Movie Movie

Return Page
交渉人 真下正義
交渉人 真下正義 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆ストーリー

彼の余計なひと言が、事件の始まりだった......。

He's "back up"?
脇役(バックアップ)だった彼が事件の主役に!

 2003年11月24日、レインボーブリッジ封鎖で解決した「台場連続殺人事件」で、警視庁初の"交渉人"として事件を担当した真下警視(ユースケ・サンタマリア)は、その事件解決後、湾岸署の前でマスコミに取り囲まれていた。「確かに僕は警視庁初の交渉人なんて騒がれてはいますが......」と。この真下の不用意な発言がきっかけとなり、一年後、未曾有の東京サブウェイ・パニックが引き起こされる!

謎のモンスタートレイン!3つの爆弾?犯人の狙いは!?

 2004年12月24日、全地下鉄駅封鎖!夕闇迫るクリスマス・イブの東京で、警視庁史上、最悪の緊急事態が発生した!!最新鋭地下鉄実験車両<クモE4−600>が何者かに乗っ取られたのだ。犯人はネットでその車両を遠隔操作し、クモの巣のように張り巡らされた東京の地下鉄網をまるで生き物のように縦横無尽に爆走させる。犯人の狙いは何か?室井管理官(柳葉敏郎)から呼び出しを受けた真下は、驚愕の事実を知らされる!犯人が交渉の窓口に真下を指名してきたのだ。「真下警視、出ておいで。一緒に地下鉄走らせようよ。弾丸ライナーより」

進化する交渉と5時間の地上戦!

 地下鉄の運行システムの心臓部である指令室に乗り込み、犯人との交渉に挑む真下。そんな真下を小池(小泉孝太郎)率いる情報解析担当CICチームが強力にサポート。地上では、ガラは悪いがカンは鋭い木島刑事(寺島進)が真下の交渉を受けて犯人を追う。さらに、パワーアップしたSAT隊も出動!そして、室井は、上層部の中でただ一人真下を信じて、交渉のすべてを任せる。乗降客200万人の命が真下の肩に託された!

新たな確執!複雑なキーワード!難航する捜査!

 しかし、地下鉄TTR指令室指令長の片岡(國村隼)は真下ら交渉課準備室のメンバーを快く受け入れてはくれない。1分1秒を争う状況の中で、TTR広報の矢野(石井正則)を手がかりに、まずは地下鉄サイドの人間たちと交渉を始めなければならない真下。さらに、犯人から出されるさまざまな要求に真下たちの捜査は混乱していく......。

聖夜クリスマス・イブ。最後の電話。伝えられない想い......。


 一方、柏木雪乃(水野美紀)は、何も知らずにある場所で、真下を待っていた。約束の時間が過ぎても現れない真下。雪乃は真下に連絡を取ろうと携帯へ電話するがつながらない。二人の想いはすれ違うばかり......。果たして、真下は事件を解決して、雪乃のもとへ駆けつけることができるのか!?しかし、事件は聖夜の二人を巻き込み、衝撃のクライマックスへと向かう!
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright