Movie Movie

Return Page

ラスト5分ですべてが覆る「イニシエーション・ラブ」初日
松田翔太&前田敦子、「くつがえる」ダジャレに思わず苦笑

2015年05月23日

「イニシエーション・ラブ」初日舞台挨拶

<左から、木村文乃さん、松田翔太さん、前田敦子さん、堤幸彦監督>

累計発行部数165万部を突破するベストセラー小説を映画化した「イニシエーション・ラブ」が5月23日、全国で封切られました! 同日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで初日舞台挨拶が行われ、主演の松田翔太さんをはじめ、前田敦子さん、木村文乃さん、堤幸彦監督が登壇いたしました。

「最後の2行に仕掛けられたどんでん返し」が大反響を呼んだ原作同様、映画も「最後の5分全てが覆る」「あなたは必ず2回観る」ラストシーンが大きな話題を集めています。壇上ではネタバレギリギリ(!?)のきわどいトークに加えて、ラッキーなお客様1名に本物のルビーの指輪をプレゼントするサプライズも! さらに写真撮影時には、松田さん&前田さんがダジャレに苦笑する場面もありました。一体なぜ? 映画同様に驚き満載の舞台挨拶の模様をレポートいたします。

松田翔太さん(鈴木役)

映画はどうだったでしょうか? 今日は本当にありがとうございます。
前田敦子さん(成岡繭子:通称 マユ役)

今日は初日の1回目の上映に来てくださって、ありがとうございます。
木村文乃さん(石丸美弥子役)

今日はすごくお天気も良いですし、こんなにたくさんの方に来てもらって、すごく嬉しいです。短い時間ですが、よろしくお願いします。
堤幸彦監督

皆さん、朝早くからありがとうございます。映画はいかがだったでしょうか?(客席から大きな拍手)ありがとうございます! このメンバーで一生懸命に作りました。もし面白いなと思ったら、少しでも広げてもらえれば嬉しいです。


MC:まずは松田さん。今年は俳優生活10周年の節目だとうかがっています。松田さんにとって「イニシエーション・ラブ」はどんな作品になりましたか?

松田さん:
すごくナチュラルな気持ちで演じることができた作品です。僕自身、自然体になれた気がします。鈴木という役が、本当に自分にしっくりきていて、こんな誠実な男を演じられたのが嬉しいです(鈴木は二股をかける男性役なので、客席からは笑いが...)。

MC:前田さんにうかがいます。初めて台本を読んだときはいかがでしたか?

前田さん:
私は原作を読んでいなかったので、最初に台本で物語を知ったんですけれど、結末がとても理解しやすかったです。その後で原作を読む楽しさもありました。なので、映画を観た後で、原作を読んでもらっても、すごく楽しめるんじゃないかなと思いますね。

MC:それでは木村さんにうかがいます。木村さんが生まれたのは1987年ということで、物語の舞台と同じ年になりますね。

木村さん:
そうなんですよ。私の母親が私を産んだ時代なので、不思議ですよね。でも、当時のファッションなどは一周まわって、新しいなと思いました。特に私の衣装は肩パッド入りで、ウエストがきゅっと締まった、女性のラインがきれいに出るものなので「これ、今でもアリだな」と思いますね。松田さんも劇中の髪型そのままで、気に入っているみたいで...。

松田さん:
これは流行らせたいですね。僕の友達も、続々とテクノカットになっていますよ。ぜひ、皆さんもいかがですか?

MC:では続いて、監督にうかがいます。さまざまな仕掛けがある作品ですが、キャストの皆さんも気が付いていない仕掛けを教えてもらえますか?

堤監督:
スクリーンの右端にバーテンダーが映るシーンがあるんですけれど、その手が一瞬止まるんですよ...。あのバーテンダーはいろんなことを知っている! もしかするとマユのお父さんかもしれない...(笑)。いろんな想像ができますよね。ぜひ、もう一度劇場に足を運んでもらって、チェックしてほしいですね。次は、スクリーンの右側を中心に観てもらえればと思います(笑)。

MC:この映画は「あなたは必ず2回観る」がキャッチコピーになっていますが、2回目を観るとき、より楽しむポイントになる点をぜひ教えてください。

松田さん:
さっき、僕が「誠実な男」って言ったら、(鑑賞後の)皆さんが笑っていたので、2回目に観る時は、女性の方も「あっ、本当は誠実なんだな」と深読みしてもらって...。もし誠実な男だったら、あのラストシーンでどんな行動を取っていただろうということを考えるのも面白いかもしれないです。

■ここで前田さん&堤監督が"禁断"のネタバレトーク!

堤監督:
あれ? それ、言っていいの?

松田さん:
記者の皆さん、ぜひコントロールお願いします! 宣伝部も(ネタバレを止めようと)前のめりになっているから...。

MC:皆さんもぜひスレスレのところで、トークをお願いします。続いて、木村さんはいかがですか?

木村さん:
鈴木くんを大人の世界に導くシーンがあるんですけれど、二人が入るホテルの入り口がカニになっているんですよ。見逃した方はぜひもう一度観てほしいです。堤監督の遊び心ですね。

堤監督:
ホテルの名前もクラブ(crab=カニ)になっているんですよ。今回は映画の中にたくさん、カニが出てきます。

松田さん:
確かに現場は"カニ臭"がすごかったですよ(苦笑)。

MC:「すべてが覆る」というラストシーンが話題ですが、もし皆さんの人生がくつがえることがあって、明日から違う人生を歩むことになったら、どんなことをしてみたいですか? では、堤監督から。

堤監督:
女性になりたいですね。前田敦子さんみたいに、カメラ目線で「たっくん」って言うと100%何とかなっちゃう魔法を持った女性がいいですね。あれは、青春時代の妄想を具現化したシーンですし。

木村さん:
野生動物のカメラマンになりたいです。世界中を飛び回って、動物たちの一番カッコいい瞬間を撮りたいですね。特にライオンの、ありのままに生きている姿を撮れたら、すごいですよね。

前田さん:
私は猫になりたいです!

松田さん:
その答え、僕も言おうと思っていたんだよ。気が合うね。

前田さん:
そうですね。一緒に猫になりましょう。私は家でも猫を飼っていますし、本当に可愛いです。人間に対する距離感もいいなと思いますね。

松田さん:
今の意識のままで、猫になりたいですね。あんなに体が柔らかくなったらいいなと思います。体が硬いんです。

MC:それではここで、観客の皆様に感謝をこめて、登壇者の皆さんからプレゼントがございます。今から映画のイメージカラーでもある赤いプラスチックボールを10個ずつ投げてもらいます。その中には、映画のなかで重要なアイテムとして登場する"ルビーの指輪"のおもちゃが入っています。それでは皆さん、よろしくお願いします。せーの!

■松田さんらが、客席にボールを投げ込み、客席は大盛り上がり!



MC:さあ、皆さん、ありがとうございます。そしてここで重大発表です。今投げ込んだボールの中に、一つだけ本物のルビーの指輪が入っています! あっ、あちらのお客様ですね。おめでとうございます。

前田さん:
可愛らしい女性の方に当たりましたね。私が映画のなかで着けているのと同じ指輪ですよ。ぜひこれを着けて、マユちゃんみたいに女子力高く可愛くいてください。

MC:それではここで写真撮影を行おうと思いますが、ここである仕掛けをご用意しております。まずは松田さんには、こちらをお持ちいただきます。

■松田さんに靴が手渡されました。

松田さん:
靴ですね、これ...。

MC:続いて前田さん、こちらをお待ちください。

■前田さんにはカエルのぬいぐるみが手渡されました。



前田さん:
どういうことですか?

MC:はい、松田さんが「くつ」、前田さんが「かえる」ということで、お二人で「くつがえる」です!

松田さん:
すごいですね(苦笑)。

前田さん:
なるほど(苦笑)!

MC:すみません、ダジャレです。それでは「くつがえる」ということで、改めて写真撮影をお願いします。

■無事に写真撮影が終了しました。

MC:それでは最後に、主演の松田さんよりご挨拶をお願いします。

松田さん:
最後にダジャレが利いていましたが、本当にオシャレな映画だなと僕は思っています。今日、映画館を出たら早速、いろんな友達に教えてあげてください。今日はありがとうございました。