Movie Movie

Return Page
陰陽師II
陰陽師II 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆スタッフ

監督------滝田洋二郎(たきたようじろう)
1955年12月4日富山県生まれ。74年向井寛が主催する獅子プロに入社。コメディタッチの中にも情感溢れる見事な演出感覚で、多数の成人映画を手掛ける。85年発表の「コミック雑誌なんかいらない!」がニューヨーク映画祭で絶賛され注目を集める。以降、「木村家の人びと」('88)を皮きりに、立て続けに作品を発表。日本映画界を代表するヒットメーカーの一人として大きな注目を集めている。本年1月に公開された「壬生義士伝」の撮影終了後、すぐに「陰陽師II」製作に取り掛かり、本作品では脚本にも参加している。

代表作品:
「木村家の人びと」('88)、「病院へ行こう」('90)、「病は気から 病院へ行こう2」('92)、「僕らはみんな生きている」('93)、「眠らない街 新宿鮫」('93)、「シャ乱Qの演歌の花道」('97)、「お受験」('99)、「秘密」('99)、「陰陽師」('01)、「壬生義士伝」('03)

キービジュアル・コンセプト・デザイン------天野喜孝(あまのよしたか)
映画「陰陽師」シリーズの全篇にわたって幻想的な世界観を提供したのは、「ファイナルファンタジー」などで数々の優れたデザインを発表、海外を拠点に活躍するアーティスト天野喜孝。劇中で登場する衣裳や美術そしてキャラクター設定の数々は、平安京の世界に広がる優美、エロティシズム、幻想的な雰囲気をフィルムに醸し出している。

1952年静岡県生まれ。竜の子プロダクションで作品のキャラクター設定を担当した後、フリーになり、雑誌・絵本等にファンタジー画、装幀画を発表、出版界から注目を浴びる。 83年第14回星雲賞受賞。86年の第17回まで4年連続受賞。その後、ゲームソフト「ファイナルファンタジー」のビジュアルコンセプト、舞台美術など創作の場を広げる。95年頃より、パリ、ニューヨークでリトグラフの制作を開始。97年、99年と二度にわたりニューヨークで大規模な個展を開催。上野の森美術館をはじめ、国内での個展開催は数知れない。
現在ではゲームをはじめ出版や映像など、様々な展開に向けて製作中。またニール・ゲイマンとのコラボレーション"The Sandman /The Dream Hunters"は00年ヒューゴ賞にノミネート、00年アイズナー賞を受賞。また、画家として00年ドラゴン・コンにおいてドラゴン・コン賞、ジュリー賞をそれぞれ受賞している。また本年7月にドイツ・ケルンにて個展を開催し好評を博した。


その他スタッフ・キャスト一覧はこちら
←作品情報トップへ

東宝トップページへ 東宝IPKへ
IDとパスワードが必要となります

copyright