Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > THE LAST MESSAGE 海猿

LINE UP

THE LAST MESSAGE 海猿

公開終了

劇場一覧

イントロダクション

待望の帰港にして、新たなる船出―。海難現場の最前線を描き、 大ヒットシリーズとなった海洋エンタテイメント『海猿』が、再びスクリーンという大海原へ出港する!

日本映画史上空前の海洋・水中ロケ、業界初となるメディア展開と、常に挑戦を続けてきた『海猿』。
映画第一作『海猿 ウミザル』(2004年6月12日公開・全国東宝系)、連続ドラマ『海猿 EVOLUTION』(2005年7〜9月OA・フジテレビ系)を経て、三部作の最終章として製作された映画第二作『LIMIT OF LOVE 海猿』(2006年5月6日公開・全国東宝系)は、極限の撮影で究極のドラマを描き出し、2006年度の日本実写映画興行収入NO.1を記録した。そんなファンの熱い支持と、キャスト・スタッフの熱き志しのもと製作された『THE LAST MESSAGE 海猿』。シリーズ完結編となる本作は、前三作のテーマと魅力はそのままに、スケールと迫力はさらにその上をいく。

製作に当たっては、シリーズを長年支えてきたスタッフが再集結。今回は、原作である佐藤秀峰(原案・取材 小森陽一)の同名コミックをもとに、大河ドラマ『龍馬伝』も手掛ける福田 靖が完全オリジナルストーリーを作り出している。物語の舞台となるのは、大型台風と火災の猛威にさらされる国家プロジェクトの天然ガスプラント。大規模なロケとセット撮影を得てシリーズ全てを演出してきた羽住英一郎が、臨場感あるドラマを描き出した。

そして『海猿』に欠くことが出来ないのが、身体を張ったキャスト陣の熱演。主人公の海上保安庁の潜水士・仙崎大輔には、もはやこの人でしかあり得ない、伊藤英明。父親となり、さらに新米潜水士を支える立場ともなった大輔を、その鍛え上げられた肉体とシリーズを通して培ってきた確かな演技力で見事に演じ切っている。大輔の妻となって登場する仙崎環菜には、伊藤英明と共に『海猿』を引っ張ってきた加藤あい。母親となった今回は、それゆえの強さと弱さものぞかせ、見る者の胸を打つ。そして、新米潜水士で、大輔と現場でバディを組む服部拓也には、『ごくせん』『タンブリング』で注目を集める三浦翔平。歴代キャスト同様に潜水訓練を積み、苛酷な撮影に臨んでいる。また、佐藤隆太、時任三郎、石黒 賢、香里奈らレギュラーメンバーも勢揃い。さらに、シリーズ初参加となる加藤雅也、吹石一恵、濱田 岳、鶴見辰吾、勝村政信らがその奥行きある演技で、作品に新たな刺激を与える。そして今回、主題歌を唄うのは「EXILE」。国民的モンスターグループが奏でる甘く切ないメロディはシリーズ完結編を感動的に盛り上げます。

そしてさらに、そのダイナミックなドラマをより深く体感してもらうべく、日本メジャー配給初となる3D公開が決定! 海水が、炎が、汗が、そして涙が、まさにスクリーンから飛び出し、観る者を大迫力の映像体験に誘う。興奮も、感動も3Dになって大幅にスケールアップ。シリーズの次なる挑戦の物語が、いま再び海路を進む!

 
toho-ipk.net

IDとパスワードが必要となります