Movie Movie

Return Page

東京ランウェイ2014 SPRING/SUMMERに
クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)チームが登場!

2014年03月21日

「クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)」東京ランウェイ2014

<左から、永山絢斗さん、東出昌大さん、やべきょうすけさん、KENZOさん>

3月21日、東京・渋谷の国立代々木競技場にて「東京ランウェイ2014 SPRING/SUMMER」が行われ、「クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)」から、主演の東出昌大さん、永山絢斗さん、KENZOさん、やべきょうすけさん、深水元基さん、遠藤雄弥さん、柿澤勇人さん、奥野瑛太さん、野替愁平さん、丞威さんが登場しました!

「東京ランウェイ」の最後を飾る第4ステージに、特別ゲストとして登場した東出さん、永山さん、KENZOさん、やべさんが映画と同じ学ラン姿でワイルドにウォーキング! 会場を埋め尽くす女性たちの歓声を浴びながら、映画の見どころなどをアピールしました。その模様をレポートいたします。

【ステージ挨拶(挨拶順)】


■東京ランウェイの第4ステージに、東出昌大さん、やべきょうすけさん、永山絢斗さん、KENZOさんらが登場! 「クローズ」らしいワイルドなウォーキングで会場を沸かせました!

 
 


MC: まずは東京ランウェイの感想を聞かせてください。いかがでしたか?

東出昌大さん(鏑木旋風雄役):
僕は、モデルをやっていたんですが、初めての会場で、こういう形でのショーは恥ずかしいですね(笑)。

MC:ランウェイを悪そうに歩いたと思ったら、先頭のところで丁寧におじぎをした姿が印象的でしたね(笑)。今回の映画はどんな感じなんですか?

やべきょうすけさん(片桐拳役):
今回は「クローズZERO」「クローズZERO II」を経て、新世代の、旬な役者さんが集まり、ワッと盛り上がる映画になっております。

MC:現場はどういう雰囲気だったんですか?

永山絢斗さん(藤原一役):
僕は役的に「誰ともご飯行くな」と言われていたので...。

MC:では、この中では浮いた存在だったんですね(笑)。

永山さん:
そうですね(笑)。

MC:KENZOさんはいかがでしたか?

KENZOさん(高木哲次役):
いや~、激しかったですよ。乱闘シーンもそうなんですけれど、けが人続出です。

MC:後ろの皆さん、おとなしいですね(笑)。でも、舞台裏で円陣を組んでいるところを見ると息がぴったりで、チームワークの良さを感じました。いろいろな想いがあると思いますが、中でもここは観てほしいというポイントはどこでしょうか?

永山さん:
とにかく皆さん暴れ者でかっこいいです。

MC:やべさん、今のでいいですか?

やべさん:
ダメですね。こういう時に限ってピシッと締めてくれる人がいます...。どんな感じでしたか?

丞威さん(丸山健一役):
男臭くて、熱くて、素晴らしかったです!

野替愁平さん(角住賢一役):
熱い男が集結して、ケンカのシーンを...。

丞威さん:
あ、ちなみに相方のカクケンです。

野替さん:
僕らは、カクケン、マルケンという役で、映画の中では仲の良さを随所で見せていますので。「クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)」よろしくお願いします!

■最後に、東出さんからメッセージが送られました!

東出さん:
撮影から1年ほど経ち、今は表情も柔らかくなっていますが、現場は監督も含めてピリピリした緊張感のある現場で表情がまるで別人です。「クローズ」といっても高校生なので、将来に対する怯えだったり、不安だったり、寂しさだったり、もがき苦しみながらも拳を交えることで、答えを見つけていく男たちが映っているので、ぜひ会場にいる皆様、劇場に足を運んでください。

東宝website