Movie Movie

Return Page
スウィングガールズ 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆ストーリー

 うだるように暑い、夏休みのある日。

 東北地方の片田舎にある山川高校では、高校野球予選の応援に行くため、ブラスバンド部員が次々とバスに乗り込んでいる。一方、教室では落ちこぼれの女子13人が数学の補習授業中・・・・・・というのに、集中力の糸が切れてやる気ゼロ。その中の一人・鈴木友子は部員たちを乗せて球場へと向かうバスを、教室の窓から羨ましげに眺めていた。すると、先ほどまでバスが停まっていた場所に、なぜかお弁当屋がやってくる。どうやら部員たちに届けるはずのお弁当が渡せず、この後も配達が立て込んでいるために困っている様子。それをボーッと見ていた友子が、突然ひらめいた。

 「先生、みんなきっと困ってますよ。あたしら、届けに行った方がよくないですかー?」

 こうして補習を逃れ、お弁当運びを口実に球場に向かうことになった13人の女子高生たち。開放感いっぱいで、部員用のお弁当をつまみ食いするわ、居眠りをして目的地を乗り越すわの大騒ぎだが最終的には、炎天下の中を徒歩で球場に行くという、お気楽でない結果に。おまけに、長時間直射日光を受けたお弁当によって、ブラスバンド部員たちは応援の途中で、次々と腹痛を起こして入院することになってしまった・・・・・・。

 騒動はあったものの、野球部はなんとか次の試合へ勝ち進む。だが、試合を盛り上げるブラスバンド部員たちは依然として回復せず。唯一、お弁当をつまみ食いされたために難を逃れた中村拓雄は、渋々「即席ブラスバンド」を結成しようと試みる。だが、編成に必要な25人は集まらず、参加したメンバーといえば、またもや補習をサボるために集まった13人と、ちょっと変わった女子3人の計16人、拓雄を入れてもたったの17人だ。意気消沈の拓雄だったが、あるジャズレコードのジャケットをきっかけに、ビッグバンドジャズだったら17人でも演奏可能なことに気付く!

 ブラスバンド部のトランペットやサックスなどの楽器が即席メンバーに貸し出され、猛特訓がはじまった。最初は音を出すのも一苦労だった女子たちも、徐々にメロディーを奏ではじめ、どうにか『A列車で行こう』を演奏できるように! 補習サボりの口実だったブラバン参加が、いつしか楽しみに変わっていった。

 ところが、試合を明日に控え、本家ブラスバンド部のメンバーたちが復帰できることに! 「心配かけてごめんね。もう大丈夫。あとはこっちに任せて!」即席チームの女子たちは、拓雄の前では「ちょうど補習も終わりだし、上手くいったな」と強がりを言ってはみたが、学校を出た途端,号泣。彼女たちの夏は、不完全燃焼のまま過ぎていった。

 そして、2学期―。いつもと同じ、普通の生活に戻った彼女たちだったが、どうしても みんなで演奏した楽しさが忘れられない。でも、吹奏楽部に入部するのも気がひける。

 「しょうがない、あたしらでビッグバンドやろう!」

 勢いで女子ビッグバンドは結成された。たが、楽器はないし、練習場所もない。はたして前途多難なガールズに、ビッグバンドジャズなんてできるのか!
←作品情報トップへ

Lineup一覧へ戻る 東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright