Movie Movie

Return Page
陰陽師II
陰陽師II 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆キャスト

安倍晴明(あべのせいめい)
雅の世界とは対照に、その闇に潜むあやかしを「呪」をもって制する男。朝廷に仕える陰陽寮に属しながらも、帝を中心とした政治(まつり)事には一切かかわらないニヒリスト。しかし、陰陽道に精通したその「力」は平安京随一と言われている。

野村萬斎(のむらまんさい)
1966年4月5日東京都生まれ。狂言師野村万作の長男。70年3歳のときに「靱猿」で初舞台を踏む。94年曽祖父五世万造の隠居名「萬斎」を襲名。同年、NHK大河ドラマ「花の乱」に細川勝元役で出演。97年NHKの朝の連続ドラマ「あぐり」に望月エイスケ役で出演し数々の賞を受賞。映画出演は黒澤明監督「乱」(85年)の鶴丸役と本作「陰陽師」シリーズの安倍晴明役のみとなる。また世田谷パブリックシアターの芸術監督にも就任。英国の古典シェイクスピアの「Hamlet」では、メインスタッフを英国から招聘し公演に取り組む。日本公演後には英国サドラーズウェルズ劇場での上演も決定している。本年度は映画『陰陽師II』をはじめ、日本の伝統芸能の枠を超えて活躍する狂言師・野村萬斎に、国内外から大きな注目が集まる。


源博雅(みなもとのひろまさ)
朝廷の政治事に加わる立場ではあるが、生まれながらの純粋な魂を失わない殿上人。その清らかなる心は晴明の心をも開かせる存在。博雅の奏でる龍笛は、何人の心をも和ます。

伊藤英明(いとうひであき)
1975年8月3日岐阜県生まれ。
主な映画出演作品:
「秘密」(99年滝田洋二郎)、「Blister」(00年須賀大観)、「クロスファイア」(00年金子修介監督)、「LOVE SONG」(01年佐藤信介監督)、「陰陽師」(01年滝田洋二郎)、「海猿」(04年6月公開羽住英一郎監督)


日美子(ひみこ)
藤原の血をひく殿上人・右大臣藤原安麻呂の一人娘。男勝りな弓の使い手として宮中でも評判が高い。しかし、日隠れ(日蝕)のあった日から夜な夜な夢遊病者のごとく徘徊する奇怪な行動を取り始める。

深田恭子(ふかだきょうこ)
1982年11月2日東京都生まれ。
主な映画出演作品:
「リング2」(99年中田秀夫監督)、「死者の学園祭」(00年篠原哲雄監督)、「Dolls」(02年北野武監督)、「阿修羅のごとく」(03年11月公開森田芳光監督)


蜜虫(みつむし)
幻と現実を優雅に飛遊する式神。晴明が操る式神の中でも最も行動を共にし、時には蝶に姿を変え、晴明を守護する。その本当の姿が鬼か女神か知る術はない...。

今井絵理子(いまいえりこ)
1983年9月22日沖縄県生まれ。
主な映画出演作品:
「アンドロメディア」(98年三池崇史監督)、「ドリームメーカー」(99年菅原浩志監督)、「陰陽師」(01年滝田洋二郎)


須佐(すさ)
博雅の心を惹きつける優美な琵琶を奏でる優しき若者。その美しき琵琶の調べは須佐の生まれた村に古くから伝わるというのだが...。

市原隼人(いちはらはやと)
1987年2月6日神奈川県生まれ。
主な映画出演作品:
「リリイ・シュシュのすべて」(01年岩井俊二監督)、「T.R.Y.」(03年大森一樹監督)、「黄泉がえり」(03年塩田明彦監督)、「偶然にも最悪な少年」(03年9月公開グ・スーヨン監督)


月黄泉(つくよみ)
かつて栄華を極めた出雲族の王妃。鉄と金を作る技術を有する一族の長として平和な日々を過ごしていたのだが、「日隠れ」が起こった日を境に大きな異変に巻き込まれる...。

古手川祐子(こてがわゆうこ)
大分県生まれ。76年映画「星と嵐」でデビュー。
主な映画出演作品:
「ひめゆりの塔」(81年今井正監督)、「細雪」(83年市川崑監督)、「花の降る午後」(89年大森一樹監督)、「子連れ狼その小さき手に」(93年井上昭監督)、「四十七人の刺客」(94年市川崑監督)


幻角(げんかく)
平安京の底辺に生きる希望なき民に対して病の施しを行う術師。その術で治らぬ病や傷をたちどころに治すことから「神」の様に崇められている。しかし、その素姓の影には計り知れない闇が広がる...。

中井貴一(なかいきいち)
1961年9月18日東京都生まれ。81年映画「連合艦隊」でデビュー。
主な映画出演作品:
「四十七人の刺客」(94年市川崑監督)、「梟の城」(99年篠田正浩監督)、「日本の黒い夏」(01年熊井啓監督)、「竜馬の妻とその夫と愛人」(02年市川準監督)、「壬生義士伝」(03年滝田洋二郎監督)

←作品情報トップへ

東宝トップページへ 東宝IPKへ
IDとパスワードが必要となります

copyright