Movie Movie

Return Page

「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」のサイドストーリーが明らかに!?
矢口史靖監督書き下ろしのスピンオフ企画!
「川崎なあなあ日常~聖地にあいつがやってくる~」が川崎で開催!!

2014年06月25日

「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」川崎凱旋舞台挨拶

<左から、染谷将太さん、升水柚希くん、矢口史靖監督>

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」「ロボジー」のヒットメーカー・矢口史靖監督が、直木賞作家・三浦しをんの「神去なあなあ日常」を映画化した「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」。本作の知られざるサイドストーリーが明かされるスピンオフ企画「川崎なあなあ日常~聖地にあいつがやってくる~」が6月1日、神奈川県の川崎駅前を中心に開催されました。

映画の主人公は大学受験に失敗し、彼女にも振られた高校生・平野勇気。ふと目に留まったパンフレットの美女につられて、携帯電話の電波も届かない山奥の神去村で林業研修に参加することに。想像を絶する林業の過酷さに何度も逃亡を企てるものの、無事1年間の研修を終え、地元に帰省した勇気...。
この日のイベントは、そんな主人公・勇気が地元・川崎を久しぶりに歩きまわる1日をTwitterで実況するという矢口監督の書き下ろし企画。神出鬼没な染谷さんの姿に行き交う川崎の人々も大喜び。川崎チネチッタ、TOHOシネマズ 川崎、109シネマズ 川崎の3館では舞台挨拶も行われ、スクリーンから飛び出してきたかのような勇気の姿に客席は大興奮。勇気の決断の裏に隠された知られざるサイドストーリーと、舞台挨拶の模様をレポートいたします。

【川崎なあなあ日常~聖地にあいつがやってくる~】


■勇気のつぶやき1 まずは高校時代に遊んだ懐かしのカラオケ!
「神去村に帰る道が分からなくなってさ、 馴染みのカラオケBOXから一年前に歩いたコースをたどってみようかな? 」


■勇気のつぶやき2 ファーストフード「WAC」でハンバーガーをもぐもぐ!
「そうそう、あの日もハンバーガーのセット買ったっけー」
「ああ、懐かしい味...。でも、お袋のハンバーグも食べてくりゃよかったなぁ 」


■勇気のつぶやき3 銀柳街の商店街で直紀(長澤まさみさん)が表紙のパンフレットを再びゲット!
「ココでパンフレット見つけたんだっけ。あの出会いがなかったら、今頃、オレなにやってたろう」


■勇気のつぶやき4 鰻屋さんでマムシとウナギの違いを堪能!
「親方さんからの餞別で、ランチ!」
「マムシと違って、ホンモノの鰻は、うまーーい。」


■勇気のつぶやき5 川崎駅地下歩道でノコらしき犬を発見!(実際は鹿児島物産展の西郷隆盛さんと犬の像)
「ノコ!? な訳ないか。親方んとこのノコ元気かな~ 」


■勇気のつぶやき6 川崎駅前で迷う!
「都会の慌ただしさに、ツイていけなくなってる。ここ何処だ~~。」


■勇気のつぶやき7 劇場近くでひと休み!
「このまま、自宅に戻っちゃったら帰省獣(きせいじゅう)だよな?」

■勇気のつぶやき8 そしてついに劇場に到着!!!
「チネチッタ10番スクリーンのみなさーん!!」

【舞台挨拶(挨拶順)】

染谷将太さん(平野勇気役)

(勇気の芝居をしながら入場)誰かちょっと新幹線の乗り方を知っている人はいない? 新幹線はどこに行ったら乗れますか? わかんない? 村の生活に慣れちゃうと都会は酔うなあ。(客席から「ヒル?」)ヒルって言うな! あ、新横浜に行けばいいんだ。わかった。じゃあ、お邪魔しましたー! (神去なまりで)さよーならー!(一旦退場)

矢口史靖監督

監督をしました矢口史靖と申します。せっかくだから、染やんも出て来て下さい(染谷さん再登場)。本日は「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」をご覧いただいてありがとうございます。今日はこうして勇気役の染谷くんとともに、舞台となりました川崎を巡って、あちこちを回りながらリアルタイムでサイドストーリーを作っています。行った先々で写真を撮ったりしてSNSに上げているんですけれど、皆さんが今日撮った写真もぜひSNSに上げてもらって、サイドストーリーに参加してもらえたらなと思います。今日はありがとうございます。そんなに時間がないんですけれど、じゃあ染谷くん、ひと言、面白いコメントで締めて下さい。


■ここで、本作に出演する子役の升水柚希くんがサプライズで花束贈呈に駆けつけ、染谷さんと矢口監督もびっくり!

矢口監督:
こうしてリアルタイムだと何が起こるかわからないんですけれど、今日、映画を楽しんでもらえたなら、いろいろな人にオススメしてください。これから「アナ(と雪の女王)」を抜こうとしている「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」です(笑)。どうもありがとうございました!

染谷さん:
1年ぶりに勇気になって緊張しました。ありがとうございました!

矢口監督:
(神去なまりで)さよーならー!

染谷さん:
(神去なまりで)さよーならー!

■この後も染谷さんは劇場出口で観客からの握手や写真撮影など、ファンサービスにも気さくに応じていました!

東宝website