Movie Movie

Return Page
  公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

●CM界最強(?)コンビが放つ、日本映画じゃないニホンエイガ!
 浅野忠信が突然スーツ姿で乱入してくるFUJI XEROXのCM。布袋寅泰に追われる永瀬正敏が他の企業のCMに逃げ込んでいく業界初のコラボレーションCM、サントリーBOSS。SMAPがガッチャマンに扮し、CMの続きがインターネットで見られるという画期的な仕組みを作り出したNTT東日本の企業CM。軽快でシニカルな会話が何故かクセになるサントリーのDAKARA。ダチョウが颯爽とゲレンデを滑りまくるJR東日本等々、生み出すCMすべてが巷で話題となり、あらゆる広告賞を総ナメにしてきたCM界のトップランナー・多田琢。そしてその多くのCMで多田とコンビを組み、WOWOWの企業広告「走る女」ではカンヌ国際広告祭・銀賞を受賞するなど国内はおろか海外でも評価されているCMディレクター・関口現。彼らCM界最強コンビが満を持して映画界に殴り込みをかける。それが「SURVIVE STYLE5+」だ。
 そして斬新なタイトルバックデザインは、多田とのコンビでSMAPのビジュアルディレクションを手がける佐藤可士和。ほかにも撮影・シグママコト、音楽・JAMES SHIMOJI、衣装・宇都宮いく子、振り付け・香瑠鼓、劇中CM協力・石井克人などCM業界にとどまることなく、多方面で活躍を続ける最高のスタッフがこの映画のために結集!業界が唖然とするこの奇跡的とも呼べるコラボレーションにより、今まで誰も体験した事の無い全く新しい映像世界を作り上げることに成功した。

●オールスターキャスト5乗! 見たことない世界観を創出する豪華出演陣!!
 劇中に登場するひとクセもふたクセもあるキャラクターを演じるのは浅野忠信、橋本麗香、小泉今日子、阿部 寛、岸部一徳、麻生祐未、千葉真一など超豪華かつバラエティに富んだ俳優陣。今までのキャリアをかなぐり捨て(?)、ありえない役所に嬉々として挑戦し、見事に新境地を開拓した。また、ブラッド・ピットが出演した「スナッチ」(01年)でクレイジーな殺し屋を演じたイギリス人俳優、ヴィニー・ジョーンズもこの一大プロジェクトに参加。ハリウッドが認めたその怪優振りを遺憾なく発揮している。さらには、劇中に出てくるほんの脇役・チョイ役に至るまで「えっ、あの人がこんな役を!」的なキャスティングのオンパレード。これはもう、オールスターキャストどころの騒ぎじゃない!

●際限なくデフォルメされた5つのSTYLE。だけど......
 原色が刺激的に使われた美術、機関銃のようなセリフ、ミュージッククリップのような音楽と映像のシンクロ......。「SURVIVE STYLE5+」の映像世界は未だかつて日本映画では体験することが出来なかったビジュアルインパクトの連続である。そんな毒々しく非現実的な世界の住人達。殺すたびに凶暴になる妻を殺しつづける男や、催眠術にかけられ自分を鳥だと思い込み暮らす父etc. 常識では考えられない非日常の登場人物や設定でありながら、観た者の胸に残るのはどこか私たちの住む世界にも通じる"ある想い"だったり、なぜか"似たような感覚"だったり......。スクリーンから繰り出されるとんでもない5つのエピソードは微妙だが確実に私たちの日常とシンクロし、ある種の普遍的な"真実"を語りかけている。
 そうまさに「SURVIVE STYLE5+」はスタイリッシュでナンセンス、クールでいてユーモラス、ゴージャスにしてチープ、クレイジーなのにジンとくる......。そんな映画なのだ!

2004年、未だかつて誰も見た事のない日本映画が遂にヴェールを脱ぐ!!
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright