Movie Movie

Return Page
ザ・マジックアワー
ザ・マジックアワー 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ プロフィール 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆ストーリー

「命が惜しければ、五日以内に幻の殺し屋を見つけて来い!」

街を牛耳るボス・天塩(てしお)(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後(びんご)(妻夫木聡)。命の代償に伝説の殺し屋"デラ富樫(とがし)"を連れて来ると誓うが、期日が迫ってもデラは見つからない。窮地に陥った備後が取った苦肉の策は、映画監督のフリをして無名の俳優村田大樹(たいき)(佐藤浩市)を雇い、殺し屋に仕立てあげることだった。
こうして、三流役者の村田は、まるで映画のセットのような不思議な港町、守加護へとやって来る。
映画の撮影だと思い込んでいる彼にとって、その街で起こることはすべて映画の中の出来事。ゴム製の拳銃片手に、本物のギャングたちと渡り合うことになる村田。誤解が誤解を呼び、やがて事態は誰もが予想しなかった方向へ......。
まったく先の読めない三谷渾身のオリジナル・ノンストップコメディが幕を開ける!

その街で、すべてを映画の撮影だと信じ、伝説の殺し屋を演じ続ける<売れない俳優・村田>。
その俳優を本物の殺し屋だと勘違いし、雇ってしまう<暗黒街のボス・天塩>。
そして、自分の命を賭けて、2人の男をだまし通そうとする<しがないギャング・備後>。
果たして、<彼ら>と<彼らに巻き込まれていく人々>の運命は一体どうなるのか!?
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright