Movie Movie

Return Page

「寄生獣」のゆるキャラ・ミギーと国民的ゆるキャラ・ふなっしーが奇跡のコラボ!!! "みぎっしー"に寄生されたふなっしーが、ミギーに決め台詞「寄生汁ブシャー!」を伝授!

2014年11月20日

「寄生獣」×ふなっしーコラボイベント

<左から、山崎貴監督、ミギー、ふなっしー、染谷将太さん>

 岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」を実写映画化した2部作の前編「寄生獣」がまもなく公開を迎えます。本作の大きな魅力のひとつが、主人公・泉新一の右手に寄生する謎の生物ミギー。日本実写映画初となる撮影方法"パフォーマンスキャプチャー"を駆使し、演技派・阿部サダヲさんが声、表情、動きを繊細に表現しました。各地で開催された試写会でも、一見不気味ながらもどこか愛らしいキャラクターとしてミギーの人気が高まっています。

そんな"次世代人気ゆるキャラ"有力候補のミギーと、全国で人気を博す千葉県船橋市の非公認ご当地キャラ・ふなっしーが、奇跡のコラボレーションを果たしました。主演の染谷将太さん、山崎貴監督、ミギー、そしてミギーに人気ゆるキャラの秘訣を伝授すべく特別試写会に駆けつけたふなっしーによる大にぎわいの舞台挨拶の模様をレポートいたします。

【舞台挨拶(挨拶順)】

山崎貴監督

今日は雨の中、来てくださってありがとうございます。長いことかけて作ってきた映画がもうすぐ公開ということですごくドキドキしています。皆さんは一足先に観られるということで、楽しんでもらえたらいいなと思います。今日はどうもありがとうございます。
染谷将太さん(泉新一役)

今日は本当にありがとうございます。「寄生獣」が完成しました。やっとこうやって皆さんに届けることができます。本当に長い戦いだったので、撮影も含めCGも時間をかけて作られた映画です。楽しんで行ってください。
ミギー(着ぐるみ)

......(お辞儀)


MC:多くのお客さんが期待を胸にご来場くださいました。CGも素晴らしいですが、演じる側の俳優さんは大変だったんじゃないでしょうか。

山崎監督:
現場にミギーはいないですからね(笑)。今日は来てくれましたけれど。染谷は"いる風"なことをやらなければいけなかったので、大変だったと思います。

染谷さん:
本当にミギーは、(現場に)いないんでね(笑)。ずっと(相手のところに)何もないところでお芝居していましたから。ミギーが俺のことを引っ張ったりするシーンがあるのですが、実際にはミギーが引っ張ってくれないので、自分で引っ張られている演技をして(笑)。

山崎監督:
実は(染谷さんが)パントマイムが得意だということが途中でわかって、ラッキーだと思いました。ど根性ガエル的にミギーに引っ張られたりするんですけれど、(その演技が)すごくうまいんですよ。

■ここで染谷さんは壇上で何者かに引っ張られるパントマイムを披露。客席からは大きな拍手が巻き起こりました。

染谷さん:
(引っ張られるパントマイムが)本当に地味なんですよ。

山崎監督:
本編を観てもらうとわかるんですが、ミギーが引っ張っていると思うシーンがたくさん出てきますけれど、全部本人ですから。CGを合成してみて、「すげえ! ミギーに引っ張られているみたいだ」って思いました。

MC:染谷さん、もともとパントマイムをやられていたのですか?

染谷さん:
やっていたというか、有名な人をテレビで見て、幼稚園の頃に見よう見まねで遊んでいたんですよ。それが今回やっと活かされました。

山崎監督:
なんだ。昔やっていたというから(パントマイムの)教室とか行っていたのかと思ったら、独学? しかも幼稚園!?(笑)

染谷さん:
独学です。先生も何もないです(笑)。

山崎監督:
ずいぶんなドヤ顔で言っていたじゃない。てっきり専門家にでもついていたのかと思った。でもそれくらいうまいですよ。

染谷さん:
ようやくここにきて活かされた。今後活かされることはないと思いますけれど(笑)。

MC:撮影中はミギーが見えた瞬間があったとか?

染谷さん:
そうですね。ミギーとのとても感動的なシーンがあって、その時にミギーが見えた気がしたんですね。監督とスタッフの皆さんに「ミギーが見えました!」って言ったら、みんなが「大丈夫か?」って(笑)。「5カ月も撮影しているとそうなるのか」って思いました。

山崎監督:
"いい話"風にしようとしている雰囲気があったので、こっちも負けないように頑張った(笑)。「俺、ミギー見えたんですよ」とか言っているから、「本当大丈夫か?」って。いい話風にしないように頑張りました(笑)。

MC:でも実際、完成した映像で右手にミギーが現れた瞬間は、感動の再会ですよね?

染谷さん:
試写室で初めて観た時も、冒頭1分で涙が出てきた。最初はウネウネしたミミズの頃の寄生生物だけれど、それでも涙がボロボロ止まらなかった。ミギーが右手についていると思うと、感動しましたね。「世界で一人だ!」って自慢できる気がしました。

MC:染谷さんは撮影を終えて"ミギーロス"になったとか? グッズもたくさん持っているそうですが?

染谷さん:
「寄生獣」のガチャガチャがあったんですよ、道端に。300円入れてガチャガチャをやってみたら、顔が開いているやつが出てきてしまいました。 「おれはミギーが欲しいんだ!」って何度もガチャガチャやっていたら、その1台をずっとやっていました。買い占めちゃったんです(笑)。たぶん家に30体くらいミギーのフィギュアが並んでいます。

山崎監督:
アフレコの時に久々に染谷に会った時に、「ミギーのガチャガチャあったのでやっちゃいましたよ」って言っていたんですよ。「やっぱりそういうのを見るとやっちゃうんだ。どのくらい集めたの?」って話したら、「写真見てください」って言うので、見たらテレビの前にずらーっと並んでいた(笑)。ああ、そうか。わかった、わかったって感じです。

染谷さん:
友達に配っています。完結編が公開されるまで絶対に携帯から外さないでって伝えています(笑)。

山崎監督:
偉いね。

MC:ミギーへの愛が尋常じゃないですね(笑)。でも、そうやってミギーの人気は着実に上がっているわけですよね。お二人から見て、改めてミギーの魅力ってどんなところだと思いますか?

染谷さん:
唇が色っぽいですよね。かわいいんですよ、すごく。

山崎監督:
キモかわいいよね。

染谷さん:
とてもスイートでカワイイんですよ。魅力的なキャラクターだと思います。

山崎監督:
キモイですよね(笑)。でも他にいないキャラクターですよね。すごいなあとは思いますね、こんなもの見たことないですね。

MC:公開も近づいていますし、ミギーをもっと人気者にしようじゃないかということで、ここでスペシャルゲストをお呼びしたいと思います。日本で最も人気のキャラクターといえばこの方です。千葉県船橋市の非公認ご当地キャラ、ふなっしーです!

ふなっしー:
ひゃっほー!


■ふなっしーのサプライズ登場で、会場は大興奮の渦に包まれました。

染谷さん:
主演にもミギーにも勝っていますね。

山崎監督:
圧勝でしたね(笑)。

ふなっしー:
初めましてー! なしの妖精、ふなっしなっしー! よろしくお願いしますなっしー!

MC:なんですか、その右手は!?

ふなっしー:
右手から生えてきたなっしー! 寄生されたなっしー!

MC:ふなっしーの右手から生えてきたということは、ミギーではなく?

ふなっしー:
これたぶんね、みぎっしーだと思うなっしー。みぎ汁ブシャー!

染谷さん:
いやあ、これにどう対抗していいんですかね(笑)。

山崎監督:
普通に嬉しい。生ふなっしー。はあ、こういうものでしたが。ミギーはほぼ死んでいます、大丈夫ですか?

■ふなっしーのハイテンションにタジタジのミギーに、ふなっしーはミギーに近寄りなにやら交信していました。

山崎監督:
キャラクター同士の友情が芽生えたんでしょうね、今。

MC:ふなっしーは「寄生獣」を観たんですよね?

ふなっしー:
先ほど観させてもらったなっしー!

MC:感想を聞かせてもらえますか?

ふなっしー:
ふなっしーね、原作大好き。全巻読んでいるし、普通ファンは原作の映画化は抵抗感じるなっしーな? 観た感想はやべー!!! 本当に原作に忠実で、なおかつスリリングな展開になっているなっしー。めっちゃ面白かったなっしー。さすが山崎監督なっしー!

MC:すごいじゃないですか、生粋の原作ファンですよ。

山崎監督:
どうやって読んでいたんでしょうかね。

ふなっしー:
後ろのイリュージョン(ファスナー)から入れてもらって読んだなっしー。

山崎監督:
そういうシステムがあるわけですね。

MC:ふなっしー、ちなみにびっくりしたシーンとかはありましたか?

ふなっしー:
やっぱりね、染谷さんの役柄が高校生の役なっしーな? ミギーを移植されて侵入してきて、ハハハ! 徐々にお互いに感化されている様子を見事に表現しているなっしーな。

染谷さん:
普通に褒めてくれましたね。

ふなっしー:
ちゃんと内面から変わっていくなっしーな。どの目線で言っているんだって話なっしーな!(笑)

MC:ふなっしー、それだけ「寄生獣」がお好きなんですね。来年4月には完結編が公開になりますが、それまでに時間があるわけですよ。ここに山崎貴監督がいらっしゃるわけですよ。

山崎監督:
あ、ないです(笑)。大丈夫です。もうほとんど撮り終わっていますし。

ふなっしー:
ふなっしーの出番なっしー! ちくしょー!

MC:ふなっしー、なんでもやる気でしたか?

ふなっしー:
青果市場で梨と一緒に並んでもいいなっしーよ。

染谷さん:
ふなっしー、顔開いたらなかなかですよ。ふなっしーが人間を食べる。ちょっと意味合いは変わってくるかもしれないですけれど。

ふなっしー:
バカーって開いて人間的なものが...って出てくるかー!!!

MC:でもふなっしー、みぎっしーと同化してきましたね。

山崎監督:
しばらくそれでいろいろなイベントに出てくれませんか?

ふなっしー:
いいですよー。みぎっしー、かわいいなっしーな。

山崎監督:
あ、(みぎっしーが)ちょっと逆さまになってしまっています(笑)

染谷さん:
ミギー、がんばれ!

山崎監督:
ちょっと立ち位置も後ろに下がっちゃっている(笑)。今日はどっちかというと主役だよ?

MC:ふなっしー、人気者としてミギーと会ってみて印象はいかがですか?

ふなっしー:
最初はどぎつい感じがしたけれど、見慣れてくると徐々にかわいくなってきたなっしーな。この質感? 毛のない感じが素敵なっしー。かわいいなっしー。

MC:ふなっしー的には、ミギーも頑張ればもっと人気が上がると思いますか?

ふなっしー:
もちろん。決め台詞がほしいなっしーな。「寄生汁ブシャー!」とか。みんなで「寄生汁ブシャー」やるなっしー!

MC:寄生汁ブシャー?

ふなっしー:
そうそう。

MC:これで人気上がると? これだけですか?

ふなっしー:
そうなっしー。

染谷さん:
簡単なんですね(笑)。

MC:ふなっしー、やり方を説明してもらっていいですか?

ふなっしー:
寄生汁ブシャー!!!(ふなっしーの見事な跳躍に会場拍手!)

山崎監督:
ちょっとハードル高かったな(笑)。大丈夫か、ミギー?

ふなっしー:
せーの、ミギ汁ブシャー!!!(ふなっしーとともに頑張ってジャンプしたミギーにも会場拍手!)

山崎監督:
頑張った、頑張った! ミギ汁になっていたけれど(笑)。

ふなっしー:
あ、混乱しちゃったなっしー。

MC:ふなっしー、ここは染谷さんと監督とも? お客さんも参加してほしいですね。

ふなっしー:
みなさん、行くなっしーよ。せーの、寄生汁ブシャー!!!(一緒にジャンプした山崎監督と染谷さんにも会場拍手!)

MC:ミギー、これで人気上がりますね!

ミギー:
......。

染谷さん:
映画を観てもらえればたくさんしゃべっているので(笑)。

山崎監督:
今日はちょっと無口ね。

■フォトセッション後は、会場も一体となって「寄生汁ブシャー!」と絶叫しました。

東宝website