Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > リアル〜完全なる首長竜の日〜

LINE UP

リアル〜完全なる首長竜の日〜

公開終了

劇場一覧

プロフィール
藤田浩市役佐藤 健

1989年3月21日生まれ。埼玉県出身。
07年、「仮面ライダー電王」(EX)で初主演を飾り、ブレイク。08年、「ROOKIES ルーキーズ」(TBS)で注目を浴び、09年、「メイちゃんの執事」(CX)で ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 助演男優賞受賞。10年には、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で時代劇に初挑戦し、「Q10(キュート)」(NTV)でゴールデンタイム連続ドラマ初主演。11年に、エランドール賞新人賞受賞。12年には、「ロミオ&ジュリエット」で舞台初出演にして初主演を飾る。さらに主演を務めた映画『るろうに剣心』が興行収入30億円を超える大ヒットを記録、海外でも64ヶ国で公開。日本映画界に新風を巻き起こした。今年13年、親子愛を描いたドラマ「とんび」(TBS)で息子・旭役を好演。12月には天才サウンドクリエイター役で主演する映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の公開が控え、活躍の勢いは留まるところを知らない。今、人気・実力ともにトップの若手俳優の1人である。その他の主な出演作に映画『GOEMON』(09)、『ROOKIES−卒業−』(09)、『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』(10)、『BECK』(10)、ドラマ 「ブラッディ・マンデイ」(08、10/TBS)、「冬のサクラ」(11/TBS)などがある。

和 淳美役綾瀬はるか

1985年3月24日生まれ。広島県出身。
04年、ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」(TBS)の亜紀役で一躍脚光を浴びる。その後、「白夜行」(06/TBS)、「ホタルノヒカリ」(07/NTV)、「JIN−仁―」(09、11/TBS)など多数のドラマに出演。映画でも『僕の彼女はサイボーグ』(08)、『ICHI』(08)、『ハッピーフライト』(08)、『ザ・マジックアワー』(08)などの話題作に多数出演。10年、主演した『おっぱいバレー』(09)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞および話題賞俳優部門、ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。さらに同年、「JIN―仁―」で橋田賞新人賞も受賞した。12年には、主演作『映画 ホタルノヒカリ』が大ヒットし、『あなたへ』で高倉健と共演し話題に。今年13年は、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主演に抜擢され国民的女優へと成長。幅広い世代から圧倒的な人気を集める、今最も輝く若手女優の1人である。その他の主な出演作に『Mr.インクレディブル』【声の出演】(04)、『ホッタラケの島』【声の出演】(09)、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(10)、『プリンセス トヨトミ』(11)、『映画 ひみつのアッコちゃん』(12)、ドラマ「HERO スペシャル」(07/CX)、「鹿男あをによし」(08/CX)、「MR.BRAIN」(09/TBS)、「ホタルノヒカリ2」(10/NTV)、「南極大陸」(11/TBS)などがある。

相原栄子役中谷美紀

1976年1月12日生まれ。東京都出身。
黒沢清監督作品としては映画『LOFT ロフト』(06)に主演。この作品で第31回報知映画賞主演女優賞、第80回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞受賞。『壬生義士伝』(03)で第27回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、『嫌われ松子の一生』(06)では第30回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞他数々の映画賞を受賞。その他の最近の主な映画出演作は『自虐の詩』(07)、『シルク』(08)、『ゼロの焦点』(09)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)、『源氏物語 千年の謎』(11)、『ひまわりと子犬の7日間』(13)などがある。今後、『清須会議』(13)、『利休にたずねよ』(13)の公開が控える。

沢野役オダギリジョー

1976年2月16日生まれ。岡山県出身。
黒沢清監督作品としては映画初主演作『アカルイミライ』(03)と『叫』(07)に出演。その他の主な映画出演作に『この世の外へ クラブ進駐軍』(04)、『血と骨』(04)、『パッチギ!』(05)、『メゾン・ド・ヒミコ』(05)、『SHINOBI』(05)、『スクラップ・ヘブン』(05)、『ゆれる』(06)、『パビリオン山椒魚』(06)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)、『サッド ヴァケイション』(07)、『悲夢』(09)、『プラスティック・シティ』(09)、『空気人形』(09)、『ウォーリアー&ウルフ』(11)、『奇跡』(11)、『マイウェイ 12,000キロの真実』(12)などがある。今年13年は、4月13日公開『舟を編む』に出演している。

高木真悟役染谷将太

1992年9月3日生まれ。東京都出身。
『パンドラの匣』(09)で映画初主演。『ヒミズ』(12)で第68回ベネチア国際映画祭最優秀新人俳優賞を受賞。『ヒミズ』と『悪の教典』(12)の2作品にて第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その他の主な映画出演作に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(11)、『生きてるものはいないのか』(12)、『天地明察』(12)などがある。今年13年に入ってすでに『ストロベリーナイト』(13)、『脳男』(13)、『インターミッション』(13)、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(13)、『千年の愉楽』(13)、と出演作が次々と公開。さらに、『めめめのくらげ』(13)、『清須会議』(13)、『永遠の0』(13)の公開が控える。

米村役堀部圭亮

1966年3月25日生まれ。東京都出身。
近年の主な映画出演作に『陰日向に咲く』(08)、『ザ・マジックアワー』(08)、『クライマーズ・ハイ』(08)、『愛のむきだし』(09)、『インスタント沼』(09)、『のんちゃんのり弁』(09)、『武士道シックスティーン』(10)、『孤高のメス』(10)、『ちょんまげぷりん』(10)、『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』(11)、『DOG×POLICE ドッグポリス 純白の絆』(11)、『アントキノイノチ』(11)、『ヒミズ』(12)、『希望の国』(12)などがある。またDVD『やさぐれぱんだ』で初監督、『悪夢のエレベーター』(09)で長編映画監督デビューを果たし、マルチな才能を発揮している。

晴彦役松重 豊

1963年1月19日生まれ。福岡県出身。
83年より東京サンシャインボーイズの舞台に出演しキャリアをスタート。86年には劇団蜷川スタジオに入団。89年の退団以降はフリーランスとして、ZAZOUS THEATERや第三舞台、NODA・MAPの舞台に出演。90年以降はドラマ、映画にも数多く出演。 黒沢清監督作品としては映画『地獄の警備員』(92)に出演。その他の主な映画出演作は『刑務所の中』(02)、『血と骨』(04)、『しゃべれども しゃべれども』(07)、『孤高のメス』(10)、『探偵はBARにいる』(11)、『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』(12)、『アウトレイジ ビヨンド』(12)などがある。今後、『探偵はBARにいる2』(13)、『俺俺』(13)の公開が控える。

真紀子役小泉今日子

1966年2月4日生まれ。神奈川県出身。
黒沢清監督作品としては映画『トウキョウソナタ』(08)と主演ドラマ「贖罪」(12/WOWOW)に出演。その他の主な映画出演作に『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、『風花』(01)、『陰陽師』(01)、『空中庭園』(05)、『雪に願うこと』(06)、『涙そうそう』(06)、『さくらん』(07)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)、『やじきた道中 てれすこ』(07)、『グーグーだって猫である』(08)、『マザーウォーター』(10)、『毎日かあさん』(11)、『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(13)などがある。13年4月よりNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演。

監督黒沢 清

1955年7月19日生まれ。兵庫県出身。
立教大学在学中より8mm映画を撮り始め1981年にPFF入選。『ドレミファ娘の血は騒ぐ』(85)、『地獄の警備員』(91)などで熱狂的なファンを獲得。92年に、オリジナル脚本『カリスマ』がサンダンス・インスティテュート・スカラシップを受賞し渡米。97年には『CURE キュア』を発表し、ロッテルダム国際映画祭などで注目を集め、その名を世界に轟かせた。『回路』(00)、『アカルイミライ』(02)、『ドッペルゲンガー』(02)、『LOFT ロフト』(05)、『叫』(06)、『トウキョウソナタ』(08)等を発表し、それぞれカンヌや釜山、ベネチアの国際映画祭へ出品される。日本を代表する映画監督として、国際的に最も注目を集めている人物の1人。最新作ドラマ「贖罪」(11/WOWOW)はベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭でテレビドラマとしては異例の公式上映を果たした。

企画プロデュース平野 隆

大分県出身。
一橋大学卒業後、TBSに入社。97年から映画製作に携わる。プロデュース歴に、『虹をつかむ男 南国奮斗篇』(97/山田洋次監督)、『アンドロメディア』(98/三池崇史監督)、『陰陽師』(01/滝田洋二郎監督)、『ダブルス』(01/井坂聡監督)、『害虫』ナント三大陸映画祭審査員特別賞(02/塩田明彦監督)、『DRIVE』(02/SABU監督)、『黄泉がえり』(03/塩田明彦監督)、『MOON CHILD』(03/瀬々敬久監督)、『ドラゴンヘッド』(03/飯田譲治監督)、『陰陽師II 』(03/滝田洋二郎監督)、『ゼブラーマン』(04/三池崇史監督)、『下妻物語』(04/中島哲也監督)、『この胸いっぱいの愛を』(05/塩田明彦監督)、『どろろ』第40回シッチェス・カタロニア国際映画祭Orient Express部門(全アジア映画)最優秀賞(07/塩田明彦監督)、『Life 天国で君に逢えたら』(07/新城毅彦監督)、『憑神』(07/降旗康男監督)、『感染列島』(09/瀬々敬久監督)、『余命1ヶ月の花嫁』(09/廣木隆一監督)、『ゼブラーマン‐ゼブラシティの逆襲‐』(10/三池崇史監督)、『雷桜』(10/廣木隆一監督)、『アントキノイノチ』第35回モントリオール世界映画祭イノベーションアワード受賞(11/瀬々敬久監督)、『今日、恋をはじめます』(12/古澤健監督)など話題作、大ヒット作が並ぶ。今後の作品として2014年公開『抱きしめたい』(北川景子、錦戸亮出演/塩田明彦監督)が控える。日本映画界を牽引するトッププロデューサーの一人である。

原作乾 緑郎

1971年生まれ。東京都出身。
鍼灸師の仕事をする傍ら、劇作家として複数の劇団に脚本を書き下ろしている。2008年小劇場で上演した劇団SPIRAL MOON「SOLITUDE」が第14回日本劇作家協会新人戯曲賞の最終候補に残り、同協会が毎年刊行する「優秀新人戯曲集」に収録される。2010年「忍び外伝」(朝日新聞出版)で第2回朝日時代小説大賞を受賞。同年、『完全なる首長竜の日』(宝島社)でミステリー&エンターテインメントの新人賞『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、新人賞2冠を達成。その他の著作に「忍び秘伝」(朝日新聞出版)、『海鳥の眠るホテル』(宝島社)がある。今後、忍びシリーズ3作目「忍び鬼伝」(朝日新聞出版)を刊行予定。

プレスセンター

IDとパスワードが必要となります