Movie Movie

Return Page
崖の上のポニョ
崖の上のポニョ 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆プロフィール

原作・脚本・監督------宮崎 駿
1941年、東京都生まれ。
1963年東映動画(現・東映アニメーション)入社。「太陽の王子 ホルスの大冒険」('68)の場面設計・原画等を手掛け、Aプロダクションに移籍し「パンダコパンダ」('72)の原案・脚本・画面設定・原画を担当。'73年に高畑勲らとズイヨー映像へ。日本アニメーション、テレコムを経て、'85年にスタジオジブリの設立に参加。その間「アルプスの少女ハイジ」('74)の場面設定・画面構成、「未来少年コナン」('78)の演出などを手掛け、「ルパン三世 カリオストロの城」('79)では劇場作品を初監督。雑誌『アニメージュ』に連載した自作漫画をもとに、'84年には「風の谷のナウシカ」を発表、自ら原作・脚本・監督を担当。
その後はスタジオジブリで監督として「天空の城ラピュタ」('86)、「となりのトトロ」('88)、「魔女の宅急便」('89)、「紅の豚」('92)、「もののけ姫」('97)、「千と千尋の神隠し」('01)、「ハウルの動く城」('04)といった劇場用アニメーションを発表。中でも「千と千尋の神隠し」は第52回ベルリン国際映画祭金熊賞、第75回アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞を受賞しており、第62回ベネチア国際映画祭では栄誉金獅子賞を受賞。
著作に『トトロの住む家』(朝日新聞社刊)『シュナの旅』『何が映画か』(黒澤明氏との対談集)『もののけ姫』『出発点』『虫眼とアニ眼』(養老孟司氏との対談集)(以上、徳間書店刊)『折り返し点』(2008年7月16日岩波書店より発売予定)がある。

プロデューサー------鈴木敏夫
1948年、名古屋市生まれ。
1972年徳間書店に入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、'78年アニメーション雑誌『月刊アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長を12年あまり務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」('84)、「天空の城ラピュタ」('86)、「火垂るの墓」「となりのトトロ」('88)、「魔女の宅急便」('89)など一連の高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わる。'85年にはスタジオジブリの設立に参加、'89年からスタジオジブリの専従に。以後、「おもひでぽろぽろ」('91)以降のすべてのスタジオジブリ作品のプロデュースを手がける。
その他に、実写作品「式日」('00年/庵野秀明監督)の製作、押井守監督の「イノセンス」('04/プロダクションI.G)の共同プロデュース。'05年に著書『映画道楽』(ぴあ刊)を出版。
2007年10月より、TOKYO FM「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」のメインパーソナリティを務める他、2008年7月18日に、『仕事道楽スタジオジブリの現場』(岩波新書)が刊行予定。
現在、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。

音楽------久石 譲
1950年、長野県生まれ。
国立音楽大学在学中より、ミニマルミュージックに興味を持ち、現代音楽の作曲家として出発。
1981年『MKWAJU』を発表、翌年『INFORMATION』でソロアーティストとして活動を開始。
以後『Piano Stories』をはじめ、2006年発表の『Asian X.T.C.』に至るまで多数のソロアルバムを生み出し、ジャンルにとらわれない独自のスタイルを確立。  また、映画「風の谷のナウシカ」('84)以降、「天空の城ラピュタ」('86)「となりのトトロ」('88)などの宮崎駿監督作品や、北野武監督の「HANA-BI」('98)など国内外の映画音楽を50本以上手がける。
「ハウルの動く城」('04)ではロサンゼルス映画批評家協会(LAFCA)最優秀音楽賞を受賞、中国映画「おばさんのポストモダン生活」では香港アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞するほか、現在までに数度にわたり日本アカデミー賞音楽賞最優秀音楽賞を受賞するなど数々の賞に輝く。
演奏活動も積極的でピアノソロやアンサンブル、オーケストラといった様々なスタイルを披露し海外においても大成功を収めている。
2008年8月に「久石譲in武道館〜宮崎アニメと共に歩んだ25年間〜」と題した大規模なコンサートを開催予定。

主題歌------林 正子 ソプラノ歌手(「海のおかあさん」歌)
東京都出身。
東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程修了。安宅賞受賞。
「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「椿姫」ヴィオレッタ、「リエンツィ」イレーネ、「ラ・ボエーム」ミミ、「タンホイザー」ヴェーヌスなどのオペラ出演のかたわら、東京都交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等の交響曲やレクイエムのソリストを務める。
1998年、スイス・ロマンド管弦楽団のドイツレクイエム以後、オーストリアの音楽祭をはじめ、ヨーロッパでのコンサート活動を始める。
2000年、トゥールーズオペラ国際コンクール入賞。2001年五島記念文化オペラ新人賞受賞。2002年「忠臣蔵」お艶、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」エーファ。2003年「カルメン」ミカエラ、2005年「フィレンツェの悲劇」ビアンカ等を好演。読売日本交響楽団・桂冠指揮者ゲルト・アルブレヒトと多くの公演を行っている。
2004年ジュネーブ音楽院ソリスト・ディプロマ取得。現在ジュネーブ在住。すでに海外でもその実力は注目を集めている。コンピレーションCD『image』ベスト盤『イマージュ・エッサンシェル』へ参加。

主題歌------覚 和歌子(「海のおかあさん」作詞)
山梨県生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専攻卒。大学卒業と同時に作詞家デビュー。平原綾香、クミコ、ムーンライダーズ、SMAPなどの作詞で多くの作品をCD化。
1992年以後、自作詩の朗読ステージを国内外で精力的に展開。『朗読するための物語詩』という独自の分野を開拓し、評価を受ける。
「千と千尋の神隠し」('01)の主題歌「いつも何度でも」の作詞でレコード大賞金賞。著作に、第一物語詩作品集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、最新詩集『海のような大人になる』(理論社)、エッセイなど多数。
04年ソロアルバム『青空1号』をソニーよりリリース。08年3月、企画・監修・補作した「星つむぎの歌」(歌・平原綾香)が土井隆雄宇宙飛行士のウェイクアップ曲として大気圏外のスペース・シャトル エンデバー号内で使用される。
同年5月公開の写真映画「ヤーチャイカ」では、原作・脚本・監督(共同監督・谷川俊太郎)を務める。

主題歌------藤岡藤巻(「崖の上のポニョ」歌)
70年代にまりちゃんズとして活動していた藤岡孝章と藤巻直哉が2005年11月に結成した"おやじエンタテインメント"ユニット。中高年サラリーマン男性の悲哀と愚痴を切々と歌い、団塊の世代を中心に支持されている。これまで2枚のアルバム『藤岡藤巻 I』('06/SME)『藤岡藤巻III』('07/SME)と3枚のシングルをリリース。最新シングルは"カントリー娘。"の里田まい とのコラボ「オヤジの心に灯った小さな火」('07/ゼティマ)。

藤岡孝章/1952年6月5日生まれ。ソニー・ミュージックエンタテインメントでディレクター、プロデューサーとしてシブがき隊、加藤和彦、宍戸留美ほか40組以上のアーテストを手がけた音楽プロデューサー。現・F2エンタテインメント代表。

藤巻直哉/1952年8月20日生まれ。広告会社の博報堂DYメディアパートナーズで、数々の映画のプロデュースを手がける。スタジオジブリ作品には「平成狸合戦ぽんぽこ」('94)以来10年以上関わっている。

主題歌------大橋のぞみ(「崖の上のポニョ」歌)
1999年5月9日生まれ。
セントラル子供劇団に所属する子役として活動中。テレビドラマ「翼の折れた天使たち"最終夜 スロット"」(CX系)では上野樹里の、「世にも奇妙な物語 '05春の特別編」(CX系)では小西真奈美の幼少役、映画「いぬのえいが」('04)では宮 あおいの幼少役などを演じている。歌は今回が初挑戦。

作画監督------近藤勝也
1963年、愛媛県生まれ。
1983年スタジオ「あんなぷる」へ入社。
大塚伸治に指導を受けて、TV「スペースコブラ」('83)「マイティ・オーボッツ」('84)「キャッツ アイ」('85)などの原画を務めた後フリーになり、「天空の城ラピュタ」('86)の原画でスタジオジブリ作品に初参加。
その後 「魔女の宅急便」('89)でキャラクターデザイン・作画監督、「おもひでぽろぽろ」('91)の作画監督、三鷹の森ジブリ美術館の短編作品「やどさがし」('06)の演出アニメーターを務める他、多数のジブリ作品に原画で参加。
また「海がきこえる」('93)ではキャラクターデザイン・作画監督と原作小説の挿絵も手がけた。
アニメーション以外では、ゲーム「玉繭物語」('98)、「玉繭物語2」('01)のコンセプトデザインと原画、画集『近藤勝也 ArtWorks 玉繭物語&玉繭物語 2』('02)、漫画『D'arc ジャンヌ・ダルク伝』(原作/酒見賢一 徳間書店刊)を発表するなど、他分野でも活躍。本作品の主題歌の作詞も手がけている。

美術監督------吉田 昇
1964年、島根県生まれ。
大学卒業後、デザインオフィスメカマンに入社。アニメーションの背景の仕事をはじめる。その後フリーになり、「もののけ姫」('97)でスタッフとして参加し、スタジオジブリの社員に。「ホーホケキョ となりの山田くん」('99)、「千と千尋の神隠し」('01)では美術監督補佐をつとめ、三鷹の森ジブリ美術館の短編作品「コロの大さんぽ」('01)、さらに「ギブリーズ episode2」('02)の美術監督を担当、「ハウルの動く城」('04)でも武重洋二と共に美術監督を務めた。

色彩設計------保田道世
1939年、東京生まれ。
1958年、東映動画(現・東映アニメーション)に仕上部門で入社。CMやテレビシリーズのトレースを手がける。組合活動を通じて高畑・宮崎両氏と知り合い、「太陽の王子 ホルスの大冒険」('68)にトレースで参加。以後Aプロダクション、日本アニメーション等で「母をたずねて三千里」('76)、「未来少年コナン」('78)など、数多くの作品の仕上チーフ・色指定を務める。1984年、「風の谷のナウシカ」に参加。以後、「千と千尋の神隠し」('01)、「ハウルの動く城」('04)など、スタジオジブリのほとんどの劇場用作品の色彩設計を担当し、高畑・宮崎両監督の作品を色の側面から支えてきた。『アニメーションの色職人』(柴口育子著 徳間書店刊)で、その仕事は詳しく紹介されている。

映像演出------奥井 敦
1963年島根県生まれ。
1981年に旭プロダクションに入社し、撮影の仕事を始める。「ダーティペア(劇場版)」('87)で初の撮影監督に。以後「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」('88)、「機動戦士ガンダム F91」('91)などで撮影監督を務め、「紅の豚」('92)、「海がきこえる」('93)の撮影監督としてジブリ作品に参加。'93年、ジブリ撮影部発足と同時にジブリに移籍。以後、「平成狸合戦ぽんぽこ」('94)「耳をすませば」('95)、「もののけ姫」('97)、「ホーホケキョ となりの山田くん」('99)で撮影監督、「千と千尋の神隠し」('01)、「ギブリーズepisode2」('02)、「ハウルの動く城」('04)、「ゲド戦記」('06)では映像演出を担当している。

編集------瀬山武司
1944年東京都生まれ。
建築関係の仕事からテレビドラマ、映画の編集へ転職。
その後「山ねずみロッキーチャック」より日本のアニメの編集に多岐に亘り携わり、フィルムマジックを経て1992年に瀬山編集室として独立。 ジブリ作品には「天空の城ラピュタ」('86)以降、多数の作品に編集として参加。他に「スチームボーイ」('04)、「ブレイブ ストーリー」('06)などがある。

整音------井上秀司
1948年北海道生まれ。
1969年に東京テレビセンター入社。
テレビ番組やCMの録音担当を経て、映画の録音、整音を数多く手がける。
ジブリ作品には「天空の城ラピュタ」('86)以降、「となりのトトロ」('88)、「もののけ姫」('97)、「ホーホケキョ となりの山田くん」('99)、「千と千尋の神隠し」('01)、「ハウルの動く城」('04)など多数の作品に整音として参加する。他に「マークスの山」('95)、押井守監督作品の「イノセンス」('04)、「スカイ・クロラ」('08)など。

音響効果------笠松広司
音響効果会社デジタルサーカス所属。
TV・映画・ラジオ・DVDなどの音響効果の仕事を手がける一方、音楽のプロデュースや人気バラエティ番組「めちゃ2イケてるッ!」(CX系)の効果を手がけるなど、その活躍の場は広い。
最近の参加作品には、「アップルシード」('04)、「ゲド戦記」('06)、「ブレイブ ストーリー」('06)、三鷹の森ジブリ美術館短編アニメーション作品「星をかった日」('06)などがある。

録音演出------木村絵理子
東北新社に所属し、主に外国映画の劇場、テレビ、DVD等の日本語吹き替え版を演出する。
携わった作品に「モンスターズ・インク」「ファインディング・ニモ」「カーズ」「レミーのおいしいレストラン」「ルイスと未来泥棒」があり、最近作は「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」。国産アニメシリーズでは「結界師」等がある。

←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright