Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > 沈まぬ太陽

LINE UP

沈まぬ太陽

公開終了

劇場一覧

ストーリー

昭和30年代―。恩地 元(渡辺 謙)は、巨大企業・国民航空で労働組合委員長を務めていた。職場環境の改善のため会社側と闘った結果、恩地を待っていたのは懲罰人事ともいうべき海外赴任だった。パキスタンを皮切りに、イラン、そして路線就航もないケニアへ、転々と赴任を強いられていく。会社側は、本社勤務と引き換えに、恩地に組合からの脱退と謝罪を迫るが、恩地は任地での職務を全うすることで自らの信念を貫き通そうとする。 一方、かつて組合員として恩地と共に闘った、同期の行天四郎(三浦友和)は、本社での重要なポストと引き換えに、組合の弱体化に加担してエリートコースを歩んでいく。恩地と行天の同僚であり、いまは行天の愛人でもある、国際線客室乗務員・三井美樹(松雪泰子)は、対照的な人生を歩むふたりの男の間で、自身の生きかたにも迷い、心揺さぶられていた。
日本から遠く離れた地で流転の人生を歩む恩地は、盟友であるはずの行天の裏切りに傷つき、さらには、妻・りつ子(鈴木京香)やふたりの子供たちとの離れ離れの生活に深い断絶を感じていた。追い打ちをかけるように、本社とケニア政府との航空交渉が打ち切られ、任地での役割すら失った恩地。焦燥感と孤独に耐えながら、恩地はただサバンナの大地に沈みゆく太陽を見つめていた。

恩地が海外勤務に就いてから10年の歳月が流れた。ようやく本社への復帰を果たした恩地だが、決して彼への風当たりがよくなったわけではない。そればかりか、いまでは閑職に追いやられた書記長、八木和夫(香川照之)はじめ、組合の同士たちの苦境を目のあたりにして、その責任を重く受け止めていた。逆境の日々を送る中、ついに「その日」はおとずれる―
国民航空が引き起こした、御巣鷹山での航空史上最大のジャンボ機墜落事故。会社側はその管理責任を問われ、直ちに、恩地を含めた救援部隊が編制され現地へと送り込まれた。自衛隊による生存者の確認と遺体の運搬作業は、難航を極めた。悲痛な面持ちで現地入りする遺族たち。御巣鷹山付近の市民体育館には、犠牲となった人びとの遺体が次つぎと運び込まれてくる。恩地は、遺族の遺体確認の立ち会いと補償交渉の窓口に立った。
事故の責任を問われ、現地入りも侭ならぬ国民航空の社員には、遺族たちの風当たりも激しい。息子夫婦と幼い孫を失った阪口清一郎(宇津井健)は、そんなことでどうして我々の世話係が務まるのかと、恩地を叱責した。だが、阪口自身もまた、孫の顔を見せに来いと息子夫婦にせがみ、自ら航空チケットを手配したことに、取り返しのつかない思いを抱え苦悩していた。

内閣総理大臣、利根川泰司(加藤 剛)のもと、日本政府は国民航空の建て直しを図るべく、新たな指導者の人選を急いでいた。その結果、関西紡績での労務対策の実績を買われた国見正之(石坂浩二)に、会長職への就任を要請する。「お国のため」と口説かれた国見は、むしろ、「死んだ者たち、家族を失い残された者たちのために」とこの重責を引き受けた。新体制のもと新たな一歩を踏み出した国民航空で、恩地は新設された会長室の室長に抜擢される。恩地の組合活動での統率力と実績を評価した国見の采配であった。重役陣からの反発を懸念して、恩地は辞退を申し出た。だが、現在分裂状態にある組合を統合することこそが、安全確立のための急務であり、亡くなった方々やその遺族へ報いることなのだという、国見の真摯な説得についに心を動かされた。恩地は国見と共に、国民航空の再スタートのため立ち上がった。

しかしそれは、巨大企業のゆくすえばかりか、政界をも巻き込む、終わりなき暗闘の始まりだった……。
企業人として―、ひとりの人間として―、恩地の辿り着く先には、果たしてどんな光景が待ち受けているのであろうか……?

 
toho-ipk.net

IDとパスワードが必要となります