Movie Movie

Return Page
ラフ ROUGH 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆スタッフ

監督------大谷健太郎
1965年生まれ。
大学在学中に撮った『青緑』が88年のぴあフィルムフェスティバルで入賞し、91年に発表した『私と、他人になった彼は』が同フェスティバルで3部門を受賞。その後、99年に『avec mon mari アベックモンマリ』で劇場映画デビュー。02年に『とらばいゆ』、04年には『約三十の嘘』(主演:椎名桔平・中谷美紀・妻夫木聡)を監督。いずれも国内外で高い評価を受ける。05年、矢沢あい原作の超人気マンガ『NANA』(主演:中島美嘉・宮崎あおい)を脚本・監督。興行収入40億円の大ヒットを記録し、一大ムーブメントをおこす。

マンガ原作『NANA』を最高の料理法で映像化し恋愛青春映画として大ヒットに導いた大谷監督が、現代的なセンスで、あだち充最高傑作の初映像化に挑む。

原作------あだち充
1970年、デラックス少年サンデーに『消えた爆音』でデビュー。独特の筆致でさわやかな青春像を描き出し、幅広く支持されている。82年には『タッチ』『みゆき』で第28回小学館漫画賞を受賞。代表作に『ナイン』『H2』『陽あたり良好!』『じんべい』など。現在、週刊少年サンデーにて青春野球ストーリー『クロスゲーム』を好評連載中。『ラフ』は、05年公開の『タッチ』(主演:長澤まさみ・斉藤祥太・斉藤慶太)に続くあだち作品の映画化となる。

脚本------金子ありさ
1973年生まれ。
96年「ときわ菜園の冬」でフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、「TOKYO23区の女」で脚本家デビュー。「女子アナ。」「ナースのお仕事」「Stand Up!」など数々のドラマの脚本を担当し、05年6月公開の『電車男』(主演:山田孝之・中谷美紀)で映画デビュー。本作は興行収入37億円の大ヒットを記録、『電車男』現象としてブームを巻き起こした。06年11月3日公開の『7月24日通りのクリスマス』(主演:大沢たかお・中谷美紀)が待機中。ラブストーリー&コメディの名手・金子ありさにより、笑いあり涙ありの青春ラブストーリー『ラフ』が新たに生まれかわる。

音楽------服部隆之
1965年生まれ。
83年、パリ国立高等音楽院に入学し、88年に同院修了。帰国後、福山雅治・椎名林檎らポップスから、クラシックまで幅広いアーティストのアルバム、コンサート等の編曲を手がける。その後、作曲家として映画においては、96年の『蔵』、98年の『誘拐』『ラヂオの時間』と、3作品が日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞する。最近作には、映画『電車男』、テレビドラマNHK連続テレビ小説『すずらん』NHK大河ドラマ『新選組!』、CX系『王様のレストラン』『HERO』、ミュージカル『オケピ!』等。その他、CM、ゲーム音楽等と多岐にわたるジャンルで作曲家として活躍中。

←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright