Movie Movie

Return Page
海猿 ウミザル
海猿 ウミザル

公開終了

イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

 2004年夏、緊迫感溢れる感動の海洋ヒューマンエンターテインメントが誕生する!!
 すべての海上保安官の中で、わずか1%の人間しか到達し得ない人命救助のエキスパート《潜水士》。新人海上保安官14名が50日に及ぶ壮絶な訓練の中で育んでいく《信頼と友情、そして愛》を描いた海洋ヒューマンエンターテインメント――「海猿」

 海上保安庁、エリート中のエリートである潜水士を目指す主人公・仙崎大輔には、ドラマ、映画と着実にその活躍の場を広げている伊藤英明。自らも、サーフィンやダイビングを趣味とするほどのまさに適役。そして、ヒロイン・伊沢環菜には、加藤あい。CMやドラマで見せる多様な表情を持つ彼女の個性がスクリーンにはじける。また、海東健、香里奈、伊藤淳史ら様々な分野で活躍がめざましい若手実力派たちが競演、物語を熱く盛り上げている。訓練生達を温かく見守る食堂の職員・夏子役には、ソロシンガーでありユニット「福耳」としても活躍中の杏子が扮し、映画初出演を果たした。そして海上保安学校の主任教官・源 太郎を、映画「アカルイミライ」の圧倒的存在感が記憶に新しい藤竜也が演じる。

 原作は「週刊ヤングサンデー」に連載され大好評を博し、累計120万部の売上を誇る佐藤秀峰の超人気コミック。監督には、「踊る大捜査線 THE MOVIE」「スペーストラベラーズ」(監督:本広克行)に監督補として参加、緩急のついた映像表現を得意とする羽住英一郎が初メガホンをとり、原作に流れる人間ドラマをより熱いものに仕上げる。脚本・福田靖は、映画「ホワイトアウト」(00年、共同脚本)や、「救命病棟24時」シリーズ(CX)で極限状態での人間ドラマを描破、群像ドラマを描く才能も持つ実力派。また今回史上初となる海上保安庁全面協力により、リアリティとスペクタクル感溢れるいまだかつてない映像が生まれる。

 この「海猿」は、約1カ月に及ぶ出演者たちの水中訓練を経て、2003年7月12日より広島・呉の海上保安大学校でクランクイン。海保大のプール、北九州での船上シーンや実際に海中での撮影を行い8月末にクランクアップした。
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright