Movie Movie

Return Page
東京タワー
東京タワー 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆キャスト

黒木瞳------浅野詩史役
1960年福岡県生まれ。
81年、宝塚歌劇団に入団。月組で娘役のトップスターとして活躍後、85年退団。86年「化身」で女優デビューし、日本アカデミー賞新人賞を受賞。その後も数々の映画・ドラマに出演。97年「失楽園」では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。理想の妻、理想の上司などあらゆる好感度調査で、憧れの女性として年代・性別を問わず圧倒的な支持を集めている。また翻訳絵本・エッセイを多数発表するなど、その活動は多岐に渡る。そして今回、映画同様"大人の恋"をテーマに撮りおろしたフォトエッセイ集も12月9日に発売される。

【主な出演作品】
<映画>「化身」(86)、「蔵」(95)、「失楽園」(97)、「破線のマリス」(00、日本映画批評家大賞 女優賞)、「仄暗い水の底から」(01)、「阿修羅のごとく」(03)、他
<ドラマ>『オヤジぃ。』(00/TBS、)『ゴールデンボウル』(02/NTVアジア・テレビジョン・アワード優秀演技賞)、『GOOD LUCK』(03/TBS)、『白い巨塔』(03/CX)、『夫婦』(04/TBS)、他

岡田准一------小島透役
1980年大阪府生まれ。
95年「V6」としてデビュー。以降、歌,ドラマ、バラエティーで幅広く活躍。TVドラマとして放送され話題になった「木更津キャッツアイ」が、03年映画化され若い層を中心に大ヒット。同年には蜷川幸雄演出の舞台『エレクトラ』に出演。ナイーブな表現力を持った俳優として高い評価を集めており、05年には本作のほか映画「フライ、ダディ、フライ」(初夏・東映配給)、NHKの正月大型ドラマ『大化改新』など主演映画・ドラマが目白押しである。

【主な出演作品】
<映画>「COSMIC RESCUE」(03)、「サンダーバード」(04 日本語吹き替え版声優)
<ドラマ>『オヤジぃ。』(00/TBS)、『木更津キャッツアイ』(02/TBS)、『恋愛偏差値』(02/CX)、『末っ子長男姉三人』(03/TBS)、他

松本潤------大原耕二役
1983年東京都生まれ。
99年「嵐」としてデビュー以来、コンサート、バラエティーなど多方面で活躍。ドラマ『金田一少年の事件簿』(01/NTV)で初主演。その後ドラマ『ごくせん』(02/NTV)で演じた繊細な不良少年役で注目を集める。舞台では『Stund by Me』(97)で初舞台を踏み、テディー役を好演。ブロードウェイミュージカル『WEST SIDE STORY』(04)では、ベルナルド役に挑戦。デビュー以来映画への単独出演は本作が初めてとなる。

【主な出演作品】
<映画>「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」(02)、「ピカ☆☆ンチ 〜LIFE IS HARDだからHAPPY〜」(04)、他
<ドラマ>『ごくせん』(02/NTV)、『きみはペット』(03/TBS)、他

寺島しのぶ------川野喜美子役
1972年京都市生まれ。
92年ドラマ『詩城の旅人』でデビュー。93年の舞台『血の婚礼』 以降、数多くの蜷川幸雄演出作品に出演。96年芸術祭新人賞受賞。高い演技力で舞台・ドラマを中心に活躍、03年に主演した映画「赤目四十屋八瀧心中未遂」及び「ヴァイブレータ」の演技が絶賛され、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほかあらゆる映画賞で主演女優賞を獲得した。

【主な出演作品】
<映画>「クィール」(03)、「赤目四十屋八瀧心中未遂」(03)、「ヴァイブレータ」(03)、他
<ドラマ>『幽婚』(98/CBC)、『武蔵』(03/NHK)、『絶壁』(04/BShi)、他

宮迫博之
1970年大阪府生まれ。
89年に蛍原徹とお笑いコンビ「雨上がり決死隊」を結成し、現在活躍中。バラエティでの活動のほか、役者としての評価も高く、多数のドラマ、映画に出演している。2003年公開「蛇イチゴ」ではスポニチグランプリ新人賞、第25回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞、第28回報知映画賞 助演男優賞など映画賞を総なめにした。

【主な出演作品】
<映画>「岸和田少年愚連隊」(96年)、「クロスファイア」(00年)、「明日があるさ THE MOVIE」(02年)、「蛇イチゴ」(03年)
<ドラマ>『美しい人』(99/TBS)、『救命病棟24時』(99/CX)
<バラエティ>『水10!ワンナイR&R』(CX)、『アメトーク!』(ANB)、他

平山あや
1984年栃木県生まれ。
第23回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞。テレ ビ朝日「可愛いだけじゃダメかしら?」でデビュー。その後、01年「ウォーターボーイズ」でのヒロインの好演や、03年「ラヴァーズ・キス」での主演、04年10月〜O.A.中の『ミステリー民俗学者 八雲樹』(ANB)でのヒロインなどが印象的。最近はCMやバラエティ番組でも活躍の場を広げるている。

【主な出演作品】
<映画>「ウォーターボーイズ」(01)、「ラヴァーズ・キス」、(03)、「風のファイター」(05/韓国映画)
<ドラマ>『可愛いだけじゃダメかしら?』(99/ABS)、『君ならできる』(01/ANB)、『ロッカーのハナコさん』(02/NHK)、『いつもふたりで』(03/CX)、『ラーメン発見伝』(04/NTV)、『ミステリー民俗学者 八雲樹』(04/TBS)

加藤ローサ
1985年生まれ。
イタリア人の父と日本人の母のハーフ。CUTiEなどのファッション誌 でモデルとして活躍。2004年1月〜のゼクシィのCMでブレイク後、2004年4月よりN HK教育「イタリア語講座」、CX「めざましテレビ」などにレギュラー出演。映画は本作が初出演となる。

【主な出演作品】
<TV>「イタリア語講座」(04/NHK教育)、「アフリカのツメ」(04/NTV)

余貴美子
1956年生まれ。
舞台女優として活躍の後、「噛む女」(88)で本格的に映画デビュー。主演映画に「うみそらさんごのいいつたえ」(92)「ヌードの夜」(93)がある。「あ、春」「学校・」で、99年度の日本アカデミー賞、ブルーリボン賞他、数々の助演女優賞を受賞。最近の映画出演作品に「ホテルハイビスカス」(03)「さよならクロ」(03)「珈琲時光」(04)等がある。05年1月よりドラマ『優しい時間』(CX)にレギュラー出演する。

【主な出演作品】
<ドラマ>『だます女だまされる女』(01〜/NTV)、『女タクシードライバーの事件日誌』(03〜/TBS)、以上2時間ドラマ主演シリーズ、『ちゅらさん』(01/NHK)、『顔』(03/CX)、『ヤンキー母校に帰る』(03/TBS)

岸谷五朗
1964年東京生まれ。
三宅裕司が主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」に入団し注目を集め、退団後企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。93年の崔洋一監督の「月はどっちに出ている」で主演し、日本アカデミー賞新人俳優賞など、数々の映画賞を総なめにした。94年、TVドラマ「この愛に生きて」の主演を皮切りに、数々の人気ドラマにも出演。確かな演技力と暖かみのある存在感でお茶の間でも広く人気を得る。

【主な出演作品】
<ドラマ>『妹よ』(94/CX)、『みにくいアヒルの子』(96/CX)、『てるてる家族』(03/NHK)、「一番大切な人は誰ですか?」(04/NTV)
<映画>「月はどっちに出ている」(93)、「バースデイプレゼント」(95)、「私たちが好きだったこと」(97)、「新・仁義の墓場」、(02)、「Returner」(02)
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright