Movie Movie

Return Page
ザ・マジックアワー
ザ・マジックアワー 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ プロフィール 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

こんな映画、観たことない! こんな映画が、観たかった!!
『THE有頂天ホテル』から2年、待望の三谷エンターテイメント最新作!!


今や、日本のエンターテイメント界を代表する存在・三谷幸喜。
映画監督デビュー作『ラヂオの時間』(97/出演:唐沢寿明、鈴木京香、西村雅彦)は、報知映画賞、毎日映画コンクール優秀作品賞など国内の賞を総なめにし、ベルリン映画祭では外国人評論家さえも笑いの渦に巻き込み、審査員特別表彰を受賞しました。監督第2作目『みんなのいえ』(01/出演:唐沢寿明、田中邦衛、田中直樹、八木亜希子)は、家を建てるという実体験に基づいたホームコメディで100万人を動員する全国的大ヒットとなりました。 4年の時を経て取り組んだ監督第3作目は、年明けまであと2時間となったホテルを舞台にいくつものエピソードが絡み合う空前のオールスターキャストムービー『THE有頂天ホテル』(役所広司、松たか子、香取慎吾、佐藤浩市)。2006年1月に公開され、観客動員470万人、興行収入60.8億円という驚異的な記録を樹立しました。映画オリジナルにしてこの数字は、まさしく日本映画史に残る快挙。三谷映画の人気は不動のものとなりました。
さらに映画のみならず2006年新春に3夜連続で放送された、三谷脚本の大ヒットドラマ『古畑任三郎』シリーズの最終章『古畑任三郎FINAL』(第1夜:藤原竜也、石坂浩二/第2夜:イチロー/第3夜:松嶋菜々子)は平均視聴率26%を超え、大きな話題に。そして2007年、舞台『コンフィダント・絆』(中井貴一、生瀬勝久)で"芸術家たちの間に友情は成り立つのか"という深いテーマに取り組んだ三谷は、芸術選奨 文部科学大臣賞、読売文学賞などを受賞しました。
まさに日本のエンターテイメント界のトップを走り続ける三谷が『THE有頂天ホテル』から2年、満を持して贈る待望の監督第4作目、それが『ザ・マジックアワー』。舞台は<港町・守加護(すかご)>。知らないうちに"伝説の殺し屋"となってしまった売れない俳優・村田大樹(たいき)。映画の撮影だと思い込んでいる彼にとって、その街で起こることは、すべて映画の中の出来事。ゴム製の拳銃片手に、本物のギャングたちと渡り合うことになる村田。誤解が誤解を呼び、やがて事態は誰もが予想しなかった方向へ......。1カットたりとも目が離せない、まったく先の読めない三谷渾身のオリジナル・ノンストップコメディが幕を開けます!
2008年6月、三谷エンターテイメントが映画史に新たな1ページを刻みます。

三谷のもとに集まった、超豪華出演陣!

今回も、三谷のもとに実力、人気ともに充実した超豪華キャストの面々が集結しました。
お茶目でお馬鹿の愛すべき男・売れない俳優の村田大樹(たいき)に、これまでのイメージをかなぐり捨てて挑む【佐藤浩市】。口から出るのはでまかせばかり、その場しのぎの男・クラブ支配人の備後(びんご)登に、これまた新境地挑戦の【妻夫木聡】。『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランドを彷彿とさせる暗黒街の顔役・天塩(てしお)幸之助に【西田敏行】。そして三人の男(村田[佐藤]、備後[妻夫木]、天塩[西田])を翻弄するファム・ファタール=魔性の女・高千穂マリに【深津絵里】。備後[妻夫木]のことを密かに慕い、彼を守るために想像を絶する行動に出るクラブ従業員・鹿間夏子に【綾瀬はるか】。そして小日向文世、寺島進、戸田恵子が脇を固め、中井貴一、鈴木京香、香川照之、天海祐希、唐沢寿明ら主演クラスの役者たちが個性的なキャラクターで次々に登場し、ストーリーに深みを加えていきます。
三谷作品でしかありえない絶妙のキャスティングは、さらにパワーアップ!超豪華キャストたちの一挙一動、細部にまでこだわった贅沢な演技によって、完璧なコメディが見事完成しました。

誰の人生にも、輝く瞬間"マジックアワー"がある―。

マジックアワーとは、映画の専門用語で、夕暮れのほんの一瞬のこと。太陽が地平線の向こうに落ちてから、光が完全になくなるまでのわずかな時間にカメラを回すと、幻想的な画が撮れると言われています。一日のうちで世界がもっとも美しく見える瞬間、それがマジックアワー。
三谷がこの言葉を知ったのは3年前、『THE有頂天ホテル』のロケ先でのこと。夕刻の撮影中、空を見ていたカメラマンの山本英夫の口から出た一言。「監督、マジックアワーって知っていますか」。三谷はその聞き慣れない言葉の響きと意味に魅せられ、その日のうちに"マジックアワー"をタイトルに持つ次回作の構想を練り始めました。そして『THE有頂天ホテル』公開を待って『ザ・マジックアワー』の準備は本格的に始まりました。
この物語の舞台・守加護の住人たちは、「愛」に「仕事」に行き詰まり、「人生」の崖っぷちに立たされています。しかし、売れない俳優・村田が街にやって来たことで、やがてそれぞれが「人生のマジックアワー」を体験することになるのです。

「誰の人生にも、輝く瞬間がある」
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright