をはじめ、周りの人、特に年上に可愛がられています。これからも映画の出演がどんどん増えていきます。

生田さん:
はい...。どういう映画に出たらいいですか?

登仙さん:
きっと今まではシリアスな映画が多かったと思うけれど、次はロマンチックな恋愛ものもいいと思うよ。キスシーンもあるよ、"ブチュ"ってやつが(会場爆笑)。

濱田さん:
何でも見えちゃうんですね。激しいキスですか?

登仙さん:
うん、そう。好きだね、あんたも! 岳くんは好きみたいだね、"ブチュ"が...。

濱田さん:
バレちゃった(笑)。

登仙さん:
仕事運も恋愛運も上がっていくよ。恋愛の相手は、一般人だな。芸能人はやめたほうがいい。

MC:仕事運の話だったはずが、だんだん恋愛話になってきましたね。

登仙さん:
岳くんがうるさいからだよ~。

MC:占いの続きを早急にお願いします。

登仙さん:
海外からのオファーもあるよ。海外だとね、ミュージカル。あなた、まだ歌は本格的にやっていないでしょ? これから歌をやったほうがいいよ。あなた、声がいいからね(会場拍手)。それと生まれ持ったセンス、感性がとてもいいね。

生田さん:
そうなんですよ(笑)。じゃあ、今後はミュージカルと、"ブチュ"ということで...。

MC:はい、占い師の皆さん、ありがとうございました。ぜひ、占いの感想を...

生田さん:
いやあ、エンターテインメント性もある楽しい占いでした。

MC:参考になるアドバイスはありましたか?

生田さん:
やっぱり、"ブチュ"ですね。

濱田さん:
いいっすね。占い初体験でしたが、やっぱり右脳と左脳の矯正が...。

生田さん:
元気になった?

濱田さん:
ドーーーン! 元気がみなぎりますねえ。

MC:さて、大ヒット御礼イベントとして、盛りだくさんでお届けしましたが、最後にお二人からメッセージをお願いします。

濱田さん:
皆さん、楽しんでもらえましたでしょうか? 映画の宣伝のために、僕らはこうやって命がけで(会場拍手)頑張っているわけです。なので、皆さんのお力を借りて、「予告犯」を周りに伝えてもらえると、今日の僕らの努力も報われると思います。ありがとうございました。

生田さん:
はい、本日は大変失礼いたしました! 僕らの仕事は皆さんに観てもらって、初めて成立するものなので、今日はとっても感謝しています。こんな変わったイベントもたまにありますけれど、岳くんも言ったように、超頑張った映画だから、周りに薦めてもらえれば嬉しいです。皆さんの心に残る作品だと思うので、皆さんが愛してくれればと思います。今日はありがとうございました。

東宝website