Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

LINE UP

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

公開終了

劇場一覧

イントロダクション

ついに、FINAL―。

2003年夏、1つの作品が映画界の歴史を塗り替えた。
その作品は、「踊る大捜査線THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」。
この作品が叩き出した、観客動員数1260万人、興行収入173.5億円は
それまで20年間破られることがなかった日本実写映画の
動員及び興行収入記録を塗り替え、そして、未だに2位に50億円以上の差を
つけたまま、日本実写映画興行収入記録の頂点に君臨し続けている。

日本中に『踊る』ブームを巻き起こした「踊る大捜査線」は
1997年1月期ドラマとしてフジテレビで放送を開始。
高視聴率を記録したこと以上に、その刑事ドラマとしての革新性と抜群の面白さで
各方面から大絶賛を受けた。連続ドラマ終了後、いずれも高視聴率を記録した
3本のスペシャルドラマを挟み、映画化。98年に公開された劇場版第1弾の
「踊る大捜査線 THE MOVIE」では、観客動員数700万人、興行収入101億円を
記録し、当時の日本実写映画興行史上歴代3位という驚異的な成績を残した。
そして、劇場版第2弾となる2003年公開
「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は、前述の通り
前作を大幅に上回り、日本実写映画興行収入記録を樹立したのだった。

その後、続編を望む多くの声に後押しされ製作された
「交渉人 真下正義」(05年)「容疑者 室井慎次」(05年)は共に大ヒットとなり
映画界に“スピンオフ作品”というジャンルを確立。
更に、2010年に公開された実に7年ぶりとなる劇場版第3弾
「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」では、興行収入73.1億円
観客動員数570万人と、観客動員数においては2010年度の日本映画実写No,1の
成績を残し、“踊る”人気が不動のものであることを証明した。

そんな国民的大人気シリーズ“踊る”が
ついに、15年の歴史に幕を下ろし、FINALを迎える――。

係長に昇進するも現場第一の信念を貫き通す、変わらない青島(織田裕二)、警察庁で
順調に出世する室井(柳葉敏郎)、誰にも相談せずにある決心を固めるすみれ(深津絵里)
湾岸署署長に就任した真下(ユースケ・サンタマリア)
神田(北村総一朗)・秋山(斉藤暁)はそれぞれ署長・副署長を退任、袴田(小野武彦)は
副署長に昇進。そして、交渉課課長となった小池(小泉孝太郎)。
それぞれのキャラクターには、15年の時の流れがしっかりと刻み込まれている。
前作から加わった新たなキャラクター、管理官・鳥飼(小栗旬)
故いかりや長介が演じた人気キャラクター和久さんの甥っ子・和久(伊藤淳史)
番外編で登場し青島の部下として帰って来た夏美(内田有紀)
更に、沖田(真矢みき)、新城(筧利夫)が再登場。
そして、今作のストーリーの鍵を握る犯人役久瀬に、あの国民的人気グループSMAPの
香取慎吾が決定。まさに、“FINAL”ならではの超豪華キャストが大集結し
踊るFINALプロジェクトが始動した。

果たして、彼らに降りかかる最後の事件とは・・・!?

製作・亀山千広、脚本・君塚良一、監督・本広克行
15年をともに走り続けたスタッフ・キャストが
全精力を懸けて贈る、衝撃のラストダンス!
映画館で目撃せよ!!

 
プレスセンター

IDとパスワードが必要となります