Movie Movie

Return Page
下妻物語

公開終了

イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

 映画界騒然!!ロリータ&ヤンキーが狂喜の殴りこみ
 ロリータファッションに全てを懸けるマイペース少女......
 特攻服に、50cc原チャリ(族仕様バリバリ)で爆走するヤンキー娘......
 四方八方田んぼだらけの田舎町・茨城県下妻と日本のファッションの発信地・代官山を舞台に、友達になるなんてありえないふたりが織りなす、シニカルだけどアツい、めちゃプリ・コメディー参上!

 主演は優雅で贅沢なロリータファッションに身を包む、 超個人主義少女・竜ヶ崎桃子役に深田恭子。最近では、「陰陽師II」「阿修羅のごとく」などの注目作で難役を演じ、今や若手NO.1女優。また、下妻最強レディース『舗爾威帝劉(ポニーテール)』所属、 アツいヤンキー娘・白百合イチゴ役に土屋アンナ。ティーンエイジャーに圧倒的な支持を誇るカリスマモデルで、NHKイタリア語会話や映画「茶の味」に出演するなど、活躍の場を広げている。

 脚本・監督は中島哲也。「サッポロ黒ラベル」スローモーションの卓球篇、「NTT東日本」SMAP出演のガッチャマンなど、インパクトがあり、エンタテインメント性の高いCFを数多く制作。 その他TV「私立探偵/濱マイク」シリーズ、映画「バカヤロー!」など長編も手掛け、映画は『Beautiful Sunday』以来5年ぶりとなる。原作に惚れ込み、1ヶ月ほどで脚本を書き上げた。

 原作は、若い女性の超カリスマ作家・嶽本野ばら。(デビュー作『ミシン』は累計50万部のベストセラー。文芸界注目の乙女派文筆家)
 また、主演の2人以外のキャストも、桃子の両親に宮迫博之、篠原涼子。祖母に樹木希林の他、阿部サダヲ、岡田義徳、小池栄子、生瀬勝久、荒川良々など、バラエティに富んだ"何かやってくれそうな"豪華異色キャストが勢揃いする。
 "CMのような瞬発力と少女マンガの感性を融合したエンタテインメント"と中島監督が標榜しているように、映画ではキャストの演出に加え、アニメーションや多種多様な効果を駆使する。

 また、ロケは実際に下妻市を始め茨城県の各地、そして代官山などで行い、桃子が愛するロリータファッションには、『BABY, THE STARS SHINE BRIGHT』から特別協力を頂くなど、リアルだからこそよりおとぎ話が弾けるという狙いで、中島監督は楽しい映像作品を目指す。
 ただし原作が若い世代に支持されているポイント......超個性的なキャラ設定でも主人公の少女2人の友情や心の揺れは、現代の普通の女の子たちをそのまま映し出し、そこが共感を呼んでいる。その真摯な感性が原作者の人気たる所以であり、映画でもそのハートの部分が一番の見どころになる。
←作品情報トップへ

Lineup一覧へ戻る 東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright